ミラとは? わかりやすく解説

ミラ

ミラ
ライトローズマイカメタリックライトローズマイカメタリック パールホワイトIIIパールホワイトIII
シャンパンゴールドメタリックシャンパンゴールドメタリック オフホワイトオフホワイト
クリアグリーンマイカメタリッククリアグリーンマイカメタリック ブライトシルバーメタリックブライトシルバーメタリック
コットンアイボリーコットンアイボリー ブラックマイカメタリックブラックマイカメタリック

 


それぞれのモニター特性のため実際の色とは異な場合あります
詳しくはカタログか、お近くダイハツ販売店ご確認ください

仕様改良のため予告なく変更することがありますお近くダイハツ販売店ご確認ください





ミラ 主要諸元表(2WD
低燃費車低公害車普及税制適合
駆動方式
2WD
グレードドア   X Limited
"SMART DRIVE Package"
X Limited X L
車名型式   DBA-L275S
車種記号 5速マニュアル       *◆GMMF
3速オートマチックフロアシフト       *◆GHMF
4速オートマチックフロアシフト     *◆GPGF  
CVTインパネセンターシフト *◆GBPF *◆GBGF    




全長 mm
3,395
全幅 mm
1,475
全高 mm
1,530
室内
mm
2,000
mm
1,350
mm
1,265
ホイールべース mm
2,490
トレッド
mm
1,310
mm
1,305
最低地上高 mm
160
車両重量 kg
790 780 750 750<740>
乗車定員
4

燃料消費率 10.15モード走行
国土交通省審査値)
km/L
27.0 25.5 22.0 21.0<25.0>
主要燃費向上対策 自動無段変速機CVT
ロックアップ機能トルコン
可変バルブタイミング
アイドリングストップ装置
自動無段変速機CVT
ロックアップ機能トルコン
可変バルブタイミング
可変バルブタイミング
最小回転半径 m
4.2 4.3



型式 KF-VE型
種類 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
総排気量 cc
658
内径X行程 mm
63.0×70.4
圧縮比 10.8
最高出力ネット kW[PS]/rpm
43[58]/7,200
最大トルクネット N・m[kg・m]/rpm
65[6.6]/4,000
燃料供給装置  EFI電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料タンク容量 L
無鉛レギュラーガソリン36








駆動方式 FF(前2輪駆動
クラッチ形式 3要素1段2相形<乾式単板ダイヤフラム>
変速比※1 1速 3.327~0.628 2.730 2.730<3.416>
2速 1.526 1.526<1.947>
3速 1.000 1.000<1.250>
4速 0.696 <0.916>
5速 - <0.750>
後退 2.230 2.290 2.290<3.142>
最終減速比 5.444 5.222 4.512<4.933>
ステアリング形式 ラック&ピニオン
ブレーキ形式 ディスク
リーディング・トレーリング
駐車ブレーキ 機械式2輪制動
サスペンション
形式
マクファーソン・ストラットコイルスプリング
トーションビーム式コイルスプリング
タイヤ 前後 145/80R13 75S



ミラ 主要諸元表(4WD

駆動方式
4WD
グレードドア   X Limited X L
車名型式   DBA-L285S
車種記号 5速マニュアル     *◆GMMF
3速オートマチックフロアシフト     *◆GHMF
4速オートマチックフロアシフト   *◆GPGF  
CVTインパネセンターシフト *◆GBGF    




全長 mm
3,395
全幅 mm
1,475
全高 mm
1,530
室内
mm
2,000
mm
1,350
mm
1,290
ホイールべース mm
2,490
トレッド
mm
1,310
mm
1,275
最低地上高 mm
155
車両重量 kg
820 810 800<790>
乗車定員
4

燃料消費率 10.15モード走行
国土交通省審査値)
km/L
23.5 21.5 21.0<24.5>
主要燃費向上対策 自動無段変速機CVT
ロックアップ機能トルコン
可変バルブタイミング
可変バルブタイミング
最小回転半径 m
4.2



型式 KF-VE型
種類 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
総排気量 cc
658
内径X行程 mm
63.0×70.4
圧縮比 10.8
最高出力ネット kW[PS]/rpm
43[58]/7,200
最大トルクネット N・m[kg・m]/rpm
65[6.6]/4,000
燃料供給装置  EFI電子制御式燃料噴射装置)
使用燃料タンク容量 L
無鉛レギュラーガソリン34








駆動方式 フルタイム4WD4輪駆動
クラッチ形式 3要素1段2相形<乾式単板ダイヤフラム>
変速比※1 1速 3.327~0.628 2.730 2.730<3.416>
2速 1.526 1.526<1.947>
3速 1.000 1.000<1.250>
4速 0.696 <0.916>
5速 - <0.750>
後退 2.230 2.290 2.290<3.142>
最終減速比 5.444 5.222 5.050<5.545>
ステアリング形式 ラック&ピニオン
ブレーキ形式 ディスク
リーディング・トレーリング
駐車ブレーキ 機械式2輪制動
サスペンション
形式
マクファーソン・ストラットコイルスプリング
3リンク式コイルスプリング
タイヤ 前後 145/80R13 75S
低燃費車低公害車普及促進税制適合車は、ご購入時に自動車取得税軽減措置受けられます。平成20年3月31日まで)。
グリーン購入法特定調達物品等の判断基準」に適合
国等による環境物品等の調達の推進に関する法律
グリーン購入法基づ政府公用車基準適合してます。詳しくは販売店おたずねください
<>内はマニュアル車数値です。
[]内は従来表示参考値です。

燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります
エンジン出力表示にはネット値とグロス値があります。「グロス」はエンジン単体測定したものであり、「ネット」とはエンジン車両搭載した態とほぼ同条件で測定したものです。同じエンジン測定した場合、「ネット」は「グロス」より軽自動車で約10%程度低い値(自工会調べとなってます。

ミラ

英語 Mira

イタリア語で、ミラは羨望の的標的意味する最初のクルマ商用車で、クォーレライトバンとして1980年6月世に出た当初はミラ・クォーレと呼んだが、82年マイナーチェンジ時にクォーレの名が取れた

乗用タイプとしては、90年3月フルモデルチェンジのときに登場したクルマ最初だった基本的な造形旧型変わらないが、旧型よりも丸み帯びヘッドランプの形もそれに合わせてコーナー部が丸くなっていた。2250mmのホイールベースは2280mmに延びた3ドア5ドアのハッチバックボディだった。

660ccとなったエンジン含めて新規格に適応するためのフルチェンジで、ドア内部にサイドインパクトビーム設けるなど、新し安全対策織り込んでいた。直列3気筒SOHC・659ccエンジンは、547CC型のボア広げる手法実現した最高出力自然吸気が40/50ps、ターボ仕様は64psだった。駆動方式FF4WDがあり、ミッション4速5速MT3速ATの設定があった。リヤサスペンションはセミトレーリングアームコイル。新メカニズムとして機械式4WS、後2輪にきくABS積んでいた。東京地区標準価格は、2ドアJ-タイプP・3速ATが775000円4ドアJ-4WD・タイプQ・5MT858000円だった。11月には2ドアフルタイム4WDターボX-4を、91年5月にはTR-XXアバンツァートとTR-XX4速ATモデル発売した

92年8月マイナーチェンジの際、ターボRV-4というモデル出した12バルブ・ターボエンジンのフルタイム4WD車で全高は1550mmあった。ミッション5速MT4速ATが選べた。

93年1月。モデルノ・シリーズを加えた乗用車感覚高級志向強めたシリーズで、フロントリヤデザイン新しかった3ドア、5ドアハッチバックというスタイル変わらないが、装備関係は上級化しており、全車エアコンパワーステアリング、AM/FMラジオハイマウントストップランプなどを標準装備していた。駆動方式FF4WDがあり、3速4速ATをタイプにより使い分けたエンジンは42psと55ps。

94年9月フルモデルチェンジ2代目デビュースタイリング基本旧型同じだったが、新型はいっそう丸み増したホイールベースが20mm延長して2300mmになり、室内拡大つながったボディタイプ3ドア、5ドアハッチバック、駆動方式FF一部4WDミッション4速5速MT3速4速ATをグレードによって使い分けたエンジン(3気筒SOHC)は自然吸気の40/42/55psとターボの64ps、計4種類に加えて、このとき、4気筒D0HC16バルブ・エンジンを新開発したこともトピックだった。自然吸気の58ps、ターボの64psがあった。また、TR-XXアバンツァートR(FF車)のリヤサスペンションには、軽で初めトーコントロール機構採用したブレーキ全車ブースター付きディスク前輪採用し一部グレードではリヤディスクとなったオプションとなるが、4チャンネルABS導入した。またほとんどのグレード車速感応パワーステアリング標準装備4WS装着車は廃止した

95年10月新世代3気筒ツインカム12バルブ・659ccの55psエンジン生まれ変わりセダン4WD車に採用した一方ターボエンジン新型3気筒ツインカム・64psに換装4速AT仕様が加わった。モデルノ・シリーズも新しくなり、フロントデザイン独自のものとして、通常型よりも上のクラス位置した全車にツインカム・エンジン採用

96年5月運転席SRSエアバッグオプション設定

97年8月通常型にクラシックを追加クローム台形のラジエーターグリル、丸2灯のヘッドランプなどがエクステリア特徴づけ標準エンジン高性能エンジンFF4WD駆動方式があった。

98年10月安全性向上テーマとする新軽規格ミートする新型発売した。安全ボディにはTAFというネーミング与えスタイリングはタウンキュービック・フォルムと名付けたヘッドランプ全体スタイルに合わせた異型高級感あるもの変更ホイールベース旧型60mm延びて2360mmとなったエンジンはすべて3気筒で、SOHC・6バルブ・45ps、DOHC・CVVT(可変バルブ機構)・12バルブ・58ps、DOHC12バルブ・ターボの64psをそろえたトランスミッション5速MT3速4速のAT、CVT設定した駆動方式FF回転感応カップリング使用したフルタイム4WDがあった。超低燃費車のTVグレードは、DVVTエンジンエコCVT組み合わせることにより、MT車をしのぐ27km/L(10・15モード)を達成。ほとんどのグレード油圧パワーステアリング標準化自然な操舵フィーリング実現したブレーキアシスト付きABSオプションデュアルSRSエアバッグプリテンショナー&フォースリミッター付きフロントシートベルトを一部グレード装備。イメージリーディングシリーズのTR-XXは廃止した

99年3月クラシック・スタイルジーノ誕生丸形ヘッドランプクロム囲んだラジエーターグリル、めっきのバンパーなどが「よき時代」を感じさせた。58psと64ps(ターボ)エンジンがあった。11月マイナーチェンジ。ルーフエンドスポイラーやオーバーヘッドコンソールパワーウインドウなどを一部車種採用した合わせて排出ガス規制適合優遇税制および低燃費自動車優遇税制適合

2000年10月マイナーチェンジ衝突安全ボディTAF採用に加えて(1)軽自動車初のSRSサイドエアバッグオプション設定(2)デュアルSRSエアバッグ標準装備(セダン)。など安全面強化と、新意匠バンパーグリル、リヤコンビランプで外観手直しした

2001年10月ツインカムDVVTエンジンなどTOPAZ触媒採用し全車LEV対応とする改良行った。さらに安全性向上内装リファイン新色追加などがあった。同時にミラ・シリーズにLicca with Happy pappyTLミラジーノにミニライトスペシャルターボというモデル追加した12月ミラジーノ人気キャラクターハローキティデザインしたモデル新設定

2002年8月ミラジーノ3気筒ツインカムDVVT11エンジン搭載車を新設した。ジーノベースに、めっきバンパー大型バンパーライダーやめっきサイドロッカーモールを装着したモデルで、寸法的に全長全幅それぞれ20ずつ拡大した全高ホイールベース変化はない。ミッション4速ATだけ。駆動方式FF基本だが、プラス12万円4WD仕様選択できた。タイヤサイズは軽モデルと同じ。名称はミラジーノ1000一方ジーノも新意匠フロントグリルやリヤライセンスガーニッシュを変えてイメージ一新したまた、ターボモデルもラインアップ充実した車種構成になった

2002年12月、軽のミラが新モデル衣替えした。10月モデルチェンジしたムーヴと同じプラットフォームを使うため、ホイールベース(2390mm)、全長(3395mm)、全幅(1475mm)は同数値。全高は1500mm(ミラ)と1530mm(アヴィ)。従来モデルとの比較では、ホイールベース30mm延び全高で75mm~105mm高い。したがっ室内も幅で80mm、長さで175mm~195mm大きくなり、コンパクトセダンを凌ぐ広さ変身した

モデルムーヴと同様2つベーシックなミラと上級志向アヴィがある。外観上大きな違いは、ヘッドランプを含むフロントまわりとリヤコンビランプの処理。アヴィ大きめヘッドランプ使いストップランプ内蔵のリヤランプをゲート上部回り込ませた造形となった

軽自動車への直墳エンジン採用注目点。ミラのVモデルに積むこのエンジンは、アイドルストップ機能5速MTとの組み合わせ10・15モード走行燃費が30.5km/LというハイレベルマークするエンジンバリエーションアヴィDOHCNAターボ仕様、ミラがSOHCDOHC、そして前記の直墳の3タイプボディ形状アヴィ5ドア車だけ、ミラには3/5ドア車を設定駆動方式FFと、Vグレードを除く全モデル4WDがある。なお、クラシックタイプミラジーノは、従来モデル継続販売する

ミラ

ミラ_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ミラ

名前 MirraMilaMiraMid-laMiláMilkaMillaMillerMyra

ミラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ミラ

天体

地名

人名

その他の固有名詞

架空の地名・人名




「ミラ」の続きの解説一覧

ミラ (Mira)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 18:27 UTC 版)

ダイオンの命を狙うマフィア一人スキャッグスの銃を使う。

※この「ミラ (Mira)」の解説は、「Red Raven」の解説の一部です。» 「Red Raven」の概要を見る


ミラ (Mira)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 18:27 UTC 版)

ダイオンの命を狙うマフィア一人スキャッグスの銃を使う。

※この「ミラ (Mira)」の解説は、「Red Raven」の解説の一部です。» 「Red Raven」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミラと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ミラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
ダイハツの車種一覧



ミラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイハツダイハツ
Copyright © 1996-2022 Daihatsu Motor Co., Ltd. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのRed Raven (改訂履歴)、Red Raven (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS