貧乏姉妹物語とは?

貧乏姉妹物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 13:46 UTC 版)

貧乏姉妹物語』(びんぼうしまいものがたり)は、かずといずみ漫画作品。『月刊サンデーGENE-X』(小学館)で、2004年5月号より2006年11月号まで連載。




  1. ^ 使用者の義務としての、労働基準法56条2項等(昭和53年9月4日文部省初等中等教育局長通達)。
  2. ^ 本人によるツイッターでのつぶやきより。
  3. ^ a b 同人誌時代は「山田 今日」「山田 明日」となっていたが、台詞の都合で紛らわしくなるため、ひらがなになった。
  4. ^ 本作は姉妹2人が主人公であるが、ほとんどは姉であるきょうの視点で物語が展開しているため、実質的な主人公はきょうであり、あすは準主人公的な位置付けとなっている。キャラクター紹介やテロップなどできょうの名前が先に出てくるのもそのため。
  5. ^ 公式サイト・キャラクター
  6. ^ 実は、あすが寝た後の深夜の時間帯に勉強しており、本来なら夜間に摂るべき睡眠が十分に摂れないため、授業中に寝てしまうという事情による。
  7. ^ ただし、アルバイトで時間が取れないこと、費用がかかること、少しでもあすと一緒に居たいこと、などの事情で部活動には加入していない。
  8. ^ バイト先で料理の味付けを試みた際に大失敗し、即日解雇されてしまうほど。
  9. ^ 実際には知人の借金の連帯保証人になって多額の借金を背負い、返済金工面のため自分達の家を売っていた。
  10. ^ 作中で確認できるバイトは、新作ジュースのデモンストレーションの売り娘、スーパーの試食販売員、チョコレート商品のラベル貼り、ファミレスのウエイトレス、交通警備員の5職。短期・単発のバイトでは、肉屋の売り娘、ケーキ屋の売り娘、海の家の手伝い、写真のモデルの4職。この他に頓挫したバイトとして、蘭子の家の引っ越し作業がある。
  11. ^ 「銭湯ハワイ」は作者の別作として存在する作品であるが、名称と建物の外観以外に共通点は無く、全く別の存在である。当作のきょう・あす姉妹についても後書で僅かに触れられている程度に過ぎず、本編には一切登場しない。長らく番台を担当していた祖母も、当作に登場する番台女性とは別人である。
  12. ^ 同人誌時代の銭湯の名称は「弁天湯」になっていた。
  13. ^ 同人誌『貧乏姉妹物語の本』4ページ
  14. ^ きょう以上に頭が良い。
  15. ^ 作者の同人誌『貧乏姉妹物語の本』によると、初期設定では72歳だった。
  16. ^ 同人誌『貧乏姉妹物語の本』 登場人物紹介より。
  17. ^ 同人誌『貧乏姉妹物語 ~アニメ放送10周年記念本~』より。
  18. ^ 姉妹も隣室は空き部屋だと思い込んでいた。
  19. ^ この賞名は『くろよめ』など、作者の他の作品にも登場している。
  20. ^ 単行本版では目が描かれているが、側面からの描写であるため、素顔全体は見えない。また、笑っているため、目は閉じている。
  21. ^ サングラスを外した時の素顔を描いた絵は同人誌版も含めて一切存在しなかったが、2016年8月に発表した『貧乏姉妹物語 ~アニメ放送10周年記念本~』では公式において初めてサングラスを外した素顔が描かれた。ただし、笑っている表情のため、目は瞑っている。
  22. ^ 「沙々と友人同士」というのは公式設定であるが、当作が発表された当時は『くろよめ』がまだ存在しなかったため、この裏設定は『くろよめ』発表後に付け加えられたものである。
  23. ^ ただし、あくまで別作からのゲストキャラ的位置付けであるため、登場は僅か1コマであり、台詞も無い。
  24. ^ 単行本第2巻84ページ2コマ目。あすの台詞で201号室に居住している旨の記述がある。
  25. ^ 誤植または編集者の表記混同により「伯母」と誤表記されている箇所が数箇所ある。
  26. ^ ただし、作中設定ではアルバイトに就ける年齢は13歳以上のはずであり、矛盾がある。
  27. ^ アニメでは蘭子が姉妹に告げている。
  28. ^ 音楽教師の小坂先生は出演を担当した小坂明子本人がモデル。ただし、原作に登場する音楽教師は若い女性である。


「貧乏姉妹物語」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貧乏姉妹物語」の関連用語

貧乏姉妹物語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



貧乏姉妹物語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貧乏姉妹物語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS