カーリングとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > カーリングの意味・解説 

カーリング

歴史と沿革

カーリングという名前は、髪の毛の「カール」にたとえられるように、投げられた石がゆっくり曲がっていくことに由来すると言われています。起源については諸説ありますが、昔、北欧人々が凍った池や川の上で石を投げ合って遊んだのが始まりではないか考えられます。のちにカーリングになるこの「遊び」はかなり古くら行われていたようですスコットランド発見されている最も古いカーリングストーンには、1511年日付が記されています。また、ベルギー画家ブリューゲルの「雪中の狩人1565年)」には氷上でカーリングを楽しむ人々が描かれています。

その後、カーリングはヨーロッパ諸国北米移住した人たちの間で盛んになり、今では国民的スポーツとして100万人が楽しむカナダ筆頭に、ヨーロッパ全域をはじめ、パシフィックゾーンに属す日本オーストラリアニュージーランド中国韓国台湾など45上の国と地域で楽しまれています。カーラー(カーリングプレイヤー)は自国のカーリング協会に登録されると同時にロイヤル・カレドニアン・カーリングクラブのメンバーとしても登録されます。世界中カーラーたったひとつのクラブ仲間なのです

カーリングの発達とともにより充実した世界規模でのカーリング活動統括していく組織が必要になり、1965年に「国際カーリング連盟ICF)」が設立され、1991年には「世界カーリング連盟WCF)」に改編されています。世界選手権の他、世界ジュニア選手権世界シニア選手権世界ミックスダブルス選手権世界車椅子選手権毎年開催されています。

また、カーリングは1998年長野冬季オリンピック初めて正式種目として採用されました。トリノオリンピックでは、女子日本代表チーム健闘懸命にプレーする姿は見る者に大きな反響巻き起こしました。


競技方法

1チームは4人で、リードセカンドサード、そしてスキップの順に一人2投ずストーン投げます。エンド呼ばれる一区切りに、相手チームと1投ず交代ハウス呼ばれる円に向かって計16個のストーン投げます(2チーム×4人×2個 = 16個)。

1エンド16すべての投球終了したとき、ハウス中心により近い位置ストーンがあるほうのチーム得点入ります。ハウス中心に最も近い相手ストーンよりも近ければ、すべてのストーンに対し1個につき1点が与えられます。ただし、ストーンが円の中に入っているか、円に触れていない得点にはなりません。これを10エンド繰り返し勝敗10エンド合計得点決まります。

相手ストーンを邪魔する位置に自チームストーンを並べたり、相手ストーンハウス外にはじき出したりしながら、自チームストーンを有利な位置に残していきます。そのため後攻が有利ですが、前のエンド得点すると次のエンドでは先攻になるというルールありますお互い戦略読み駆け引きで、2時間30分の試合大逆転もありスリリングです。投球の手離れストーン進路スピードは、スウィーパがスウィーピング(氷面ブラシでこすること)でコントロールします。これがカーリングの面白さをさらに高めています。


ルール

カーリングでは通常審判なしで試合行い、両チームフェア協力的な方法ルール採用したり、解釈したりします。

*より詳しい競技方法ルールについては、日本カーリング協会公式サイト参照ください

道具・コート

シート
カーリング用に整備された氷の面はシートと呼ばれ、ペブルと呼ばれる微細な氷粒で覆われている。
ブラシによるスウィーピングの目的は、摩擦熱によりペブルをわずかに溶かし、コーススピードを微妙に調整すること。

ストーン
直径30cm、重さ約20kgの花崗岩質の岩石で作られている。

ブラシ
以前はコーンブルーム(箒)や、馬や豚の毛のブラシが用いられたが、最近では、スウィーピングの特性耐久性優れたナイロン製のブラシが主に用いられている。

カーリングシューズ:
滑る方の靴底は、ハックからけり出し安定した投球ができるように、テフロンステンレスなど滑りやすい材料でできている。
もう一方靴底は、氷上でも滑らないよう軟らかいゴムなどで作られている。ストーン投げないときは、滑る方の靴をゴム製のグリッパーで覆っておく。



カーリング

名前 CarlingKarring

カーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/31 09:27 UTC 版)

カーリング: curling)は、氷上で行われるウィンタースポーツ冬季オリンピック種目の一つ。




  1. ^ 頭部外傷ガイドライン - 公益社団法人日本カーリング協会
  2. ^ RULES OF CURLING
  3. ^ 山梨日日新聞 1937年(昭和12年)1月18日発行
  4. ^ 最新スポーツ大事典 192頁 ISBN 4-469-06203-0
  5. ^ カーリング施設 - 公益社団法人 日本カーリング協会
  6. ^ 平昌五輪・祭典のまちから 競技人口3千人“マイナー競技”カーリングの魅力”. 産経新聞(産経WEST) (2018年2月16日). 2018年2月20日閲覧。
  7. ^ a b Rules and Regulations”. World Curling Federation. 2018年3月3日閲覧。
  8. ^ a b Lozowski, Edward; Krzysztof Szilder, Sean Maw, et al. (2015-06) Towards a first principles model of curling ice friction and curling stone dynamics. In Proceedings of the 2015 International Ocean and Polar Engineering Conference, Kona, Hawaii, June 21–26, 2015.
  9. ^ 氷上の地質学~スコットランド産の花崗岩がカーリングに最適な理由”. 日経サイエンス (2014年3月). 2018年3月5日閲覧。 Easter, Michael (2014年2月1日). “From Scottish Magma to Sochi Ice: The Geologic History of Curling Stones”. Scientific American. 2018年3月5日閲覧。
  10. ^ Souza, Dave (2018年2月22日). “Curling Stones Sliding To Pyeongchang All The Way From Scotland”. Only A Game. WBUR. 2018年3月6日閲覧。
  11. ^ 2015 競技規則改正についての解説 (PDF) - 日本カーリング協会 競技委員会 2015年6月
  12. ^ ミックスカーリング - 公益社団法人 日本カーリング協会
  13. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica”. カーリング(その1). 2010年2月27日閲覧。
  14. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica”. カーリング(その2). 2010年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月27日閲覧。
  15. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica 2010年バンクーバー大会”. 2014年8月18日閲覧。
  16. ^ オーディオテクニカ. “ピーター・ウガルター氏(WCTVオーディオ・ミキサー)インタビュー”. 2014年8月18日閲覧。
  17. ^ 音、音、音。 音聴く人々 ISBN 978-4344998414
  18. ^ 林義則 (2010年1月5日). “飛ぶ・曲げる…勝敗を決めるのは”. a サロン、科学面にようこそ. 朝日新聞. 2010年2月13日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ Leibel, Carmen (2010年1月22日). “The Science Behind the Perfectly Delivered Curling Rock”. Express News. University of Alberta. 2010年2月6日閲覧。[リンク切れ]
  20. ^ a b O'Conner, Joe (2010年1月19日). “Covert Ops”. National Post. http://www.nationalpost.com/sports/story.html?id=2457469 [リンク切れ]
  21. ^ a b Burdick, Alan (2018年2月21日). “Physicists Still Don’t Know What Puts the Curl in Curling”. New Yorker. 2018年2月23日閲覧。
  22. ^ a b 青野由利 (2018年3月3日). “土記〜カーリングの秘密”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180303/ddm/003/070/128000c 2018年3月6日閲覧。 
  23. ^ a b Shegelski, Mark (2000年). “What Puts the Curl in a Curling Stone?”. ICING. 2010年2月6日閲覧。
  24. ^ Harrison, David M. (2004年). “Curling (SWF)”. UPSCALE. University of Toronto. 2010年2月6日閲覧。
  25. ^ Ontario Science Centre (2010年2月17日). “Be a Curling Stone! (video)”. YouTube. 2010年2月23日閲覧。
  26. ^ Mirsky, Steve (2010年2月18日). “Ice, Ice, Baby: The Physics of Curling (podcast)”. Science Talk. Scientific American. 2010年2月23日閲覧。
  27. ^ Jensen, E.T.; Mark R.A. Shegelski (2004). “The Motion of Curling Rocks: Experimental Investigation and Semi-phenomenological Description”. Canadian Journal of Physics 82: 791–809. doi:10.1139/P04-020. 
  28. ^ 前野紀一 (2009). “カーリング・ストーンがカールするメカニズム” (PDF). 雪氷研究大会(2009・札幌). p.221. http://doi.org/10.14851/jcsir.2009.0.221.0 
  29. ^ Maeno, N. (2010). “Curl Mechanism for a Curling Stone on Ice Pebbles”. Bulletin of Glaciological Research 28: 1–6. 
  30. ^ 前野紀一、2010、「カーリングと氷物性 (PDF) 」 、『雪氷』72巻 pp. 181–189
  31. ^ Nyberg, H.; S. Alfredson, S. Hogmark, S. Jacobson (2013). “The Asymmetrical Friction Mechanism That Puts the Curl in the Curling Stone”. Wear 301: 583–589. doi:10.1016/j.wear.2013.01.051. 
  32. ^ Majendie, Matt (2013年10月29日). “Science Friction — Understanding the Thinking Behind Curling”. http://edition.cnn.com/2013/10/28/sport/science-friction-curling-feature/ 
  33. ^ Penner, A.R. (2000). “The physics of sliding cylinders and curling rocks”. American Journal of Physics 69: 332–339. 
  34. ^ Shegelski, Mark R.A.; Edward Lozowski (2016). “Pivot–slide model of the motion of a curling rock”. Canadian Journal of Physics 94: 1305–1309. doi:10.1139/cjp-2016-0466. 
  35. ^ Shegelski, Mark R.A.; Edward Lozowski (2017). “First principles pivot-slide model of the motion of a curling rock: Qualitative and quantitative predictions”. Cold Regions Science and Technology 146: 182–186. doi:10.1016/j.coldregions.2017.10.021. 
  36. ^ Young, Chris (2010年1月19日). “The Secret Science of Curling”. thestar.com. http://olympics.thestar.com/2010/article/752478--the-secret-science-of-curling 
  37. ^ Bradley, John L. (2009). “The Sports Science of Curling: A Practical Review”. Journal of Sports Science and Medicine 8: 495–500. http://www.jssm.org/vol8/n4/1/v8n4-1abst.php. 
  38. ^ Pinty’s Grand Slam of Curling announces 2018-19 schedule”. The official site of the Pinty's Grand Slam of Curling (2018年3月15日). 2018年4月18日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カーリング」の関連用語

カーリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カーリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2018 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS