イギリス英語とは? わかりやすく解説

イギリス英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 17:46 UTC 版)

イギリス英語(イギリスえいご、: British English / UK English)とは、イギリスで使用されている英語のことである。


  1. ^ これらは英語の方言であり、独自のケルト系言語であるウェールズ語スコットランド・ゲール語アイルランド語とは異なる。
  2. ^ 時の君主男性女性かで変化する。エリザベス2世が在位中なので「クイーンズ・イングリッシュ」である。チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)が即位すると「キングス」に変わる
  3. ^ : BBC English
  4. ^ オーストラリア英語ニュージーランド英語インド英語南アフリカ英語マレーシア英語英語版シンガポール英語もr音化はない。アメリカ英語、イングランド南西部方言、スコットランド方言、アイルランド方言では音節末の「r」を発音するが、地域によって発音が違う。アメリカでr音化がないのはボストン周辺やニューヨーク、南部の一部の高齢者のみである。
  5. ^ 吸収線量単位 グレイは単語ではなく単位であるため Gray である。
  6. ^ イギリス英語で solicitor には「弁護士」の意味がある。『オリエント急行の殺人』ではイギリス人だという女性がI can always call my lawyers long distance. 「いつでも弁護士(lawyer)に長距離電話をかけますから」というのをエルキュール・ポアロAn English woman who had never lived in America would have said,"I can always make a trunk call to my solicitors." (「アメリカに住んだことがないイギリス女性なら弁護士(solicitor)にトランクコールするというでしょうね」)という場面がある。


「イギリス英語」の続きの解説一覧

イギリス英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 18:56 UTC 版)

「パイズリ」記事における「イギリス英語」の解説

イギリスでは、フレンチ・ファック (French fuck) とも呼び1930年代遡る, 。他にtit wankという。“tit”は乳房の俗語wankとはマスターベーションをすること。 wank自慰の意味使われるのは20世紀入ってからであるFrench fuckについては使用開始年代不明。なお、類似した表現であるFrench kiss20世紀入ってから使用例確認されている。

※この「イギリス英語」の解説は、「パイズリ」の解説の一部です。
「イギリス英語」を含む「パイズリ」の記事については、「パイズリ」の概要を参照ください。


イギリス英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 15:55 UTC 版)

フラッピング」の記事における「イギリス英語」の解説

イギリス英語では弾音化は起こらないということ一般的によく知られている実際、イギリス英語では弾音化が発生する条件下にある/t/は明瞭に発音される傾向にある。だが、イギリス一部方言では弾音化が使用されている。特に、at, get, it, not, whatなどの短い単語語末にあるtのすぐ後に母音が続くとき、弾音化が生じ可能性指摘されている。

※この「イギリス英語」の解説は、「フラッピング」の解説の一部です。
「イギリス英語」を含む「フラッピング」の記事については、「フラッピング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イギリス英語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イギリス英語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イギリス英語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イギリス英語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス英語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパイズリ (改訂履歴)、フラッピング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS