太陽の王子_ホルスの大冒険とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 た > 太陽の王子_ホルスの大冒険の意味・解説 

太陽の王子 ホルスの大冒険

原題:
製作国:日本
製作年:1968
配給:東映
スタッフ
演出:高畑勲 タカハタイサオ
製作:大川博 オオカワヒロシ
脚本:深沢一夫 フカザワカズオ
企画:関政次郎 セキマサジロウ

相野田悟 

原徹 

斎藤侑 
作画監督:大塚康生 オオツカヤスオ
撮影:吉村次郎 ヨシムラジロウ
音楽:間宮芳生 マミヤミチオ
美術:浦田又治 ウラタマタ
編集:千蔵豊 
録音:神原広巳 
スクリプター:森康二 モリコウジ

奥山玲子 オクヤマレイコ

大田朱美 

小田部羊一 オタベヨウイチ

土田勇 ツチダイサム
その他:宮崎駿 ミヤザキハヤオ
キャスト(役名
大方斐紗子 オオカタヒサコ (ホルス
平幹二朗 ヒラミキジロウ (グルンワルド
市原悦子 イチハラエツコ (ヒルダ
三島雅夫 ミシママサオ (村長
永田靖 ナガタヤスシ (ドラーゴ
横森久 ヨコモリヒサシ (トト
横内正 ヨコウチタダシ (モーグ
赤沢亜紗子 アカザワアサコ (ピリア
杉山徳子 スギヤマトクコ (チャハル
堀絢子 ホリアヤコ (ボトム
小原乃梨子 オハラノリコ (チロ
朝井ゆかり アサイユカリ (コロ
水垣洋子 ミズガキヨウコ (マウニ)
東野英治郎 トウノエイジロウ (ガンコ
解説
深沢一夫シナリオ執筆し、高畑勲長篇動画をはじめて手がけた。撮影は「わんわん忠臣蔵」の吉村次郎
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
昔のこと、寒い北国ホルスという少年がいた。ある日、狩に出たホルスは、大群おそわれたが、岩の巨人モーグ助けられた。ホルスは、そのお礼モーグ以前から苦しんでいた肩のトゲを抜いてやった。ところがそのトゲは、太陽の剣呼ばれる素晴らしい剣だったのだ。錆びたその剣をかついで帰ったその夜ホルスお父さんは、息をひきとってしまった。ひとりぼっちになったホルスは、仲良しの子熊のコロ連れに出かけたのだがしかしその途中ホルス悪魔グルンワルド使い大鷲に襲われ、崖から突き落されてしまったのだ。それを救ったのは、鍛冶屋ガンコ爺さんと幼ないフレップだった。元気をとり戻しホルスは、フレップお父さん殺し怪魚を、退治したのだ。手下の、大カマスを殺されたグルンワルドは、を襲わせた。ホルス追っているうち、廃墟を見つけ、そこで美少女ヒルダ出会ったのだが、グルンワルドの妹であるとは知らないホルスは、ヒルダを、連れて帰った。では、結婚式が行なわれていた。ヒルダは幸福そうな二人を鼠に襲わせ、ホルスの斧を盗み村長の席を狙うドラーゴ与えた。ドラーゴは、村長殺しそこなうと、その罪をホルスにきせてしまったのだ。村人たちにいじめられたホルスは、みんなグルンワルドの仕わざと知って悪魔退治に出かけていった。このすきに、グルンワルドを襲った。一方ホルスは、途中でヒルダに襲われたのだが、ホルスヒルダの剣を叩き落す優しくヒルダをいたわってやった。ヒルダ人間の心がよみがえったのは、その時だった。ホルス急いで帰ると、太陽の剣磨きだした。やがてが、や氷のマンモスに襲われた。だがその時、岩の巨人モーグ太陽の剣呼ばれて、現われてきた。モーグ相手粉々にくだいた。ホルスヒルダから買った空飛ぶ首飾りにのってグルンワルド追い太陽の剣悪魔を滅ぼしてしまった。そしてホルスヒルダそれに村人たち永遠の平和が訪れのだった

太陽の王子 ホルスの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 16:36 UTC 版)

太陽の王子 ホルスの大冒険』(たいようのおうじ ホルスのだいぼうけん)は、東映動画製作の日本劇場用アニメ映画。公開は1968年7月21日、上映時間82分、シネスコ(東映スコープ)。『東映まんがパレード』(のちの『東映まんがまつり』)の一本として上映された。




  1. ^ ただし同時上映作品の内『ゲゲゲの鬼太郎』(TVブローアップ版)は、公開当時のフィルムが紛失してしまったため、TV放送版のフィルムを再編集して収録した。
  2. ^ 本作品には、制作開始から完成までの間に中断期間があり、その間に東映動画を退社、あるいは降板するなどしたためクレジットされていないが、林静一、倉橋孝治らも参加している[2]
  3. ^ 宮崎駿は当時この文書を大塚から見せられたと、2018年の高畑の「お別れの会」のコメントで述べている[7]
  4. ^ 大塚によると、関からは演出(監督)について芹川有吾矢吹公郎を勧められ、高畑については「もう少しあとでやってもらおうと思っている」と言われたという[6]
  5. ^ 『龍の子太郎』はそれから14年後の1979年に東映動画によって長編劇場アニメ化された(監督は浦山桐郎)。
  6. ^ 東映動画の社内組織上1965年3月に「長編漫画製作部」「TV漫画製作部」「技術部」が統合されて「製作部」となっていた[12]
  7. ^ 当時、ソ連が横浜港とナホトカ港を結ぶ定期船を運航していた。
  8. ^ 『東映まんがまつり』系統で、円谷プロ作品、ならびに同プロ製作のウルトラシリーズが上映されたのは、これが唯一のケースとなった(前年公開の『キャプテンウルトラ』は東映作品)。これ以降、ウルトラシリーズを筆頭とする円谷作品は、『東宝チャンピオンまつり』で上映されている。
  1. ^ a b 松野本、2009年、p.38
  2. ^ a b c 大塚、2013年、pp.305 - 307
  3. ^ 大塚、2013年、p.151
  4. ^ 東映アニメーション、2006年、p.32
  5. ^ a b 大塚、2013年、p.159
  6. ^ a b 大塚、2013年、pp.160 - 161
  7. ^ a b c “高畑勲さん「お別れ会」 宮崎駿監督は声を詰まらせながら、亡き盟友を偲んだ(追悼文全文)”. ハフィントンポスト. (2018年5月15日). https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/14/isao-takahata-farewell_a_23434642/ 2018年5月16日閲覧。 
  8. ^ a b c d 大塚、2013年、pp.162 - 163
  9. ^ a b 大塚、2013年、pp.164 - 166
  10. ^ 富沢、1983年(同書収録のインタビュー)
  11. ^ a b c d e 大塚、2013年、pp.168 - 169
  12. ^ 東映アニメーション、2006年、p.33
  13. ^ 大塚、2013年、p.167
  14. ^ 社長が訊くニンテンドーDSi 小田部羊一さんと『うごくメモ帳』篇 - 任天堂
  15. ^ a b 大塚、2013年、p.170
  16. ^ a b 大塚、2013年、p.171
  17. ^ 木村智哉「東映動画株式会社における映画製作事業とその縮小」谷川健司(編)『戦後映画の産業空間: 資本・娯楽・興行』森話社、2016年
  18. ^ a b 東映アニメーション、2006年、pp.42 - 43
  19. ^ a b 池田宏「永遠の『先達』のままで逝ってしまったパクさん」『キネマ旬報』2018年6月上旬特別号、キネマ旬報社、pp.18 - 19
  20. ^ 小田部洋一「"死"は"果種"(たね)なんだとパクさんは言った」『キネマ旬報』2018年6月上旬特別号、キネマ旬報社、pp.20 - 21
  21. ^ もりさんのヒルダ”. アニドウ. 2019年1月13日閲覧。
  22. ^ 岩井俊二「僕の「やぶにらみの暴君」 - スタジオジブリ(『王と鳥』公式サイト)


「太陽の王子 ホルスの大冒険」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「太陽の王子_ホルスの大冒険」の関連用語

太陽の王子_ホルスの大冒険のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



太陽の王子_ホルスの大冒険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽の王子 ホルスの大冒険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS