指令とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 指令 > 指令の意味・解説 

し‐れい【指令】

読み方:しれい

[名](スル)

指揮・命令すること。また、その命令。「撤退を—する」

行政官庁などで、上級機関から下級の機関に出す通達命令


指令

作者田辺未方

収載図書ロッシーという名の毛編みの男
出版社文芸社
刊行年月2005.1
シリーズ名未方小説集


指令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 03:41 UTC 版)

指令(しれい)




「指令」の続きの解説一覧

指令(話によって例外あり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:11 UTC 版)

スパイ大作戦」の記事における「指令(話によって例外あり)」の解説

指令の伝達に於いて、“当局”の人間リーダー直接に会わないリーダーは、事前に何らかの連絡方法伝えられた指令伝達所に出向く。 そこにある写真見ながらレコードまたは、小型オープンリール式テープレコーダーなどに録音された指令を聞く。 指令の最後には例によって、君、もしくは君のメンバー捕えられ、あるいは殺されても、当局一切関知しないからそのつもりで。」とのメッセージ入っている。 指令が終わると「なお、このテープ(またはレコード等)は自動的に消滅する。」というメッセージとともに仕掛けられていた爆弾起爆したり、発火装置作動し破壊される例外として焼却施設の側や水上などテープ処分容易な所で指令を受ける場合リーダーテープ等の指令に使われ物品処分するようメッセージ変更されている場合もある。 指令がなく活動することもある。

※この「指令(話によって例外あり)」の解説は、「スパイ大作戦」の解説の一部です。
「指令(話によって例外あり)」を含む「スパイ大作戦」の記事については、「スパイ大作戦」の概要を参照ください。


指令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 10:16 UTC 版)

ヘルツォーク・ツヴァイ」の記事における「指令」解説

ユニット与えられる指令は以下の通りBDF-1SD(100G) 「+」に似た黄色アイコンユニットその場から移動しないAF-001D(500G) 矢印ぐるぐる回っている黄色アイコン配置所をうろつき回る燃料消費し続け、切れると移動不能になるAT-101(1,500G) 拠点矢印向か橙色アイコン矢印斜め向き。敵を撃破しつつ、最寄りの敵もしくは空白拠点進軍するAT-101H(1,800G) 拠点矢印向か橙色アイコン矢印上向き最寄りの敵もしくは空白拠点進軍し占領する歩兵専用DF-F02A(1,000G) 上向きの矢印弧を描く矢印黄色アイコン配置地点待機し、敵が近づく前進して攻撃撃破後は元の位置に戻るBA-001C(3,500G) 丘の上に旗の立った橙色アイコン敵本拠地を襲撃するPW-SS10(580G) 燃料缶の白いアイコン近く補給切れ兵器補給を行う。補給車専用

※この「指令」の解説は、「ヘルツォーク・ツヴァイ」の解説の一部です。
「指令」を含む「ヘルツォーク・ツヴァイ」の記事については、「ヘルツォーク・ツヴァイ」の概要を参照ください。


指令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 09:31 UTC 版)

全員出動おじゃましま〜す!」の記事における「指令」解説

カッコ内放送日実行したおじゃまマン美女脇毛入手しろ。(4月17日鶴光老人同士キスさせろ。(4月17日。毒銭湯下着のまま入浴しろ。(4月17日。あき) 釣り堀他人釣った釣り堀戻せ。(4月17日八方バス停留所待ち客をバス乗せないようにしろ。(4月24日初代木久蔵大人いっしょに電車ごっこしろ。(4月24日村上) 男をヌードにさせろ。(5月8日鶴光女性芸能人バスト測れ。(5月15日。毒相手朝丘雪路繁華街ままごと遊びしろ。(6月5日不明有名人の子同士結婚させろ。(7月3日。一谷) 歌手変な踊り踊らせろ。(7月3日鶴光相手西崎みどり) 褌を売れ。(7月3日稲川旅館客引きになれ。(7月17日。あき) など

※この「指令」の解説は、「全員出動おじゃましま〜す!」の解説の一部です。
「指令」を含む「全員出動おじゃましま〜す!」の記事については、「全員出動おじゃましま〜す!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「指令」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

指令

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:16 UTC 版)

名詞

しれい

  1. 上級機関から下級機関指揮命令すること。また、その命令

発音(?)

し↗れー

動詞

活用

サ行変格活用
指令-する

「指令」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



指令と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

指令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスパイ大作戦 (改訂履歴)、ヘルツォーク・ツヴァイ (改訂履歴)、全員出動おじゃましま〜す! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの指令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS