峠とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > の意味・解説 

とうげ たうげ [3]

手向たむ)けの転。通行者が旅路の安全を祈って道祖神手向けた所の意。国字
尾根鞍部越え山道登りつめた所。道はそこから下りになる。
ものの勢いの最も盛んな時期絶頂期この熱も今が-だ インフレ今年が-だろう
[句項目] 峠を越す

とうげ たうげ

姓氏の一。


とうげ 【峠】

手向け

昔から人々の生活に関わってきた山越えの道が通る鞍部、または道が乗り越している尾根上を峠と呼ぶ。○○乗越○○越も同意

作者石川泰輔

収載図書びんごさんご
出版社日本図刊行
刊行年月1986.9
シリーズ名トレビ文庫


作者北原亞以子

収載図書峠―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2003.10
シリーズ名新潮文庫


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 3
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者白石すみほ

収載図書作家短編小説集 第6巻
出版社のべる出版
刊行年月2007.7


作者いしいしんじ

収載図書四とそれ以上の
出版社文藝春秋
刊行年月2008.11


作者原田康子

収載図書素直な容疑者
出版社角川書店
刊行年月1986.10
シリーズ名角川文庫

収載図書悲劇臨時列車鉄道ミステリー傑作
出版社光文社
刊行年月1998.12
シリーズ名光文社文庫


作者テル

収載図書文学伝習所の人
出版社講談社
刊行年月1988.1


作者森内俊雄

収載図書天の声
出版社福武書店
刊行年月1990.11


作者久和数美

収載図書渓の谺
出版社つり人社
刊行年月1992.3
シリーズ名つり人ノベルズ


作者飯尾憲士

収載図書〓抬〓〓
出版社集英社
刊行年月1994.11


作者北原亜以子

収載図書峠―慶次郎縁側日記
出版社新潮社
刊行年月2000.10


作者木内

収載図書群馬文学全集19現代作家
出版社群馬県立土屋文明記念文学館
刊行年月2001.1


作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


読み方:とうげ

  1. 総て登り詰た絶頂をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:トウゲ(touge)

所在 福島県二本松市


読み方:トウゲ(touge)

所在 新潟県十日町市


読み方:トウゲ(touge)

所在 新潟県北魚沼郡川口町


読み方:トウゲ(touge)

所在 富山県小矢部市


読み方:トウゲ(touge)

所在 京都府与謝郡伊根町


読み方:トウゲ(touge)

所在 大阪府柏原市


読み方:トウゲ(touge)

所在 岡山県久米郡久米南町


読み方:トウゲ(touge)

所在 広島県廿日市市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:トウゲ(touge)

所在 山形県(JR奥羽本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
たうげ
たお
たおげ
とうげ
とおげ
どうげさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/31 03:52 UTC 版)

(とうげ)とは、山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高が高い地点。なお、峠の片側にのみ大きな高低差があってもう一方の側が平坦に近いものを片峠という。日本での片峠の代表的な事例としては碓氷峠がある。






「峠」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/11/20 11:03 UTC 版)

発音

名詞

  1. とうげ山道頂上部。
  2. 語義1より)物事、特に危機的状況で、最もはなはだしい状態。ピーククライマックス
    懸命治療の甲斐あって昨夜で彼女の病気は峠を越えたようだ。

関連語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「峠」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



峠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
山と高原地図山と高原地図
CopyrightcShobunsha Publications, Inc. All rights reserved.
山と高原地図
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの峠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS