棋士番号とは? わかりやすく解説

棋士番号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 10:03 UTC 版)

棋士 (将棋)」の記事における「棋士番号」の解説

日本将棋連盟では、棋士引退棋士を含む)に対して「棋士番号」を付与している(将棋棋士一覧 を参照)。 棋士番号制度始まったのは1977年4月1日であり、同日時点で現役棋士引退棋士に対し棋士となった日(四段になった日。ただし奨励会制度開始前棋士になった場合は、初段になった時に専門棋士開始であったが、さかのぼって四段になった時がプロ棋士になった時」として適用している。)が早い順番に1番金易二郎(名誉九段)を筆頭として通し番号としての棋士番号を付与した。このとき、1977年3月までに死去または退会した棋士に対しては棋士番号を付与しなかった。以後毎年新たに棋士となった者に、順次、棋士番号を付与している。 なお、棋士番号制度導入後日本将棋連盟退会廃業した棋士の棋士番号は欠番として扱っているが、2020年4月1日現在欠番となっているのは、退会した永作芳也に付与されていた139番のみ。

※この「棋士番号」の解説は、「棋士 (将棋)」の解説の一部です。
「棋士番号」を含む「棋士 (将棋)」の記事については、「棋士 (将棋)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「棋士番号」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

棋士番号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



棋士番号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの棋士 (将棋) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS