区画とは? わかりやすく解説

く‐かく〔‐クワク〕【区画/区×劃】

読み方:くかく

[名](スル)土地などをいくつかの部分区切ること。また、その区切った一つ一つ。「小さく—した分譲地」

「区画」に似た言葉

区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/01 09:23 UTC 版)

各国の行政区分については「行政区画」を参照。




「区画」の続きの解説一覧

区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 14:40 UTC 版)

福知山市」の記事における「区画」の解説

街区福知山市内に地名(字・小字)、自治会名、通称など複数街区名が存在しなおかつ自治会名は必ずしも別名称の街区範囲一致しないため非常に複雑である。(例:自治会名「岩井新町」の街区は字「岩井」と「荒河」にまたがる。通称かしの木台」で呼ばれる地域には「岩井新町」「荒河」が含まれ、その組合わせ名で住所表記されることがあり、更に自治会名「かしの木台○丁目」も存在する。など多数。) これは、昭和期入り城下町周辺急激に新市街地が広がったに対しそれらの字名整理しないまま街区名や自治会名をつけていった結果である(例:「字天田小字木村」には、通称末広町1丁目」の街区があり、自治会名「南本町」で呼ばれる住所がある)。 このため7郵便番号自治会名の街区分類されられているが、自治会名を用いない住所で検索すると該当するものを探すことができないという不便が生じている。 かつての福知山は川を利用した水運による流通盛んで由良川沿いには港を意味する「津」が付く「天津高津江、常津」などの地名数多く存在する同じく和久市」は川沿いにあり、水運によりこの付近に市場出来たことの名残である。

※この「区画」の解説は、「福知山市」の解説の一部です。
「区画」を含む「福知山市」の記事については、「福知山市」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 17:09 UTC 版)

天津経済技術開発区」の記事における「区画」の解説

同地初回指定時の領域一部包括しておらず、代替として武清区逸仙科学工業区東麗区天津経済技術開発区西区西青区西青微電子工業区浜海新区内の天津漢沽現代産業区等を包括している。2009年4月天津泰達管理委員会共同で南港工業区開発する南港工業区管理委員会発足した

※この「区画」の解説は、「天津経済技術開発区」の解説の一部です。
「区画」を含む「天津経済技術開発区」の記事については、「天津経済技術開発区」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 00:50 UTC 版)

興工街道」の記事における「区画」の解説

興工街道は郷級行政区属し総面積は4平方キロメートル、「興新社区」などの社区コミュニティ)を含む;興新社区は里レベル自治団体で、「華陽風尚」などの居民小組住民グループ)を含む。

※この「区画」の解説は、「興工街道」の解説の一部です。
「区画」を含む「興工街道」の記事については、「興工街道」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 17:16 UTC 版)

熊本弁」の記事における「区画」の解説

県内の方言は大きく北部方言と南部方言分けられる。さらに、下記のように細分される郡名はいずれ今はとなっている地域を含む)。 熊本北部方言熊本北部方言 - 下記以外の地域 熊本東部方言 - 阿蘇郡上益城郡北東部 熊本南部方言八代葦北方言やっちろ弁) - 八代市八代郡水俣市葦北郡 球磨方言(くま弁) - 人吉市球磨郡 天草方言 - 天草市天草郡 形容詞のカ語尾終助詞「ばい」「たい」、逆接の接続助詞ばってん」などの、肥筑方言要素は、北部方言に最も強く現れるその中心には熊本市方言があり、これが南部方言影響与えて各地特徴薄めつつある。北部方言のうち、阿蘇郡上益城郡北東部は、形容詞に「イ語尾」を使い連母音aiがeːに変化するなど、豊日方言的な要素がある。 南部方言には、母音脱落による「寸詰まり」の発音を始めとして敬語「もす」、順接接続助詞「で」、疑問詞で「~どが?」、逆接の接続助詞「どん」など、薩隅方言鹿児島弁)の要素みられる。特に、長らく人吉藩相良藩)領だった球磨地方や、天草地方特異性が強い。

※この「区画」の解説は、「熊本弁」の解説の一部です。
「区画」を含む「熊本弁」の記事については、「熊本弁」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 06:25 UTC 版)

昭陵 (清)」の記事における「区画」の解説

参道と、祭りとり行う建物四角形城壁囲まれた方城と、皇帝埋葬されている円丘を囲む円い城壁円城分けられる方城の床にはかつて金箔敷き詰められていた。

※この「区画」の解説は、「昭陵 (清)」の解説の一部です。
「区画」を含む「昭陵 (清)」の記事については、「昭陵 (清)」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 03:47 UTC 版)

佐賀弁」の記事における「区画」の解説

佐賀県の方言は南部の旧佐賀藩域(佐賀地区方言狭義佐賀弁)、北部の旧唐津藩域(唐津地区方言唐津弁)、東部の対馬藩域(田代地区方言)に三分される。また、佐賀地区は、小城市以東東部方言と、西部方言分かれる佐賀地区方言佐賀東部地区方言小城市佐賀市神埼市鳥栖市西部など) 佐賀西部地区方言多久市白石町鹿島市嬉野市武雄市伊万里市南部など) 唐津地区方言唐津市伊万里市北部玄海町田代地区方言鳥栖市北部基山町) 以下、「佐賀地区」(「佐賀東部地区」と「佐賀西部地区」)、「唐津地区」、「田代地区」とはこの区画の地域を指す。

※この「区画」の解説は、「佐賀弁」の解説の一部です。
「区画」を含む「佐賀弁」の記事については、「佐賀弁」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 12:52 UTC 版)

大宰府」の記事における「区画」の解説

想定範囲は、現在の太宰府市および筑紫野市に当たる遺跡 は国の特別史跡面積は約254000平方メートル甲子園の約6.4倍である。 主な建物として政庁学校蔵司、税司、薬司、匠司、修理器仗所、客館、兵馬所、主厨司、主船所警固所大野城司、貢上染物所、作紙などがあったとされる。しかし、遺跡確認されたものは少ない。 「大宰府跡」は1921年大正10年3月3日国の史跡指定1953年昭和28年3月31日、国の特別史跡指定されたその後1970年昭和45年)、1974年昭和49年)、2009年平成21年)、2014年平成26年)(3月10月の2回)、2015年平成27年)に追加指定が行われ、指定面積320,235.91平方メートルである。政庁都府楼地区のほか、1キロメートルほど離れた館跡特別史跡大宰府跡含まれている(2014年平成26年10月追加指定) 。 2015年平成27年4月24日文化庁から「古代日本の『西の都』〜東アジアとの交流拠点〜」として日本遺産認定される交通には日田街道宰府往還)があり、北は博多、南は豊国日田繋がっていた。さらに日田起点として別府や、日向国肥国などと往来することができた。

※この「区画」の解説は、「大宰府」の解説の一部です。
「区画」を含む「大宰府」の記事については、「大宰府」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 07:33 UTC 版)

アルバカーキ」の記事における「区画」の解説

アルバカーキ地理的にNE北東)・NW北西)・SE南東)・SW南西)の4区画に分けられており、正式な住所一部として使われている。南北分割する線はセントラル・アベニュー旧ルート66)、東西分割する線はBNSF鉄道線(旧アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道)である。しかし時が経つにつれ、多くの人々普段の会話でこの都市分けるために州間高速道路I-25およびI-40用いるようになってきている。

※この「区画」の解説は、「アルバカーキ」の解説の一部です。
「区画」を含む「アルバカーキ」の記事については、「アルバカーキ」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 02:00 UTC 版)

BIOMEGA」の記事における「区画」の解説

復物主地域区分。1個あたり全長400,000,000km(4億km)の区画が、全部で12存在する各区画には人間暮ら都市集落がある。その多くDRF支配されている。

※この「区画」の解説は、「BIOMEGA」の解説の一部です。
「区画」を含む「BIOMEGA」の記事については、「BIOMEGA」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:32 UTC 版)

薩隅方言」の記事における「区画」の解説

薩隅方言内部は、以下のように区分される薩摩大隅間に境界線引かれず、むしろ薩摩半島南端部や大隅半島南端部(佐多内之浦の方言に特色がある離島方言それぞれに特色があり、特に種子島方言薩隅方言特徴薄く独自色が強い。 薩隅諸方言薩隅諸方硫黄竹島方言 薩摩南端方言 離島方言獅子島長島方言 屋久島方言口永良部島を含む) トカラ方言北部方言 南部方言 甑島方言 種子島方言諸県方言

※この「区画」の解説は、「薩隅方言」の解説の一部です。
「区画」を含む「薩隅方言」の記事については、「薩隅方言」の概要を参照ください。


区画(グリッド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 23:22 UTC 版)

クロックワーク・プラネット」の記事における「区画(グリッド)」の解説

都市分けている歯車総称日本では都道府県ごとに分けられている。1つの区画は直径キロから数十キロに及ぶ。

※この「区画(グリッド)」の解説は、「クロックワーク・プラネット」の解説の一部です。
「区画(グリッド)」を含む「クロックワーク・プラネット」の記事については、「クロックワーク・プラネット」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 06:00 UTC 版)

アンドラーシ通り」の記事における「区画」の解説

アンドラーシ通りは市の内側か外側へと、以下の4つ部分から成り立っている。 エルジェーベト広場からオクトゴン(Oktogon)まで : 主に商業利用されている都会的な区画である。 オクトゴンからコダーイ円形広場駅まで : 住宅街大学も含む、散歩道のある拡大され通りコダーイ円形広場駅からバイザ通りまで : さらに広く小さな公園面した大邸宅群が並ぶ。 バイザ通りからヴァーロシュリゲットまで : 広さ前の区画と同じくらいで、庭園持った住宅群や大使館などがある。

※この「区画」の解説は、「アンドラーシ通り」の解説の一部です。
「区画」を含む「アンドラーシ通り」の記事については、「アンドラーシ通り」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 00:25 UTC 版)

飛騨弁」の記事における「区画」の解説

岐阜県の方言を南北に分けた場合美濃飛騨の間で分かれるではなく飛騨美濃北部美濃南部間に境界がある。方言学では美濃北部郡上市および加茂郡北部・旧武儀郡北部)も飛騨方言に含むことがある岐阜県愛知県とともに東日本方言西日本方言緩衝地帯であること、内陸部であり周辺の方言要素複雑に入り交ざっていること、山がちな地形であることから、飛騨弁一言でいっても地域によって様々に異なる。いくつか下位区分される。大きく、北飛騨方言高山市飛騨市白川村)と南飛騨方言下呂市)に分け場合や、北飛(旧吉城郡大部分)、中飛高山盆地一帯)、南飛(宮峠以南高山市南部下呂市)に分け場合がある

※この「区画」の解説は、「飛騨弁」の解説の一部です。
「区画」を含む「飛騨弁」の記事については、「飛騨弁」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 08:54 UTC 版)

ハルディア」の記事における「区画」の解説

ハルディア市内24以上の地区分かれており、これらの地区のほとんどにPSU主とする異な企業従業員のための施設がある。これらの地区ガンジス川ハルディ川の合流点付近に位置し市場学校などが完備されているハルディア市の中心街にはショッピングモールやエンターテイメント・ゾーンが展開されており、IT経済特区建設検討されている。 Casurinaの沿岸ピクニックの場所として人気があり、冬季、特にクリスマス元旦には多くの住民訪れる場所となっている。 ハルディアにはインド沿岸警備隊東部地域本部がある。

※この「区画」の解説は、「ハルディア」の解説の一部です。
「区画」を含む「ハルディア」の記事については、「ハルディア」の概要を参照ください。


区画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 13:14 UTC 版)

ミトコンドリア膜間腔」の記事における「区画」の解説

ミトコンドリア内膜は、一般的にマトリックス側に大きく突出したクリステという構造取っている。そのため膜間腔も、外膜内膜挟まれ周縁部内膜のみに挟まれクリステ内腔とに分けられ両者内容物には差がある構造上も、周縁部の厚みが内膜外膜構成する脂質二重層同程度(およそ6nm)であるのに対しクリステ内腔はおよそ2倍厚さがある。

※この「区画」の解説は、「ミトコンドリア膜間腔」の解説の一部です。
「区画」を含む「ミトコンドリア膜間腔」の記事については、「ミトコンドリア膜間腔」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「区画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

区画

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 08:40 UTC 版)

名詞

(くかく 「区劃」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 仕切ること。そのしきり。境界

別表記

関連語


「区画」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



区画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの区画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの福知山市 (改訂履歴)、天津経済技術開発区 (改訂履歴)、興工街道 (改訂履歴)、熊本弁 (改訂履歴)、昭陵 (清) (改訂履歴)、佐賀弁 (改訂履歴)、大宰府 (改訂履歴)、アルバカーキ (改訂履歴)、BIOMEGA (改訂履歴)、薩隅方言 (改訂履歴)、クロックワーク・プラネット (改訂履歴)、アンドラーシ通り (改訂履歴)、飛騨弁 (改訂履歴)、ハルディア (改訂履歴)、ミトコンドリア膜間腔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの区画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS