筆頭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 筆頭 > 筆頭の意味・解説 

ひっ‐とう【筆頭】

筆の先。また、文章書き出し

名前を書き連ねたときの第一番位置また、その人。「筆頭株主」「前頭筆頭

ある範疇(はんちゅう)の中で第一番に挙げられるもの。最も主だったもの。「輸出品の筆頭」


ふで‐がしら【筆頭】

筆の穂先ふでさき

列記した人名中の1番目。ひっとう

「いいやよ、—だといふ事よ」〈洒・二筋道

筆親(ふでおや)」に同じ。


ひっ‐とう【筆頭】

〔名〕

① 筆の先。転じて、文章などを書くこと

本朝麗藻1010か)下・和戸尚書同賦寒林暮鳥帰〈具平親王〉「元白親情上出、楊班古意筆頭残」

俳諧去来抄(1702‐04修行惣じて、さび・位・細み・しほりの事は、言語筆頭にいひおほせがたし」〔杜牧池州清渓詩〕

書き始めること。書き出し

③ 名前などを書き連ねた中の第一番め。第一位多数の中で一番であること。また、そのような人やもの。最もおもだった人やもの。「老中筆頭」「与力筆頭」

歌舞伎幼稚子敵討(1753)二「其元は筆頭の儀でござれば」

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「一家内には米塩薪炭の筆頭(ヒットウ)たる大事の品物で、家内女王であるから

④ 筆のように先のとがった頭。〔魏書古弼伝〕

(5)まえがしらひっとう前頭筆頭)」の略。


ふで‐がしら【筆頭】

〔名〕

① 筆の穂先ひっとう

列記した人名中の第一連名者の首席ひっとう

洒落本傾城買二筋道(1798)夏の床「『広小路十哲のうちでは顔淵といふものだぜ』『なんのこったへ』『いいやよ。ふでかしらだといふ事よ』」

江戸時代村役人一つ書記つかさどるもの。また、組頭をいう場合もある。

歌舞伎傾情吾嬬鑑(1788)序幕鎌倉組の筆頭(フデガシラ)寺西閑心さまだワ」

江戸時代相撲会所の取締をいった。

(5)ふでおや筆親


筆頭

読み方:フデガシラ(fudegashira)

(1)宗門改帳首座に記された戸籍筆頭者
(2)組頭


筆頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 04:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「筆頭」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「筆頭」を含むページの一覧/「筆頭」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「筆頭」が役に立つかも知れません。


筆頭

出典:『Wiktionary』 (2021/09/13 14:36 UTC 版)

名詞

ひっとう

  1. のこと。
  2. 書き始め
  3. 連名で書かれた者のうち一番目のもの。
  4. 多くの物や人の中で第一位にあること。最もすぐれたもの、代表的なもの。

関連語

  1. 先頭



筆頭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筆頭」の関連用語

筆頭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筆頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの筆頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS