ピークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > ピーク > ピークの意味・解説 

ピーク【peak】

読み方:ぴーく

山の頂頂上。峰。「—をめざす」

物事最高潮絶頂頂点。「混雑が—に達する」


ピーク【PEAK】


ピーク【peek】


ピーク【PEEK】


ピーク【Wilhelm Pieck】


ピーク

読み方:ぴーく
【英】:Peak

岸に向かって来たうねりが最初に崩れるところ。テイクオフポイントである。

ピーク

名前 PeekPieckPeakePeak

ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 23:25 UTC 版)

ピーク (Peak, Peek, Peake, Pieck)




「ピーク」の続きの解説一覧

ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/19 14:58 UTC 版)

イベリコ山系」の記事における「ピーク」の解説

イベリコ山系には以下のようなピークがある。 モンカヨ (2,313m) サン・ロレンソ山スペイン語版) (2,262m) ウルビオン峰(英語版) (2,228m) ペーニャ・セボリェーラ(スペイン語版) (2,129m) ハバランブレ(英語版) (2,020m) ペニャロージャ(スペイン語版) (2,019m) カルデロン山(スペイン語版) (1,837m) カロ山(英語版) (1,441m) トッサル・ドレンガ(英語版) (1,144m) モンテゴルド(英語版) (837m) ロケス・デ・ベネット山塊 モレーリャ要塞 カラタユーの町とビコルト山地 プルホーサの町 エレーラ山地山麓のビスタベリャ・デ・ウエルバの町 モナステリオ・デ・ピエドラ近くにあるパリデーラ洞窟 この地北部典型的なであるモンテネグロ・デ・カメーロス(英語版

※この「ピーク」の解説は、「イベリコ山系」の解説の一部です。
「ピーク」を含む「イベリコ山系」の記事については、「イベリコ山系」の概要を参照ください。


ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/13 06:15 UTC 版)

スラセンジャー」の記事における「ピーク」の解説

戦争後、Slazengers Sykes Gradidge and Ayres Group of Companiesニュージーランドアフリカアイスランドニューファンドランド・ラブラドール州マダガスカル、そしてボリビアなど、世界中で活躍の場広げる

※この「ピーク」の解説は、「スラセンジャー」の解説の一部です。
「ピーク」を含む「スラセンジャー」の記事については、「スラセンジャー」の概要を参照ください。


ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 08:46 UTC 版)

活動電位」の記事における「ピーク」の解説

膜電位が+30mV程度になるとNa+チャネル電位依存性ゲート閉じさらなるNa+流入阻害する。これにわずかに遅れて電位依存性K+チャネル電位感受性活性化ゲートが開く。 活動電位のどの段階おいてもきわめて少しのイオン移動し起こらないという認識重要である活動電位生じている間の細胞内外でNa+とK+の濃度変化無視できるほど極めて小さい。

※この「ピーク」の解説は、「活動電位」の解説の一部です。
「ピーク」を含む「活動電位」の記事については、「活動電位」の概要を参照ください。


ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 15:29 UTC 版)

ロタール山地」の記事における「ピーク」の解説

主なピーク以下の通りランゲンベルクLangenberg, 843.1 m) ヘーゲコプフ(Hegekopf, 842.9 m) カーラー・アシュテン(Kahler Asten, 841 m) クレメンスベルク(Clemensberg, 838 m) ホッパーコプフ(Hopperkopf, 831 m) フーナウ(Hunau, 818 m) ツィーゲンヘレ(Ziegenhelle, 816 m) ヴァラースヘーヘ(Wallershöhe, 812 m) ブレムベルク(Bremberg, 809 m) ヒレコプフ(Hillekopf, 801 m) レーツベルク(Reetsberg, 792 m) シュロスベルク(Schloßberg, 790 m) ザンゲ(Sange, 788 m) シュテムロトギプフェル(Stemrodtgipfel, 786 m) クルテンベルク(クロイターベルク)(Krutenberg (Kreuterberg), 785 m) ノルトヘレ(Nordhelle, 775 m) カーレ・ペーン(Kahle Pön, 774 m) アルブレヒツベルク(Albrechtsberg, 768 m) リムベルク(Rimberg, 763 m) ヘルトラー(Härdler, 756 m) ホーヘ・ザイテ(Hohe Seite, 752 m) アルテ・グリメ(Alte Grimme, 751 m) ポッペンベルク(Poppenberg, 746 m) ホーヘ・ヘッセル(Hohe Hessel, 743 m) ブローサー・コプフ(Großer Kopf, 740 m) アウフム・クノール(Auf'm Knoll, 738 m) ヘルロー(Herrloh, 733 m) ツヴィストベルク(Zwistberg, 728 m) ザウコプフ(Saukopf, 715 m) カーレンベルクKahlenberg, 712 m) カーレベルク(Kahleberg, 711 m) オルスベルク(Olsberg, 703 m) ルールコプフ(Ruhrkopf, 696 m) エプシュロー(Ebschloh, 691 m) リーメン(Riemen, 678 m) ヤクトベルク(Jagdberg, 674 m) ザクプファイフェ(Sackpfeife, 674 m) ミルフェン(Milfen, 670 m) ミルゼンベルク(Milsenberg, 670 m) クライネ・バミッケ(Kleine Bamicke, 660 m) エーデルコプフ(Ederkopf, 655 m) ホーハー・ヴァルト(Hoher Wald, 655 m) シュタインStein, 644 m) ホムベルクHomberg, 630 m) ヘルツェンベルク(Hölzenberg, 626 m) キンデルスベルク(Kindelsberg, 617.9 m)

※この「ピーク」の解説は、「ロタール山地」の解説の一部です。
「ピーク」を含む「ロタール山地」の記事については、「ロタール山地」の概要を参照ください。


ピーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 07:50 UTC 版)

ベティコ山系」の記事における「ピーク」の解説

ベティコ山系3つの副次的山系分けられる

※この「ピーク」の解説は、「ベティコ山系」の解説の一部です。
「ピーク」を含む「ベティコ山系」の記事については、「ベティコ山系」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピーク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ピーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ピークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ピーク」に関係したコラム

  • 株式の信用取引における三市場残高の見方

    株式の信用取引における三市場残高とは、東京証券取引所(東証)、大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)の3つの証券取引所の発表する信用取引残高をまとめたものです。ここでは、株式の信用取引におけ...

  • 株式の空売り比率とは

    株式の空売り比率とは、信用売り残の出来高に対する比率のことで、パーセンテージで表したものです。空売り比率の計算式は次の通りです。空売り比率=信用売り残÷出来高×100空売り比率は、通常は40%から60...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ピークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
i92i92
Copyright(c)2022 i92surf.com All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイベリコ山系 (改訂履歴)、スラセンジャー (改訂履歴)、活動電位 (改訂履歴)、ロタール山地 (改訂履歴)、ベティコ山系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS