フライトとは? わかりやすく解説

フライト【flight】

読み方:ふらいと

[名](スル)

飛行。特に、航空機での飛行。「成田からホノルルまで—する」

スキーのジャンプ競技で、空中を飛ぶこと。また、その飛型

「フライト」に似た言葉

フライト(フライング) flight/flying

テレビ・ラジオ広告において広告投入期間をフライトと呼び出稿スケジュール決定フライングと呼ぶ

【フライト】(ふらいと)

Flight.

  1. 飛行飛び方。

  2. アメリカ軍自衛隊における戦闘機複数エレメントからなる4機以上の編隊シュヴァルム

フライト

名前 FlightFrajt

フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 10:09 UTC 版)

フライト



フライト(Flight)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/10 13:27 UTC 版)

疾走する思春期のパラベラム」の記事における「フライト(Flight)」の解説

パラベラム戦闘集団を指す。エレメントいくつか集まってフライトを形成する

※この「フライト(Flight)」の解説は、「疾走する思春期のパラベラム」の解説の一部です。
「フライト(Flight)」を含む「疾走する思春期のパラベラム」の記事については、「疾走する思春期のパラベラム」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:28 UTC 版)

ダーツ」の記事における「フライト」の解説

フライトとは最後尾の翼のことであり、矢で言うところの矢羽である。材質様々で紙、布などを使っているものもあるが、ポリフィルム製であるものが多い。 フライトには進行方向ダーツの向き一致していない時、これを引き戻す役割がある。これは航空機における垂直尾翼水平尾翼同じく水平方向垂直方向への挙動安定させているということである。反面航空機違い手を離れた後に推進力を得ることがない為、安定エネルギー費やした分、ダーツ速度失われ飛距離当り落下率が増える。 フライト形状は非常に種類が多い大きく分ければスタンダードシェイプティアドロップストレートスリムハート、V-ウイングといった種類がある。また、この他特殊な形状したものもある。原則として翼面積増えれば上記の安定性高め効果高くなり、同時に失速することも多くなるが、形状シャフト長さによって効果変わる為、同じ面積であっても同じ効果得られるとは限らないまた、一般的なフライトは4翼であるが、近年3枚翼のものも販売されている。また、従来シャフト十字の切れ込み差し込んで固定するだけでは、きちんと4の翼が90度間隔開かないことがあるが、開いた態で成形されたものやシャフトとフライトが一体成形されたものが存在する。 フライトはダーツの中でもっとも面積広く目立部分あるため様々な意匠施されている。また、ポリフィルム製である為、容易に自作可能であるので、プレイヤー自身の好み意匠印刷し、フライトを自作しているプレイヤーもいる。材質形状のみならず意匠まで含めて考えるとフライトの種類極めて多いものとなり、またバレル、フライトとの組み合わせもある為、ダーツセッティング莫大な組み合わせ考えられるうになる

※この「フライト」の解説は、「ダーツ」の解説の一部です。
「フライト」を含む「ダーツ」の記事については、「ダーツ」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:59 UTC 版)

ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ」の記事における「フライト」の解説

空中飛べるボタン押し続ける間、もしくは魔力が続く限り術は効き続ける。

※この「フライト」の解説は、「ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ」の解説の一部です。
「フライト」を含む「ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ」の記事については、「ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 07:02 UTC 版)

フィル・テイラー」の記事における「フライト」の解説

2011年現在テイラーDXMフライトと言うスリム・フライトよりも表面積が狭いフライトを使用している過去には、ティア・ドロップスリムスタンダードなどのフライトを使用していた。

※この「フライト」の解説は、「フィル・テイラー」の解説の一部です。
「フライト」を含む「フィル・テイラー」の記事については、「フィル・テイラー」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 08:16 UTC 版)

1950年ダグラスC-54D行方不明事件」の記事における「フライト」の解説

42-72469号機は戦略航空軍団第2戦略支援飛行隊(2nd Strategic Support Squadron)所属機であった事故当時乗員8人に加えて36人乗客搭乗しており、その中には女性1名と彼女の幼い息子1人含まれていた。 最初に離陸試みた際に4発エンジンのうち1つトラブル生じた報告された為、実際の離陸予定より数時間遅れていた。 同機アメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジからモンタナ州グレートフォールズまでの飛行計画されており、離陸から2時間後にはカナダ・ユーコン準州スナッグ(英語版上空付近飛行してる旨通信行なったが、その後通信途絶して行方不明となった

※この「フライト」の解説は、「1950年ダグラスC-54D行方不明事件」の解説の一部です。
「フライト」を含む「1950年ダグラスC-54D行方不明事件」の記事については、「1950年ダグラスC-54D行方不明事件」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 10:12 UTC 版)

VSS Unity VF-01」の記事における「フライト」の解説

2019年2月22日ユニティ母船VMS Eveパラサイト・ファイター飛行した午前9時少し前に、Unityがドロップローンチされた。パイロットのマッカイとマスッチは、最大マッハ3.04で最大高度55.9マイル (295,000 ft)を超えるまでUnity飛行した。この高度は、宇宙空間制限を示すために米国使用されている50マイル (260,000 ft)の制限を超えたが、カーマン・ラインには達しなかった。その後両方の船は無事に着陸した飛行中モーゼス座席から離れ無重力状態経験した米国条約によると、モーゼス商用宇宙船乗った最初の女性でもあった。

※この「フライト」の解説は、「VSS Unity VF-01」の解説の一部です。
「フライト」を含む「VSS Unity VF-01」の記事については、「VSS Unity VF-01」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 03:04 UTC 版)

クルードラゴン・エンデバー」の記事における「フライト」の解説

エンデバー」はCrew Dragon Demo-2ミッション2020年5月30日宇宙飛行し8月2日地球帰還した。この宇宙船は、宇宙空間最長210日止まることができる完全なクルードラゴン宇宙機よりも太陽電池パネル能力低かったので、軌道上119日間過ごすことができると評価された。Demo-2においてロバート・ベンケン(英語版)が使用したシートは、スペースX Crew-2ミッションK・メーガン・マッカーサー使用したミッションパッチ打上日時 (UTC)着陸日時 (UTC)クルー期間備考成果Demo-2 2020年5月30日 19:22:45 2020年8月2日 18:48:06 ダグ・ハーリー ロバート・ベンケン(英語版63日間 クルードラゴン・カプセルの初の有人テスト飛行2011年7月STS-135(ダグ・ハーリーが操縦士だった)以来初めてのアメリカ合衆国本土からの有人軌道飛行および民間企業による初の有人軌道宇宙飛行。Crew-1までの間、ISS活動補強するために2週間予定延長され、2ヶ月上後完了した成功 Crew-2 2021年4月23日 09:49:02 2021年11月9日 03:33:16 シェーン・キンブロー(英語版) メーガン・マッカーサー 星出彰彦 トマ・ペスケ 199日間エンデバー」の初飛行1週間経たないうちに、NASAスペースXにCrew-2ミッション再利用ドラゴン再利用ファルコン9使用して人間打ち上げる承認与えた成功 アクシアム ミッション1英語版2022年4月8日 15:17:11 2022年4月25日 17:06 / マイケル・ロペス=アレグリア ラリー・コナー(英語版) マーク・パティ(英語版) エイタン・スティッベ(英語版17日 アクシアム・スペース(英語版)によって契約され初めてのクルードラゴンでの飛行ISSへの初めての完全な民間飛行であり、アクシアムの職業パイロットであるマイケル・ロペス=アレグリア10日間の旅行教育的な実験指導するエイタン・スティッベ(英語版)、ともに投資会社経営者であるラリー・コナー(英語版)とマーク・パティ(英語版)が搭乗した着陸地点悪天候のため、ISSからの出発遅延した成功

※この「フライト」の解説は、「クルードラゴン・エンデバー」の解説の一部です。
「フライト」を含む「クルードラゴン・エンデバー」の記事については、「クルードラゴン・エンデバー」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 14:08 UTC 版)

VSS Unity VP-03」の記事における「フライト」の解説

2018年12月13日、高度13,000メートル (43,000 ft)、VMSEveは、その動力飛行テストのためのVSSUnity発表した。リードパイロットのスタッキー副操縦士のスターカウは、最大マッハ2.9で高度82.7キロメートル (51.4 mi)までUnity飛行したこれによりスペース制限を示すために米国使用されている80キロメートル (50 mi)の制限を超えたが、100キロメートル (62 mi) のカーマンライン下回っていた。その後両方の船は無事に着陸した。このフライトは、ヴァージン・ギャラクティックブランソン自身、および関係者による様々なツイートオンライン公開された

※この「フライト」の解説は、「VSS Unity VP-03」の解説の一部です。
「フライト」を含む「VSS Unity VP-03」の記事については、「VSS Unity VP-03」の概要を参照ください。


フライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 09:22 UTC 版)

カンタス航空1便オーバーラン事故」の記事における「フライト」の解説

カンタス航空のこのフライトは、「カンガルールート」 として知られるロンドンオーストラリアを結ぶ便である。 このフライトは1990年8月カンタス航空納入されたばかりボーイング747-438(機体記号VH-OJH、S / N 24806)での運航だった。この日通常よりやや早い現地時間16:45シドニー出発し8時以上のフライトの後現地時間22:45ドンムアン国際空港近づいていた。

※この「フライト」の解説は、「カンタス航空1便オーバーラン事故」の解説の一部です。
「フライト」を含む「カンタス航空1便オーバーラン事故」の記事については、「カンタス航空1便オーバーラン事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フライト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フライト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

フライトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フライトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフライト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの疾走する思春期のパラベラム (改訂履歴)、ダーツ (改訂履歴)、ゴッド・スレイヤー はるか天空のソナタ (改訂履歴)、フィル・テイラー (改訂履歴)、1950年ダグラスC-54D行方不明事件 (改訂履歴)、VSS Unity VF-01 (改訂履歴)、クルードラゴン・エンデバー (改訂履歴)、VSS Unity VP-03 (改訂履歴)、カンタス航空1便オーバーラン事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS