勝又清和とは?

勝又清和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 15:24 UTC 版)

勝又 清和(かつまた きよかず、1969年3月21日 - )は、将棋棋士石田和雄九段門下。棋士番号は215。神奈川県座間市出身。東海大学理学部数学科卒。




注釈

  1. ^ 第8回中学生名人戦には勝又のほか、中川大輔畠山成幸兄弟も出場していた(『将棋世界』2000年1月号付録より)。
  2. ^ 北島忠雄は1980年奨励会入会のため、1980年当時の奨励会規定が適用され、四段昇段の年齢制限は31歳であった。

出典

  1. ^ a b 「将棋世界」2000年1月号付録
  2. ^ 第73期名人戦・順位戦 C級2組” (日本語). 日本将棋連盟. 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 2015年度からのフリークラス転出者”. 日本将棋連盟 (2015年4月1日). 2018年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月24日閲覧。
  4. ^ 東京大学教養学部前期課程で初の「将棋授業」がスタート」『日本将棋連盟』、2013年7月23日。2018年9月24日閲覧。, オリジナルの2018-9-24時点におけるアーカイブ。


「勝又清和」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勝又清和」の関連用語

勝又清和のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



勝又清和のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2020 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勝又清和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS