アフリカ大陸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 大陸 > アフリカ大陸の意味・解説 

アフリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 21:15 UTC 版)

アフリカ大陸(アフリカたいりく)は、アフロ・ユーラシア大陸のうちスエズ地峡の西側の部分を占める大陸を指す。ユーラシア大陸とは陸続きになり、インド洋大西洋地中海に囲まれている。単にアフリカというときは、大陸の周辺の島嶼マダガスカル島など)や海域をも含んだ地域の総称になる。




「アフリカ大陸」の続きの解説一覧

アフリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 03:01 UTC 版)

ドリトル先生アフリカゆき」の記事における「アフリカ大陸」の解説

ジョリギンキ王国Kingdom of Jolliginki) アフリカ在る王政国家国王以前に歓待し白人が国内の金を盗掘し、象牙目当てに象を乱獲して姿を消してしまったことに腹を立てており白人ドリトル先生漂着するなり問答無用とらえて投獄してしまう。しかし、国王王妃エルミントルードテニス舞踏会嗜むなど白人嫌いながらもヨーロッパ風趣味興じている。 猿の国(The Monkeys' Council) ジョリギンキと断崖絶壁隔てられた、大小さまざまな暮ら秘境深刻な伝染病蔓延していたが、ドリトル先生他の動物からの協力得ながら懸命に治療続けて伝染病収束させた。以外に他の動物相手威張り散らしているライオンやその腰巾着として振る舞っているヒョウ気の弱いカモシカ、そして希少種の頭を2つ持った有蹄類オシツオサレツなどが暮らしている。

※この「アフリカ大陸」の解説は、「ドリトル先生アフリカゆき」の解説の一部です。
「アフリカ大陸」を含む「ドリトル先生アフリカゆき」の記事については、「ドリトル先生アフリカゆき」の概要を参照ください。


アフリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 03:38 UTC 版)

格闘技の一覧」の記事における「アフリカ大陸」の解説

詳しくはアフリカの武術一覧参照

※この「アフリカ大陸」の解説は、「格闘技の一覧」の解説の一部です。
「アフリカ大陸」を含む「格闘技の一覧」の記事については、「格闘技の一覧」の概要を参照ください。


アフリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 09:49 UTC 版)

デンマークの植民地」の記事における「アフリカ大陸」の解説

詳細は「デンマーク領黄金海岸」および「デンマーク西インド会社を参照 デンマークアフリカ黄金海岸沿い、特に現在のガーナいくつかの貿易拠点や砦を所有していた。貿易拠点のうち3つ、フレデリクスボー砦、クロムポ、オス城アクラ位置しいずれも1661年スウェーデンから購入したのだった。また軍事拠点としては1784年建設されたプリンセンシュタイン砦、1787年建設されたアウグスタボー砦、それにフレデンスボー砦とコンゲンシュタイン砦があるが、それらのうちいくつか今では廃墟となっている。現在でも残っているのはオス城クリスチャンスボー城で、後者ガーナ大統領官邸として用いられた。 フレデリクスボーではプランテーション開発試みられたが、失敗したクリスチャンスボー城西アフリカにおけるデンマーク拠点となり、西インド諸島に向かう奴隷貿易中心ともなった1807年デンマーク交易をしていた勢力アシャンティ人に属すアカン人に滅ぼされた。そのためデンマーク1850年すべての貿易拠点放棄し、砦をイギリス売却した

※この「アフリカ大陸」の解説は、「デンマークの植民地」の解説の一部です。
「アフリカ大陸」を含む「デンマークの植民地」の記事については、「デンマークの植民地」の概要を参照ください。


アフリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 03:53 UTC 版)

大陸横断鉄道」の記事における「アフリカ大陸」の解説

アフリカ大陸を東西鉄道横断する方法はいくつかある。 1つ2019年開通したベンゲラ鉄道タンザン鉄道結んだルートである。アンゴラロビト出発しタンザニアダルエスサラーム通じている他のルートとしては、ナミビアワルビスベイかルデリッツから、南アフリカの鉄道網を通りインド洋へ至るルートがある。 アフリカ大陸を南北横断するルートとしては、かつてセシル・ローズケープ・カイロ鉄道提唱した。これはイギリス帝国アフリカ植民地支配根幹となるはずの構想であったが、未完成のまま終わったフランスによるトランスサハラ鉄道計画同様の結果終わった。 現在、アフリカ連合はアフリカ大陸を網羅する鉄道計画している。

※この「アフリカ大陸」の解説は、「大陸横断鉄道」の解説の一部です。
「アフリカ大陸」を含む「大陸横断鉄道」の記事については、「大陸横断鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アフリカ大陸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アフリカ大陸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 07:11 UTC 版)

固有名詞

アフリカ 大陸アフリカたいりく

  1. 地理》 一大大陸であるアフロ・ユーラシア大陸(wp)のうち、スエズ地峡(wp)隔てられたユーラシア大陸(wp)除い部分を指す。

関連語


「アフリカ大陸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アフリカ大陸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アフリカ大陸」の関連用語

アフリカ大陸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アフリカ大陸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアフリカ大陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドリトル先生アフリカゆき (改訂履歴)、格闘技の一覧 (改訂履歴)、デンマークの植民地 (改訂履歴)、大陸横断鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアフリカ大陸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS