頚椎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 頚椎 > 頚椎の意味・解説 

けい‐つい【×頸椎】

読み方:けいつい

哺乳類脊柱のうち、頸部の7個の椎骨第一頸椎環状第二頸椎歯状突起をもち、人があぐらをかいて座たような形をしている。火葬場骨揚(こつあ)げの際、俗にお舎利様とよぶのはこの第二頸椎

「頸椎」に似た言葉

頚椎

読み方けいついだいいちけいつい~だいななけいつい
別名:第一頚椎~第七頚椎
【英】:Vertebrae cervicales,CI-CVII,Cervical vertebrae

脊柱上部の7個の椎骨ナマケモノ2種を除くすべて哺乳類の頚椎は7個で共通している。第1頚椎(環椎)と第2頚椎(軸椎)は特異的な形をしているが、他の個の頚椎は共通の特徴をもつ。第3~第7頚椎は下位のものほど大きいが、椎体小さくて丈が低く上・下面は前後に圧平された楕円形をしている。椎弓はやや横に張り出し椎孔の形は三角形近くその内径も大きい。頚椎の横突起他の椎骨比して著しく幅が広く、かつ短い。その前半は肋骨遺残であり、後半は本来横突起であって上面では両者間に脊髄神経溝みられる横突起前後両部の間を、横突孔というかなり大きな孔が貫通しており、椎骨動脈通っている。頚椎の棘突起は台7頚椎を除いて一般に短小であり、ほぼ水平であるが、下位のものほど斜め下方に傾斜する棘突起尖端は、多く二分しており、その間項靱帯上下に走る(第6頚椎では二分不明瞭なことがあり、第7頚椎では二分していない)。第7頚椎の棘突起長大で、尖端結節状肥厚しており、皮膚の上から容易に触知できるの隆椎よばれる。頚椎の上および下関突起は丈が低く前者後上方に後者前下方に向かっており、下位の頚椎ほど突起傾斜著しい。第7頚椎では横突起前半部が遊離していることがあり、頚肋という。

A02202001.jpg (30499 バイト)

A02202001a.jpg (19107 バイト)

A02202001b.jpg (20193 バイト)

A02202001c.jpg (16865 バイト)

A02202001d.jpg (12500 バイト)


頸椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 09:06 UTC 版)

頸椎(けいつい、cervical spine)は、椎骨の一部を構成する。頭部の支持のほか、前後屈や回旋などの運動を可能とする機能を持つ[2]


  1. ^ a b 森ら, p.32
  2. ^ 鈴木泰子『ぜんぶわかる 骨の名前としくみ辞典』山田敬喜、肥田岳彦監修、成美堂出版、2015年7月20日、104-105頁。ISBN 978-4-415-31001-5
  3. ^ a b 犬塚則久「脊柱と椎骨の形態学」『脊髄外科』第28巻第3号、2014年、 239-245頁、 doi:10.2531/spinalsurg.28.239
  4. ^ a b c d George C. Kent、Robert K. Carr『ケント 脊椎動物の比較解剖学』谷口和之、福田勝洋訳、緑書房、2015年、155-157頁。ISBN 978-4-89531-245-5
  5. ^ グレゴリー・ポール『グレゴリー・ポール恐竜事典 原著第2版』東洋一、今井拓哉、河部壮一郎、柴田正輝、関谷透、服部創紀訳、共立出版、2020年8月30日、24頁。ISBN 978-4-320-04738-9
  6. ^ ホルスト・エーリッヒ・クーニッヒ、ハンス=ゲオルグ・リービッヒ『カラーアトラス獣医解剖学 増補改訂版(第2版)下巻』カラーアトラス獣医解剖学編集委員会訳、緑書房、2016年、860頁。ISBN 978-4-89531-252-3
  7. ^ 森ら, p.29


「頸椎」の続きの解説一覧

頚椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 20:06 UTC 版)

人体の急所」の記事における「頚椎」の解説

首の後ろ頸髄損傷により麻痺などの症状起きる。

※この「頚椎」の解説は、「人体の急所」の解説の一部です。
「頚椎」を含む「人体の急所」の記事については、「人体の急所」の概要を参照ください。


頚椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 04:37 UTC 版)

哺乳類」の記事における「頚椎」の解説

7個。ただし、クジラ目では癒合分離によって数が変異しジュゴン目では6個、アリクイ目では6・910個となる。

※この「頚椎」の解説は、「哺乳類」の解説の一部です。
「頚椎」を含む「哺乳類」の記事については、「哺乳類」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「頚椎」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

頸椎

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 00:20 UTC 版)

名詞

 けいつい

  1. 脊椎のうち、頸部にある7個の椎骨

発音(?)

け↘ーつい

翻訳


「頚椎」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



頚椎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頚椎」の関連用語

頚椎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頚椎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2023 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頸椎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの人体の急所 (改訂履歴)、哺乳類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの頸椎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS