順位戦とは? わかりやすく解説

じゅんい‐せん〔ジユンヰ‐〕【順位戦】

読み方:じゅんいせん

将棋で、棋士順位決めるための棋戦昭和21年1946制定五つの組に分かれた棋士が、組ごとに対局を行う。成績により昇級降級があり、最上位であるA級優勝者名人戦挑戦する資格を得る。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/06 02:14 UTC 版)

順位戦(じゅんいせん)は、毎日新聞社朝日新聞社日本将棋連盟主催の将棋棋戦タイトル戦である名人戦の予選にあたる。順位戦A級の1位(「優勝者」「最高成績者」とも[1])が名人への挑戦者となる。


注釈

  1. ^ 最多勝者が3人以上の場合は、順位下位の2人がプレーオフ1回戦を行い、その勝者が順位上位者と対戦するという「パラマス方式」でプレーオフを行う。
  2. ^ 降級枠に該当する順位下位者が最多勝者として名人挑戦プレーオフに進出し、当該順位下位者がプレーオフを制して名人挑戦者となった場合は、当該順位下位者の次に順位の低い者が降級対象者となる。
  3. ^ 全勝者は人数を限定せず全員昇級。全勝者昇級の規定は第77期より明文化し適用。
  4. ^ 満60歳以上、かつ規定条件を満たさない場合
  5. ^ 10月1日付でフリ―クラス四段に昇段した棋士の場合は10年半以内
  6. ^ a b 小数点以下の端数は切捨て。
  7. ^ 第26期までは7時間であった。
  8. ^ 王座戦棋王戦叡王戦棋聖戦の五番勝負
  9. ^ 由来は麻雀の頭跳ねから。
  10. ^ 瀬川のプロ編入試験は特例での実施であった。
  11. ^ 制度化されたプロ編入試験の合格第1号は今泉。
  12. ^ 新人王戦加古川青流戦上州YAMADAチャレンジ杯将棋日本シリーズへの出場権がない場合は10(8つのタイトル戦のうち順位戦を除く7棋戦、および、朝日杯将棋オープン戦銀河戦NHK杯テレビ将棋トーナメント)。
  13. ^ 一例として、ちょうど30局ならば20勝10敗で勝率6割6分7厘となり条件を満たす。また、連続29局以内で20勝をあげた場合、その後連敗したとしても勝率の条件をみたすため、20勝目をあげた時点で昇級(現在まで、直近28局で20勝8敗で昇級した佐々木大地が最少対局数)となる。
  14. ^ この条件を満たすためには、出場した棋戦がトーナメント戦の場合、平均3~4勝が目安となり3勝すれば4局目が4勝すれば5局目が発生する事になる。なお、リーグ戦の場合は対局数があらかじめ決まっているため勝敗に関わらず条件を満たしている事が多い。
  15. ^ フリークラスに在籍できる最終年度の時点で5組に在籍し、かつ、当期竜王戦で6組に降級しないことが、翌期以降の出場条件である。
  16. ^ フリークラスを経ずに即時引退となった一例として、2017年6月に77歳で引退した加藤一二三 九段、2022年4月に64歳で引退した田中寅彦 九段のような例がある
  17. ^ 当期ではない。すなわちA級からB級1組に降級することになった棋士は宣言でき、B級1組からA級に昇級することになった棋士は宣言できない。
  18. ^ a b c d e f アマチュア代表として1期のみ参加。成績は三好(0-4)、高橋(5-3)、大前(2-4)、宮本(3-9)、加納(7-5)、内山(4-8)。
  19. ^ 最年少のプロデビューは藤井聡太の14歳2か月であるが、藤井の順位戦参加は9か月後の14歳11か月であり、加藤の順位戦参加はプロデビュー翌月の14歳8か月である。
  20. ^ 1.羽生善治(78期・うち名人7期)、2.渡辺明(7期)、3.高橋道雄(5期)、4.郷田真隆(3期)、5.三浦弘行(1期)、6.丸山忠久(3期・うち名人2期)、7.谷川浩司(27期・うち名人5期)、8.久保利明(5期)、9.佐藤康光(12期・うち名人2期)、10.屋敷伸之(3期)
    (タイトル獲得数は2011年度開始時)
  21. ^ 対戦が予定されていた5名の棋士(5回戦・屋敷、6回戦・行方、7回戦・森内俊之、8回戦・羽生善治、9回戦・深浦康市)には不戦勝が計上された。
  22. ^ 第76期以降の新たな規定によれば、A級で9人以上が最高成績で並んだ場合でも当該の最高成績者全員でプレーオフを行うが、最高成績と降級枠の両方に該当する者が生じた場合、プレーオフ敗退者のうち順位の下の棋士が降級することとなる。
  23. ^ 第76期の序列は稲葉(1位)、羽生(2位)、広瀬(4位)、佐藤(8位)、久保(9位)、豊島(10位)
  24. ^ 最終一斉対局の段階で久保から見て3勝1敗であった。
  25. ^ 久保に至っては終局が0時を跨いでいたため厳密には翌日
  26. ^ 16日に松本から東京へ移動して17日は東京滞在であったことが、将棋世界2018年5月号P18に記載されている。
  27. ^ 他に残留争いをしていたのは行方・深浦・三浦がいたが、3人とも負ければ即降級だった。
  28. ^ 星取表上1人につき、○○・○●・●○・●●の4通り。対象が3人なので4×4×4の64通り。
  29. ^ この期のB級1組は米長邦雄のフリークラス転出、村山聖の死去の影響で12人総当りで行われた。
  30. ^ この期のB級1組は中原誠のフリークラス転出の影響で12人総当りで行われた。
  31. ^ 先崎学が連勝しなければ昇級。
  32. ^ 先崎学が連敗し、鈴木大介が13回戦で敗れた場合のみ昇級。
  33. ^ 杉本昌隆高橋道雄の両者が連勝しなければ昇級。
  34. ^ 前述、田中寅彦の確率の項も参照:4通り(杉本)×4(高橋)×2(行方)×2(阿部)×2(畠山)×4(渡辺)の512通り。
  35. ^ 杉本昌隆高橋道雄の両者が連敗(共に●●が必須条件)し、12回戦で行方尚史阿部隆が、13回戦で畠山鎮がそれぞれ敗れ(3人とも○か●の2通り内、●が必須条件)、渡辺明が1勝1敗以下(4通りの内、○●・●○・●●の3通り)の場合のみ昇級。
  36. ^ 青野は当期終了時点で63歳を迎えたが、これはB級2組に限定すると関根茂の61歳(第49期・1990年度)を上回る最高齢降級点抹消記録で、降級点制が存在する全階級(B級2組・C級1組・C級2組)に範囲を広げても北村秀治郎の64歳(第26期C級2組・1971年度)に次ぐ2位の高齢記録である。
  37. ^ ちなみに降級点持ちの状態で当期を迎え抹消にも降級にも至らなかった窪田および中田は、まず中田が翌第75期に8勝2敗の好成績を収めて降級点を抹消、さらに窪田も第76期にこの時の青野と同じく5勝5敗と指し分けてこちらも降級点を抹消した。
  38. ^ 名人以外のタイトル獲得3期の後に、C級1組在籍のまま1度も昇級せず七段昇段後190勝で八段へ昇段し、九段への昇段も決定し(実際に昇段したのはB級2組昇級時)、この事例も珍記録である。
  39. ^ 順位戦としては2017年末時点で年齢差最大の対局であり、全公式戦でも加藤一二三藤井聡太(2016年12月24日竜王戦6組ランキング戦)の62歳差に次ぐ歴代2位の記録である。
  40. ^ 羽生はこの後15連勝まで伸ばすも、同じ年度に塚田泰明が当時の新記録となる公式戦22連勝を樹立している。
  41. ^ 順位戦に出場した中学生は、加藤・藤井以外では谷川浩司がいるのみである(「中学生棋士」のうち、羽生善治渡辺明はプロデビューが中学3年生の順位戦開幕後であり、順位戦への参加は高校生からになってからであった)。

出典

  1. ^ 名人戦・順位戦 順位戦について”. 日本将棋連盟. 2021年8月13日閲覧。
  2. ^ 棋戦運営部手合課作成の文書では、消費時間の計測方式として「秒単位での積算方式」と説明している。
  3. ^ 順位戦はB2以下がチェスクロックになったので、対局者に見やすいように、記録机に設置。 タブレットの棋譜入力と連動。 中段下のオレンジ色の部分は6分割、10秒毎に減っていくそうです。 森九段の「けい」の漢字が出ないのはデフォルト。 - 野月浩貴 Twitter
  4. ^ 渡辺明 (2016年6月1日). “記録係。”. 渡辺明ブログ. 2018年2月16日閲覧。
  5. ^ a b 休憩時間。”. 渡辺明ブログ (2016年6月17日). 2018年2月16日閲覧。
  6. ^ 日本将棋連盟 対局規定(抄録)
  7. ^ 朝日新聞将棋取材班 (2019年4月26日). “順位戦、各クラスで先手と後手が同数になるようになってます…” (日本語). @asahi_shogi. 2019年4月27日閲覧。
  8. ^ ソフト出力後に条件に反した組合せ等がないかを判別し、適宜調整する。
  9. ^ 将棋順位戦の組み合わせ、A級だけトランプ抽選 年季の入った10枚:朝日新聞デジタル, https://www.asahi.com/articles/ASQ4L349XQ4LUCVL001.html 
  10. ^ a b 佐藤天彦 『理想を現実にする力』朝日新聞出版、2017年、133頁。ISBN 978-4-02-273714-4 
  11. ^ 佐藤天彦 『理想を現実にする力』朝日新聞出版、2017年、134-135頁。ISBN 978-4-02-273714-4 
  12. ^ 名人挑戦権、6人に可能性 最終戦残し豊島・久保がトップ - 朝日新聞デジタル2018年2月8日16時30分更新
  13. ^ a b c 順位戦について 日本将棋連盟 2018年4月26日閲覧
  14. ^ Q.フリークラス制度について教えてください。/A.フリークラス制度というのは、棋士が公務・普及を主眼において活動するために設けられた制度です。よくある質問 - プロ棋戦の規定等について”. 日本将棋連盟. 2019年9月28日閲覧。
  15. ^ フリークラス棋士の引退について|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2010年7月14日). 20211211閲覧。
  16. ^ 『74年5月の連盟総会で、加藤治郎(名誉九段)会長が「昨年秋の臨時総会でC2から落とさない議題を出して了承してもらうつもりだったが、うっかり忘れてしまった。時期は遅れたが、この場で了承してもらいたい」と発言し、思いもよらぬ緊急動議を出した』 棋士生命にも影響する順位戦・C級2組の降級制度の変遷: 田丸昇公式ブログ と金 横歩き, http://tamarunoboru.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/c-e38e.html 
  17. ^ 棋士の田丸昇が「週刊将棋2004年12月8日号」掲載の「第61回 フリークラス棋土制度を制定」において当時の背景を記している。また、その記事内容が大阪府立大学将棋部OB会のサイト内で紹介されている。http://opu-shogi.chips.jp/www/shogikai/shogikainowadai/kikaigendaisi_20041208.htm
  18. ^ 棋士の武者野勝巳が自身のwebサイト内で「フリークラス制度」導入当時の背景を記している http://www.koma.ne.jp/mario/free.html
  19. ^ a b 田中正之は1978年から田中魁秀を名乗る
  20. ^ a b 2015年11月に棋士としての活動名を「吉田正和」から「渡辺正和」に変更した。吉田正和五段が結婚 渡辺姓に|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2015年11月18日). 2018年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月30日閲覧。
  21. ^ 第2期順位戦・挑戦者決定戦を巡るあれこれ(ルール編)” (日本語). demae.3rin.net. 2021年3月7日閲覧。
  22. ^ 第72期将棋名人戦第0局~徳川家康公顕彰四百年記念事業~実施報告:静岡市”. www.city.shizuoka.lg.jp. 2021年3月7日閲覧。
  23. ^ 将棋世界 2014年9月号 138P
  24. ^ 名人挑戦権、6人に可能性 最終戦残し豊島・久保がトップ 将棋朝日新聞
  25. ^ 第76期A級順位戦最終局(名人戦第0局)日本将棋連盟
  26. ^ 第77期順位戦日程表 (PDF)”. 名人戦棋譜速報@日本将棋連盟. 2018年5月8日閲覧。
  27. ^ a b 第70回通常総会ご報告日本将棋連盟
  28. ^ 第78期A級順位戦最終局~将棋界の一番長い日~ :静岡市静岡市
  29. ^ C級2組の降級点の変更について日本将棋連盟
  30. ^ 『順位戦、組み合わせ発表 藤井聡太二冠や永瀬拓矢王座の初戦は?』Youtube(囲碁将棋TV -朝日新聞社-)、2021年4月12日https://www.youtube.com/watch?v=gIU4qGSJTMQ2021年4月12日閲覧 
  31. ^ 名古屋対局場(仮称)開設について日本将棋連盟
  32. ^ 「名古屋将棋対局場」の名称に決定日本将棋連盟
  33. ^ 将棋「名人戦」順位戦A級リーグ最終全対局を初の完全生中継 - スカパー!(2012年12月27日付)
  34. ^ インターネットテレビ局「AbemaTV」にて新たに「将棋チャンネル」を開設 棋界でもっとも格式と歴史のある最高峰の棋戦「名人戦」を生中継 - サイバーエージェント・2017年1月20日
  35. ^ 竜王戦1組・順位戦C級2組の棋士は何人いる? 在籍クラスの「ギャップ」が生じる理由-文春オンライン(2021年5月12日) 2021年12月28日閲覧。
  36. ^ 久保二冠と丸山九段が降級へ 将棋A級順位戦 - 朝日新聞(2012年3月3日付)
  37. ^ 渡辺明三冠(35)は史上4人目のA級順位戦全勝を達成できるか?
  38. ^ 大地震における日本将棋連盟の対応|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年3月7日閲覧。
  39. ^ 渡辺明二冠、史上2人目の全勝昇級なるか
  40. ^ 銀杏のツイート(2018年2月8日)
  41. ^ 千駄ヶ谷ノート40年 - 田丸昇
  42. ^ 2010年8月10日 (火) 終戦の翌年から始まった実力主義の順位戦制度 - 田丸昇
  43. ^ 「藤井聡太二冠戦は悪戦苦闘でしょう」窪田七段が振り返る28年間の順位戦<渡辺明竜王『バッカすぎる』発言とは…>  - NumberWeb (2021年2月8日) 2021年12月9日閲覧。
  44. ^ 将棋C級2組9回戦 高見読みきり昇級、元タイトルホルダー復活 -毎日新聞(2020年4月5日) 2021年12月28日閲覧。
  45. ^ 竜王戦1組・順位戦C級2組の棋士は何人いる? 在籍クラスの「ギャップ」が生じる理由 -文春オンライン(2021年5月12日) 2021年12月28日閲覧。
  46. ^ 「史上最弱の棋士」と呼ばれた将棋棋士・熊坂五段、棋界最高位の森内竜王に劇的勝利 大金星にネットも沸く-ねとらぼ(2014年10月23日) 2021年12月28日閲覧。
  47. ^ 「対局場が大阪だと思ったら東京だった」「起きたら昼前だった」将棋界、遅刻不戦敗事件簿-松本博文(2019年11月6日) 2021年12月30日閲覧。



順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 15:50 UTC 版)

佐藤秀司」の記事における「順位戦」の解説

佐藤は順位戦で強い傾向があり、第68期(2009年度)にB級2組棋士人生初の降級点喫する前まで負け越し1回のみ(4勝6敗)で、順位戦通算勝率は6割を大幅に超える0.661であった。 第53期1994年度C級2組順位戦の昇級争いは、史上まれに見るハイレベルな戦いとなり、佐藤は9勝1敗の好成績ながらリーグ表で低順位20位)のため、頭ハネ昇級3名入れなかった(深浦康市(9位)も同じく9勝1敗で頭ハネ泣いている)。このときの昇級者は、久保利明24位、10勝0敗)、三浦弘行(6位、9勝1敗)、中川大輔(8位)。 第56期1997年度C級2組順位戦では、初戦から9連勝した時点で成績1位確定し一気昇級決める(最終成績は9勝1敗)。 5人が8勝2敗で並ぶ大混戦となった59期C級1組順位戦では、高順位(5位)のため昇級したB級2組では、第64期と第65期で2期連続次点の3位(6勝4敗、7勝3敗)だったが、第68期と第69期2期連続降級点取りC級1組降級した。

※この「順位戦」の解説は、「佐藤秀司」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「佐藤秀司」の記事については、「佐藤秀司」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:33 UTC 版)

第60期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第60期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第60期順位戦」の記事については、「第60期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:34 UTC 版)

第62期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第62期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第62期順位戦」の記事については、「第62期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:33 UTC 版)

第59期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第59期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第59期順位戦」の記事については、「第59期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:39 UTC 版)

第73期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第73期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第73期順位戦」の記事については、「第73期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:23 UTC 版)

第43期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第43期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第43期順位戦」の記事については、「第43期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:38 UTC 版)

第71期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第71期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第71期順位戦」の記事については、「第71期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:22 UTC 版)

第40期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第40期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第40期順位戦」の記事については、「第40期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:30 UTC 版)

第52期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第52期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第52期順位戦」の記事については、「第52期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:40 UTC 版)

第75期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第75期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第75期順位戦」の記事については、「第75期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:40 UTC 版)

第77期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第77期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第77期順位戦」の記事については、「第77期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:55 UTC 版)

第36期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第36期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第36期順位戦」の記事については、「第36期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:40 UTC 版)

第76期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第76期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第76期順位戦」の記事については、「第76期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:37 UTC 版)

第69期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第69期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第69期順位戦」の記事については、「第69期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 14:24 UTC 版)

第44期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第44期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第44期順位戦」の記事については、「第44期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 01:30 UTC 版)

第48期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第48期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第48期順位戦」の記事については、「第48期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 01:26 UTC 版)

第47期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第47期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第47期順位戦」の記事については、「第47期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:30 UTC 版)

第70期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第70期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第70期順位戦」の記事については、「第70期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:38 UTC 版)

第66期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第66期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第66期順位戦」の記事については、「第66期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:39 UTC 版)

第53期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第53期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第53期順位戦」の記事については、「第53期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:39 UTC 版)

第55期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第55期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第55期順位戦」の記事については、「第55期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:38 UTC 版)

第61期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第61期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第61期順位戦」の記事については、「第61期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:17 UTC 版)

第21期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第21期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第21期順位戦」の記事については、「第21期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 14:24 UTC 版)

第39期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第39期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第39期順位戦」の記事については、「第39期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 13:54 UTC 版)

第28期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第28期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第28期順位戦」の記事については、「第28期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 14:20 UTC 版)

第37期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第37期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第37期順位戦」の記事については、「第37期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 13:48 UTC 版)

第26期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第26期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第26期順位戦」の記事については、「第26期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 13:46 UTC 版)

第25期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第25期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第25期順位戦」の記事については、「第25期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 13:51 UTC 版)

第27期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第27期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第27期順位戦」の記事については、「第27期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 13:59 UTC 版)

第29期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第29期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第29期順位戦」の記事については、「第29期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 14:03 UTC 版)

第30期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第30期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第30期順位戦」の記事については、「第30期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 14:21 UTC 版)

第38期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 昇降リーグ戦2/3組は降級点2回で降級昇降リーグ戦4組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第38期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第38期順位戦」の記事については、「第38期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:15 UTC 版)

第17期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第17期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第17期順位戦」の記事については、「第17期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:17 UTC 版)

第22期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第22期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第22期順位戦」の記事については、「第22期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:17 UTC 版)

第23期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第23期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第23期順位戦」の記事については、「第23期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:16 UTC 版)

第19期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第19期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第19期順位戦」の記事については、「第19期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:16 UTC 版)

第20期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第20期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第20期順位戦」の記事については、「第20期順位戦」の概要を参照ください。


順位戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 10:16 UTC 版)

第18期順位戦」の記事における「順位戦」の解説

名人挑戦または昇級 / A級プレーオフ進出 / 降級 (順位) 降級点1回 / 降級点2回(いずれも今期順位戦開始時点) フリークラス転出 / 降級点消去 / 休場 引退 / 死去 B級2組C級1組降級点2回で降級C級2組降級点3回降級

※この「順位戦」の解説は、「第18期順位戦」の解説の一部です。
「順位戦」を含む「第18期順位戦」の記事については、「第18期順位戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「順位戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「順位戦」の関連用語

順位戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



順位戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの順位戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの佐藤秀司 (改訂履歴)、第60期順位戦 (改訂履歴)、第62期順位戦 (改訂履歴)、第59期順位戦 (改訂履歴)、第73期順位戦 (改訂履歴)、第43期順位戦 (改訂履歴)、第71期順位戦 (改訂履歴)、第40期順位戦 (改訂履歴)、第52期順位戦 (改訂履歴)、第75期順位戦 (改訂履歴)、第77期順位戦 (改訂履歴)、第36期順位戦 (改訂履歴)、第76期順位戦 (改訂履歴)、第69期順位戦 (改訂履歴)、第44期順位戦 (改訂履歴)、第48期順位戦 (改訂履歴)、第47期順位戦 (改訂履歴)、第70期順位戦 (改訂履歴)、第66期順位戦 (改訂履歴)、第53期順位戦 (改訂履歴)、第55期順位戦 (改訂履歴)、第61期順位戦 (改訂履歴)、第21期順位戦 (改訂履歴)、第39期順位戦 (改訂履歴)、第28期順位戦 (改訂履歴)、第37期順位戦 (改訂履歴)、第26期順位戦 (改訂履歴)、第25期順位戦 (改訂履歴)、第27期順位戦 (改訂履歴)、第29期順位戦 (改訂履歴)、第30期順位戦 (改訂履歴)、第38期順位戦 (改訂履歴)、第17期順位戦 (改訂履歴)、第22期順位戦 (改訂履歴)、第23期順位戦 (改訂履歴)、第19期順位戦 (改訂履歴)、第20期順位戦 (改訂履歴)、第18期順位戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS