あたまとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > あたまの意味・解説 

あたま【頭】

読み方:あたま

動物体の上端または前端部分で、脳や目・耳・鼻などの重要な感覚器官のある部分

㋐首から上部分。かしら。こうべ。「―を深く下げる」

人間では、頭髪生えた部分動物では頭頂のあたり。「―をかく」「の―をなでてやる」

脳の働き思考力考え。「―の回転が速い」「―に入れておく」「―を切り替える

髪。頭髪髪の形。「―が白くなる」「―を刈る」

物の先端上端てっぺん。「釘(くぎ)の―」

物事のはじめ最初。はな。「来月の―から始める」

うわまえ。「―をはねる」

主だった人。人の上に立つ者。首領。長。かしら。「―に据える」

人数。頭かず。「―がそろう」

(「ひとり」の下に付き接尾語的に用いて)人を単位とすることを表す。…あたり。「ひとり―千円集める」

10 新聞一面トップ記事題号の左や下を占める。→肩

11 相場最高点天井。「―つかえ」

12頭金(あたまきん)」の略。

13 マージャンで、雀頭(ジャントウ)の俗称

[下接語] 毬栗(いがぐり)頭・石頭・大頭金槌(かなづち)頭・金柑(きんか)頭・慈姑(くわい)頭・芥子(けし)頭・外法(げほう)頭・孔子頭才槌(さいづち)頭・散切(ざんぎ)り頭・白髪頭・擂(す)り粉木頭茶瓶(ちゃびん)頭・禿(はげ)頭・ビリケン頭・坊主頭本多頭・薬缶(やかん)頭・野郎頭


頭(あたま)

相場天井相場上昇しきったところ)のこと、または、当月限のことをいいます

あたま 【頭】


あたま

  1. 金銀懐中時計。〔第六類 器具食物
  2. 金、銀側懐中時計を云ふ。

あたま

  1. 二十匁。

分類 せんぽ


Atama

読み方:あたま

  1. 最初のの場所。

分類 露店商


アタマ

読み方:あたま

  1. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・京都府
  2. 火口ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府

分類 京都府大阪府


読み方:あたま

  1. ①金〔銀〕側時計をいう。②または〔帽子〕のこと。
  2. (一)かずら。(二)座長(三)座員の数。(四)お客の数。

分類 芸能


読み方:あたま

  1. 警察署長典獄。〔第二類 人物風俗
  2. 署長典獄、其他上官人の上位に居るものを云ふ。
  3. 警察署長のこと、闇屋仲間の用語。
  4. 警察署長。「頭」そのままの意。〔不〕

分類 不、闇屋


読み方:あたま

  1. 帽子。〔第二類 人物風俗
  2. 帽子言ふ
  3. 帽子弘前 強窃盗仲間
  4. てんともいう。帽子のこと。〔一般犯罪

分類 強窃盗仲間犯罪


読み方:あたま

  1. 相場高値のこと。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(あたま から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 14:19 UTC 版)

(あたま)あるいは頭部は、動物の体の前方の口器感覚器官中枢神経系が集中して特別に分化した部位である。といった感覚器官や、摂食器官である口器の複合した前面部分は、特にと呼ぶことがある。頭部の付け根はしばしば可動性を有するくびれた部分となり、と呼ばれる。ヒトでは顔と首を除いた部分に頭髪が生えており、この部分だけを頭部の他の部分から区別して頭と呼ぶこともある。




「頭」の続きの解説一覧

あたま

出典:『Wiktionary』 (2021/10/14 12:09 UTC 版)

語源

古典日本語あたま」 < 日本祖語 *atama

発音

名詞

あたま

  1. かしらいただきあたりや人間の髪の生えるあたりの事。また、動物入っている部分
  2. 意味1より転じて動物の首より上部分
  3. 上方先端いただき
  4. 働き思考能力頭脳
  5. 念頭意識脳裏
  6. 物事のはじめの部分
  7. 人の数のこと。
  8. 頭髪また、髪型
  9. 首魁リーダー組織の上に立つ人。
  10. 昆虫主な体節のひとつ。胸の上にある。

類義語

複合語・派生語

慣用句・連語

ことわざ

翻訳

語源

日本祖語 *atama

発音

三拍名詞四類(?)

名詞

あたま

  1. (解剖学) 頭部
  2. 物事はじめ。最初

類義語

諸言語への影響




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「あたま」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あたま」の関連用語

あたまのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あたまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあたま (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS