受賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 受賞 > 受賞の意味・解説 

じゅ‐しょう〔‐シヤウ〕【受賞】

読み方:じゅしょう

[名](スル)賞をうけること。「アカデミー賞を—する」⇔授賞


受賞・叙勲

贈答慣習

受賞・受勲春の叙勲秋の叙勲と国が年二回分けて勲章褒賞授与しますが、受けられた方にとっては大変名誉なことはもとより身内の方にとっても大変喜ばしいことです。
披露兼ねて長年協力尽力に感謝して叙勲授章者が開くパーティと、友人同僚など周囲の方が叙勲授章者の為に催す祝宴などがあります
また、勤務先民間団体などから表彰されるものには、勤続表彰論功行賞功労表彰などありますが、表彰状と併せ副賞贈られます。また特に栄誉ある表彰を受賞された場合にはお祝いを贈ることも少なくありません

お祝いを贈る時期

いち早く駆け付けて共に喜んであげるのが一番のお祝いとなりますが、 お祝いを贈る場合決定確認後遅くとも一週間以内贈りますまた、祝賀パーティ催される場合当日出席する際に持参します

お祝い返しの時期

叙勲自身が開くパーティでは当日引き出物として、周囲の方に開いて貰った祝宴ではお祝い金品戴いた方も合わせて一週間以内贈ります
一般的な表彰祝い際はお礼状程度に留めようですが、気になる先様には一週間以内贈ります

ひとくちMEMO

叙勲輝かしい受賞には、十本結切り(のし紙)、金銀切り・金あわび結び金封)を使用する場合もある。

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
受賞に祝い品を贈る 身内
身内以外
○○受賞御祝
叙勲御祝
○○授章御祝
受賞御祝
のし紙花結び
受賞に祝い金を贈る 身内
身内以外
のし袋花結び
金封赤白花結び/赤白あわび結び
祝い返し 本人 内祝
叙勲記念
のし紙花結び祝/赤棒

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様 使い方
のし紙:使用例 のし袋:使用例


受賞

作者奈良是眞

収載図書それで魚の勝ち 4
出版社文芸社
刊行年月2004.8


(受賞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 04:56 UTC 版)

(しょう)とは、表彰の一種である。個人または団体に対して審査・判定をした上で、ある分野での秀逸性や達成した業績を讃える目的で贈呈あるいは授与されるもの。英語風にアワードアウォードプライズ (award, prize) などと言う。なお、賞を贈ることを授賞(じゅしょう)、賞を受けることを受賞(じゅしょう)といい、受賞した者を受賞者という。


  1. ^ award prize”. ER Synonym Dictionary Online. 2020年1月8日閲覧。


「賞」の続きの解説一覧

受賞(第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:33 UTC 版)

L・DK」の記事における「受賞(第1作)」の解説

新語・流行語大賞トップテン2014年) - 「壁ドン」が受賞。『L♡DK』が壁ドン火付け役となった評価されて、流行語大賞表彰式には山﨑賢人登壇した

※この「受賞(第1作)」の解説は、「L・DK」の解説の一部です。
「受賞(第1作)」を含む「L・DK」の記事については、「L・DK」の概要を参照ください。


受賞(スペシャル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:51 UTC 版)

シグナル 長期未解決事件捜査班」の記事における「受賞(スペシャル)」の解説

韓国の「ソウルドラマアワード2021」で“インターナショナル・ドラマ・オブ・ザ・イヤー(非競争部門)”を受賞。坂口健太郎は“アジアスター賞”に輝いた

※この「受賞(スペシャル)」の解説は、「シグナル 長期未解決事件捜査班」の解説の一部です。
「受賞(スペシャル)」を含む「シグナル 長期未解決事件捜査班」の記事については、「シグナル 長期未解決事件捜査班」の概要を参照ください。


受賞(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 22:14 UTC 版)

罪の声」の記事における「受賞(映画)」の解説

第44回日本アカデミー賞最優秀脚本賞野木亜紀子優秀作品賞 優秀主演男優賞小栗旬) 優秀助男優賞宇野祥平星野源優秀監督賞土井裕泰) 優秀撮影賞(山本英夫) 優秀照明賞(小野晃) 優秀音楽賞佐藤直紀) 優秀美術賞(磯見俊裕露木恵美子) 優秀録音賞(加藤大和優秀編集賞穂垣順之助話題賞 俳優部門小栗旬第45回報知映画賞2020年度作品賞 主演男優賞小栗旬助演男優賞星野源第42回ヨコハマ映画祭2020年度助演男優賞宇野祥平、『本気のしるし劇場版〉』とあわせて2020年度日本映画ベストテン 第7位 第33回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞作品賞 主演男優賞小栗旬第75回毎日映画コンクール男優助演賞(宇野祥平第45回エランドール賞2021年プロデューサー賞 - 那須田淳TBSスパークル)・渡辺信也(TBSテレビ)・進藤淳一フィルムフェイス) 第94キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・テン第7位 助演男優賞宇野祥平、『本気のしるし劇場版〉』ほかと合わせて) 表 話 編 歴 報知映画賞 作品賞 1970年代犬神家の一族 (1976) 幸福の黄色いハンカチ (1977) サード (1978) 太陽を盗んだ男 (1979) 1980年代影武者 (1980) 遠雷 (1981) 蒲田行進曲 (1982) 家族ゲーム (1983) お葬式 (1984) それから (1985) コミック雑誌なんかいらない! (1986) マルサの女 (1987) TOMORROW 明日 (1988) ウンタマギルー (1989) 1990年代櫻の園 (1990) 息子 (1991) シコふんじゃった。 (1992) 月はどっちに出ている (1993) 全身小説家 (1994) 午後の遺言状 (1995) Shall we ダンス? (1996) ラヂオの時間 (1997) HANA-BI (1998) 金融腐蝕列島 呪縛 (1999) 2000年代顔 (2000) GO (2001) たそがれ清兵衛 (2002) 刑務所の中 (2003) 誰も知らない (2004) ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) フラガール (2006) それでもボクはやってない (2007) おくりびと (2008) 沈まぬ太陽 (2009) 2010年代悪人 (2010) 八日目の蝉 (2011) 鍵泥棒のメソッド (2012) 舟を編む (2013) 0.5ミリ (2014) ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判 (2015) 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016) あゝ、荒野 (2017) 孤狼の血 (2018) 蜜蜂と遠雷 (2019) 2020年代罪の声 (2020) 護られなかった者たちへ(2021) 作品賞 監督賞 主演男優賞 主演女優賞 助演男優賞 助演女優賞 新人賞 表 話 編 歴 日スポーツ映画大賞 作品賞 1980年代華の乱 (1988) 黒い雨 (1989) 1990年代少年時代 (1990) 息子 (1991) シコふんじゃった。 (1992) 学校 (1993) 忠臣蔵外伝 四谷怪談 (1994) 写楽 (1995) Shall we ダンス? (1996) 愛する (1997) 愛を乞うひと (1998) 鉄道員 (ぽっぽや) (1999) 2000年代十五才 学校IV (2000) 千と千尋の神隠し (2001) たそがれ清兵衛 (2002) 阿修羅のごとく (2003) 血と骨 (2004) パッチギ! (2005) フラガール (2006) それでもボクはやってない (2007) おくりびと (2008) ディア・ドクター (2009) 2010年代悪人 (2010) 一枚のハガキ (2011) 終の信託 (2012) 舟を編む (2013) 永遠の0 (2014) ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判 (2015) 64 -ロクヨン- (2016) あゝ、荒野 (2017) 万引き家族 (2018) 新聞記者(2019) 2020年代罪の声 (2020) ドライブ・マイ・カー (2021)

※この「受賞(映画)」の解説は、「罪の声」の解説の一部です。
「受賞(映画)」を含む「罪の声」の記事については、「罪の声」の概要を参照ください。


受賞(リズと青い鳥)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:00 UTC 版)

「響け! ユーフォニアム」記事における「受賞(リズと青い鳥)」の解説

受賞とノミネート賞・映画祭カテゴリ対象結果第23回サテライト賞 作品賞 (アニメーション・ミックスメディア部門) Liz and the Blue Bird ノミネート 第73回毎日映画コンクール 大藤信郎賞 リズと青い鳥 受賞 第43回報知映画賞 アニメ作品リズと青い鳥 ノミネート このほか第22回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品選定されている。

※この「受賞(リズと青い鳥)」の解説は、「響け! ユーフォニアム」の解説の一部です。
「受賞(リズと青い鳥)」を含む「響け! ユーフォニアム」の記事については、「響け! ユーフォニアム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「受賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

受賞

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:55 UTC 版)

名詞

(じゅしょう)

  1. 受けること。

関連語

翻訳


「受賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



受賞と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

受賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



受賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2022
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのL・DK (改訂履歴)、シグナル 長期未解決事件捜査班 (改訂履歴)、罪の声 (改訂履歴)、響け! ユーフォニアム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの受賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS