頭とは?

あたま【頭】

動物の体の上端または前端部分で、脳や目・耳・鼻などの重要な感覚器官のある部分

㋐首から上の部分。かしら。こうべ。「頭を深く下げる」

人間では、頭髪生え部分動物では頭頂のあたり。「頭をかく」「の頭をなでてやる」

脳の働き思考力考え。「頭の回転速い」「頭に入れておく」「頭を切り替える

髪。頭髪。髪の形。「頭が白くなる」「頭を刈る」

物の先端上端てっぺん。「釘(くぎ)の頭」

物事のはじめ。最初。はな。「来月の頭から始める」

うわまえ。「頭をはねる」

主だった人。人の上に立つ者。首領。長。かしら。「頭に据える」

人数。頭かず。「頭がそろう」

(「ひとり」の下に付き接尾語的に用いて)人を単位とすることを表す。…あたり。「ひとり頭千円集める」

10 新聞一面トップ記事題号の左や下を占める。→肩

11 相場の最高点天井。「頭つかえ」

12頭金(あたまきん)」の略。

13 マージャンで、雀頭(ジャントウ)の俗称

[下接語] 毬栗(いがぐり)頭・石頭・大頭金槌(かなづち)頭・金柑(きんか)頭・慈姑(くわい)頭・芥子(けし)頭・外法(げほう)頭・孔子頭才槌(さいづち)頭・散切(ざんぎ)り頭・白髪頭・擂(す)り粉木頭茶瓶(ちゃびん)頭・禿(はげ)頭・ビリケン頭・坊主頭本多頭薬缶(やかん)頭・野郎頭


とう【頭】

[音]トウ(漢) (ヅ)(呉) (慣) ジュウ(ヂュウ)(唐) [訓]あたま かしら こうべ かみ

学習漢字2年

[一]トウ

あたま。「頭骨頭部出頭台頭低頭点頭禿頭(とくとう)・白頭没頭羊頭

物の先端上端。「頭注咽頭(いんとう)・巻頭舌頭先頭弾頭

物事初め。「初頭年頭劈頭(へきとう)・冒頭話頭

上に立つ人。トップ。「頭首会頭巨頭地頭船頭(せんどう)・番頭

その付近。ほとり。「駅頭街頭枕頭(ちんとう)・店頭路頭

[二]〈ズ〉あたま。「頭巾(ずきん)・頭上頭痛頭脳

[三]〈ト〉あたま。「頭巾(ときん)/音頭(おんど)」

[四]〈あたま〉「頭数頭金(あたまきん)/石頭

[五]〈かしら(がしら)〉「頭文字尾頭波頭旗頭膝頭(ひざがしら)・目頭出世頭

名のりあき・あき

難読挿頭(かざし)・塔頭(たっちゅう)・主税頭(ちからのかみ)・頭垢(ふけ)・饅頭(まんじゅう)


かぶり【頭】

あたま。かしら。


ず〔ヅ〕【頭】

あたま。かしら。


じゅう【頭】

⇒とう


がしら【頭】

語素

動詞連用形に付いて、そうした時、そのとたん、などの意を表す。「出会い頭

名詞に付く。

㋐その中の第一位の者の意を表す。「出世頭」「もうけ頭」

㋑その入り口先端などの意を表す。「目頭」「波頭

日時を表す名詞に付いて、その初めの意を表す。

「月―には東にあり、月の末には西にあると申す」〈謡・藤戸


つむり【頭】

あたま。かしら。おつむ。つぶり。「頭をなでる」

頭髪


つむ【頭】

「つむり(頭)」の略。→御頭(おつむ)


かしら【頭】

【一】[名]

人間動物の首から上の部分。あたま。こうべ。「尾頭つき」「頭、右」「頭に霜を置く

髪の毛頭髪。「頭を剃(そ)る」

物のいちばん上、または先の部分先端。「八歳を頭に三人の子持ち

一団人々統率する人。統領。特に、鳶職(とびしょく)・大工左官など職人親方

(「首」とも書く)人形の首から上の部分。特に、人形浄瑠璃人形頭部。「頭を遣う

能で扮装に用いる仮髪。前は顔までかかり、横は両肩垂れ後ろ背丈に及ぶ長いもの。黒頭赤頭白頭があり、役によって使い分ける。「獅子(しし)頭」

もつ焼きで、豚の頭部の肉。

【二】接尾助数詞

動物数えるのに用いる。

「鹿の一―にても殺す者あらば」〈宇治拾遺・七〉

仏像数えるのに用いる。

「(仏師ニ)幾―造り奉りたるぞと問へば」〈宇治拾遺・九〉

烏帽子(えぼし)など頭にかぶるものを数えるのに用いる。

「折らぬ烏帽子十―、直垂大口などをぞ入れたりける」〈義経記・七〉

人の上に立つ者、特に大名などを数えるのに用いる。

「あれへ大名一―、瓜核(うりざね)顔の旦那殿、東寺から出た人さうな」〈浄・丹波与作


つぶり【頭】

あたま。かしら。つむり。


とう【頭】

【一】[名]

あたま。

黒き―かな、いかなる人の漆塗りけん」〈平家・一〉

集団の長。かしら。おさ。

「右の―には造物所(つくもどころ)の別当」〈栄花月の宴

蔵人頭(くろうどのとう)」の略。

「―の君心掛けたるを」〈源・末摘花

祭礼集会などの世話役

「某(それがし)が祇園の会(ゑ)の―にあたってござる程に」〈虎明狂・煎じ物

【二】接尾牛・馬などの動物数えるのに用いる。「牛七頭


かぶ【頭】

《「(かぶ)」と同語源》あたま。かしら。

「ははあ、―を離(はな)いたは」〈虎寛狂・惣八


ず【豆/頭】

〈豆〉⇒とう

〈頭〉⇒とう


こうべ〔かうべ〕【首/頭】

《「髪辺(かみへ)」または「上部(かみへ)」の音変化か》くびから上の部分。あたま。かしら。「―を垂れる」「正直の―に神宿る」


ず〔づ〕

[接頭]動詞形容詞などに付いて、とびぬけている、度外れている、などの意を添える。「ず抜ける」「ず太い

[補説] 「図」「頭」を当て書くことが多い。


くし【髪】

(「おぐし」「みぐし」の形で用いる)

頭髪。かみ。

「御―長く美しうて」〈栄花花山尋ぬ中納言

(「首」「頭」と当てて書く)頭。くび。

「御―も痛く、身も熱き心地して」〈源・夕顔


と【登/頭】

〈登〉⇒とう

〈頭〉⇒とう


頭(あたま)

相場天井相場上昇しきったところ)のこと、または、当月限のことをいいます。

トラス(頭)

割球状で、意匠重視部位多く用いられる頭部形状で、なべ頭より高さが若干低く、外径大きい頭。

バインド(頭)

丸い上面側面テーパーの付いた径の大きな頭部形状

読み方:カシラkashira

(1)人間動物の頭、物の上部先端はじまり、月・時の初め
(2)一群の長、またかしらだつ人。
(3)琉球村落行政末端につらなった役人


あたま 【頭】

邦語アタマは天玉ではといわれるように、身体中の神聖な部分とされる漢字「頭」は立っている(豆)あたま(頁)である。また漢字「天」は大の字になった人間の頭の頂を一印で示し指事文字であり、頭は天(宇宙)と関係して考えられている。アリストテレスは、人間の頭が宇宙向いていることに注目している。頭はまた、太陽・王制・権威などの表象ともされる。男性の頭が死後口をきく話なども残っている。

かしら〔頭〕

人形の頭の部分総称

読み方:あたま

  1. ①金〔銀〕側時計をいう。②または〔帽子〕のこと。
  2. (一)かずら。(二)座長。(三)座員の数。(四)お客の数。

分類 芸能


読み方:あたま

  1. 警察署長典獄。〔第二類 人物風俗
  2. 署長典獄、其他上官人の上位に居るものを云ふ。
  3. 警察署長のこと、闇屋仲間の用語。
  4. 警察署長。「頭」そのままの意。〔不〕

分類 不、闇屋


読み方:あたま

  1. 帽子。〔第二類 人物風俗
  2. 帽子言ふ
  3. 帽子弘前 強窃盗犯仲間
  4. てんともいう。帽子のこと。〔一般犯罪

分類 強窃盗犯仲間犯罪


読み方:あたま

  1. 相場高値のこと。〔相場語〕

分類 相場


読み方:かしら

  1. 囃子部屋監督に限る名称。

分類 演劇


読み方:かしら

  1. 組頭の略、転じて組頭でなくても鳶職の者に用いる。

読み方:どたま

  1. 被害多額窃盗犯。〔第三類 犯罪行為
  2. 窃取額の多い窃盗。「あたま」より。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 09:52 UTC 版)

(あたま)あるいは頭部は、動物の体の前方の口器感覚器官中枢神経系が集中して特別に分化した部位である。といった感覚器官や、摂食器官である口器の複合した前面部分は、特にと呼ぶことがある。頭部の付け根はしばしば可動性を有するくびれた部分となり、と呼ばれる。ヒトでは顔と首を除いた部分に頭髪が生えており、この部分だけを頭部の他の部分から区別して頭と呼ぶこともある。




「頭」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/02/22 01:04 UTC 版)

発音

名詞

  1. あたまかしら人体いただき動物入っている部分
  2. あたま)意味1より転じて動物の首より上の部分
  3. かしら組織
  4. )頭。その下げ方。

接尾辞

  1. トウ動物数える時の助数詞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



頭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「頭」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頭」の関連用語




4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2021 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS