いて座とは?

いて座

6つの星がひしゃく形に並んでいる南斗六星が目印

日本では夏の南天に低く輝いている星座で、さそり座の東(左)どなりにあります。6つの星が小さなひしゃくの形に並んでいる「南斗六星」が目印で、天の川ミルク流れと見なした西洋では、天の川にかかる南斗六星をミルクデッパー(ミルクをすくうさじ)と呼んでいます。この南斗六星の柄から下のほうに、4つくらいの明るい星が並んでいて、このあたりが弓と矢の部分になります。夏は一番天の川美し季節で、しかもこの星座のあたりは天の川が特に明るくて幅広いので、少し郊外に行けばはっきりと見ることができます。しかし、この星座は2等星がひとつ、そのほかは3等星以下の暗い星からなっているので、さそりをねらって、大きな弓を引き絞っている半人半馬怪人の姿を想像するのは難しでしょう


頭もよく武勇に秀でた半獣神ケイロン

ケンタウロスは、上半身人間で、下半身が馬の半獣神です。弓矢をもって野山かけめぐる野蛮種族ですが、ケイロンだけは気高くやさしい半馬人でした。巨人タイタン族で一番強いクロノス妖精ニンフの間に生まれクロノス正妻復讐恐れて、自ら半馬人になりました。あるとき、ヘラクレスと闘ったとき、矢がささり、不死身の彼は苦しみ、その苦しみから逃れるため、巨人神のプロメテウス不死の身をゆずって死にました。それを知ったゼウスは、彼の死を惜しんで天空上げたといいます。


いて座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/24 04:27 UTC 版)

いて座(射手座、Sagittarius)は、黄道十二星座の1つで、トレミーの48星座の1つでもある。冬至点銀河の中心がこの星座の領域にある。




注釈

  1. ^ al-Naʽāim al-Wāridah と複数形で水を飲みに来たのは4頭のダチョウと解釈されることもある。
  2. ^ al-Naʽāim al-Ṣādirah と複数形で水を飲んで帰っていくのは4頭のダチョウと解釈されることもある。

出典

  1. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME KAUS AUSTRALIS. 2013年1月23日閲覧。
  2. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME NUNKI. 2013年1月23日閲覧。
  3. ^ 野尻抱影 「古代の星座」『星座』 野尻抱影編、恒星社厚生閣〈新天文学講座1〉、1957年、53頁。
  4. ^ トマス・ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話』235P:角川文庫
  5. ^ Hyginus, Fabulae, 224.
  6. ^ I. Ridpath, Star Tales - Sagittarius, Ian Ridpath Homepage


「いて座」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いて座」の関連用語

いて座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いて座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのいて座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS