ブルームボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ブルームボールの意味・解説 

ブルームボール

歴史と沿革


ブルームボールは1900年代初頭カナダ発祥しました。きっかけアイスホッケーをもっと気軽に手軽に楽しもうと、アイススケート代わりにスニーカーを履き、パック代わりボールスティック見立てた箒で転がし遊びといわれています。のちに、ルール道具などが整備され、世界中に広がっていきました。現在は、北米ヨーロッパオーストラリアなどを中心に数十万人規模競技者がいるといわれています。

日本にブルームボールが伝わったのは1980年代初頭カナダ大使館通じて東京日比谷屋外リンクで「手軽楽しめる冬のスポーツ」として紹介されたのが始まりです。その後1984年2月北海道サロマ湖畔で行われた『サロマ湖氷上フェスティバル』で実施されるなど徐々に普及し、現在は北海道選手権ジャパンカップなども開催されています。競技人口は現在、北海道オホーツク地方中心に全国で約500人に達します。


競技方法

使用する道具装備異なりますが、基本遊び方はアイスホッケーと同じで、アイスリンクで2つのチームボールゴールまで運んで得点を競います。


ルール

基本的ルールアイスホッケーとほぼ同じですが、ブルームボール特有のルールとして主なものは以下の通りです。

ゴールキーパーを含めた6人対6人でゲームを進める。

ベンチには20人まで入ることができ、交代はいつでも自由にできる。

試合カテゴリーには、メンズレディースの他に、男女3人ずつが1チームとなるミックスがある。男女が同じコートで戦えることも魅力のひとつ。

ボールブルームで打つほか、サッカーのように足を使って蹴ってもよい。

日本国内では身体の接触禁止されているが、海外ではアイスホッケーのように激しいあたりもある。

*より詳しい競技説明ルールについては日本ブルームボール協会公式サイト「ルール」ページご参照ください


道具/リンク

専用シューズ
底は柔らかいゴム製で滑りにくい。
 


ボール
直径15cm
 

防具類:ヘルメット、膝や脛を守るニーシンガード、グローブなど。

● リンク:アイスホッケーリンクと同じものを使う。ただし、ゴールアイスホッケーのものより一回り大きく、高さ160cm 横180cmとする。



ブルームボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/21 01:24 UTC 版)

ブルームボールは、カナダで発展してきた氷上で行う球技アイスホッケーの簡易版としてルールや道具が整備されてきた。ウィンタースポーツの一つ。


  1. ^ ブルームボール 氷上をスニーカーで気軽に楽しむアイスホッケー”. 笹川スポーツ財団. 2019年6月20日閲覧。
  2. ^ 「ブルームボール」知って 世界大会機に普及めざす”. 日本経済新聞 (2014年6月10日). 2019年6月20日閲覧。


「ブルームボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルームボール」の関連用語

ブルームボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブルームボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2020 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルームボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS