山脈とは? わかりやすく解説

やま‐なみ【山並(み)/山脈】

読み方:やまなみ

山の連なり連山

[補説] 作品名別項。→山脈


さん‐みゃく【山脈】

読み方:さんみゃく

山地が、細長く連なって脈状をなしているもの。比較高く険しい山々についていう。「褶曲(しゅうきょく)—」「ヒマラヤ—」


やまなみ【山脈】


エスプラ:山脈

英語表記/番号出版情報
エスプラ:山脈La sierra作曲年1930年 

山脈

作者尾崎翠

収載図書定本 尾崎翠全集 上巻
出版社筑摩書房
刊行年月1998.9


山脈

読み方:ヤマナミ(yamanami)

作者 加藤楸邨

初出 昭和30年

ジャンル 句集


山脈

読み方:ヤマナミ(yamanami)

作者 木下順二

初出 昭和24年

ジャンル 戯曲


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 02:52 UTC 版)

山脈(さんみゃく)とは、低地の間に挟まれる、細長く連続的に伸びる山地のことである。一般的に山脈は他の山脈とで分けられている。




  1. ^ テオドール・シュベンク『カオスの自然学』赤井敏夫 訳、工作舎、1986年、139頁


「山脈」の続きの解説一覧

山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/19 14:58 UTC 版)

イベリコ山系」の記事における「山脈」の解説

イベリコ山系多くの山脈・山地山塊集合体である。 北部デマンダ山地英語版ネイラ山地スペイン語版) セボリェラ高地スペイン語版) ウルビオン峰(英語版アルカラマ山地スペイン語版) ペニャルモンテ山地スペイン語版) モンカルビーリョ山地スペイン語版モンカヨ山塊 ナバ・アルタ山地英語版西部 : 西部に小規模乾燥した山地集まっており、セントラル山系との遷移地帯に近い。ペルディセス山地スペイン語版) ミニストラ山地スペイン語版) カルデレーロス山地スペイン語版) パルドス山地スペイン語版) ミニャーナ山地スペイン語版) ソロリオ山地英語版セーラス山地スペイン語版) パラメーラス・デ・モリーナ(スペイン語版中央部 : 中央部イベリコ山系中心部位置する。ビルヘン山地英語版) ビコルト山地英語版) アルガイレン山地英語版サンタ・クルス山地英語版) クカロン山地英語版エレーラ山地スペイン語版サン・フスト山地英語版リドン山地スペイン語版) パロメーラ山地スペイン語版南西部クエンカ山地スペイン語版) メネーラ山地英語版アルバラシン山地英語版ピカサ山(スペイン語版) ウニベルサーレス山(英語版ミラ山地スペイン語版南東部ハバランブレ山地英語版トロ山地英語版グダル山地英語版) マジャボーナ山地英語版) カマレーナ山地スペイン語版) ソリャビエントス山地スペイン語版ラージョ山地スペイン語版ピナ山地スペイン語版東部 : 東部の東端地中海達している。ペニャゴローサ山塊英語版) ラストラ山地英語版) カバーリョス山地英語版ガローチャ山地スペイン語版) カニャーダ山地スペイン語版) カラスコーサ山地英語版) ポルツ・デ・モレーリャ(英語版) クレウ山地スペイン語版) セグレス山地スペイン語版) ガルセラン山地英語版) エスパレゲーラ山地英語版) バリバーナ山地英語版) セリェール山地英語版) トゥルメイ山地英語版) エスパデーリャ山地英語版) モレス・デ・シェルト(英語版) タラヘス・ダルカター(英語版) バル・ダンジェル(英語版セルベラ山地英語版) サント・ペレ山地英語版) カルデローナ山地英語版) エスパダー山地英語版北東部 : 北東部カタルーニャ海岸山脈接続している。ポルツ・デ・トルトーサ=ベセイト(英語版) ベニファッサー山地スペイン語版

※この「山脈」の解説は、「イベリコ山系」の解説の一部です。
「山脈」を含む「イベリコ山系」の記事については、「イベリコ山系」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 16:21 UTC 版)

台湾の地理」の記事における「山脈」の解説

中央山脈:台湾最長の山脈。北部蘇澳から南部鵝鑾鼻までの330kmを縦貫している。最高峰秀姑巒山海抜3,825 m)。 雪山山脈:台湾西北部位置し北部三貂角から南部濁水渓までの180kmを東北より西南方向縦貫している。最高峰雪山海抜3,886m)。 玉山山脈:中央山脈西側位置し濁水渓雪山山脈境界から高雄市旗山までを縦貫している。最高峰玉山海抜3,952m)。 阿里山山脈:玉山山脈西側位置し濁水渓上流から曾文渓上流までの135kmを縦貫している。台湾の山脈の中では緩平な山脈であり標高3,000m以上の山は存在していない。最高峰大塔山標高2,663m)。 海岸山脈:花蓮渓河口部より台東北部までの148kmを縦貫している。北から南にかけて急峻な地勢変化している。

※この「山脈」の解説は、「台湾の地理」の解説の一部です。
「山脈」を含む「台湾の地理」の記事については、「台湾の地理」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 16:23 UTC 版)

ブラックロック砂漠」の記事における「山脈」の解説

次の山脈がブラックロック砂漠範囲内にある。 アンテロープ山脈 バッジャー山脈 ブラックロック山脈 カリコ山脈 ディビジョン山脈 フォックス山脈 グラナイト山ハナン山脈 ハイロック・キャニオンヒルズ ホッグランチ山脈 ジャクソン山脈 カンマ山脈 リトルハイロック山脈 マッサカー山脈 モンタナ山脈 パインフォレスト山脈 ポーカーブラウン山脈 サンタローザ山脈 セレナイト山脈 センティネル・ヒルズ セブントラフス山脈 シープヘッド山脈 スモーククリーク山脈 イェロー・ヒルズ

※この「山脈」の解説は、「ブラックロック砂漠」の解説の一部です。
「山脈」を含む「ブラックロック砂漠」の記事については、「ブラックロック砂漠」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 14:58 UTC 版)

アイルランドの地理」の記事における「山脈」の解説

アイルランドは主に島中央部の平らな低地と、それを囲む山々から成っている。ケリー県から反時計回りに、マクギリーカディ山脈、Comeragh山脈、ブラックステアズ山脈、ウィクロー山脈、モーン山脈、アントリム渓谷群、スペリン山脈, ブルースタック山脈、Derryveagh山脈, オックス山脈, ネフィンベグ山脈、Twelve Bens/Maumturksと言われる一団、となる。南部には内陸よりの山脈があり、内陸部で最も高いゴールチー山地シルバーマイン山地、スリーブブルーム山脈といったものがある。 南部山々他のもの成り立ち異なりヘルシニア造山運動によって形成された。アイルランドの山の中で最も高いのは、氷河によって削られ砂岩から成っている、マクギリーカディ山脈のキャラントゥール山で、1,038メートルである。アイルランド山々全体的に低く1000メートル以上のものは3峰しかなく、500メートル以上のものも457しかない

※この「山脈」の解説は、「アイルランドの地理」の解説の一部です。
「山脈」を含む「アイルランドの地理」の記事については、「アイルランドの地理」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 15:41 UTC 版)

マレーシアの地理」の記事における「山脈」の解説

国内で最も高い山脈は、国内最高峰キナバル山三番目に高いタンブユコン山を含むサバ州クロッカー山脈である。キナバル山標高4095mで、キナバル自然公園一部としてユネスコ世界遺産にも登録されている。また同じくサバ州にあるトルス・マディ山脈は国内二番目標高の高いトルス・マディ山があり、インドネシアとの国境付近にあるボンバライヒルはマレーシア唯一の活火山である。 マレー半島側には、多くの山脈が南北方向に平行に走っている中心なっているのはティティワンサ山脈で、半島中央部東西隔てるように横たわっている。ティティワンサ山脈には半島部で二番目標高の高いコルブ山があり、深い森覆われているほか、半島部の多くの水系源流となっている。またティティワンサ山脈の東側には半島最高峰タハン山を含むビンタン山脈がある。

※この「山脈」の解説は、「マレーシアの地理」の解説の一部です。
「山脈」を含む「マレーシアの地理」の記事については、「マレーシアの地理」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 20:21 UTC 版)

アルゼンチンの地理」の記事における「山脈」の解説

アンデス山脈アルゼンチン領土部分には、南米でもっとも標高高い山数々、ボネーテ山(英語版)(6,872m)、オホス・デル・サラード(6,893m)、メルセダリオ山英語版)(6,768m)などがあり、アコンカグア(6,960m)は南米西半球でもっとも高い山である。アルゼンチンでもっとも標高高い山々は、いずれもメンドーサ州北部位置している。アンデス山脈西側チリ側)より東側アルゼンチン側)の方傾斜が緩やかであり、プーナ呼ばれる標高3,000-4,000mの高原が、南北長くボリビアアルティプラーノ高原まで続いている同様に東側にはアンデス山脈より低い山脈が南北に連なり、コルドバのすぐ西側にあるコルドバ山脈は、アンデス山脈との合間盆地グランデス塩原などの湿原形成している。 アンデス地域には乾燥した盆地ブドウ畑覆われた豊潤丘陵氷河覆われた山、湖水地方(ロス・ラゴス地域チリ半々)などがある。氷河山々浸食し、谷を雪解水雨水満たすことで、多くの氷河湖存在する湖水地方形成された。湖水地方南アンデス位置し氷河原生林湖沼河川フィヨルド火山際立った山などの多様な自然景観誇っている。アンデス山脈には1,800上もの火山があり、そのうち28活火山である。この地域だけで、地球上存在する活火山の約1/5を占めている。アルゼンチンチリ国境は3,700kmに及び、南部の1/3を除けば国境は分水界に沿っている。

※この「山脈」の解説は、「アルゼンチンの地理」の解説の一部です。
「山脈」を含む「アルゼンチンの地理」の記事については、「アルゼンチンの地理」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 03:29 UTC 版)

グレーシャー国立公園」の記事における「山脈」の解説

コロンビア山脈ブリティッシュ・コロンビア内陸部英語版)の高原から隆起しロッキー山脈トレンチ英語版)のある東部へ延びている。近くカナディアン・ロッキーとは地質的に区分されており、山脈は4つ部分カリブー山脈英語版)・モナシー山脈(英語版)・セルカーク山脈パーセル山脈(英語版))分けられている。氷河セルカーク山脈北部広がりパーセル山脈北部では狭い帯状分布する公園地形様々で東部北部西部では丸い形状山並みが、南部中央部では鋭く切り立ったピーク見られるA・Oホイーラーは、1901年翌年にかけて固定点写真用いた複雑なシステム使って園内大半の山の標高計測した20世紀初頭には、この地域は「カナディアン・アルプス」と呼称されていた山名大半は冒険家測量士登山家、そして鉄道会社ハドソン湾会社重役といった歴史的人物由来する

※この「山脈」の解説は、「グレーシャー国立公園」の解説の一部です。
「山脈」を含む「グレーシャー国立公園」の記事については、「グレーシャー国立公園」の概要を参照ください。


山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 21:10 UTC 版)

チュクチ高地」の記事における「山脈」の解説

チュクチ高地山々はいくつかの山脈を形成している。主なもの以下のとおりである。 シェラグ山脈(英語版): 最高点標高1,105メートル (3,625 ft)。北西端はシェラグスキー岬(英語版)。 イチュヴェーム山脈: 最高点標高1,030メートル (3,380 ft)。 エグヴィヴァタプ山脈: 最高点標高1,636メートル (5,367 ft)。 ペグトィメル山脈: 最高点標高1,794メートル (5,886 ft)。 パリャヴァーム山脈: 最高点標高1,551メートル (5,089 ft)。 チャンタリ山脈(英語版): 最高点標高1,887メートル (6,191 ft)。 エキトィキ山脈: 最高点標高1,317メートル (4,321 ft)。 ペクリニェイ山脈(英語版): 最高点標高1,362メートル (4,469 ft)。 イスカテン山脈: 最高点標高1,335メートル (4,380 ft)。 グヘンカヌイ山脈: 最高点標高978メートル (3,209 ft)。チュクチ高地東端位置しベーリング海を望む

※この「山脈」の解説は、「チュクチ高地」の解説の一部です。
「山脈」を含む「チュクチ高地」の記事については、「チュクチ高地」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「山脈」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

山脈

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:55 UTC 版)

名詞

  1. サンミャク)山が帯状に連なった山岳地形
  2. やまなみ」の漢字表記のひとつ。

関連語


「山脈」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



山脈と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイベリコ山系 (改訂履歴)、台湾の地理 (改訂履歴)、ブラックロック砂漠 (改訂履歴)、アイルランドの地理 (改訂履歴)、マレーシアの地理 (改訂履歴)、アルゼンチンの地理 (改訂履歴)、グレーシャー国立公園 (改訂履歴)、チュクチ高地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS