有蹄類とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 哺乳類 > 哺乳類 > 有蹄類の意味・解説 

ゆうてい るい いうてい- [3] 【有蹄類】

足の先に角質の蹄(ひづめ)をもつ哺乳類総称代表的なものにウマ・カバなど奇蹄目とウシ・ブタなどの偶蹄目がある。いずれも大形で、草食性のものが多い。このほか、管歯目ツチブタ)・長鼻目(ゾウ・マンモスなど)・イワダヌキ目ハイラックスなど)・海牛目(ジュゴン・マナティーなど)を含む。

有蹄類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/10 15:59 UTC 版)

有蹄類(ゆうているい)は、哺乳類のうち、(ひづめ)を持つグループ。単系統ではなく、現在は正式な分類群でもないが、かつては有蹄目有蹄大目有蹄上目などの分類階級が与えられることもあった。派生形質でまとめられた分類ではあるが、平行進化によるものであり、多系統である。




「有蹄類」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有蹄類」の関連用語

有蹄類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有蹄類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有蹄類 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS