東映太秦映画村とは?

とうえい‐うずまさえいがむら〔‐うづまさエイグワむら〕【東映太秦映画村】


東映太秦映画村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 15:55 UTC 版)

地理院地図 Googleマップ 東映太秦映画村




注釈

  1. ^ 開村時の『産経新聞』に「日本で最初の映画文化村『東映太秦映画村』」と記載がある[2]
  2. ^ 1975年10月1日に岡田茂会長、高岩淡社長、小高正巴専務の布陣で発足(『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』71頁)。
  3. ^ その後値上がりし、1987年頃は大人1300円、1988年に大人1500円になった[47]
  4. ^ 売り上げは子会社の映画村エンタープライズ、東映京都サービスを含んでのもの[47]

出典

  1. ^ a b c d e f g 会社概要”. 東映太秦映画村. 2018年6月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j “東映太秦映画村オープン 7億円かけ日本映画文化の殿堂 松ちゃんにもエノケンにも会える 京都の観光名物に”. 産経新聞 (産業経済新聞社): p. 13. (1975年11月1日) 
  3. ^ "レジャーランド&レクパーク総覧2017". 総合ユニコム.
  4. ^ a b c 朝日インタラクティブ (2014年9月6日). “侍から戦隊ヒーローまで、京都の映画村を体感” (日本語). CNN.co.jp. 2020年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧。
  5. ^ 日本の映画人 2007, p. 122.
  6. ^ a b 悔いなきわが映画人生 2001, pp. 180-182.
  7. ^ a b <ザ・リーダー> 東映太秦映画村の山口記弘社長 映画のテーマパークは京都にあり!
  8. ^ 苦肉の策から生まれた「映画村」は日本で初めてのテーマパーク
  9. ^ a b c 映画テーマパークの元祖で遊ぶ! 周防正行監督『カツベン!』ロケ地・東映太秦映画村
  10. ^ a b c d e f g h i j 教科書 2016, pp. 180-182.
  11. ^ a b c d e 「特選上映と太秦映画村」『映画年鑑 1977年版(映画産業団体連合会協賛)』1976年12月1日発行、時事映画通信社、 55頁。
  12. ^ a b c d 昭和映画世相史 1982, pp. 298-299.
  13. ^ a b c d e f クロニクル東映2 1991, pp. 62-63.
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 東映の軌跡 2016, pp. 242-244.
  15. ^ a b c d e f “映画界十大ニュース”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1975年12月6日) 
  16. ^ 「日本映画界のドン」岡田茂氏逝く私の好きな、ときどき嫌いな京・近江 東映社長 岡田裕介さん 京都新聞(Internet Archive)
  17. ^ a b c d 『私と東映』× 神先 頌尚氏インタビュー (第3回 / 全4回)
  18. ^ a b c d e f g h “なになにッ! 京都に新名所太秦の映画村 修学旅行生ねらう岡田商法”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 15. (1975年8月28日) 
  19. ^ a b c 「楽しく遊べてスターに会える! 映画村見回り徹底改め覚書帖 おいでやす映画村へ!」『月刊明星』1988年12月号、集英社、 128-129頁。
  20. ^ a b 「映画界東西南北談議 企画製作にもっと自信をもて 下半期の見通しも苦難の道か?」『映画時報社』1975年8月号、映画時報社、 36頁。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 矢田精治 (2000年5月18日). “【活動屋商法 映画村25年の軌跡】(2) 映画のまち『太秦』の村おこし”. 産経新聞大阪夕刊 (産経新聞大阪本社): p. 大阪メディア 矢田精治 (2000年7月13日). “【活動屋商法 映画村25年の軌跡】(10) 興奮と感動の村開き”. 産経新聞大阪夕刊 (産経新聞大阪本社): p. 大阪メディア 
  22. ^ 東映映画に漂う不良感の訳は? 『あかんやつら』 | J-CAST BOOKウォッチ
  23. ^ a b 「タウン映画のメッカ、今昔物語」『週刊新潮』1971年10月16日号、新潮社、 13頁。
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 活動屋人生 2012, pp. 62-66、71–72.
  25. ^ a b c d e f g h あかんやつら 2013, pp. 336-341.
  26. ^ 高木教典・初山有恒「自壊の中の日本映画・その2『腐敗映画を生む経済機構―五社"転落"の過程』 /その3 『エロとヤクザと観客 ―東映独走のかげに』」『朝日ジャーナル』1969年3月30日号、朝日新聞社、 17-21、23-26頁。
  27. ^ a b 「ニューズオブニューズ 『ポルノ洋画戦線は大混乱』」『週刊読売』1972年7月29日号、読売新聞社、 32頁。
  28. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年、568-569頁。
  29. ^ a b 映画村10年の歩み 1985, pp. 82-83.
  30. ^ 悔いなきわが映画人生 2001, pp. 162-177.
  31. ^ 活動屋人生 2012, pp. 74-86、148-159.
  32. ^ 「儲かるものなら何でもやる!! 岡田社長、東映の企業体系を語る」『映画時報』1972年10月号、映画時報社、 19頁。「匿名座談会 ヘンシンを余儀なくされる映画産業の構造 ゴルフ場経営まで 総合レジャー産業に発展 儲かるものなら何でもの岡田方式 映像中心にあらゆる職種に進出」『映画時報』1972年11月号、映画時報社、 7-9頁。竹入栄二郎「映画40年全記録」『キネマ旬報増刊』1986年2月13日号、キネマ旬報社、 15頁。浜田奈美 (2011年5月17日). “『映画は商品』持論貫く 岡田茂・東映名誉会長”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1 
  33. ^ a b 「絶命に向かう日本映画人日本映画の命運・人材」『AERA』1990年12月18日号、朝日新聞社、 33頁。
  34. ^ a b 矢田正人「財界レポート 映画界の大御所・岡田茂がバトンタッチ 東映新社長・高岩淡は作家・檀一雄の実弟」『財界』1993年6月29日号、財界研究所、 46-49頁。
  35. ^ 「映画・トピック・ジャーナル 東映両撮影所を合理化縮小か」『キネマ旬報』1977年7月上旬号、キネマ旬報社、 206頁。
  36. ^ a b 鈴木則文『東映ゲリラ戦記』筑摩書房、2012年、86-99頁。ISBN 978-4-480-81838-6
  37. ^ a b 杉作J太郎植地毅佐伯俊道インタビュー」『東映スピード・アクション浪漫アルバム』徳間書店、2015年、170頁。ISBN 978-4-19-864003-3
  38. ^ a b 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十五回 ふんどし芸者の大乱戦」『シナリオ』2013年8月号、日本シナリオ作家協会、 56頁。
  39. ^ a b 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十九回 東撮は燃えているか」『シナリオ』2014年10月号、日本シナリオ作家協会、 66-71頁。
  40. ^ 活動屋人生 2012, pp. 153-154.
  41. ^ 活動屋人生 2012, pp. 74-86.
  42. ^ a b 銀幕おもいで話 2013, pp. 150-152.
  43. ^ a b c d 「TOP・インタビュー 旧ソ連で合弁『映画村』を計画 『あらゆる映像に手を出します』 東映社長 岡田茂」『実業界』1992年3月1日号、実業界、 38-40頁。
  44. ^ a b 北浦馨「特別インタビュー、大谷隆三社長 発案松竹の『臨調白書』」『映画時報』1983年6月号、映画時報社、 9–10。
  45. ^ a b c d e f 「佐藤正忠の極意対談 連載第234回 ゲスト―東映社長 岡田茂 『映画は天才が作る。会社はそれを支える体制作りをしなくては』」『経済界』1991年11月24日号、経済界、 81頁。
  46. ^ 「映画界の動き 東映"太秦映画村"十月末オープン」『キネマ旬報』1975年10月上旬号、キネマ旬報社、 222頁。
  47. ^ a b c d e f g 高岩淡(東映専務取締役)・石田人士(東映京都スタジオ代表取締役副社長)・矢田精治(映画村エンタープライズ専務取締役)・三村敬三(東映京都スタジオ取締役映画文化部長)「延べ3千万人の来村者を越えた太秦映画村『動員230万人売り上げ70億をめざす」『AVジャーナル』1989年9月号、文化通信社、 30-37頁。
  48. ^ a b c d e “映画・トピック・ジャーナル どこまで観光客を勧誘出来るか、東映京都の太秦映画村/オープンした東映の太秦映画村”. キネマ旬報 (キネマ旬報社) (1975年12月上旬号): 170. 
  49. ^ a b c d 「ニューズ オブ ニューズ 見せるだけで稼ぐ殿様商法」『週刊読売』1975年12月20日号、読売新聞社、 31頁。
  50. ^ a b 活動屋人生 2012, pp. 62-66.
  51. ^ a b c d e 「東映京都時代劇は花ざかり」『映画情報』1976年4月号、国際情報社、 ページ表記なし。
  52. ^ a b 「太秦映画村、三月で69万名動員」『映画時報』1976年4月号、映画時報社、 19頁。
  53. ^ 「東映太秦映画村、十月末には入村者370万人突破」『映画時報』1977年11月号、映画時報社、 15頁。
  54. ^ a b c d 「東映映画村、年間二百万人を動員?」『月刊ビデオ&ミュージック』1976年8月号、東京映音、 12頁。
  55. ^ 「東映太秦映画村、1日有料入村者動員新記録」『AVジャーナル』1991年5月号、文化通信社、 98頁。
  56. ^ 「トピックス 東映太秦映画村、入村者4%減少 来年20周年、CG技術センター新設」『映画時報』1994年10月号、映画時報社、 16頁。
  57. ^ “東映別府にも映画村 岡田茂長が構想語る 『将来は日本のディズニーランドに 陸上自衛隊跡地を利用 まず10億で時代劇セット』”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 15. (1978年3月19日) 
  58. ^ a b 松崎輝夫「本誌・特別インタビュー 松竹(株)桜井洋三取締役(テレビ部門、ビデオ部門、芸文室長)」『映画時報』1992年11、12月号、映画時報社、 4-13頁。
  59. ^ 東映太秦映画村 × 映画「カツベン!」ロケ地マップを Strolyで公開しました
  60. ^ 超忍者隊イナズマ!オリジナルサウンドトラック”. 2018年6月22日閲覧。
  61. ^ オープンセット”. 東映京都撮影所. 2018年6月22日閲覧。
  62. ^ 東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!”. 2018年6月22日閲覧。
  63. ^ “太秦映画村、リニューアル第1弾をオープン”. 観光経済新聞. (2011年9月24日). https://www.kankokeizai.com/%E5%A4%AA%E7%A7%A6%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%9D%91%E3%80%81%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%AB%E7%AC%AC1%E5%BC%BE%E3%82%92%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3/ 
  64. ^ 東映俳優養成所”. 2018年6月22日閲覧。
  65. ^ 「美空ひばり座」オープン!京都太秦に“引っ越し”
  66. ^ 映画村案内マップ - 太秦映画村公式サイト
  67. ^ キャラっと@HAPPY かちん太(東映太秦映画村)京都新聞。(2007年4月16日付夕刊掲載)


「東映太秦映画村」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東映太秦映画村」の関連用語

東映太秦映画村のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東映太秦映画村のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東映太秦映画村 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS