乳製品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 製品 > 乳製品の意味・解説 

にゅう‐せいひん【乳製品】

読み方:にゅうせいひん

牛乳加工した食品。バター・チーズ・ヨーグルトなど。


乳製品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 05:19 UTC 版)

乳製品(にゅうせいひん)とは、動物の、特に牛乳加工して作られる製品の総称。乳製品を製造することを製酪または製乳という。


  1. ^ 中尾佐助:『料理の起源』,日本放送出版協会,東京(1972)
  2. ^ 平田昌弘、ヨトヴァ・マリア、内田健治 ほか、「【原著論文】ブルガリア南西部の乳加工体系」『ミルクサイエンス』 2010年 59巻 3号 p.237-253, doi:10.11465/milk.59.237
  3. ^ 平田昌弘、「アジアの伝統的乳製品とその乳加工体系を探る」『日本栄養・食糧学会誌』 Vol.55 (2002) No.5 p.291-293, doi:10.4327/jsnfs.55.291
  4. ^ 平田昌弘、「ユーラシア大陸の乳加工技術と乳製品 : 第6回 南アジア-インドの都市部・農村部の事例1 : 乳のみの乳製品帯広畜産大学 学術雑誌論文 食品資材研究会 (2011) ,New Food Industry, 53巻 6号 p.73-81
  5. ^ 平田昌弘、「インド西部における乳製品とその加工技術(前編)」『食の科学』 (2003) 310, p.24-32
  6. ^ 平田昌弘、「インド西部における乳製品とその加工技術(後編)」『食の科学』 (2004) 312巻 p.52-60, ISSN 02871734
  7. ^ Publishing, Harvard Health. “Two daily servings of dairy: Good for your heart?”. Harvard Health. 2020年11月5日閲覧。
  8. ^ 乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について―概要― PMID 18398033
  9. ^ 乳製品の「乳化剤」、摂りすぎるとカルシウムを欠乏させる” (日本語). NEWSポストセブン. 2019年11月16日閲覧。
  10. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “乳製品、たくさん食べる人は死亡リスク低く|ヘルスUP|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2019年11月16日閲覧。


「乳製品」の続きの解説一覧

乳製品(1929年 - 1970年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 03:16 UTC 版)

メリディアン (アイダホ州)」の記事における「乳製品(1929年 - 1970年)」の解説

世界恐慌ドン底にあった頃、アダ酪農業協同組合製造所1929年に運転を開始し地域酪農業に日が当たった協同組合会員牛乳検査機能提供することで、税金払えるようにし、家族のために食料もたらすことを可能にした。地域社会他の住人牛乳製造所運び、また製造所雇われ製品はチャレンジ・バターの商品になった。 この製造所40年毎日製造続けた工場フル稼働だったときに増設改良行われたその後ワイス研究所がこの製造所傘下に入れ粉ミルク製造させた。 1970年製造所閉鎖され酪農家牛乳コールドウェル乳製品製造所運ばれ加工されるようになった

※この「乳製品(1929年 - 1970年)」の解説は、「メリディアン (アイダホ州)」の解説の一部です。
「乳製品(1929年 - 1970年)」を含む「メリディアン (アイダホ州)」の記事については、「メリディアン (アイダホ州)」の概要を参照ください。


乳製品(ヨーグルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:18 UTC 版)

森永乳業」の記事における「乳製品(ヨーグルト)」の解説

アロエヨーグルト - 2008年2009年モンドセレクション金賞連続受賞 ビヒダスヨーグルトシリーズビヒダスヨーグルトBB536 ビヒダスヨーグルト脂肪0 - 機能性表示食品 ビヒダス4ポットヨーグルトシリーズ - アロエナタデココ角切りんご、角切ミックスブルーベリーストロベリー ラクトフェリン200ヨーグルト 濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO(パルテノ) 森永ヨーグルト 練乳ヨーグルトシリーズ 具だくさんフルーツヨーグルト 脂肪0ヨーグルトシリーズ やわらかクリーミィーヨーグルト 家計応援ヨーグルトプレーン3連 ヨーグルトフルーツソース - 旧ラボラトリーズ(現:クリニコ)からの導入品で、導入後暫く同社製造していた。 トリプルヨーグルト ‐ 日本食糧新聞社制定の第38回食品ヒット大賞にて「優秀ヒット賞」を受賞

※この「乳製品(ヨーグルト)」の解説は、「森永乳業」の解説の一部です。
「乳製品(ヨーグルト)」を含む「森永乳業」の記事については、「森永乳業」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乳製品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「乳製品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乳製品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乳製品」の関連用語

乳製品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乳製品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乳製品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメリディアン (アイダホ州) (改訂履歴)、森永乳業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS