南北とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > > 南北の意味・解説 

なん‐ぼく【南北】

読み方:なんぼく

南と北また、南と北との間。「—に縦断する道」


南北

名字 読み方
南北なんぼく
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

南北

読み方
南北みなみきた

南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/05 01:48 UTC 版)

南北(なんぼく)




「南北」の続きの解説一覧

南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 03:57 UTC 版)

ウルグアイの極地」の記事における「南北」の解説

最北端は、アルティガス県クアライ川上の地点。: 南緯300508西経565706秒 / 南緯30.08556度 西経56.95167度 / -30.08556; -56.95167。

※この「南北」の解説は、「ウルグアイの極地」の解説の一部です。
「南北」を含む「ウルグアイの極地」の記事については、「ウルグアイの極地」の概要を参照ください。


南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 14:52 UTC 版)

鉄道に関する世界一の一覧」の記事における「南北」の解説

ニケリ - ムルマンスキー駅( ロシア)- 世界一北にある旅客駅ロシア連邦ムルマンスク州所在北緯69°25東経30°15′。 インバーカーギル駅(英語版)( ニュージーランド) - 世界一南にある旅客駅旅客輸送2002年運行終了。現在は貨物輸送のみ運行)。 南フエゴ鉄道アルゼンチン) - 世界一南にある鉄道、ただし軌間は500mm。アルゼンチンフエゴ島ウシュアイアにある。南緯54°48西経68°18′。 南フエゴ鉄道パルケ・ナシォナル駅 Estación Andén Parque Nacionalアルゼンチン) - 世界一南に位置する駅。

※この「南北」の解説は、「鉄道に関する世界一の一覧」の解説の一部です。
「南北」を含む「鉄道に関する世界一の一覧」の記事については、「鉄道に関する世界一の一覧」の概要を参照ください。


南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 04:18 UTC 版)

トランス・アフリカ・ハイウェイ」の記事における「南北」の解説

番号区間概要TAH 2号線 アルジェ - ラゴス サハラ砂漠縦貫道路Trans-Sahara Highway)とも呼ばれる。ほぼ完成しており、未舗装区間200 kmを残すのみである。 TAH 3号線 トリポリ - ケープタウン 未完成区間長く再建必要な区間も多い。容易に通行可能なのはリビアカメルーンアンゴラナミビア南アフリカ共和国舗装区間のみである。 TAH 4号線 カイロ - ケープタウン

※この「南北」の解説は、「トランス・アフリカ・ハイウェイ」の解説の一部です。
「南北」を含む「トランス・アフリカ・ハイウェイ」の記事については、「トランス・アフリカ・ハイウェイ」の概要を参照ください。


南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/24 23:09 UTC 版)

北スラヴ語」の記事における「南北」の解説

南スラヴ語との対比において、西スラヴ語東スラヴ語のことを便宜的に北スラヴ語と呼ぶことがある。(同じくゲルマン語西ゲルマン語東ゲルマン語合わせてゲルマン語と呼ぶことがある

※この「南北」の解説は、「北スラヴ語」の解説の一部です。
「南北」を含む「北スラヴ語」の記事については、「北スラヴ語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「南北」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

南北

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:07 UTC 版)

発音(?)

な↘んぼく

名詞

なんぼく

  1. と北のこと。
  2. 南と北との

翻訳

南と北
南から北

関連語

熟語


「南北」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



南北と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南北」の関連用語

南北のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南北のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2023 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南北 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウルグアイの極地 (改訂履歴)、鉄道に関する世界一の一覧 (改訂履歴)、トランス・アフリカ・ハイウェイ (改訂履歴)、北スラヴ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの南北 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS