千と千尋の神隠しとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 千と千尋の神隠しの意味・解説 

千と千尋の神隠し

原題:
製作国:日本
製作年:2001
配給:東宝
スタッフ
監督:宮崎駿 ミヤザキハヤオ
製作:松下武義 マツシタタケヨシ

氏家齊一郎 ウジイエ

成田豊 

星野康二 ホシノコウジ

植村伴次郎 ウエムラバンジロウ

相原宏徳 アイハラヒロノリ
製作総指揮:徳間康快 トクマヤスヨシ
プロデューサー:鈴木敏夫 スズキトシオ
原作:宮崎駿 ミヤザキハヤオ
脚色:宮崎駿 ミヤザキハヤオ
音楽:久石譲 ヒサイシジョウ
音楽プロデューサー:大川正義 オオカワマサヨシ
歌:木村弓 キムラユミ
編集:瀬山武司 
録音:東京テレビセンター 
その他:安藤雅司 アンドウマサジ

高坂希太郎 コウサカキタロウ

賀川愛 カガワアイ

片塰満則 

泉津井陽一 センツイヨウイチ

軽部優 カルベユウ

佐藤美樹 サトウミキ

山田裕城 ヤマダユウキ

刀根有史 トネユウジ

秋元一 アキモトハジメ

三ツ木早苗 ミツギサナエ

伊藤純子 イトウジュンコ

室井實 ムロイミノル

斎藤信恵 サイトウノブエ

萩原敏雄 ハギワラトシオ

棚次隆 タナツグタカシ

戸谷仁 トダニヒトシ

伊藤和明 イトウカズアキ

井上健 イノウエ

大塚恭司 オオツカキョウジ

■渕有子 ※■は(山偏の下に品) イワブチユウコ

岩崎達也 イワサキタツヤ

小槌裕子 コヅチユウコ

下條俊隆 シモジョウトシタカ

気賀純夫 キガスミオ

遠谷信幸 トオヤノブユキ

種村達也 タネムラタツヤ

曽我有信 ソガアリノブ

薬師寺衛 ヤクシジ

小坂恵一 

小西啓介 コニシケイスケ

池田大 イケダマサル

橋本毅 ハシモトツヨシ

安念彌行 アネンヤユキ

西尾直彦 ニシオナオヒコ

鈴木大三 スズキタイゾウ

板橋徹 イタバシトオル

早川聡子 ハヤカワサトコ

石井朋彦 イシイトモヒコ

奥田誠治 オクダセイジ

福山亮一 フクヤマリョウイチ

高橋望 タカハシノゾミ

奥井敦 オクイアツシ

藪田順二 ヤブタジュンジ

高橋わたる タカハシワタル

田村淳 タムラアツシ

林和弘 ハヤシカズヒロ

井上秀司 イノウエシュウジ

武重洋二 

吉田昇 ヨシダノボル

伊藤道廣 

野口透 

山田和子 ヤマダカズコ

野村雪絵 ノムラユキエ
色彩:保田道世 
キャスト(役名
柊瑠美 ヒイラギルミ (荻野千尋
入野自由 イリノミユ (ハク
夏木マリ ナツキマリ (湯婆婆)
夏木マリ ナツキマリ (銭婆)
菅原文太 スガワラブンタ (釜爺)
内藤剛志 ナイトウタカシ (お父さん
沢口靖子 サワグチヤスコ (お母さん
上條恒彦 カミジョウツネヒコ (父役)
小野武彦 オノタケヒコ (兄役)
我修院達也 ガシュウインタツヤ (青蛙
神木隆之介 カミキリュウノスケ (坊)
玉井夕海 タマイユミ (リン
大泉洋 オオイズミヨウ (番台
はやし・こば  (河の神
解説
神々世界迷い込んだ少女が、自分でも気づかなかった逞しい力を発揮して困難を乗り越えていこうとする姿を描いた長篇アニメーション監督は「もののけ姫」の宮崎駿で、自身による原作宮崎監督自らが脚色映像演出として「ホーホケキョ となりの山田くん」の奥井敦あたっている。声の出演に「すずらん 少女萌の物語」の柊瑠美ら。尚、本作は「もののけ姫」の日本歴代興行記録を抜いて第1位の成績をおさめた。キネマ旬報2001度日映画ベスト・テン第3位作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
10歳の少女千尋は、何事自分からは行動を起こそうとしないひよわな現代っ子引っ越し途中両親一緒に神々病気と傷を癒す為の温泉町迷い込んでしまった彼女は、町の掟を破り豚にされた両親別れ謎の美少年ハクの手引きの下、湯婆婆という強欲魔女経営する湯屋で、千という名前で働くことになる。人生経験豊かなボイラー焚きの釜爺や先輩リンに励まされながら、逆境の中、意外な適応力発揮して働き始め千尋は、やがて怪我をしていた名のある川の主の傷を癒したり、他人とうまく交流出来ないカオナシの魂を解放へと導いていく。そんな中湯婆婆の命令で彼女の双子の姉・銭婆から魔法印鑑を盗んだハクが、銭婆の魔術によって瀕死重傷を負わされた。ハク助けたい一心千尋は、危険を省みず銭婆の元へ印鑑を持って詫びに行くが、それは初め千尋他人為に何かをすることだった。お陰でハクは命を取り留めることが叶い、しかも彼が千尋が幼い頃に落ち琥珀川の主であることも判明する。湯屋へ帰った千尋湯婆婆に両親返し貰い、無事、人間世界へ戻って行く。

千と千尋の神隠し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 16:44 UTC 版)

千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿興行収入は308億円で、日本歴代興行収入第1位




注釈

  1. ^ a b 外部リンクに映像
  2. ^ 名前の由来は饒速日命[18]
  3. ^ 銭婆によってネズミにされた坊に出くわしたときには、自分の息子だと気づいていなかった。
  4. ^ 絵コンテに収録されている釜爺のセリフによれば、契約印があれば湯屋の労働協約を変えることができ、従業員を奴隷にすることもできる[29]
  5. ^ 自分を母・湯婆婆と間違えた際は、「お母さんと私の区別もつかないのかい」と呆れた様子を見せている。
  6. ^ 絵コンテでは「ゼニーバの声 やさしくなりすぎないこと こわいおばあさまです」と注意書きされている[30]
  7. ^ この呪いは、千尋が銭婆の元へ届けた頃には判子から消えていた。
  8. ^ 宮崎は「長虫」という語で龍を指すことがある[38][39]
  9. ^ 着ているシャツの袖も腕の長さに合せて同時に伸縮する。
  10. ^ イメージボードでは、リンのイラストの横に「白狐」と記されている[43]
  11. ^ 絵コンテには「部長と課長とおもって下さい」とある[45]
  12. ^ ただし、千尋に対しては差別意識から「そんなもったいない事が出来るか」「手で擦ればいいんだ」と渡すのを拒否している。
  13. ^ 「腐れ神」が何かという疑問の謎解きは作中でなされないが、腐臭を放つ忌むべき有害な神なのだと思われ、湯屋の皆はオクサレ様をそれと決めつけて対応してしまう。
  14. ^ 釜爺の回数券に名が記されている[44]
  15. ^ きっかけとなった宮崎と鈴木の面会は、1999年1月の出来事とする記述もある[70]
  16. ^ 公開を1年延期して3時間の映画を作るという提案について、鈴木の真意は不明である。映画公開直前の2001年6月20日のインタビューでは「真剣でした。そういう映画を見たかったし」[98]と語っている。一方、公開から10年余りが経った2016年の聞き書きでは、宮崎の提示したプロットについて「正直にいうと、ちょっとバカバカしいんじゃないかと思った」[99]と語っている。しかし、宮崎の前で正直に不満を述べるわけにはいかない。そこで、上映時間が延びてしまうというプロットの弱点をとっさに指摘した、という説明に変わっている[99]
  17. ^ 安藤は漫画家の高野文子のファンで、高野のように少ない線のみで人体を生々しく表現することに憧れを持っていた[106]
  18. ^ 通常、アニメーションの美術制作は三段階に分けて行われる。背景のイメージをおおまかに描き起こしレイアウト化した美術設定、本番の背景作業に入る前により指針とする絵を描き、色味や物の質感などを詳細に指定する美術ボード、そして実際に撮影に使用される背景素材を各スタッフが分担し描く本番の作業である。『千と千尋の神隠し』では、宮崎が絵コンテで背景を作りこんでいったため、武重は美術設定を制作していない[116]美術監督#アニメーションでの美術監督も参照。
  19. ^ 宮崎はアニメーターの近藤勝也の結婚式で目黒雅叙園を訪れたことがあった[123]
  20. ^ その名の通り動く背景。手書き作画の場合は、通常の人物の動きと同じように、アニメーターが動きを起こす。本作のようにCGで作画される場合もある。
  21. ^ 以下は舘野の発言の引用。「当初『小さい子供のための映画』と聞いていましたが、あのお風呂屋さんも湯女がいて、一種の遊郭みたいな場所ですね。昔から宮崎さんが描きたいと思っていて、描けなかった部分だったのかなと思いました。それと、宮崎さんが書いた歌詞に、カオナシが千尋を食べちゃいたいという箇所があるでしょう。賀川(愛)さんが、『ついにホントのこと言っちゃったねぇ』って、種明かししたみたいに喜んでいました(笑)。」[143]
  22. ^ のちに「ジブリ学術ライブラリー」ブランドでブルーレイ化[150]
  23. ^ 市川がジブリ作品の製作に関わったのは本作のみだった[166]。2013年、東宝映画社長となった市川がゴジラ映画の新しい企画(『シン・ゴジラ』)を製作した際には、鈴木が庵野秀明を紹介している[167]
  24. ^ その後、「DVD・VHS本編のクオリティは、その色を忠実に再現したものと認識しております」と変更された[202]
  25. ^ 翌年から名称は東京国際アニメフェアに。コンペティションの名称は途中から「東京アニメアワード」になった。遅くとも2003年からはこの名前が使われていることが確認できる[237]。2014年、東京国際アニメフェアはアニメ コンテンツ エキスポと統合してAnimeJapanにリニューアル[238]。東京アニメアワードは東京アニメアワードフェスティバルとして独立した[239]
  26. ^ 日本テレビ開局50周年記念番組として放送。
  27. ^ 宮崎駿監督のアカデミー名誉賞受賞を記念して放送される。番組序盤には『ルパン三世 カリオストロの城』から『風立ちぬ』まで、宮崎駿監督の全11作品の名シーンを振り返る特別企画が放送された[274]

出典

  1. ^ a b Sen to Chihiro no kamikakushi (2001) - Company credits”. IMDb. 2016年11月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 叶 2006, p. 221.
  3. ^ “「スタジオジブリ総選挙」第1位は「千と千尋の神隠し」、全国5劇場で上映決定”. 2016-09-06. http://natalie.mu/eiga/news/200740 2016年9月6日閲覧。 
  4. ^ “スタジオジブリ4作品、26日から上映 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』”. 2020-06-18. https://news.yahoo.co.jp/articles/6771e2318518d07ba2c03301e4e08e8c42745520 2020年6月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq Sen to Chihiro no kamikakushi (2001) - Release Info”. IMDb. 2016年11月18日閲覧。
  6. ^ a b 叶 2006, p. 251.
  7. ^ a b c d e f g 叶 2006, p. 252.
  8. ^ a b c d 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2020年4月12日). 2020年6月25日閲覧。
  9. ^ ジブリの教科書 2016, p. 254.
  10. ^ 砂田麻美 (監督) (2013年11月16日). 夢と狂気の王国. 東京: ドワンゴ.  鈴木敏夫へのインタビューで。
  11. ^ a b 千尋の大冒険 2001, p. 30.
  12. ^ 日本映画製作者連盟2001統計
  13. ^ a b Prizes & Honours 2002”. Berlinale. 2013年8月9日閲覧。
  14. ^ a b The 75th Academy Awards (2003) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2016年11月18日閲覧。
  15. ^ “The 21st Century’s 100 greatest films”. BBC. (2016年8月23日). http://www.bbc.com/culture/story/20160819-the-21st-centurys-100-greatest-films 2016年11月18日閲覧。 
  16. ^ スタジオジブリ4作品、26日から上映 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』(オリコン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年6月18日閲覧。
  17. ^ kinro_ntvのツイート(535781050379554816)
  18. ^ a b c ロマンアルバム 2001, p. 68.
  19. ^ kinro_ntvのツイート(535766361666904065)
  20. ^ ロマンアルバム 2001, p. 23.
  21. ^ 王様のブランチ 2013年8月10日放送
  22. ^ kinro_ntvのツイート(535761675006115840)
  23. ^ ロマンアルバム 2001, p. 57.
  24. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 26.
  25. ^ a b 叶 2006, p. 244.
  26. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 22.
  27. ^ a b c d e f g h 叶 2006, p. 232.
  28. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 47-48.
  29. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 484.
  30. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 577.
  31. ^ kinro_ntvのツイート(535791885759946754)
  32. ^ kinro_ntvのツイート(535791953762205697)
  33. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 117.
  34. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 441.
  35. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 608. 宮崎の演出メモとして「ハエはもどりたくないのです」とある。
  36. ^ ロマンアルバム 2001, p. 69.
  37. ^ a b kinro_ntvのツイート(535777121969262592)
  38. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 104.
  39. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 333.
  40. ^ kinro_ntvのツイート(535767450386591744)
  41. ^ ロマンアルバム 2001, p. 58.
  42. ^ kinro_ntvのツイート(535766708036710400)
  43. ^ 『THE ART OF Spirited Away』徳間書店 スタジオジブリ事業本部、2001年、23頁。ISBN 4198100063
  44. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 65.
  45. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 59.
  46. ^ ロマンアルバム 2001, p. 59.
  47. ^ 絵コンテ全集 2001, p. 382.
  48. ^ 宮崎駿も感動で涙!ジブリ新作映画『借りぐらしのアリエッティ』が完成!カオナシのモデル米林監督が人生初の囲み取材に! - シネマトゥデイ、2010年7月1日。
  49. ^ 『思い出のマーニー』米林監督、カオナシのモデル説の真相を明かす! - シネマトゥデイ、2014年9月11日。
  50. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 61.
  51. ^ kinro_ntvのツイート(535764470669139971)
  52. ^ kinro_ntvのツイート(535774754976698369)
  53. ^ kinro_ntvのツイート(535758257940213761)
  54. ^ kinro_ntvのツイート(535765299287453696)
  55. ^ a b ロマンアルバム 2001, pp. 62-63.
  56. ^ ロマンアルバム 2001, p. 53.
  57. ^ ロマンアルバム 2001, p. 56.
  58. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 64.
  59. ^ 以下のリストはロマンアルバム 2001, pp. 103およびSen to Chihiro no kamikakushi (2001) - Full Cast & Crew - IMDb”. IMDb. 2016年11月18日閲覧。より作成
  60. ^ a b c 叶 2006, p. 224.
  61. ^ 奥田千晶 2016, p. 69.
  62. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 84-85.
  63. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 134.
  64. ^ 叶 2006, p. 195.
  65. ^ ジブリの教科書 2016, p. 28.
  66. ^ 叶 2006, pp. 224-225.
  67. ^ 叶 2006, p. 225.
  68. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 54-55.
  69. ^ 叶 2006, p. 226.
  70. ^ ジブリの教科書 2016, p. 29.
  71. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 55-56.
  72. ^ ジブリの教科書 2016, p. 56.
  73. ^ a b c 叶 2006, p. 233.
  74. ^ ロマンアルバム 2001.
  75. ^ a b 奥田千晶 2016, p. 71.
  76. ^ a b ジブリの教科書 2016, p. 75.
  77. ^ 奥田誠治 2016, p. 48.
  78. ^ 本文は、不思議の町の千尋 ―― この映画のねらい (pdf)”. 岩波書店. 2016年9月13日閲覧。
  79. ^ a b c d 叶 2006, p. 227.
  80. ^ ジブリの教科書 2016, p. 30.
  81. ^ ロマンアルバム 2001, p. 070.
  82. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 087.
  83. ^ a b ジブリの教科書 2016, pp. 62-63.
  84. ^ 叶精二 (1999-03). “宮崎作品のアニメーション技術考 安藤雅司氏インタビュー”. フィルムメーカーズ6/宮崎駿 (キネマ旬報社). http://www.yk.rim.or.jp/~rst/rabo/miyazaki/gijyutsu_ron.html. 
  85. ^ ロマンアルバム 2001, p. 76, 脚注の★1.
  86. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 142-143.
  87. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 91-94.
  88. ^ 叶 2006, pp. 227-228.
  89. ^ a b 叶 2006, p. 240.
  90. ^ a b c d e f g h i j k 叶 2006, p. 228.
  91. ^ ロマンアルバム 2001, p. 81.
  92. ^ ジブリの教科書 2016, p. 33.
  93. ^ 叶 2006, pp. 241-242.
  94. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 70.
  95. ^ a b c ジブリの教科書 2016, p. 58.
  96. ^ ジブリの教科書 2016, p. 87.
  97. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 58-59.
  98. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 148.
  99. ^ a b ジブリの教科書 2016, p. 59.
  100. ^ a b ジブリの教科書 2016, p. 36.
  101. ^ a b c d e 叶 2006, p. 237.
  102. ^ ロマンアルバム 2001, p. 87.
  103. ^ a b ジブリの教科書 2016, p. 63.
  104. ^ ロマンアルバム 2001, p. 90.
  105. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 76.
  106. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 95.
  107. ^ 叶 2006, p. 236.
  108. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 32-33.
  109. ^ ロマンアルバム 2001, pp. 84-85.
  110. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 143.
  111. ^ ジブリの教科書 2016, p. 64.
  112. ^ 叶 2006, pp. 228-229.
  113. ^ a b c ジブリの教科書 2016, p. 34.
  114. ^ a b c d e f 叶 2006, p. 229.
  115. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 34-35.
  116. ^ ジブリの教科書 2016, p. 118.
  117. ^ a b c d 叶 2006, p. 242.
  118. ^ ロマンアルバム 2001, pp. 105-107.
  119. ^ ロマンアルバム 2001, p. 107.
  120. ^ a b 叶 2006, p. 238.
  121. ^ ジブリの教科書 2016, p. 122.
  122. ^ ジブリの教科書 2016, p. 123.
  123. ^ a b c d e 叶 2006, p. 234.
  124. ^ ロマンアルバム 2001, p. 130.
  125. ^ ロマンアルバム 2001, p. 132.
  126. ^ ロマンアルバム 2001, p. 115.
  127. ^ 阿妹茶酒館 (九份)[アーメイ・ツァージョウグァン]”. 2016年9月14日閲覧。
  128. ^ 【FOCUS新聞】TVBS專訪宮崎駿 72歲不老頑童(3m20s〜) - YouTube
  129. ^ 叶 2006, pp. 238-239.
  130. ^ 叶 2006, p. 239.
  131. ^ 叶 2006, pp. 242-243.
  132. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 145-146.
  133. ^ 『久石譲in武道館 パンフレット』2008年
  134. ^ 『千と千尋の神隠し パンフレット』2001年
  135. ^ 『月刊APPEALING 2004年10月号』2004年、フォーサウス、p10。
  136. ^ ロマンアルバム 2001, p. 99.
  137. ^ 叶 2006, pp. 244-245.
  138. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 40-42.
  139. ^ a b c d e 叶 2006, p. 245.
  140. ^ ジブリの教科書 2016, p. 31.
  141. ^ ジブリの教科書 2016, p. 95.
  142. ^ 町山智浩、柳下毅一郎『ベスト・オブ・映画欠席裁判』文藝春秋、2012年、176-181頁。ISBN 4167801701
  143. ^ 千尋の大冒険 2001, p. 118.
  144. ^ ロマンアルバム 2001, p. 105.
  145. ^ 『プレミア日本版』第4巻第9号、アシェット婦人画報社、2001年9月1日、 70頁。
  146. ^ a b ロマンアルバム 2001, p. 116.
  147. ^ 田中香涯『江戸時代の男女関係』有宏社、1927年。ASIN B00SE2TRUK
  148. ^ 鈴木敏夫『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』岩波書店、2014年、65-66頁。ISBN 4004314860
  149. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 74-75.
  150. ^ NHKふるさとの伝承 ブルーレイBOX 全6枚セット”. 2016年9月15日閲覧。
  151. ^ ロマンアルバム 2001, p. 128.
  152. ^ 叶 2006, pp. 231-232.
  153. ^ 1604372 蘇れ森よ~宮崎駿さんの挑戦~ (TVF2016応募作品)(8m05s〜) - YouTube
  154. ^ ジブリの教科書 2016, p. 66.
  155. ^ a b c 2014/07/16 ジブリがいっぱいCOLLECTION 『千と千尋の神隠し』ブルーレイディスク 発売!”. ディズニー. 2016年9月20日閲覧。
  156. ^ ジブリの教科書 2016, p. 65.
  157. ^ ジブリの教科書 2016, p. 27.
  158. ^ ジブリの教科書 2016, p. 39.
  159. ^ ジブリの教科書 2016, p. 40.
  160. ^ 叶 2006, p. 246.
  161. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 37-38.
  162. ^ 叶 2006, pp. 245-246.
  163. ^ ロマンアルバム 2001, p. 73.
  164. ^ ジブリの教科書 2016, p. 38.
  165. ^ ジブリの教科書 2016, p. 68.
  166. ^ 鈴木敏夫『ジブリの仲間たち』新潮社、2016年、160頁。ISBN 4106106744
  167. ^ 境治 (2016年8月12日). “東宝はなぜ『#シン・ゴジラ』を庵野秀明氏に託したか~東宝 取締役映画調整部長・市川南氏インタビュー~”. Yahoo!ニュース. http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20160812-00061026/ 2016年9月21日閲覧。 
  168. ^ ジブリの教科書 2016, p. 67.
  169. ^ ジブリの教科書 2016, pp. 69-70.
  170. ^ 叶 2006, p. 75.
  171. ^ 奥田千晶 2016, p. 70.
  172. ^ a b c 叶 2006, p. 248.
  173. ^ 叶 2006, p. 212.
  174. ^ a b 叶 2006, p. 257.
  175. ^ ジブリの教科書 2016, p. 69.
  176. ^ ジブリの教科書 2016, p. 70.
  177. ^ 叶 2006, p. 295.
  178. ^ 「東商新聞 Biz Extra」通巻48号 企画1頁 『Interview リーダーに聞く 鈴木敏夫』 東京商工会議所 2017年3月20日
  179. ^ 『千と千尋の神隠し』他ジブリ作品が動員ランキングTOP3をキープ。『私モテ』初登場4位に(2020年7月13日)
  180. ^ 2020年7月
  181. ^ 『今日から俺は!!劇場版』初登場1位を獲得!(2020年7月20日)
  182. ^ 『今日から俺は!!』2週連続1位!『コンフィデンスマンJP』新作2位に初登場(2020年7月27日)
  183. ^ 『今日から俺は!!』3週連続1位『コンフィデンスマンJP』が続く(2020年8月3日)
  184. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が初登場1位! (2020年8月11日)
  185. ^ a b ジブリの教科書 2016, p. 43.
  186. ^ ジブリの教科書 2016, p. 71.
  187. ^ ジブリの教科書 2016, p. 44.
  188. ^ The Making of Hayao Miyazaki's "Spirited Away" - Part 3”. Jimhillmedia.com. 2016年9月11日閲覧。
  189. ^ Spirited Away (2001) - Rotten Tomatoes”. 2016年9月20日閲覧。
  190. ^ 亀沢郁奈 (2019年6月21日). “【現地レポ】『千と千尋の神隠し』が中国で18年越しの公開! 初回上映の様子を正直にお伝えするぞ!!”. ロケットニュース24. 株式会社ソシオコーポレーション. 2019年8月16日閲覧。
  191. ^ “「千と千尋の神隠し」が中国で大ヒット! 18年前の作品がなぜ?の背景”. AFPBB News. (2019年7月8日). https://www.afpbb.com/articles/-/3234136?cx_amp=all&act=all 2019年8月16日閲覧。 
  192. ^ 中国で 「千と千尋の神隠し」が大ヒット 18年遅れで初公開”. BBC News JapanBBCニュース. 英国放送協会 (2019年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  193. ^ 角山奈保子 (2019年7月26日). “ついに4.7億元突破!『千と千尋の神隠し』が中国で大ヒットした理由”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2019年8月16日閲覧。
  194. ^ 【中国映画コラム】「千と千尋の神隠し」中国大ヒットのポイントは“18年前の旧作”という背景”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2019年8月4日). 2019年8月16日閲覧。
  195. ^ AU YEUNG YU LEUNG (2019年8月4日). “中華娯楽週報 第65回:18年遅れの中国劇場公開でジブリ旧作が興収1位に!宮崎駿の圧倒的人気と海賊版の役割を解説(上)─「映画チケットを買って宮崎駿に恩返し」するチャンスは、ついに訪れた”. IGN Japan. 2019年8月16日閲覧。
  196. ^ a b “「千と千尋」が最高視聴率 劇映画として、46・9%”. 47NEWS. 共同通信. (2003年1月27日). オリジナルの2012年11月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121115233335/http://www.47news.jp/CN/200301/CN2003012701000123.html 2016年9月20日閲覧。 
  197. ^ a b “映画高世帯視聴率番組”. ビデオリサーチ. (2009年1月30日現在). http://www.videor.co.jp/data/ratedata/junre/04movie.htm 2016年9月20日閲覧。 
  198. ^ a b 叶 2006, p. 249.
  199. ^ a b c d e 叶 2006, p. 250.
  200. ^ “「千と千尋」色違う DVD購入者が提訴”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2002年12月3日). オリジナルの2014年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140725053103/http://www.47news.jp/CN/200212/CN2002120301000194.html 2016年9月20日閲覧。 
  201. ^ “色が変…「千と千尋」DVDに苦情殺到!”. ZAKZAK (産経デジタル). (2002年7月23日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_07/g2002072310.html 2016年9月20日閲覧。 
  202. ^ “ブエナ・ビスタ、「千と千尋」の色調について公式見解を公開”. AV Watch. (2002年7月24日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020723/buena.htm 2016年9月20日閲覧。 
  203. ^ “「千と千尋の神隠し」が7月16日にBlu-ray化。7,344円、MGVC対応。”. AV Watch. (2014年4月1日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140401_641458.html 2016年9月20日閲覧。 
  204. ^ “【買っとけ! Blu-ray/DVD】[BD]「千と千尋の神隠し Blu-ray」”. AV Watch. (2014年7月24日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/buy/659084.html 2016年9月21日閲覧。 
  205. ^ 小学館 プログレッシブ英和中辞典 第2版 (小学館 1987)より
  206. ^ 叶 2006, p. 253.
  207. ^ ジブリの教科書 2016, p. 45.
  208. ^ Spirited Away Movie Reviews”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年9月27日閲覧。
  209. ^ Spirited Away”. Metacritic. 2019年9月11日閲覧。
  210. ^ Ebert, Roger (2002年9月20日). “Spirited Away”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20020920/REVIEWS/209200306/1023 2011年9月2日閲覧。 
  211. ^ Mitchell, Elvis (2002年9月20日). “Movie Review – Spirited Away”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9504E0DB1030F933A1575AC0A9649C8B63 2011年9月2日閲覧。 
  212. ^ Elley, Derek (18 February 2002). “Spirited Away Review”. Variety. http://www.variety.com/review/VE1117917040/ 2011年9月2日閲覧。. 
  213. ^ Turan, Kenneth (2002年9月20日). “Under the Spell of 'Spirited Away'”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2002/sep/20/entertainment/et-turan20 2011年9月2日閲覧。 
  214. ^ Boyar, Jay (2002年10月11日). “'Spirited Away' – A Magic Carpet Ride”. Orlando Sentinel. http://articles.orlandosentinel.com/2002-10-11/entertainment/0210100393_1_chihiro-john-lasseter-sorceress 2011年9月1日閲覧。 
  215. ^ 日本アカデミー賞特集『もう一度観たい作品&映画に主演してほしい俳優・女優は!?』”. ORICON STYLE (2009年2月19日). 2016年9月20日閲覧。
  216. ^ “米サイト選出「21世紀のアニメ映画ベスト50」 1位にジブリ作品”. 映画.com. (2016年7月26日). http://eiga.com/news/20160726/9/ 2016年7月26日閲覧。 
  217. ^ “映画.com 英BBC企画「21世紀の偉大な映画ベスト100」、第4位に「千と千尋の神隠し」”. 映画.com. http://eiga.com/news/20160829/3/ 2016年9月20日閲覧。 
  218. ^ “「スタジオジブリ総選挙」第1位は「千と千尋の神隠し」、全国5劇場で上映決定”. 映画.com. http://natalie.mu/eiga/news/200740 2016年9月6日閲覧。 
  219. ^ http://cinefil.tokyo/_ct/17070378
  220. ^ https://www.nytimes.com/interactive/2017/06/09/movies/the-25-best-films-of-the-21st-century.html?_r=0
  221. ^ http://www.empireonline.com/movies/features/best-movies/
  222. ^ https://www.washingtonpost.com/news/style/wp/2018/08/17/feature/these-are-the-best-movies-of-the-2000s/?noredirect=on&utm_term=.62c8f5450cab
  223. ^ http://www.bbc.com/culture/story/20181029-the-100-greatest-foreign-language-films
  224. ^ https://news.nifty.com/article/world/china/12181-724327/
  225. ^ 42 films to see before you die” (英語). The Independent (2019年9月14日). 2019年10月6日閲覧。
  226. ^ The 100 Greatest Movies Of The 21st Century: 20 - 11” (英語). Empire (2020年1月16日). 2020年1月27日閲覧。
  227. ^ アーカイブ | アニメーション神戸”. アニメーション神戸実行委員会事務局. 2016年9月30日閲覧。
  228. ^ シネマ報知”. 報知新聞社. 2009年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月30日閲覧。
  229. ^ a b c 過去のゴールデングロス賞 | ゴールデングロス賞 | 全興連とは | 全国興行生活衛生同業組合連合会 ”. 全国興行生活衛生同業組合連合会. 2016年9月27日閲覧。
  230. ^ a b c d 毎日映画コンクール 第56回(2001年) - 毎日新聞”. 毎日新聞社. 2016年9月30日閲覧。
  231. ^ 報知映画賞 歴代受賞一覧:芸能:スポーツ報知”. 報知新聞社. 2016年9月30日閲覧。
  232. ^ 歴代受賞者・作品 - 日刊スポーツ映画大賞 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ新聞社. 2016年9月30日閲覧。
  233. ^ a b キネマ旬報 ベスト・テン|KINENOTE”. キネマ旬報社. 2016年9月30日閲覧。
  234. ^ 『キネマ旬報』第1350号 通巻2164号、キネマ旬報社、2002年2月15日、 50頁。
  235. ^ a b 第5回 2001年 | 文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品”. 2016年9月27日閲覧。
  236. ^ a b エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年9月30日閲覧。
  237. ^ 高橋洋子 (2003年3月19日). “ASCII.jp:“東京国際アニメフェア2003”が開幕――コンペティションの表彰式に石原都知事登場”. ASCII.jp. http://ascii.jp/elem/000/000/336/336852/ 2016年9月30日閲覧。 
  238. ^ “アニメジャパン:2大アニメイベントが再合流 東京都は不参加”. 毎日新聞デジタル. (2013年10月9日). http://mantan-web.jp/2013/10/09/20131009dog00m200035000c.html 2016年9月30日閲覧。 
  239. ^ TAAFとは?”. 2016年9月30日閲覧。
  240. ^ a b c d e f g h 新世紀東京国際アニメフェア21[COMPETITION]”. 2007年3月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月30日閲覧。
  241. ^ GOLDEN ARROW AWARDS 受賞者一覧 (pdf)”. 2016年9月27日閲覧。
  242. ^ a b c 第25回日本アカデミー賞優秀作品”. 日本アカデミー賞協会. 2012年5月14日閲覧。
  243. ^ “'Bird,' 'Spirited' nab kid kudos”. Variety. http://variety.com/2002/digital/news/bird-spirited-nab-kid-kudos-1117874673/ 2013年8月9日閲覧。 
  244. ^ 第21屆香港電影金像獎得獎名單 List of Award Winner of The 21st Hong Kong Film Awards”. Hong Kong Film Awards. 2013年8月9日閲覧。
  245. ^ 2002 Archives - National Board of Review”. National Board of Review. 2016年9月30日閲覧。
  246. ^ Awards - New York Film Critics Circle - NYFCC”. New Yorl Film Critics Circle. 2016年9月30日閲覧。
  247. ^ Previous Years Winners 28th Annual”. LAFCA. Los Angeles Film Critics Association. 2016年9月30日閲覧。
  248. ^ 2002 Archives - Durban International Film Festival ”. Durban International Film Festival. 2017年12月25日閲覧。
  249. ^ 2002 Archives - Jeonju Film Festival ”. Jeonju Film Festival . 2017年12月25日閲覧。
  250. ^ 2002 Archives - New York Film Critics, Online ”. New York Film Critics, Online . 2017年12月25日閲覧。
  251. ^ 2002 Archives - San Francisco International Film Festival ”. San Francisco International Film Festival . 2017年12月25日閲覧。
  252. ^ 2002 Archives - Utah Film Critics Association Awards ”. Utah Film Critics Association Awards . 2017年12月25日閲覧。
  253. ^ 2003 Awards (6th Annual) – Online Film Critics Society”. Online Film Critics Society. 2016年9月30日閲覧。
  254. ^ 2003 Archives - Amsterdam Fantastic Film Festival ”. Amsterdam Fantastic Film Festival . 2017年12月25日閲覧。
  255. ^ 2003 Archives - Saturn Award”. Saturn Award. 2017年12月25日閲覧。
  256. ^ 2003 Archives - Broadcast Film Critics Association Awards ”. Broadcast Film Critics Association Awards. 2017年12月25日閲覧。
  257. ^ 2003 Archives - Florida Film Critics Circle Awards ”. Florida Film Critics Circle Awards . 2017年12月25日閲覧。
  258. ^ 2003 Archives - Dallas-Fort Worth Film Critics Association Awards ”. Dallas-Fort Worth Film Critics Association Awards . 2017年12月25日閲覧。
  259. ^ 2003 Archives - Film Critics Circle of Australia Awards ”. Film Critics Circle of Australia Awards . 2017年12月25日閲覧。
  260. ^ 2003 Archives - Gold Derby Awards ”. Gold Derby Awards . 2017年12月25日閲覧。
  261. ^ 2003 Archives - Golden Trailer Awards ”. Golden Trailer Awards . 2017年12月25日閲覧。
  262. ^ 2003 Archives - International Online Cinema Awards (INOCA) ”. International Online Cinema Awards (INOCA) . 2017年12月25日閲覧。
  263. ^ 2003 Archives - Phoenix Film Critics Society Awards”. Phoenix Film Critics Society Awards . 2017年12月25日閲覧。
  264. ^ 2003 Archives - Satellite Awards ”. Satellite Awards . 2017年12月25日閲覧。
  265. ^ a b c d 30th Annie Awards”. Annie Awards. 2016年9月30日閲覧。
  266. ^ The 54th Annual Christopher Award Winners”. The Christophers, Inc.. 2016年9月30日閲覧。
  267. ^ BBC NEWS | Entertainment | Bafta awards 2004: The winners ”. BBC. 2016年9月30日閲覧。
  268. ^ a b 日経MJ』、日本経済新聞社、2001年11月1日、 3頁。
  269. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 12/6 - 12/12』、株式会社ビデオリサーチ、2004年12月、 5頁。
  270. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 1/29 - 2/4』、株式会社ビデオリサーチ、2007年1月、 5頁。
  271. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 6/1 - 6/7』、株式会社ビデオリサーチ、2009年6月、 5頁。
  272. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 1/3 - 1/9』、株式会社ビデオリサーチ、2011年1月、 5頁。
  273. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 7/2 - 7/8』、株式会社ビデオリサーチ、2012年7月、 5頁。
  274. ^ kinro_ntvのツイート(535234469410902017)
  275. ^ 『テレビ個人視聴率週報 関東地区 11/17 - 11/23』、株式会社ビデオリサーチ、2014年11月、 5頁。
  276. ^ “千と千尋の神隠し:8回目の放送も18.5%と高視聴率”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2017年1月23日). http://mantan-web.jp/2017/01/23/20170123dog00m200000000c.html 2017年1月23日閲覧。 
  277. ^ 『千と千尋の神隠し』9回目放送でも17.9%”. ORICON NEWS (2019年8月19日). 2019年8月19日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千と千尋の神隠し」の関連用語

千と千尋の神隠しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



千と千尋の神隠しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千と千尋の神隠し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS