ダーツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ダーツの意味・解説 

ダーツ【darts】

読み方:だーつ

洋裁で、平面の布をからだに合わせて立体的に仕上げるため、布にひだを取ってつまみ縫いした部分

投げ矢遊び。羽のついた短い矢を的に投げて得点を競う室内遊戯


ダーツ

作者木邨裕志

収載図書ショートショートの広場 3
出版社講談社
刊行年月1991.6
シリーズ名講談社文庫


ダーツ

歴史と沿革


円形ダーツボード(的)を狙ってダーツ(矢)を投げ得点を競う室内ゲームです。起源15世紀イギリスで、戦場兵士たち戦い合間弓矢使って遊んだことと言われその後、弓を使わず短く切った矢を素手で投げ合う競技へとかわり、的(ボード)もワインなどを使ってゲーム楽しむようになりました。さらに、切り株的に使うようになり、天然年輪利用することで標的狙ったり、得点つけたりといったゲーム始まったと言われています。

1896年イギリス人ブライアン・ガムリン氏が、的に点数区分をつける方法考案し現在のダーツボード原型できあがり競技ルール徐々に確立され普及していきました1924年にはイギリスダーツ協会National Darts Association)が設立され1927年始まったオール・ロンドン・トーナメントは、第二次世界大戦中断したものの、1947年復活し、現在も世界ビッグ・トーナメントとして継続開催されています。1976年には世界ダーツ連盟World Darts Federation)がロンドン設立され日本1977年加盟してます。


競技スポーツとして発展する一方で、ダーツは手軽な娯楽としての人気高まっていきますコントロールを競うゲームなので集中力要求されますが、特別な体力などは必要ないため、性別年齢を問わず競え世代を超えたファミリースポーツとしても人気です。近年は、集中力計算機能力向上などによる「教育スポーツ」や、高齢者障害のある人でも楽しめる生涯スポーツとしての注目高まってます。


競技方法

ゲーム方法多くの種類ありますが、ここでは代表的なゲームご紹介ます。


01ゼロ・ワンゲーム自分の持ち点得点分だけ減らしていき、最も早く0点としたプレーヤー勝利するゲーム持ち点設定には301点、701点などがあり、公式大会持ち点501点の501(ファイブ・オー・ワン)ゲームが行われる。

● チェイスゲーム : 2人で行う陣取りゲーム

ラウンド・ザ・クロック : 1から順番にダーツを入れていき、早く20入れることを競うゲーム


用具など


ダーツボードボードは、円を20等分した1~20まで扇状の面とダブル・トリプル呼ばれる細い、さらに中央にブル呼ばれる2重の円で構成されています。ブル外側シングルブルまたはアウターブル内側ダブルブルまたはインナーブル呼びます

公式戦使われるボードは、直径45.5cm厚み3.7cm重さ4.8kg、得点エリアサイズなどは世界ダーツ連盟によって統一されています。

62通りもの得点の違うスポット自在に投げ込んでゲーム組み立て競うスポーツです。3本1組のダーツ(矢)を用い他の器具使用せず体のコントロールで直投げるため、技術だけでなく身体の総合的なコントロール集中力持続必要です

 得点数え方
ボード シングル ダブル トリプル シングルブル ダブルブル
点数 ナンバー数字 ナンバー2倍 ナンバー3倍 25 50点(25×2

● ダーツ(矢) : 3本1組長さ30.5cm以内重さ50g以下という規定ありますが、18~24gが一般的です自分の使いやすい重さを選ぶことが大切ですし、各パーツフライトシャフトバレルポイント)を組み合わせてオリジナルのダーツを作ることできます



ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/21 15:24 UTC 版)

ダーツdarts)は、射的競技の一種である。また、その競技で使われる矢のこと。近年、日本ではダーツバーなどが増え手軽に楽しめるゲーム性のあるスポーツとしても楽しまれている。


注釈

  1. ^ さらに、二重の円全体をBULL、内側の円のみをBULLSEYEと呼ぶ用法や、内側の円をBULLSEYEと呼びその周辺の部分をBULLと呼ぶ用法もある。
  2. ^ もっとも、1本のダーツを投じることを1スロウ、3本投じることを1ラウンドと解説される場合もある。
  3. ^ 例えば150をフィニッシュするとき、Double Outの場合、定石としてT20-T20-D15、T20-BULL-D20、T20-T18-D18、T19-T19-D18があげられる。Master Outの場合、勿論Double Outのように打っても良いが、BULL-BULL-BULLという方法のみが他に比べて圧倒的に難易度が低いため、実質的にプレイヤーはこの方法しか選択しない。
  4. ^ 例えば4のダブルに刺さった場合は、4×2となり、8までクリアしたものとされ、次のターゲットは9となる。
  5. ^ 持ち点が奇数であった場合は切り上げとなり、1を足した上で半減させる。

出典

  1. ^ JSFD[ダーツボード]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。
  2. ^ JSFD[バレル]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c 村松治樹 『勝つ! ダーツ 最強のテクニックBOOK』2015年、106頁。 
  4. ^ JSFD[フライト]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。
  5. ^ a b 村松治樹 『勝つ! ダーツ 最強のテクニックBOOK』2015年、108頁。 
  6. ^ a b 村松治樹 『勝つ! ダーツ 最強のテクニックBOOK』2015年、12頁。 
  7. ^ a b 村松治樹 『勝つ! ダーツ 最強のテクニックBOOK』2015年、14頁。 
  8. ^ a b 村松治樹 『勝つ! ダーツ 最強のテクニックBOOK』2015年、107頁。 
  9. ^ JSFD[少し特殊なケース]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。
  10. ^ JSFD[基礎知識]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ JSFD[各ゲームについて]”. JSFD. 2009年9月6日閲覧。
  12. ^ PDC World ChampionshipDarts Database
  13. ^ PDC World Japan Qualifying EventDarts Database
  14. ^ PDC World Cup of DartsDarts Database
  15. ^ Betfair World Cup of Darts - Quarter-Finals (2013)Professional Darts Corporation
  16. ^ http://jsfd.or.jp/?page_id=101



ダーツ (Darts)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 14:57 UTC 版)

ファイアーエムブレム 烈火の剣の登場人物」の記事における「ダーツ (Darts)」の解説

クラス海賊狂戦士属性は炎。ファーガス海賊団特攻隊長

※この「ダーツ (Darts)」の解説は、「ファイアーエムブレム 烈火の剣の登場人物」の解説の一部です。
「ダーツ (Darts)」を含む「ファイアーエムブレム 烈火の剣の登場人物」の記事については、「ファイアーエムブレム 烈火の剣の登場人物」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 07:03 UTC 版)

有害玩具」の記事における「ダーツ」の解説

日本アメリカでは法律規制外だが、ヨーロッパ一部の国では針の部分使用して人を傷つける危険性があるため、有害玩具指定されている。日本でも条例では規制しているところもある。兵庫県ではダーツと共に吹き矢玩具銃などが18歳未満への貸与販売禁止される有害玩具指定されていて、違反した場合30万円下の罰金などが科せられている

※この「ダーツ」の解説は、「有害玩具」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「有害玩具」の記事については、「有害玩具」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 17:27 UTC 版)

スターゲイト アトランティス」の記事における「ダーツ」の解説

レイスが使う局地戦闘機呼称。ダーツ状のためアトランティス・チームからはこう呼ばれている。パドルジャンパー同様に機内からゲイト開けることができ、そのまま通ることができる。一人乗りで窓が無いため機内コンピューター操作する。ただコンピューターレイス言葉で書かれているためダーツを操縦できるのは以前にマッケイ翻訳機搭載したダーツを操縦したことがあるシェパードなど少数しか居ない

※この「ダーツ」の解説は、「スターゲイト アトランティス」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「スターゲイト アトランティス」の記事については、「スターゲイト アトランティス」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 00:31 UTC 版)

DECA SPORTA」の記事における「ダーツ」の解説

1-4人。Wiiリモコンポインター操作で遊ぶダーツ。この競技水平にしたWiiリモコン90度回転させ、実際のダーツを持つようにプレイする右利きの場合、Aボタン左側になる)。 A・Bボタン両方押している表示されるカーソル狙いをつけた後、そのままWiiリモコン正確に前に突き出せばダーツを放つWiiリモコンがぶれると狙いもずれるので注意を要する本作では「01ゲーム」、「カウントアップ」、「クリケット」の3種類の遊び方存在し、「01ゲーム」と「クリケット」ではセンターコークで投げ順番決まる。 「オープンマッチ」では、「ポイント01ゲームのみ)」、「ラウンド」、「ダブルアウト01ゲームのみ)」、「サドンデス」を設定できる設定内容ルールによって変化する)。また、チャレンジ」ではボード試合のものとは異なる)の指定したエリアにダーツを放ち3回失敗するまでに何本入れたかを競う

※この「ダーツ」の解説は、「DECA SPORTA」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「DECA SPORTA」の記事については、「DECA SPORTA」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:22 UTC 版)

アイルランドのスポーツ」の記事における「ダーツ」の解説

アイルランド全国ダーツ機構INDO)はアイルランドダーツの統括団体であり、世界ダーツ連盟とイギリスダーツ機構によって認められている。アイルランド最大のダーツ大会PDCワールドツーであり、4月ダブリン開催される[要出典]。

※この「ダーツ」の解説は、「アイルランドのスポーツ」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「アイルランドのスポーツ」の記事については、「アイルランドのスポーツ」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:42 UTC 版)

クローズ」の記事における「ダーツ」の解説

D-1X、VSPHOENIX S、VSPHOENIX - クローズ・WORSTのキャラクター使用している

※この「ダーツ」の解説は、「クローズ」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「クローズ」の記事については、「クローズ」の概要を参照ください。


ダーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 14:40 UTC 版)

トゥリーナ・ガリヴァー」の記事における「ダーツ」の解説

世界的なダーツの主要ブランドであるWinmau10年以上に渡りガリヴァースポンサーとなっている。2001年BDOWomen's World Championshipから、2008年の同ChampionshipにおけるAnastasia Dobromyslovaとの対戦による敗北まで試合負けことはなかった。この負け無し期間中オランダFrancis Hoenselaarを決勝戦で5回打ち負かした2008年トーナメント中、ガリヴァー多くの場合において男子試合比べ賞金ゲームの長さ彼女は満足していないと述べた今の所女子の場合、ゲームは2セット先取チャンピオン受け取賞金は6,000ポンドだが、男子の場合、7ゲームセット先取チャンピオン95,000ポンド賞金得ている。2009年World Championship決勝では、親友のHoenselaarに負けた

※この「ダーツ」の解説は、「トゥリーナ・ガリヴァー」の解説の一部です。
「ダーツ」を含む「トゥリーナ・ガリヴァー」の記事については、「トゥリーナ・ガリヴァー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダーツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ダーツ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/02 10:52 UTC 版)

名詞

ダーツ

  1. 洋裁で、平面の布をからだに合わせて立体的に仕上げるため、布にひだを取ってつまみ縫いした部分
  2. ダーツボード呼ばれる円形的に一定の距離からダート呼ばれる手投げの矢を投げ得られ得点により優劣を競う射的競技

翻訳

関連語


「ダーツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダーツ」の関連用語

ダーツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダーツのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2023 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファイアーエムブレム 烈火の剣の登場人物 (改訂履歴)、有害玩具 (改訂履歴)、スターゲイト アトランティス (改訂履歴)、DECA SPORTA (改訂履歴)、アイルランドのスポーツ (改訂履歴)、クローズ (改訂履歴)、トゥリーナ・ガリヴァー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS