ろ座とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ろ座の意味・解説 

ろ座

分類:星座/神話


名称:ろ座
学名:fornax
小分類:南半球
構成する主な星雲星団恒星:NGC1316(渦巻き銀河)/ろ座銀河群/ろ座星系(球状銀河)
日本観測できる時期:112月までの4カ月
見ごろの季節:秋(20時正中は1月中旬)

エリダヌス座に囲まれるように位置する星座で,化学実験用の炉をかたどっています。18世紀フランス天文学者ラカーユによって作られたもので、彼の星座図には上にガラス実験器具を乗せ、赤々と火が燃えレンガ作りの炉が描かれています。ただしこの星座は、一番明るい星でも4等星で、しかも形がはっきりしないので、肉眼観察向きではありません。しかし星座南東部には、NGC1316をはじめとするたくさんの銀河系が集まる「ろ座銀河群」をもち、中央部には、楕円形銀河「ろ座星系」があるため、天文学者観測対象向きとは言えでしょう。「ろ座星系」は、私たち銀河系を含む「局部銀河群」の一員で、約75光年の距離にあります

1.見つけ方のポイント
秋の空地平線すれすれ昇る星座です。くじら座の南にありますので、くじら座前足のあたりから下(南方向)を見ていくと、横(東西)に伸びるジグザグの星の並びが見つかります。それがろ座ですが、暗い星座である上に形がはっきりしないので、見分けることは難しでしょう

2.神話内容について
18世紀フランス天文学者N・Lラカーユ(1713〜62年)が、1750年代に作った星座です。彼の発表した南天星図中に書かれたもので、火をおこして金物を作ったり薬品を煮たりする「炉」をかたどったものだと言われています。神話はまったく関係ありません。ラカーユは、アフリカ大陸南端現在の南アフリカ共和国ケープタウンに住み、南天の星の研究行いました。

3.同じ時期見え星座について
秋の南の空の地平線低くに昇る星座で、秋の星座や南半球星座一緒に見ることができます。まず北にはくじら座やうお座見え、東にはエリダヌス座やちょうこくぐ座を見ることができます。また西にはちょうこくしつ座やみなみのうお座、南にはほうおう座などを見ることができます

4.主要都市での観測について
日本全国観測することができます

参考文献:「星座クラブ沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑藤井旭著(成美堂出版)、「星座夜空四季小学館学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド沼澤茂美脇屋奈々代著(ナツメ社)


ろ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/27 04:10 UTC 版)

ろ座(炉座、Fornax)は、南天の星座の1つ。






「ろ座」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ろ座」の関連用語

ろ座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ろ座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのろ座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS