ヨーグルトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食品 > ヨーグルトの意味・解説 

ヨーグルト


ヨーグルトは、牛乳乳製品乳酸菌または酵母醗酵させ、独特の風味出したもので、「醗酵乳」の仲間です。
乳等省令定められている醗酵乳とは「乳またはこれと同等上の無脂乳固形分を含む乳等を乳酸菌または酵母醗酵させ、糊状または液状したもの、またはこれらを凍結したもの」で、その成分は「無脂乳固形分8%以上、乳酸菌または酵母の数が1ml中1000万以上」と規定されています。

ヨーグルトに含まれる栄養は、ヨーグルトになる段階乳酸菌により消化されやすい形に分解されています。特にタンパク質一部ペプチドアミノ酸変化し、牛乳比較すると約2倍も消化吸収早くなっています。

カルシウム成長期の子供の骨をつくり、高齢者にとって心配な骨粗しょう症を防ぐ大切な栄養です。カルシウム摂取で有効な食品として牛乳があげられますが、ヨーグルトになることでカルシウム乳酸結びつき乳酸カルシウムとなってさらに吸収されやすい形になります




ヨ-グルト

発酵乳の事。乳に乳酸菌加えて発酵させたもの。好みによっては甘味各種香料ゼラチン寒天等のゲル化剤加えものがある。ヨ-グルト良質蛋白質カルシウムに富み、乳酸菌によって分解されるので消化良いといわれている。脂肪少ないため、ダイエット志向合いこれから益々消費される様になる思われる

ヨーグルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 08:07 UTC 版)

ヨーグルトトルコ語: yoğurtドイツ語: Joghurt英語: yogurt, yoghurt)は、乳酸菌酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつ。ヨーグルトにたまる上澄み液は乳清(英語ではwhey(ホエイ))という。乳原料を搾乳し利用する動物は専用のウシ(乳牛)だけでなく、水牛山羊ラクダなどの乳分泌量が比較的多く、搾乳が行いやすい温和な草食動物が利用される。




  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ a b c d e f 堀内啓史、ヨーグルトの温故知新 ― ブルガリアの伝統的なヨーグルトを科学することで生まれた研究成果 ― 日本乳酸菌学会誌 2012年 23巻 3号 p.143-150, doi:10.4109/jslab.23.143
  4. ^ 牧野聖也、池上秀二、ヨーグルト乳酸菌が産生する菌体外多糖の利用と培養条件の影響 日本乳酸菌学会誌 2013年 24巻 1号 p.10-17, doi:10.4109/jslab.24.10
  5. ^ 小学館『国語大辞典(新装版)』1988年
  6. ^ 岩波書店『広辞苑』第五版 1998年
  7. ^ 三省堂『大辞林』第三版 2006年
  8. ^ 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ), ASCII.jpデジタル用語辞典,デジタル大辞泉,栄養・生化学辞典,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,ブリタニカ国際大百科事典. “カード(かーど)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年11月6日閲覧。
  9. ^ 後藤真生、「腸内常在菌は腸管免疫系にどのように影響するか?」 『化学と生物』 2000年 38巻 4号 p.248-249, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.38.248
  10. ^ 瀧口隆一、鈴木豊、乳酸菌の人工消化液中での生残性 腸内細菌学雑誌 2000年 14巻 1号 p.11-18, doi:10.11209/jim1997.14.11
  11. ^ 神戸保、 「ヨーグルト」 『生活衛生』 1983年 27巻 4号 p.224, doi:10.11468/seikatsueisei1957.27.224
  12. ^ a b 寺田厚、原宏佳、長部康司 ほか、ヨーグルトの投与が糞便菌叢および腐敗産物生成量に及ぼす影響 食品と微生物 1993年 10巻 1号 p.29-34, doi:10.14840/jsfm1984.10.29
  13. ^ 夏目幸明、「ヨーグルトは身体に良い」はウソだった!? ダイヤモンドオンライン 2016年7月22日
  14. ^ 佐藤基佳ほか、「乳牛と新生子牛の血中ビタミンB1、B2、B6およびB12濃度」 『動物臨床医学』 2003年 12巻 2号 p.93-98, doi:10.11252/dobutsurinshoigaku.12.93
  15. ^ 石井智美、「内陸アジアの遊牧民の製造する乳酒に関する微生物学的研究」 『国立民族学博物館地域研』JCAS連携研究成果報告4、2002、pp103-123 (PDF)
  16. ^ 村尾周久ほか、「乳糖不耐症者による牛乳とヨーグルト飲用後の呼気中水素と腹部症状の相違」 『日本栄養・食糧学会誌』 Vol.45(1992) No.6 P.507-512
  17. ^ 佐々木泰子、ヨーグルトを造る乳酸菌共生発酵研究の最近の知見 日本乳酸菌学会誌 2015年 26巻 2号 p.109-117, doi:10.4109/jslab.26.109
  18. ^ a b 村上和保、家庭で作られるケフィールの細菌汚染状況 日本家政学会誌 1995年 46巻 9号 p.881-883, doi:10.11428/jhej1987.46.881
  19. ^ 野白喜久雄ほか 『改訂醸造学』 1993年3月。ISBN 978-4-06-153706-4
  20. ^ a b 日本植物生理学会-みんなのひろば- 質問:樹木の枝に住む乳酸菌について
  21. ^ @nifty:デイリーポータルZ:牛乳に木の枝を入れるとヨーグルトになるらしい
  22. ^ 世界の人々の暮らし 〜ブルガリア〜 日本成人病予防協会
  23. ^ 横田哲治 『天皇家の健康食』 新潮社、2001年12月、18-21頁
  24. ^ 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』P213 角川ソフィア文庫
  25. ^ a b c 小田宗宏、身近で活躍する有用微生物II 食品と有用微生物 -西洋の食文化と微生物 (PDF) モダンメディア 2016年11月号(第62巻11号)
  26. ^ ヨーグルトの製造方法|ヨーグルトと乳酸菌飲料|乳と乳製品のきほん知識|一般社団法人日本乳業協会
  27. ^ 新沼杏二『チーズの話』 新潮選書 P107〜108 ISBN 4-10-600238-8



ヨーグルト

出典:『Wiktionary』 (2011/05/16 10:33 UTC 版)

名詞

ヨーグルト

  1. (ちち)乳酸菌などで発酵させた飲み物、ないし柔らかい食べ物

発音

よ↗ーぐ↘ると

語源

関連語

翻訳




ヨーグルトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヨーグルト」の関連用語

ヨーグルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヨーグルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2019 Japan Dairy Council All right reserved.
イシハライシハラ
Copyright (C) 2019 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨーグルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヨーグルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS