ピーキーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ピーキーの意味・解説 

ピーキー

英語:peaky

ピーキーとは、ピーキーの意味

ピーキーとは、特定の状況下や限定的範囲においては非常に高い性能発揮するが、それ以外の状況では神経質挙動や低いテンションを示す特性をもつ、という意味。日本国内では主に、自働車やバイクなどのエンジンハンドリング性、タイヤ特性などを表現する形容詞として用いられることが多い。ピーキーは、英語のピークpeak)に由来する言葉であり、本来のピーキー自体は単に「尖った」「針のような」「山のような」という意味を表し、自動車特性表現する言葉ではない。

自動車の特性としてのピーキー

自動車特性としてのピーキーは、エンジン回転数ピークpeak)の時に強いトルク発生し高回転エンジンをさす。低い回転数ではトルク弱くエンストしやすいシフトミスなどでエンジン回転数落ちると端に加速しにくくなるなどの特性があり、適正なギアシフトクラッチ操作求められるため、素人には扱いにくいタイプエンジンとされる。このことから時に特定の状況テンション場面でのみ普段上のパフォーマンス発揮する扱いづらい人物の、特性個性指し示すのに用いられることがある

ピーキーの類語や対義語

ピーキーとは、その扱い難しさから「玄人向け」「上級者用」「じゃじゃ馬」という類語置き換えることができる。得意分野特定の条件下でのみ発揮される最大限能力をどう引き出すかが求められるからである。人に対して使用する際は「気まぐれ屋」などネガティブな面を表現する言葉になる場合もあるので使い方には注意が必要である。

ピーキーの対義語は「初心者向け」「一般用」という言葉になる。自動車用語としては特性個性を欠いたイメージ言葉になるが、人に対して使用する際は、感情統制円滑人間関係を築ける好人物をさすことが多い。


ピーキー【peakey】

自動車エンジンで、トルクは強いが、それを発生する回転域が狭いもの。レーシングカー高性能スポーツカーみられるグラフにすると鋭い岩峰peak)のような形状を示すところから付いた名。


ピーキー

「ピーキーなエンジン」のようによく使われる単語で、その場合、スロットルをひねっていくとき、パワーがなだらかに上がっていくのではなく、もっともパワーの出る回転域が限られているようなエンジンのことを指す。 ピーキーなエンジンは、エンジン性能曲線で見ると、傾斜が急な山のようなグラフとなる。
ピーキー


関連用語】最高出力/最大トルク

ピーキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/04 15:43 UTC 版)

ピーキー(peaky)とは自動車などのエンジンハンドリングタイヤ特性を表現する形容詞の一つで、指し示す対象によって具体的な意味は異なるが、「挙動が神経質であり、ある限定的な範囲では非常に高い性能を発揮するが、その範囲外の場合は操縦性が低い」という点で共通する。




「ピーキー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピーキー」の関連用語

ピーキーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピーキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2021 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピーキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS