かぐや姫の物語とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > かぐや姫の物語の意味・解説 

かぐや姫の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 11:32 UTC 版)

かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作としたスタジオジブリ制作の日本アニメーション映画。監督は高畑勲が務めた。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。




注釈

  1. ^ 羽衣伝説の天女であることが画面で暗示されている。
  2. ^ プロデューサーの西村義明によると、竹の幹ではなくタケノコから出現する設定なのは、高畑勲が「なぜ竹が光るのか」という点に納得のいく説明を求めた結果である。「タケノコから出る光が竹に当たった」という解釈により、この描写になった[13]
  3. ^ 絵コンテや坂口理子のノベライズ版では、台詞・地の文(ト書き)を問わず、カタカナで「ヒメ」と記した箇所が多数存在する。
  4. ^ 絵コンテには都に行く直前「12歳くらい」と記載がある[14]
  5. ^ これらの描写について高畑勲は「(眉が元に戻るのは)かぐや姫の晴れ晴れした気持ちを見せたいからでめちゃくちゃです。お歯黒だってあんなに簡単には取れませんよ」とインタビューで述べている[15]
  6. ^ 『竹取物語』における翁の名前はテキストによって「さかきのみやつこ」「さぬきのみやつこ」の2種類存在する。
  7. ^ 他に作中のナレーションも担当。
  8. ^ 羽根突きの描写について、高畑勲は絵コンテで「羽根突きは室町時代に毬杖が変化して生れた、とウィキ他にあるが、毬杖はホッケーのようなスポーツであり、ちがいが大きすぎてにわかには信じがたい」「平安に羽子板があったという文献はないらしいが、なかったという文献もない」と記している[18]
  9. ^ 実在した歌人の相模との関係は明言されていない。
  10. ^ 原作では石作皇子が最初。
  11. ^ 原作では最初に姫に宝物を持参するが、その正体は寺にあったただの鉢であった。
  12. ^ 絵コンテでは一貫してひげがない。
  13. ^ スタジオジブリの制作部長。プレスコ時に人選に苦慮していた高畑監督からの指名でオーディションを受け、配役に決まった(パンフレットによる)。スタッフとしては「音響制作デスク」としてクレジットされている。
  14. ^ 高畑勲は、天人がやってくる場面のモチーフが「阿弥陀来迎図」にあることをインタビューなどで認めている[24][25]
  15. ^ クレジットやパンフレットには記載なし。『ロマンアルバム エクストラ かぐや姫の物語』に言及がある(pp.91、163、169)。その意図について高畑勲は「かぐや姫もまかり間違えばこうもなりうるという、合わせ鏡のような感じにならないかと思って」と述べている(p.163)。
  16. ^ 内田による正式なプロット募集より前に、演出・企画志望の新人に対する課題として与えられたが、その段階で没となり、正式な募集には提出しなかった。
  17. ^ 高畑の没後、このときに作成されたとみられる構想メモが発見され、2019年7月から東京国立近代美術館で開催された「高畑勲展」にて展示された[29]
  18. ^ 西村義明は、このほかに「アイヌの民話」や「宮沢賢治の作品」も候補としてあがったことがある(がすべて田辺が絵を描かずに頓挫した)と述べている[32]
  19. ^ 『ジブリの教科書』収録の「スタジオジブリ物語『かぐや姫の物語』」では岸本卓とされている[31]
  20. ^ 高畑は2006年に刊行された講談社学術文庫版の『子守り唄の誕生』に解説を寄稿しており、その中で「『子守り唄の誕生』を読んだとき、これを原作として、まず映像の企画として検討しなければと思った。それにどういう意味や困難があるか考えもしないうちに。」と記している(同書p.229)。
  21. ^ ただし、この企画で描かれた子どもや赤ん坊のキャラクターは、本作前半の描写に生かされることになる[30][31]
  22. ^ 『ロマンアルバムエクストラ かぐや姫の物語』の西村へのインタビューでは櫻井圭記とされている(p.166)。
  23. ^ プレスコは2012年にも実施されている[36][37]
  24. ^ クレジットにおいて「絵コンテ補佐」とされたスタッフがこれに該当する。最終的には田辺によってリライトされている[13]
  25. ^ 2013年公開のドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』には、この時期『風立ちぬ』との同時公開が可能かどうかを巡って議論する西村と鈴木の姿が映されている。
  26. ^ 鈴木は、これまで関わった映画で事前に予想した動員をあまりはずさなかったが、本作については(予想が)「わからなかった」という。
  27. ^ 本作以前の作品では『火垂るの墓』の6位が最高で、『おもひでぽろぽろ』は9位、『平成狸合戦ぽんぽこ』は8位だった。

出典

  1. ^ 高畑勳動畫電影《輝耀姬物語》6 月在台上映 預售套票線上開賣
  2. ^ 2014 July releases - 電影市場學(facebook)
  3. ^ a b THE TALE OF PRINCESS KAGUYA”. Box Office Mojo. 2015年6月14日閲覧。
  4. ^ "Wie der Wind sich hebt": Der letzte Film von Anime-Meister Hayao Miyazaki kommt in die deutschen Kinos - FILMSTARTS(2014年5月28日)
  5. ^ Studio Ghibli's The Tale Of Princess Kaguya Poster And UK Release Unveiled - Yahoo!Movie(2015年2月21日)(英語)
  6. ^ Novo poster português para "O Conto da Princesa Kaguya" (Kaguya-hime no Monogatari) - Filmspot(2015年3月3日)(ポルトガル語)
  7. ^ O Conto da Princesa Kaguya, grande sucesso do Studio Ghibli, estreia nos cinemas brasileiros - Crunchyroll(2015年7月16日)(ポルトガル語)
  8. ^ 「いくらあっても使う…」鈴木Pが語る宮崎駿の“金遣い”【ジブリ】”. 女性自身 (2013年12月6日). 2013年12月6日閲覧。
  9. ^ 2015年記者発表資料(2014年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2014年1月27日). 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ 製作期間8年、製作費50億円、スタジオジブリの超大作が遂に完成! 朝倉あきさん・宮本信子さん・高良健吾さんら豪華声優陣が勢揃い!!”. 映画HOT NEWS. 東宝 (2013年11月7日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月10日閲覧。
  11. ^ 高畑勲監督「かぐや姫の物語」で「日本のアニメにとって一歩進めた」と自信 宮崎監督引退は「変わる可能性も」”. ねとらぼ. ITmedia (2013年11月7日). 2014年3月10日閲覧。
  12. ^ かぐや姫の物語 登場人物、『かぐや姫の物語』公式サイト、2014年3月9日閲覧。
  13. ^ a b 西村義明プロデューサーインタビュー第3回 コンテ作業の長い旅ウェブアニメスタイル「特集 アニメーションとしての『かぐや姫の物語』
  14. ^ 『絵コンテ全集』p.201
  15. ^ 『ロマンアルバム エクストラ かぐや姫の物語』p.162
  16. ^ 『絵コンテ全集』pp.10、681
  17. ^ 『絵コンテ全集』p.120
  18. ^ 『絵コンテ全集』pp.598- 599
  19. ^ ジブリ最新作『かぐや姫の物語』、“かぐや姫”役に朝倉あきが抜てき ぴあ映画生活 2013年9月17日
  20. ^ 高畑勲・辻惟雄「日本美術とアニメーション」(対談)『美術手帖』2014年1月号、pp.66 - 73
  21. ^ 『絵コンテ全集』p.644
  22. ^ 青柳美帆子 (2013年11月27日). “「かぐや姫の物語」最大のミステリー? 御門のアゴはなぜ長い”. エキサイトレビュー. https://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20131127/E1385483051061.html 2018年4月22日閲覧。 
  23. ^ 『絵コンテ全集』p.692
  24. ^ 彼女はなぜ地球に 一枚の絵が動き出す 高畑監督14年ぶり長編「かぐや姫の物語」 Archived 2014年3月8日, at the Wayback Machine. - MSN産経ニュース(2013年11月22日))。
  25. ^ 『絵コンテ全集』p.840。音楽について「阿弥陀来迎図には、さまざまな楽器を奏し歌う雲中供養菩薩や迦陵頻伽などが描かれている」と説明がある。
  26. ^ 『絵コンテ全集』p.866
  27. ^ a b 高畑勲「あとがきにかえて」『アニメーション、折にふれて』岩波書店、2013年、pp.369 - 372。厳密には「あとがきにかえて」という後記の中で再掲された、「半世紀を経て」という宣伝チラシの文章である。
  28. ^ 高畑勲「企画『かぐや姫の物語』」(映画パンフレットに掲載された企画書)
  29. ^ 吉川慧 (2019年7月3日). “高畑勲のアニメーション人生は「かぐや姫」に始まり「かぐや姫」に終わる。新発見の直筆メモからわかること”. BuzzFeed News. https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/isao-takahata-a-legend-in-japanese-animation 
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「『かぐや姫の物語』への道」『絵コンテ全集』月報、pp.7 - 12
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「スタジオジブリ物語『かぐや姫の物語』」『ジブリの教科書19』、pp.23 - 38
  32. ^ a b c d 西村義明プロデューサー インタビュー第2回 田辺修が納得するまで映画は作らないウェブアニメスタイル「特集 アニメーションとしての『かぐや姫の物語』
  33. ^ a b c d e f g h i j k 「西村Pの制作クロニクル」『美術手帖』2014年1月号、p.63
  34. ^ スタジオジブリの次回作は、高畑勲監督の「竹取物語」的映画 映画.com2009年10月) 2013年5月26日閲覧。
  35. ^ 『週刊文春』2010年1月21日号、p.134
  36. ^ 映画『かぐや姫の物語』トークショー Archived 2016年9月26日, at the Wayback Machine. - Fukuokaナビ
  37. ^ 「かぐや姫の物語」に抜てきの朝倉あき、起用理由は「ワガママな声」 - 映画.comニュース(2013年11月23日)
  38. ^ 西村義明「映画監督・高畑勲との8年」(映画パンフレット)
  39. ^ ジブリ新作は宮崎駿「風立ちぬ」&高畑勲「かぐや姫の物語」 2013年夏2本同日!”. ねとらぼ. ITmedia (2012年12月13日). 2012年12月13日閲覧。
  40. ^ 宮崎駿監督『風立ちぬ』&高畑勲監督『かぐや姫の物語』、2013年夏公開決定”. CINRA.NET. CINRA (2012年12月13日). 2012年12月13日閲覧。
  41. ^ 宮崎駿「風立ちぬ」&高畑勲「かぐや姫の物語」は同日公開 公開規模も同様”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2012年12月13日). 2012年12月13日閲覧。
  42. ^ 西村義明プロデューサー インタビュー第5回 高畑勲の本懐、田辺修の才能 - ウェブアニメスタイル「特集 アニメーションとしての『かぐや姫の物語』」
  43. ^ ジブリ高畑勲14年ぶりの新作『かぐや姫の物語』は11月23日公開! シネマトゥデイ 2013年8月19日
  44. ^ a b 『仕事道楽 新版』p.230
  45. ^ 『仕事道楽 新版』p.231
  46. ^ a b 鈴木敏夫「氏家齊一郎という重石」『かぐや姫の物語』パンフレット
  47. ^ “タワーレコード - ニュースリリース - 高畑勲監督作、久石譲音楽の美しいサントラ『かぐや姫の物語』”. タワーレコード. (2013年11月13日). http://tower.jp/article/feature_item/2013/11/13/0110 2013年11月23日閲覧。 
  48. ^ 高畑勲は“音楽の演出”も抜きん出ていた 監督作品などから功績を辿る RealSound”. 2018年4月21日閲覧。
  49. ^ パンフレット「プロダクションノート」
  50. ^ 賀来タクト「久石譲[音楽] これこそ映画音楽でしか味わえない醍醐味」『キネマ旬報』2013年12月上旬号、キネマ旬報社、38p
  51. ^ 『読売新聞』2013年11月25日号
  52. ^ a b “地井武男さん、高畑勲監督最新作『かぐや姫の物語』に声の出演”. オリコン. (2013年9月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2028740/full/ 2013年11月23日閲覧。 
  53. ^ 三宅裕司、亡き地井武男さんへ恩返し 「かぐや姫の物語」に代役出演していた”. 映画.com (2013年12月7日). 2013年12月7日閲覧。
  54. ^ a b 西村義明「日本一のアニメーション監督と過ごした八年間」(インタビュー)『ユリイカ』2013年12月号、青土社、pp.106 - 117
  55. ^ 瀧本美織、宮崎駿監督「風立ちぬ」ヒロインに!高畑勲監督の推薦で決断”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2013年6月6日). 2019年4月5日閲覧。
  56. ^ ジブリ新作『かぐや姫の物語』主題歌決定!現役僧侶の二階堂和美が大抜てき! - シネマトゥデイ” (2013年5月23日). 2013年5月23日閲覧。
  57. ^ プロダクションノート:久石譲と二階堂和美 - 公式サイト、2014年6月25日閲覧。
  58. ^ ジブリ最新作『かぐや姫の物語』が首位!2日で2億円突破!【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2013年11月26日
  59. ^ 壬生智裕、「『永遠の0』50億円突破でV5!『黒執事』は4位に初登場!【映画週末興行成績】」(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  60. ^ a b 『仕事道楽 新版』p.235。
  61. ^ Le conte de la princesse Kaguya, le 25 juin au cinéma en France - スタジオジブリ(フランス、仏語)
  62. ^ Le-Conte-de-la-Princesse-Kaguya-au-cinema-en-juin Le Conte de la Princesse Kaguya au cinéma en juin ! - manga.com(仏語)
  63. ^ ジブリ、『かぐや姫の物語』、6月4日韓国封切り - innnolifeニュース(2014年4月30日)
  64. ^ 高畑勲作品アニメ、カンヌ「監督週間」に出品へ[リンク切れ] - 読売新聞2014年4月22日
  65. ^ Kaguya-hime-no-monogatari - 監督週間2014公式サイト(仏語)
  66. ^ Honorary Award to Isao Takahata - アヌシー国際アニメーション映画祭公式サイト(英語)
  67. ^ 『かぐや姫』高畑勲監督、仏アニメ映画祭で名誉賞! - シネマトゥデイ2014年4月19日
  68. ^ 高畑監督に名誉賞=仏アニメ<映画祭 Archived 2014年6月14日, at the Wayback Machine. - 時事通信2014年6月10日
  69. ^ GKids Adds Studio Ghibli's "The Tale of Princess Kaguya" - toonzone(2014年3月12日、英語)
  70. ^ Gkids To Distribute Studio Ghibli's "The Tale of the Princess Kaguya" - Animation scoop(2014年3月12日、英語)
  71. ^ 高畑勲監督の『かぐや姫の物語』の北米配給が決定! - シネマトゥデイ(2014年3月14日)
  72. ^ 高畑勲監督「かぐや姫の物語」北米公開が決定 来年のアカデミー賞候補の可能性も - 映画.com(2014年3月14日)
  73. ^ 「かぐや姫の物語」の英語版キャストが発表 クロエ・モレッツがヒロインの声を担当 - 映画.com(2014年7月16日)
  74. ^ a b 高畑勲監督「かぐや姫の物語」米国公開スタート 高評価相次ぎ、賞レースも視野に - アニメ!アニメ!ニュース(2014年10月18日)
  75. ^ TVステーションダイヤモンド社、関東版2018年11号 57頁。
  76. ^ 「かぐや姫の物語」テレビ初放送18・2%!ジブリ高視聴率連発”. 2015年3月16日閲覧。
  77. ^ “かぐや姫の物語:高畑勲監督の最後の監督作品 視聴率10.2%”. まんたんウェブ. (2018年5月21日). https://mantan-web.jp/article/20180521dog00m200002000c.html 2018年5月22日閲覧。 
  78. ^ 毎日新聞2014年2月11日(評者は木船園子)
  79. ^ a b 高畑勲監督、TAAF初の「アニメドール」を授賞!! - TAAFニュース2014年3月20日、2014年3月20日閲覧
  80. ^ The 16th Anual Golden Tomato Awards - Rotten Tomatoes
  81. ^ ゴールデン・トマト賞外国映画部門第3位に「かぐや姫の物語」 米国批評サイトで高評価 - アニメ!アニメ!ニュース(2015年1月8日)。同賞のアニメーション部門はアメリカ制作作品限定のため対象外だが、ポイントを他のアニメーション作品と比較した場合、『LEGO ムービー』に次ぐ第2位となる。
  82. ^ Studio Ghibli delivers a new masterpiece with The Tale Of Princess Kaguya”. The A.V. Club (2014年10月16日). 2014年10月16日閲覧。
  83. ^ http://www.nytimes.com/2014/10/17/movies/the-tale-of-the-princess-kaguya-from-isao-takahata.html?ref=movies
  84. ^ The Tale Of Princess Kaguya”. ニューヨーク近代美術館. 2014年12月8日閲覧。
  85. ^ a b “米映画サイト選出「最も悲しい21世紀の映画20本」に「かぐや姫の物語」”. 映画.com. (2017年11月14日). http://eiga.com/news/20171114/11/ 2017年11月20日閲覧。 
  86. ^ a b “The 20 Saddest Movies of the 21st Century, From ‘Amour’ to ‘Million Dollar Baby’” (英語). IndieWire. (2017年11月10日). http://www.indiewire.com/2017/11/saddest-movies-of-the-21st-century-1201896115/ 2017年11月20日閲覧。 
  87. ^ Blue Ribbon Nominees 2013”. Imdb (2014年1月16日). 2014年10月8日閲覧。
  88. ^ 第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞 シネマトゥデイ 2014年1月21日
  89. ^ Kinema Junpo Nominees 2014”. Imdb (2014年1月16日). 2014年10月8日閲覧。
  90. ^ Wind Rises, Madoka, Lupin vs. Conan, Harlock, Kaguya Earn Japan Academy Prize Nods”. Anime News Network (2014年1月16日). 2014年1月16日閲覧。
  91. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年1月16日閲覧。
  92. ^ 日本映画批評家大賞
  93. ^ 「映画芸術」2013年日本映画ベストテン&ワーストテン決定!!(2014年1月17日)、映画芸術、2014年1月28日閲覧。
  94. ^ 映像技術賞受賞一覧 - 日本映画テレビ技術協会
  95. ^ TAAF2015アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『アナと雪の女王』と『ピンポン THE ANIMATION』に決定!東京アニメアワードフェスティバル2015 2015年3月22日
  96. ^ The 2014 Fantastic Fest Awards Recipients - ファンタスティック・フェスト公式サイト
  97. ^ Studio Ghibli’s ‘Princess Kaguya’ Tops 2014 Fantastic Fest - Animation World Network(2014年9月23日)
  98. ^ Mill Valley Fest nominees 2014”. Imdb (2014年9月23日). 2014年10月2日閲覧。
  99. ^ Oslo Film Festival nominees 2014”. Imdb (2014年9月23日). 2014年12月7日閲覧。
  100. ^ 2014 Winners”. 2014年12月8日閲覧。
  101. ^ 40TH ANNUAL”. 2014年12月8日閲覧。
  102. ^ 8th Annual Asia Pacific Screen Award Winners”. APCA (2014年12月11日). 2014年12月12日閲覧。
  103. ^ Online Film Critics Society Awards nominations”. OFCS (2014年12月7日). 2014年12月9日閲覧。
  104. ^ "Birdman" Leads 2014 CFCA Nominations”. CFCA (2014年12月12日). 2014年12月13日閲覧。
  105. ^ 2014 SAN FRANCISCO FILM CRITICS CIRCLE AWARD NOMINEES”. The SanFrancisco Film Critics Circle (2014年12月14日). 2014年12月15日閲覧。
  106. ^ AND THE WINNERS ARE…”. TFCA (2014年12月15日). 2014年12月16日閲覧。
  107. ^ 42nd Annual Annie Award Nominees”. 2015年2月1日閲覧。
  108. ^ アニー賞が発表!『ヒックとドラゴン』続編が作品賞含む6冠!『かぐや姫の物語』は無冠 - シネマトゥデイ(2015年2月1日)
  109. ^ 2015 ICS Award Winners”. 2015年2月22日閲覧。
  110. ^ 『かぐや姫の物語』米アカデミー賞ノミネート 宮崎駿以外で初の快挙”. シネマトゥデイ (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。
  111. ^ Vencedores MONSTRA 2015”. MONSTRA2015 (2015年3月22日). 2015年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月24日閲覧。
  112. ^ 最新情報 - スタジオジブリウェブサイト(2015年1月16日の項目を参照)
  113. ^ 高畑勲監督「かぐや姫の物語」待望のDVD&ブルーレイ発売! - 映画.com(2014年9月4日)
  114. ^ 爆笑問題・太田、”宮崎駿ぎらい&高畑勲びいき”を公言し過激発言連発! - CinemaCafe.net(2014年10月17日)
  115. ^ ジブリ映画『かぐや姫の物語』コピーを爆笑問題・太田が考案! - RBB TODAY(2014年11月21日)
  116. ^ 太田光、考案した『かぐや姫の物語』キャッチコピーは「鈴木さんが決めちゃった」 - CinemaCafe.net(2014年12月1日)
  117. ^ The Tale of Princess Kaguya - 英語版公式facebook(2015年1月16日のタイムラインを参照)
  118. ^ スポーツ報知2013年10月14日


「かぐや姫の物語」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かぐや姫の物語」の関連用語

かぐや姫の物語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かぐや姫の物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかぐや姫の物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS