AERAとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > AERAの意味・解説 

AERA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/20 18:45 UTC 版)

AERA(アエラ)は、朝日新聞出版2008年3月31日発行分までは朝日新聞社出版本部)が毎週発行する週刊誌である。正式には「朝日新聞ウィークリー AERA」という。発行部数7万872部(2018年10月1日~2019年9月30日において)は一般週刊誌(女性週刊誌除く)において、SPA!に次いで業界第11位[1]


  1. ^ JMPAマガジンデータ : 【男性】 一般週刊誌”. 日本雑誌協会 (2018年10月1日~2019年9月30日). 2020年8月23日閲覧。
  2. ^ “アエラが謝罪 表紙の防毒マスクに「放射能がくる」 風評被害助長批判に”. 産経新聞. (2011年3月20日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110320/ent11032021480015-n1.htm 2011年3月21日閲覧。 
  3. ^ “「放射能がくる」の『AERA』、Twitterで形だけの謝罪”. デジタルマガジン. (2011年3月20日). http://digimaga.net/2011/03/aera-says-hansei-shitema-su 2011年3月21日閲覧。 
  4. ^ AERAnetjpのツイート(49367850586079232)
  5. ^ AERAnetjpのツイート(49367932492451840)
  6. ^ “原発特集でAERAが謝罪 「放射能くる」表紙に苦情”. 47NEWS. 共同通信. (2011年3月21日). http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032101000366.html 2011年3月21日閲覧。 
  7. ^ “野田秀樹氏「アエラの姿勢不安」自ら連載打ち切り”. スポーツ報知. (2011年3月28日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110327-OHT1T00215.htm 2011年4月10日閲覧。 
  8. ^ 「ネット上の「批判」に個人、メディア、企業はどう向き合うか」広報会議 2016年8月号
  9. ^ 「いまこそ、みんなの日本国憲法」総勢100人が登場― 『AERA』でその思いを語る、エキサイトニュース(ダ・ヴィンチニュース)、2015年9月26日 17:30(2015年9月27日 5:59更新)
  10. ^ Lin's Bar 勝手にAERA応援団


「AERA」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AERA」の関連用語

AERAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



AERAのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAERA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS