アルミとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アルミの意味・解説 

アルミ

アルミニウム」の略。


アルミニウム

【別称】アルミ
純アルミニウムにさまざまな元素添加した多種多様なアルミニウム合金より軽く加工しやすい。
関連用語アルマイト加工

アルミ

名前 Armi

有海

読み方:アルミ(arumi)

所在 愛知県新城市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

アルミニウム

(アルミ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 13:51 UTC 版)

アルミニウム: aluminium, : aluminum[注 1], : alūminium[3])は、原子番号13の元素である。軽銀(けいぎん)、礬素(ばんそ)ともいう[4]元素記号Al原子量26.98。


注釈

  1. ^ 北米ではaluminumの綴りが用いられ、国際的にはaluminiumの綴りが用いられる[2]
  2. ^ 訳注:ここでの「土」は西洋の四元素における土元素を意味する。
  3. ^ 原文:Was Oersted für einen Aluminiumklumpen hielt, ist ganz gewiß nichts anderes gewesen als ein aluminiumhaltiges Kalium.[38]

出典

  1. ^ 産金法(1937年)、金、銀又は白金等の取引等取締に関する件(1945年)、貴金属地金の取引等についての帳簿及び報告に関する政令(1949年)の廃止と同時に新設された貨幣回収準備資金に関する法律(2002年)により、財務大臣は貨幣回収準備資金に属する地金(引換貨幣及び回収貨幣を含む)を貨幣の製造に要する地金として造幣局に交付することができる。
  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds (PDF) (2004年3月24日時点のアーカイブ), in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ a b Usage Notes: 'Aluminum' or 'Aluminium'? A tale of two spellings”. Merriam-Webster. Merriam-Webster. 2021年6月1日閲覧。
  3. ^ 杉山広樹「元素記号の由来(あんてな)」『化学と教育』第43巻第12号、日本化学会、1995年、 782-785頁、 doi:10.20665/kakyoshi.43.12_782
  4. ^ a b 中尾善信、アルミニウムこぼればなし 軽金属 28巻 (1978) 4号 p.159-160, doi:10.2464/jilm.28.159
  5. ^ a b 鈴木治雄「アルミニウム語源雑考」『軽金属』第1953巻第8号、軽金属学会、1953年、 11-12頁、 doi:10.2464/jilm.1953.8_11
  6. ^ 『理化学辞典』第5版、岩波書店
  7. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  8. ^ a b c Geoff Rayner-Canham, Tina Overton 『レイナーキャナム 無機化学(原著第4版)』 西原寛・高木繁・森山広思訳、p.193-195、2009年、東京化学同人、ISBN 978-4-8079-0684-0
  9. ^ a b c 西川精一 『新版金属工学入門』 アグネ技術センター、2001年
  10. ^ JIKO. 8.応力ひずみ線図 材料力学. http://jikosoft.com/cae/engineering/strmat08.html. 
  11. ^ a b 亀山直人 『電気化学の理論と応用』 丸善、1955年
  12. ^ 「非鉄金属業界大研究」南正明 p88 産学社 2008年8月31日初版第1刷
  13. ^ 日軽金、アルミ製錬撤退 国内唯一の拠点を3月末で閉鎖 日経新聞 2014年3月14日
  14. ^ 『アルミニウム外史 下巻』p393
  15. ^ リサイクルについて アルミ缶リサイクル協会 2015年8月28日閲覧
  16. ^ 「商社のとりくみ 金属(アルミ)のリサイクル」 日本貿易会 2015年6月19日閲覧
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r http://minerals.usgs.gov/minerals/pubs/commodity/aluminum/mcs-2015-alumi.pdf 2014年のデータ 2015年5月27日閲覧
  18. ^ 「モザンビークにおけるアルミニウム製錬事業 アルミ事業と地域の発展」 三菱商事 2015年6月19日閲覧
  19. ^ 「世界のアルミ産業」 日本アルミ協会 2015年6月19日閲覧
  20. ^ アルミナの炭素熱還元によるアルミニウムの製造方法及び反応装置(ekouhou.net)
  21. ^ アルミ工業の原料転換助成が初仕事(昭和16年12月5日 東京日日新聞)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p226 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  22. ^ 高純度アルミニウム製造法(日本軽金属)
  23. ^ 「用途別需要」 日本アルミ協会 2015年6月19日閲覧
  24. ^ ついに量産車へ、炭素繊維「鉄並み価格」視野で経済圏拡大 日本経済新聞 2014年11月19日
  25. ^ 低い断熱性なぜ放置、世界に遅れる「窓」後進国ニッポン 日本経済新聞 2014年11月7日
  26. ^ 「アルミニウムと健康」連絡協議会
  27. ^ 加藤秀正、平井英明、星野幸一 ほか、根系の発達に及ぼす土壌溶液のアルミニウム種の影響 日本土壌肥料学雑誌 76巻 (2005) 1号 p.1-8, doi:10.20710/dojo.76.1_1
  28. ^ 大澤裕樹、木本植物に顕著な高アルミニウム耐性の生理学的解析 日本森林学会大会発表データベース 第118回日本森林学会大会 セッションID: D25, doi:10.11519/jfsc.118.0.121.0
  29. ^ Drozdov 2007, p. 12.
  30. ^ Drozdov 2007, pp. 12–14.
  31. ^ Drozdov 2007, p. 16.
  32. ^ Clapham, John Harold; Power, Eileen Edna (1941). The Cambridge Economic History of Europe: From the Decline of the Roman Empire. CUP Archive. p. 207. ISBN 978-0-521-08710-0. https://books.google.com/books?id=gBw9AAAAIAAJ&pg=PA682 
  33. ^ a b Drozdov 2007, p. 25.
  34. ^ Weeks, Mary Elvira (1968). Discovery of the elements. 1 (7 ed.). Journal of chemical education. p. 187. https://books.google.com/books?id=s6kPAQAAMAAJ 
  35. ^ a b Richards 1896, p. 2.
  36. ^ Royal Danish Academy of Sciences and Letters英語版 (1827) (デンマーク語). Det Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs philosophiske og historiske afhandlinger. Popp. pp. XXV–XXVI. https://books.google.com/books?id=L2BFAAAAcAAJ&pg=PR25 
  37. ^ a b Wöhler, Friedrich (1827). “Ueber das Aluminium” (ドイツ語). Annalen der Physik und Chemie. 2 11: 146–161. http://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uc1.b4433551;view=1up;seq=162. 
  38. ^ Bjerrum, Niels (1926). “Die Entdeckung des Aluminiums”. Zeitschrift für Angewandte Chemie 39 (9): 316–317. doi:10.1002/ange.19260390907. ISSN 0044-8249. 
  39. ^ Drozdov 2007, p. 38.
  40. ^ Light Metals: Aluminum, Magnesium and Titanium. 23. (1960). pp. 69–70. https://books.google.com/books?id=_PkzAQAAIAAJ 
  41. ^ a b Drozdov 2007, p. 39.
  42. ^ Sainte-Claire Deville, H. E. (1859) (フランス語). De l'aluminium, ses propriétés, sa fabrication. Paris: Mallet-Bachelier. オリジナルの30 April 2016時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=rCoKAAAAIAAJ 
  43. ^ Karmarsch, C. (1864). “Fernerer Beitrag zur Geschichte des Aluminiums” (ドイツ語). Polytechnisches Journal 171 (1): 49. https://books.google.com/?id=v4MtAAAAYAAJ&pg=PA49. 
  44. ^ Polmear, Ian (2005). Light Alloys: From Traditional Alloys to Nanocrystals. Butterworth-Heinemann. p. 15. ISBN 978-0-08-049610-8. https://books.google.com/books?id=td0jD4it63cC&pg=PT29 
  45. ^ Drozdov 2007, p. 46.
  46. ^ 日本貿易図鑑「アルミニウムの輸入(輸入額、輸入先、輸入量)」
  47. ^ 財務省「地金の売払いスケジュール(地金の売払い見通し)」
  48. ^ アルミニウムとアルツハイマー病の関連情報 国立健康・栄養研究所


「アルミニウム」の続きの解説一覧

アルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 02:52 UTC 版)

赤ずきんチャチャの登場人物」の記事における「アルミ」の解説

どろしーの後輩死神仕事しており、偶然会ったどろしーにニャンコハウスの場所を訪ねたチャチャたちのうちの誰かが死ぬ勘違いしたどろしーはパニックに陥ったが、実は動物専門で迎え来たのは夜店すくった金魚の魂だった。

※この「アルミ」の解説は、「赤ずきんチャチャの登場人物」の解説の一部です。
「アルミ」を含む「赤ずきんチャチャの登場人物」の記事については、「赤ずきんチャチャの登場人物」の概要を参照ください。


アルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 15:32 UTC 版)

材料規格」の記事における「アルミ」の解説

1位の文字がアルミを表すAで始まり展伸材4桁数字が続く。 記号説明A1□□□工業用アルミニウム(99.0%以上) A2□□□アルミ合金ジュラルミン A3□□□マンガンアルミ合金 A4□□□けい素アルミ合金 A5□□□マグネシウムアルミ合金 A6□□□マグネシウム・ケイ素系アルミ合金 A7□□□亜鉛マグネシウムアルミ合金超超ジュラルミンなど

※この「アルミ」の解説は、「材料規格」の解説の一部です。
「アルミ」を含む「材料規格」の記事については、「材料規格」の概要を参照ください。


アルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 06:51 UTC 版)

カスミ伝」の記事における「アルミ」の解説

飛騨忍者くのいちカスミ後輩異常なほど声が大きい

※この「アルミ」の解説は、「カスミ伝」の解説の一部です。
「アルミ」を含む「カスミ伝」の記事については、「カスミ伝」の概要を参照ください。


アルミ(アルミニウム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 22:48 UTC 版)

メタリカメタルカ」の記事における「アルミ(アルミニウム)」の解説

実在金属

※この「アルミ(アルミニウム)」の解説は、「メタリカメタルカ」の解説の一部です。
「アルミ(アルミニウム)」を含む「メタリカメタルカ」の記事については、「メタリカメタルカ」の概要を参照ください。


アルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 14:58 UTC 版)

この気持ちもいつか忘れる」の記事における「アルミ」の解説

田中飼っている人懐っこい

※この「アルミ」の解説は、「この気持ちもいつか忘れる」の解説の一部です。
「アルミ」を含む「この気持ちもいつか忘れる」の記事については、「この気持ちもいつか忘れる」の概要を参照ください。


アルミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 13:36 UTC 版)

9x19mmパラベラム弾」の記事における「アルミ」の解説

真鍮使用抑えるために1941年からスイスではアルミ薬莢開発され今日でも使用され続けている。

※この「アルミ」の解説は、「9x19mmパラベラム弾」の解説の一部です。
「アルミ」を含む「9x19mmパラベラム弾」の記事については、「9x19mmパラベラム弾」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アルミ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アルミ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 02:08 UTC 版)

名詞

アルミ

  1. アルミニウムの略称。

複合語


「アルミ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アルミ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アルミのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2022 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2022 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルミニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤ずきんチャチャの登場人物 (改訂履歴)、材料規格 (改訂履歴)、カスミ伝 (改訂履歴)、メタリカメタルカ (改訂履歴)、この気持ちもいつか忘れる (改訂履歴)、9x19mmパラベラム弾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアルミ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS