降伏とは? わかりやすく解説

こう‐ふく〔カウ‐〕【降伏/降服】

読み方:こうふく

[名](スル)戦い負けたことを認めて相手に従うこと。降参。「無条件—」

[補説] 「ごうぶく」と読めば別語


ごう‐ぶく〔ガウ‐〕【降伏】

読み方:ごうぶく

[名](スル)神仏の力や法力によって悪魔や敵を防ぎおさえること。調伏(ちょうぶく)。「怨霊(おんりょう)を—する」

[補説] 「こうふく」と読めば別語


【降伏】(こうふく)

Surrender.

戦闘員、およびその集団である部隊紛争当事者としての立場放棄する事。
または、国家そのものが国家主一部または全部放棄し国民保護する義務放棄する事。

法律上契約一種であり、常に敵国同意必要とする点で敵前逃亡異なる。
このため奇襲などを目的とした虚偽の降伏は戦争犯罪みなされる
また、虚偽の降伏を行った国家外交上信用失い、再び降伏を試みて拒絶されるリスクを負う

現代ではジュネーブ条約ハーグ陸戦条約などの戦時国際法戦闘員降伏する権利が保証されている

従って、民兵テロリスト傭兵民間軍事会社勤務し会社の業務として紛争地帯戦闘行為従事する従業員を含む)などは降伏を申し出て認められない場合がある
それらは非合法戦闘員であり、そもそも紛争関与する権利認められないからである
そういう人物であっても投降する事可能だが、それによって何らかの免責保証される事はない
文民統制による保護受けられないため、現地の法に従って殺人器物損壊などの罪を問われる

一般的には敵軍に身を委ねて捕虜となる事を意味するが、定義上は虜囚必須とするわけではない
とはいえ武装した人間が銃を構えたまま降伏する事は常識的に考えて認められない
従って、降伏する人間武装しててはならないし、いつでも武装できるような状態であってもならない
よって普通、降伏する際は敵軍身柄預け再武装する事不可能な環境隔離される必要がある

関連無防備都市宣言 玉砕

降伏の実態

一般に戦闘継続撤退いずれも不可能と判断した指揮官は降伏を決断すべきだとされる
何をもってそう判断するかは個々の事例によるが、原則としては以下のような場合に降伏すべきとされる

降伏の意図を示すため、白旗信号旗ジェスチャー口頭などでハッキリ意志伝達する
降伏を受けた側は、付帯条件などの要求行った上で武装解除などの確認を行う
この時、「虚偽の降伏」であると判断され場合戦闘再開して良いものとされる

問題なく降伏を承認された者は敵国側に後送され捕虜収容所などの紛争関与できない環境隔離される
この隔離基本的に紛争終結まで続くが、外交交渉の一環として戦中返還される事もある

降伏した人間に対し正当な理由なく危害を加えるのは戦争犯罪である。
よって、師団単位などの大規模な降伏が虐殺などの悲劇繋がる事はほとんどない

しかし、小規模な部隊、特に数人以下での降伏では惨劇生じやすいのも事実である。
降伏のために姿を見せた者が誤って射殺されそのまま皆殺しに至る、などという事例は珍しくない
また、ヒューミントにおける拷問や、捕虜収容所での無意味な虐待などといった事態もしばしば発生する

そうした悲劇を防ぐのは憲兵職務であるが、実際の紛争では完全な抑止できていない
特に最前線の強ストレス環境下や、半ば密室化した捕虜収容所では監視の目が行届かない事が多い。


降伏

読み方:ゴウブク(goubuku)

怨霊悪魔などを神仏力によって屈服させること。


降伏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 06:33 UTC 版)

降伏(こうふく、降服とも)とは、戦争において軍隊、あるいは個々の戦闘員が敵に対する戦闘行為をやめて、その支配下にある地点・兵員・戦闘手段を敵の権力内に置く事。投降とも。広義には抵抗を止めて相手に服従する事。


  1. ^ San Remo Manual on International Law Applicable to Armed Conflicts at Sea, 12 June 1994 ,47.i
  2. ^ a b 第13回参議院外務委員会昭和27年5月29日


「降伏」の続きの解説一覧

降伏

出典:『Wiktionary』 (2021/12/06 14:36 UTC 版)

この単語漢字
こう
第六学年
ふく
常用漢字
音読み 漢音
この単語漢字
ごう
第六学年
ぶく
常用漢字
呉音

別表記

発音

名詞

(こうふく または ごうぶく)

  1. (軍事) (こうふく) 戦争などで、負け認め服従すること。
  2. (ごうぶく) 神仏により、悪魔怨敵押さえ鎮めること。
  3. (材料科学) (こうふく) 物体一定以上変形させると、元の形状戻らなくなる現象

熟語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「降伏」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

降伏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



降伏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの降伏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの降伏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS