虐殺とは? わかりやすく解説

ぎゃく‐さつ【虐殺】

読み方:ぎゃくさつ

[名](スル)むごたらしい方法殺すこと。「捕虜を―する」


虐殺

作者門田泰明

収載図書首領(ドン)たちの欲望
出版社光文社
刊行年月1986.7
シリーズ名光文社文庫

収載図書首領たちの欲望
出版社徳間書店
刊行年月2001.5
シリーズ名徳間文庫


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/25 13:51 UTC 版)

虐殺(ぎゃくさつ)とは、惨い方法で殺すこと[1]や、無闇矢鱈に殺すこと。


  1. ^ コトバンク デジタル大辞泉「むごたらしい方法で殺すこと」 大辞林 第三版「むごい方法で殺すこと」


「虐殺」の続きの解説一覧

虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 09:14 UTC 版)

ヴァシーの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

1562年3月1日2代目ギーズ公フランソワ自身の領地への移動中ヴァシー立ち寄りミサへと参加することにしたフランソワは、ユグノー納屋教会として使用し大規模な集会開いて宗教的行事行っているのを発見したサン・ジェルマン勅令(王令)ではユグノー礼拝は街の城壁外で礼拝条件されていたが、この礼拝はそれに反するものであった公爵一行何人かユグノーを道へ押し出そうとしたところ反発された。この出来事エスカレートしやがては石が飛び公爵ぶつけられた。これに憤慨した公爵部下に街の制圧教会を焼くことを命じたこれにより62人の非武装のユグノー殺され100人越え負傷者出した

※この「虐殺」の解説は、「ヴァシーの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ヴァシーの虐殺」の記事については、「ヴァシーの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/07 13:17 UTC 版)

ゴリアドの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

テキサス軍はゴリアドに戻され捕虜として捕らえられた。彼らのすべては数週間足らず解放される信じていた。捕虜たちに起こりそうな宿命知りウレア将軍はゴリアドを出発し、ホセ・ニコラス・デ・ラ・ポルティリャ大佐指揮任せ、のちにサンタ・アナに対してテクシャンたちへの寛大な措置要請する手紙書いたウレア自身の日記に、「私の個人的な責任で妥協することなくこれらの命令できるだけ避けたかった」と書いている。 1836年3月26日午後7時、ポルティリャは捕虜たちを処刑せよというサンタ・アナからの命令受け取った1836年3月27日午前8時ごろ、ポルティリャ大佐342名のテクシャンを、デファイアンス砦からベイア・ロード、サンパトリシオ・ロード、ビクトリア・ロードに3つの縦隊並ばせた。縦隊選んだ場所まで来ると、メキシコ軍兵士捕虜片側に二つの列を組んだ無防備で非武装のテクシャンは、そこで砦から数百ヤードほどの至近距離から撃たれた。テクシャンらはバタバタ倒れた最初の一斉射撃から生き残った者はメキシコ軍騎馬隊なぎ倒された。コレトの戦い負傷していたファニン兵士は、寝ながらにして撃たれる銃剣突かれた。ファニン大佐は、兵士らが虐殺されるのを見た後に最後に処刑された。彼らの遺体積み上げられ焼かれた。この時死んだ振りをしたか他の事情でなんとか脱出できたテクシャン28名いた。3名生存者ヒューストンの軍に逃げてサンジャシントの戦い参加したことが知られているサンタ・アナによる捕虜虐殺の命令は、現場指揮官にとっては不本意なものであり、口実を設けて救えるだけ救ったとも言われるいずれにせよゴリアドの虐殺暴挙は、アラモ守備隊殲滅の件相俟ってメキシコ軍残虐であるとの印象アメリカ与えたゴリアドの虐殺説明登場するメキシコ人女性のフランシタ・アラベス(しばしば別の名前で登場する)は、数名テクシャン兵士救出し、「ゴリアドの天使」として知られる

※この「虐殺」の解説は、「ゴリアドの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ゴリアドの虐殺」の記事については、「ゴリアドの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 03:36 UTC 版)

ウィリアム・ヘンリー砦」の記事における「虐殺」の解説

詳細は「ウィリアム・ヘンリー砦の戦いを参照 降伏の後起こったことは、歴史的、そして一般的には虐殺とされている惨事起こったにもかかわらず殺されたもしくは負傷した兵たちは比較冷静であった歴史家のイアン・スティールは200人以上もの兵(捕虜の約7.5パーセント)が殺傷されたとは考えられない述べている。 降伏条件として、イギリス軍随行者フランス軍護衛の元、最高の栄誉を以てエドワード砦まで退却許されその代わり兵たちは参戦1年半の間控えと言うものだった。マスケット銃携行許されたが弾薬認められず、礼砲1基を除いて大砲を持って行くこと許されなかった。加えてイギリス当局は、フランス捕虜を3か月以内解放しなければならなかった。 モンカルムは、この条件同意する前にインディアンたちがこのことを受け入れ得るかどうかイギリス人捕虜解放で、族長たちが彼らを抑えられるかを確認しよう考えたイギリス駐屯兵たちは砦から引き揚げ野営地向かったマンロフランス側野営地にいた。そこにインディアンたちが来て砦に侵入し略奪を始め、砦に残っていた負傷兵病人一部惨殺した。野営地配属されていたフランス衛兵は、インディアン兵を連れ出そうとしたがうまく行かず、彼らがイギリス兵の頭皮剥ぐのを止めさせるために、かなりの労力払ったモンカルムマンロは、当初はその翌朝捕虜たちを砦の南に沿って進軍させようとしていたが、この惨殺起こったため、その夜進軍させることにした。しかし、捕虜が解放される知ったインディアンたちが、野営地周辺群がっており、両軍首脳この手段を取り消さざるを得なくなった。 翌朝エドワードに向けてイギリス軍態勢を整えるかなり前からインディアンたちは、無防備なイギリス軍新たな攻撃仕掛けてきた。午前5時インディアンたちは砦の、フランス人軍医治療を受けているイギリス兵の部屋入りこみ、彼らを殺して頭皮剥いだマンロは、降伏条件本質的な部分踏みにじられてしまったことに不満を述べたが、彼の部隊進軍進めるためには、多少邪魔が入るのには目をつぶらざるを得なかった。また、イギリス兵たちは、隙を窺っインディアンから武器衣類ひったくられ抵抗しようとする者たちは女であれ子供であれ、黒人下働きであれ、力ずくで引き離した最後の兵が野営地離れたその瞬間インディアンたちの鬨の声上がり隊列後方にいた兵たちを捕えたモンカルムフランス士官たちは、それ以上の攻撃やめさせようとしたが、彼らを除くフランス人士官たちは止め入ることはせず、イギリス兵をそれ以上護衛するのをはっきり拒否したこの時点で隊列崩れ、ある者はインディアン猛攻撃から逃れようとし、一方ある者は積極的に彼らと戦おうとした。マサチューセッツ民兵大佐であるジョセフ・フライは、着ていた軍服大部分はぎ取られ、何度も脅され逃げ込み3日後の8月12日になってエドワード砦に辿り着いた虜囚者・戦死傷者の数に関して諸説ある。イアン・スティールは200人から1,500人の間であるとまとめている。スティール細部まで検証した分では、この時惨事と、その後での最終的な行方不明者死者69人から184人で、これは降伏した兵2,308人中多くても7.5%である。このスティール出した数字と、イギリス軍がかなり多くの死傷者出したバンカーヒルの戦いを比較すると、バンカーヒルでは1,054人の死傷者死者26人、負傷者828人) で、3,000人の兵のうち30%の割合である。 砦の中の傷病兵殺害をも含むこの虐殺が、如何に非道であるかについては、包囲戦中にケガ病気亡くなった兵の墓を暴いて、さらなる戦利品求めたという証言もある。その結果、この墓暴き参加した多くのインディアン天然痘にかかり、それを自らの集落持ち込むことになった一方フランス軍は、戦いの後カリヨン砦に帰る前に、この砦を組織的に破壊した

※この「虐殺」の解説は、「ウィリアム・ヘンリー砦」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ウィリアム・ヘンリー砦」の記事については、「ウィリアム・ヘンリー砦」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 03:05 UTC 版)

チェリーバレー虐殺」の記事における「虐殺」の解説

チェリーバレーは、ブラントがコブルスキルを襲撃した後で集会所周り防柵巡らせた砦だった。大陸軍第7マサチューセッツ連隊300名が駐屯し、イカボッド・オールデン大佐指揮執っていた。アルデンとその参謀は、11月8日オネイダインディアンスパイを通じてバトラーブラント部隊がチェリーバレーに向かっているという警告受けた。しかしオールデン細心の注意払わず、砦から400ヤード (360 m) ほどの距離にある作戦本部ウェルズという開拓者の家)を占領し続けていた。 バトラー隊は11月10日遅くにチェリーバレー近くに到着し探知されるのを避けるために火を使わない宿営張った。町を偵察した者がオールデン配置弱点識別し部隊2つ分け、1隊はオールデン作戦本部に、1隊は砦に攻撃掛けることになったその夜開かれた作戦会議で、バトラー部隊インディアンから非戦闘員に害を及ぼさないという約束取り付けた攻撃11月11日早朝開始された。血気に逸ったインディアン数人が、近くで木を切っていた開拓者発砲したので、急襲効果損なわれた開拓者1人逃げ出して警告伝えた。リトルベアードが率いたセネカ族部隊ウェルズの家を包囲し部隊主力は砦を取り囲んだ作戦本部守っていた士官兵卒少なくとも16人が殺されその中にはウェルズの家から砦に走って逃げようとしたオールデン含まれていた。この時証言に拠ればオールデンもう少しで砦の門に辿り着くところだったが、立ち止まってその追跡者狙撃しようとした。その追跡者ジョセフ・ブラントだった可能性があるオールデン拳銃濡れていたのか何度も失火している間に飛んできたトマホークが額に当たって殺された。副指揮官ウィリアム・ステイシー中佐ウェルズの家を宿泊所使っており、捕虜になったステイシー息子ベンジャミン従兄弟のルーファス・ステイシーは、銃弾雨の中走って砦まで逃げられたが、ステイシー義兄弟ギデオン・デイは殺されたウェルズの家を襲った者達は家の中に入り白兵戦になった。そこにいた兵士大半殺した後、セネカ族ウェルズ家の家族12全員殺した。 砦を攻撃した襲撃隊は重火器無かったのでうまくいかなかった。防御に対して効果的な損傷与えられなかった。インディアン開拓地他の部分荒らして回る間、ロイヤリストが砦への監視続けた1軒の家も建っているものは無くなり報復求めていたセネカ族は出遭う全て殺した伝えられているバトラーブラントインディアン行動抑えようとしたが、無駄だった。特にブラントその中多くの家族知っており、友人中に入れていた者達がセネカ族暴行餌食になったことを知って動揺した例えウェルズキャンベルダンロップクライド各家族だった。 アルデン大佐連隊補給係将校だったウィリアム・マッケンドリー中尉は、その日誌にこの攻撃の様子を次のように記していた。 バトラー大佐ブラント大尉指揮するファイブ・ネーションのインディアン442人とトーリー200人が直にやってきて作戦本部攻撃しオールデン大佐殺しステイシー大佐原文ママ)を捕虜に取った。アルデン砦を攻撃し3時後に砦を落とせずに退却したマッケンドリーはこの虐殺の犠牲者として、オールデン大佐、その他13人の軍人30人住民挙げていた。殺された兵士大半はウェルズの家に居た者達だった。 ステイシー中佐捕まった時の証言では、危うく殺されるところだったが、ブラント仲裁した。「(ブラントは)オールデン大佐殺されたときに捕虜になったステイシー中佐の命を救ったステイシーフリーメイソンであり、それがブラント動かして救われと言われている。」

※この「虐殺」の解説は、「チェリーバレー虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「チェリーバレー虐殺」の記事については、「チェリーバレー虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 07:17 UTC 版)

ウィリアム・ヘンリー砦の戦い」の記事における「虐殺」の解説

降伏条件に関してイギリス軍とその随行者たちは、フランス警護により、栄誉礼とともにエドワード砦まで撤退すること、1年半の間戦闘加わらないことを条件として受け入れたイギリス軍銃剣を持って行くことと、一台きりの、形式的な大砲を持って行くこと許されたが、弾薬禁じられた。さらに、イギリス当局は、3か月以内フランス捕虜釈放しなければならなかった。モンカルムはこの条件同意したが、インディアン同盟軍果たしてこれを理解し首長たちが、兵たちを自制させられるかどうか確かめようとした。多くの部族集結しているインディアン野営地では、この条件混乱極めた一部の兵は、今そこにいるヨーロッパ人には理解できない言葉をしゃべるものもいた。イギリス駐屯兵が、砦から引き上げ塹壕囲まれ兵舎移動した。そしてモンロは、フランス兵舎あてがわれた。その後インディアンたちが砦に入り中のものを略奪してケガ病気動けなくなっていたイギリス兵を虐殺した塹壕囲まれ兵舎の、周辺配置されていたフランス歩哨は、インディアンを砦の外に出した点ではいくらか成功したものの、略奪と、頭の皮をはぐのを止めさせるのには大きな骨折り必要だったモンカルムモンロは、翌朝捕虜南に向けて移動させよう計画していたものの、インディアンたちの蛮行目の当たりにし後のため、夜のうちに移動させることにしたイギリス軍移動準備完了したのに気づいたインディアンたちの、多く兵舎周りひと塊りになり、朝まで進軍させないようにして、フランス軍首脳てこずらせていた。 翌朝イギリス兵たちが、エドワード進軍編隊形成もしないうちから、インディアンたちは、彼らに攻撃再開したイギリス兵の大部分防御手段持たないにもかかわらずである。午前5時、砦の兵舎小屋インディアンたちは入りこんだ。そこには、負傷してフランス軍医の手当てを受けているイギリス兵がいるはずだったが、インディアンたちは彼らを殺し頭皮をはいだ。モンロは、これは条件付き降伏違反する苦情申し立てたが、彼の部隊は、兵たちの進軍可能にするために、この厄介な出来事耐えなければならなかった。進軍を始めた兵たちは、あちこちから姿を現すインディアン悩まされた。彼らは隙を窺っては、兵器や服を横取りし、その行為抵抗する者は無理やり列から引き離した女性や子供、使用人奴隷またしかりだった 。最後の列が野営地離れた時、勝ちどき上がりアベナキ族の隊が、イギリス兵の背後から襲いかかった。 モンカルム他のフランス人士官は、それ以上の襲撃止めようとしたが、他の兵たちはそれをしようとせず、一部の者ははっきりとこれ以上イギリス兵を保護しないと口にした。この時点で隊列ばらばらになり、ある者たちはインディアン猛襲から逃れようし、またある者は積極的に防御努めたマサチューセッツ大佐であるジョセフ・フリエは、身ぐるみのほぼすべてを剥がれ何度も脅されと書いている。彼は森林逃れ8月12日になって、やっとエドワード砦に辿りついた。 困難を伴いつつもやっと包囲からのがれたと思ったら今度蛮行が我々の部隊降りかかった。我々の後発隊は、殺され、頭の皮を剥がれ止まれ号令をかけざるをえなくなった結局大混乱になったが、先頭の方で、最後部で何かが起こっていることに気づいて最前列の兵をもう一度進撃させた。我々がフランス前衛軍の兵のところにたどり着くまでこの騒ぎ続いた騒ぎ元のインディアンたちは、士官や、兵士や、女性や子供を連れ去りそのうちの何人かは、その後路上で殺され頭皮剥がれた。血と虐殺による、この見るも恐ろしい光景により、我々の士官は、フランス哨兵警備依頼したが、フランス軍はそれを拒否した我が軍士官たちは、兵を森林に連れて行きどうにかして逃れるように伝えざるを得なかった…。 — ジョセフ・フリエ この時死者負傷者、そして捕囚者の推定人数には、かなりばらつきがある。イアン・スティープルは、推定人数200人から1,500人の間とまとめている。包囲戦その後との、細かい部分見て行くと、最終的にはイギリス軍行方不明者死者69人から184人の間となり、最多の184人だとしても、降伏した人数2308人の7.5%である 。

※この「虐殺」の解説は、「ウィリアム・ヘンリー砦の戦い」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ウィリアム・ヘンリー砦の戦い」の記事については、「ウィリアム・ヘンリー砦の戦い」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/26 22:36 UTC 版)

バタクの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

バタクは反オスマン帝国反乱であった4月蜂起中心的な役割担った蜂起数週間後、町では独立宣言された革命委員会による町の統治9日間におよんだバタク反乱1876年4月30日トルコ人当局報告された。アフメト・アガ・バルン(Ahmet Aga Barun)に率いられ非正規兵バシ・ボズク主体とする8千人のオスマン帝国兵士が町包囲した最初の戦闘の後、バタク市民はアフメト・アガとの交渉決定した。アフメト・アガは、バタク武装解除条件として軍を引き上げることを約束した反乱者たち武器差し出すと、バシ・ボズク自衛の術を失ったバタク市民攻撃した犠牲者多く斬首された。 ブリタニカ百科事典第11版によると、バタクだけで5千人が虐殺された。フィリッポポリスプロヴディフ地区全体で犠牲者数1万5千人に達する。また、デイリー・ニュース』に掲載されたユージーン・スカイラー(Eugene Schuyler)の報告によると、4月蜂起の中で3つの地区併せて36焼き払われ少なくとも1万5千人が殺害されたとしている。 スカイラー自身見たものについて、次のように述べている: あらゆる方向人間の骨頭蓋骨肋骨が、中には完全な骸骨もが、長い髪束ねた三つ編み飾られた娘の頭が子供の骨が、いまだ衣服まとったままの骸骨転がっている。ここには家があり、その床は、灰と、生きたまま焼かれ30人居住者炭化した骨で白くなっている。ここでは町の名士トランダフィル(Trandafil)が矛で刺され焼かれ後に埋葬された。ここには不潔な穴があり、その中腐敗した遺体満たされている。ここには水車ダムがあり、膨張した死体埋め尽くされている。ここには学校校舎があり、200人の女性子供逃げ込んだが、生きたまま焼かれた。ここには教会と庭があり、あまたの腐りかけた死体埋め尽くされており、囲いの中は高さ数フィート達する山があり、腕、脚、頭が、彼らを覆い隠すために荒っぽく積まれた石の合間から姿を見せており、空気汚している。 この訪問きっかけとして、ムタサリフ(mutasarrif)の命令によって、遺体腐敗防止し疫病予防するために、タタール・バザルジクのカイマカム(Kaymakam)が石灰をもってバタク入った。 虐殺を指揮したアフメト・アガは、勲章を受け、ユズ・バシ(Yuz-bashi)へと昇進した。 虐殺の形跡見たもう一つ証言は、アメリカ合衆国ジャーナリストJanuarius MacGahanであり、見たものについて以下のように述べている: 我々は木工品燃えて黒こげになったまま破壊損傷免れている教会見た。それは屋根の低い、背の低い建物であり、背の高い人下に分入れる程度重厚で不規則なアーチによって支えられていた。我々がそこで見たものは、一目みるだけで恐ろしい光景であった数え切れない程の部分的に焼け焦げ炭化し黒くなった遺体が、低くて暗いアーチのほぼ半分覆っているかのようであり、これによってアーチはいっそう低く暗く見え遺体腐敗進んでおり、恐ろしくて正視できない想像を絶する恐ろしさであった。我々はみな恐れてめまいを感じ動揺し恐ろし疫病巣窟から脱出して心底ほっとして路上へ戻った。我々はその後もたびたびこの場所思い出し何度も同じ光景浮かび上がった男性骸骨衣服包まれたまま、ぶら下がった肉の腐敗進んでいる女性骸骨から垂れた、ほこりにまみれた髪。子供幼児死体至るところころがっている。ここには、20人が生きたまま焼かれたという家がある。そこには大勢娘たち逃げ込みその最後1人までが、骨が確認できるまで虐殺された。全ての所が恐怖の上に恐怖であったイギリス長官ベアリングBaring)はこの出来事について、「今世紀歴史汚した、最も憎むべき犯罪であろう」と述べた10月には、ベアリングオスマン帝国犯罪に関する記録の中で再度報告求められた委員会閉会から6週間の後、バタクの虐殺犯罪か否かについて決定はなされなかった。

※この「虐殺」の解説は、「バタクの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「バタクの虐殺」の記事については、「バタクの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 08:24 UTC 版)

広州大虐殺 (唐代)」の記事における「虐殺」の解説

ペルシャアラビア語著述家アブー・ザイド(Abu Zayd Hasan Ibn Yazid Sirafi)によると、ヒジュラ紀元264年877年から878年)、淡水の大河のほとりにあるカンフ(Khanfu خانفو)という大都市制圧したヤンシャウ(Yan Shaw يان شوا、黄巣を指すと考えられる, Y/Bの混同によりBan-schou, Ban-schou-naとも読まれる)の軍は、ユダヤ人ムスリムアラブ人ペルシア人ゾロアスター教徒ペルシア人インドパールシーなど)、キリスト教徒などを虐殺した近辺桑林もヤンシャウの軍に荒らされた。虐殺の犠牲者裕福な外国人だった。マッキントッシュスミス(Tim Macintosh Smith, Shaykh al Nāsirī)によるアブー・ザイドの地理書アラビア語原文からの英訳2014, 2-2-1節)は、カンフ位置が広府(広州)とは全く異なるこを示す淡水の大河のほとりにある、養蚕のための桑林が多い)。Shine Toshihiko(2020, p.59)は、ヒジュラ紀元264年(877-878年)に虐殺が起きたカンフ位置は、760年に虐殺が起きた邗府(かんふ、いまの揚州)と合致しており、アラブ史料においてふたつのカンフ大虐殺760の邗府=揚州大虐殺と877-878あるいは879年の広府=広州大虐殺)の混同があると指摘するShine はまた後者広州)のカンフについて桑原に従い Khanfu と Kansu の混同があるとし、Khanfu を広州(Kansu)から600km西にある欽府(欽州)に比定する。遣唐判官平群広成陳述によれば、欽府(欽州)は753年林邑遭難した成ら救出した崑崙呼ばれる商人たち母港であった外国人犠牲者数は、12万人から20万人まで諸説ある。 中国外国人住み着いた時期何度かあるが、彼らがしばらく居着いそのたびに虐殺が起きた例えば、9世紀イスラーム教徒などが広東住み着いた。そして889年、そこで12万人ともいわれる数の外国人虐殺されたのだ —the American Baptist Foreign Mission Society、The Baptist missionary magazine (1869年) 10世紀歴史家マスウーディーまた、ヤンシャウ(黄巣か?)という成り上がり者暴徒大軍が、淡水の大河のほとりにあるカンフという大都市攻略し20万人ムスリムキリスト教徒ユダヤ教徒ゾロアスター教徒殺された溺れ死んだりしたと述べている。彼もまた、アブー・ザイドと同様に、暴徒周辺の桑林切り倒したのでイスラム諸国への絹の輸出途絶えたとも述べており(実際には乱のなかで養蚕農家絹織物職人コミュニティー崩壊したため)、絹交易観点からも、この虐殺事件に対するアラブ歴史家地誌家の関心の高さがうかがえる

※この「虐殺」の解説は、「広州大虐殺 (唐代)」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「広州大虐殺 (唐代)」の記事については、「広州大虐殺 (唐代)」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 17:36 UTC 版)

オラドゥール=シュル=グラヌ」の記事における「虐殺」の解説

1944年6月連合国ノルマンディー上陸作戦進行につれ現地のフランス・レジスタンスはドイツ軍の作戦妨害するため、通信攪乱などの各種工作をより積極的に行うようになっていた。参謀本部からの指示を受けノルマンディーに向け進軍中であった武装親衛隊第2SS装甲師団ダス・ライヒ」は行く先々で彼らによる攻撃破壊工作苦しめられていた。 6月10日早朝、とあるフランス人2名より密告受けた第2SS装甲師団所属の第4SS装甲擲弾兵連隊「デア・フューラー」第1大隊指揮官SS少佐アドルフ・ディークマン(ドイツ語版)は、同僚のSS少佐オットー・ヴァイディンガー(ドイツ語版に対しドイツ人高級将校1名がオラドゥール村マキ(註:レジスタンス組織)により捕らえられたようだ」と報告した。そのフランス人オラドゥール村民ほぼ全てマキに関わっており、現在マキ指導者たちオラドゥール滞在しているとも述べた。ちょうど同時期リモージュにいた親衛隊保安部員は現地内通者からマキ司令部オラドゥール存在するとの情報得た捕らわれたドイツ人高級将校SS少佐ヘルムート・ケンプフェ(ドイツ語版とされるが、彼はディークマンとヴァイディンガーの友人であった。なお、その後ケンプフェが発見されることはなSS作成した南フランスでの対テロ作戦中の行方不明者リスト」にも彼の前は載っていない同日ディークマン率いられ第1大隊オラドゥール包囲し住民村中心部にある広場集まるよう命令した表向き口実身分証明書検査であった集まってきた住民のうち、女性子供教会に連れて行かれた。しばらく経ったのち男性6つ納屋分かれて連行されたが、その納屋には既に機関銃待ちかまえていた。生存者の証言によればSSはまず脚を狙って発砲。彼らを逃れられないようにした後、たきつけで体を包み納屋に火をつけた。生存者わずかに5名(納屋から男性6名が逃げ出したが、そのうち一人逃亡後すぐに発見され射殺された)で、197名が死亡した男性達への攻撃終えると、兵士たち教会中に入り放火した一説によれば毒ガス使用されとされる(ただし武装親衛隊装備毒ガスはなく、またヒトラー自身は使用厳禁している)。中にいた女性子供ドア窓から逃げだそうと試みたが、ここでも待ち受けていたのは容赦ない機関銃による銃撃であった女性240名、子供205名が混乱のなかで命を落とし奇跡的に女性1名が一命取り留めたまた、に兵が現れてすぐに逃げ出した20名ほどの集団逃げ延びることができた。その夜以前面影窺い知ることができないほどに徹底的に破壊された数日後生存者たち犠牲者埋葬許された。

※この「虐殺」の解説は、「オラドゥール=シュル=グラヌ」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「オラドゥール=シュル=グラヌ」の記事については、「オラドゥール=シュル=グラヌ」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 08:09 UTC 版)

マーカス・ホィットマン」の記事における「虐殺」の解説

インディアン領地内に白人開拓者流入することで、1847年麻疹重大な流行などインディアンにとって新し病気もたらしたインディアンこれらの新し病気免疫無く限られた健康習慣のために高い致死率となり、子供達が非常に多く死んでいった。ホイットマン熱心に改宗勧めることと、多くの白人患者快復させたことで、インディアン達はホイットマンインディアン患者死なせているという考え方育っていった。 インディアンには病気を治す能力を持っていると信じられている呪医という存在があり、これが結局暴力沙汰繋がった1847年11月29日ホイットマン虐殺と呼ばれることになる事件で、カイユース族がホイットマン夫妻殺害した。ワイイラップーの建物のほとんどが破壊されたこの地社会にいた他の白人開拓者12人も殺された1ヶ月の間、53人の女性子供捕虜になり、その後交渉解放された。この事件白人開拓者先住インディアンとの間の打ち続く紛争引き金となり、カイユース戦争呼ばれることになった当時の者の証言に拠ればプロテスタント伝道者地元カトリック聖職者との間の打ち続く敵対意識によって事態悪化していた。ローマ・カトリック聖職者のジョン・バティスト・ブルーイエが生存者助け犠牲者埋葬するのを手伝った。しかしヘンリー・スポルディング牧師はブルーイエ神父を初めカトリック聖職者が虐殺を唆した強調するパンフレット書いた。「スポルディングのこの惨劇に関する見解その後半世紀間、納税者費用何度も何度も印刷された。1901年になってイェール大学歴史家によって最終的に否定された。」

※この「虐殺」の解説は、「マーカス・ホィットマン」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「マーカス・ホィットマン」の記事については、「マーカス・ホィットマン」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 14:54 UTC 版)

収穫祭作戦」の記事における「虐殺」の解説

1943年10月ドイツ内相親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーがルブリン・ユダヤ人の虐殺を目的とする「収穫祭作戦」を行うよう命令下した。この命令は「ポーランド総督府親衛隊及び警察高級指導者フリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガーを通じてルブリン親衛隊及び警察指導者ヤーコプ・シュポレンベルク伝達された。 この時ルブリン地区ユダヤ人ルブリン強制収容所、トラヴニキ強制労働収容所 (de) 、ポニアトーヴァ強制労働収容所 (de) のいずれかで働かされていた。ルブリン強制収容所付属収容所には「東方工業所」があり、ここで1万6000人のユダヤ人囚人労働していた。トラヴニキとポニアトーヴァのユダヤ人囚人解体されワルシャワ・ゲットーから連れてこられた人々で、それぞれシュルツ社とテベンス社で労働していた。 1943年10月末頃防空壕」と称してルブリン強制収容所死体焼却場近くの第5地区と第6地区に突然穴が掘られた。作業行ったのは囚人たちであり、深さ2メートル以上、長さ100メートルの穴が3つ掘られたという。 11月3日朝からルブリン収容所にいるユダヤ人囚人8400人、呼び戻され外部作業班やトラヴニキ・ポニアトーヴァから連れてこられたユダヤ人囚人たち1万人ほどが長い隊列組んで第5地区向かわされた。彼らは第5地区バラック裸にされ、50人から100人ずつ穴に入れられ、そこにうつぶせ寝かせられて銃殺されていった次のグループはその死体の上に寝るよう命じられ、また銃殺された。この繰り返しで穴がいっぱいになるまで銃殺続けられ11月3日だけで1万8000人が殺されたという。さらに11月4日殺害されたユダヤ人の数とあわせて犠牲者数総計4万人以上におよぶという。

※この「虐殺」の解説は、「収穫祭作戦」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「収穫祭作戦」の記事については、「収穫祭作戦」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 08:03 UTC 版)

バスティーユ襲撃」の記事における「虐殺」の解説

ド・ローネー捕らえられパリ市庁舎に連行された。道すがら興奮した群衆は彼を殺害しようとしたが、市民代表が「彼に裁判を受ける権利があるのだ」と制止しその場はいった収まった。しかし、市庁舎着いたところで群衆はついに制止振り切ってド・ローネー殺害してその首を刎ねた。3人士官3人守備兵も、司令官と同じ運命辿った。さらに前日武器所在についてあいまいな発言行った市長ジャック・ド・フレッセルも、その対応を「市民惑わせる裏切り行為」として咎められ市庁舎から出て来ところを射殺され首を刎ねられた。彼らの首を槍の先に刺して高く掲げた群衆は、市庁舎前の広場練り歩いたその後7月22日いたってネッケル後任となるという推測一時広まっており、自身が行っていた穀物投機のために食糧危機策謀したとしてパリ市民怒り買っていた元陸海軍総監ジョセフ・フーロン・ド・ドゥエ(英語版)がなぶり殺しにされた。またその女婿でパリ知事のベルチエ・ド・ソーヴィニー(英語版)もパリ食糧危機責任ありという理由で義父と同じ日に群衆虐殺され、ともに首にして引き回された。

※この「虐殺」の解説は、「バスティーユ襲撃」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「バスティーユ襲撃」の記事については、「バスティーユ襲撃」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 06:18 UTC 版)

1891年3月14日のリンチ事件」の記事における「虐殺」の解説

遂に暴徒刑務所の扉を叩き壊し侵入した刑務所看守19人イタリア系収監者監房から解放し身を隠すよう促した刑務所の外集まった数千人の群衆から自然発生的に私刑発生し一部の者が率いる「処刑部隊」が実行した結局11名が射殺されたり撲殺され、一部犠牲者遺体街灯木に吊るされた。リンチ免れた生存者釈放され裁判かけられなかった者に対する告訴取り下げられた。 警察記録によると、一部犠牲者テキサス州イタリアで犯罪犯して逃亡中であり、アメリカ国籍保有していない者もいた。

※この「虐殺」の解説は、「1891年3月14日のリンチ事件」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「1891年3月14日のリンチ事件」の記事については、「1891年3月14日のリンチ事件」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 03:41 UTC 版)

マクペラの洞窟虐殺事件」の記事における「虐殺」の解説

マクペラの洞窟併設されている建造物は、壁により2つ区画分けられており、1つユダヤ教徒が、もう1つムスリム礼拝使用するとなっている。ユダヤ教徒用の区画は、ユダヤ教割礼儀式であるブリット・ミラー(英語版)の会場である「アブラハムホール」や、「ヤコブホール」、イェシーバー (ユダヤ教学院) などからなっており、毎日多くのユダヤ教宗教行事執り行われていた。一方ムスリム用の区画は、ユダヤ教徒区画よりはるかに広く、「イサクホール」と呼ばれている。ユダヤ教徒ムスリム双方に、1年の内10日間ずつが、洞窟施設占有して使用する期間として割り振られている。 2月25日午前5:00800名ものムスリムパレスチナ人が、1日5回の礼拝最初の祈り (Fajr) を捧げるため、建物東の門から入場した陸軍制服着用IMI ガリルイスラエルアサルトライフル)と35入り弾倉4個を携行したゴールドシュテインは、ムスリム集まっている「イサクホール」に侵入した。ゴールドシュテインは警備行っていたイスラエル軍兵士呼び止められずに侵入できた。これはゴールドシュテインが、「イサクホール」の隣のユダヤ教徒区画礼拝をしに来た兵士思われたためである。 ゴールドシュテインは洞窟からの唯一の出入口の前、礼拝を行うムスリム達の背後位置しライフル乱射29名を殺害し125名を負傷させた。ゴールドシュテインは、その場生き残っていた者達に取押さえられ暴行加えられ死亡した事件後の報道内容には多くの混乱見られた。特に、襲撃はゴールドシュテイン単独の犯行か、他に共犯者がいたのかについては誤った情報流れた例えば、目撃者の証言として、「軍の制服来たもう1人の男がゴールドシュテインに弾薬手渡した」という話が報じられたこともある。また、ゴールドシュテインがムスリム達に手榴弾投げつけたと報じられたこともあった。パレスチナ人指導者ヤーセル・アラファートは、襲撃イスラエルの予備役兵の部隊を含む12名により実行されたと主張した。しかし、イスラエル軍後に設置され調査委員会による調査により、洞窟警備に当っていたイスラエル軍が彼を援護したり、故意に犯行黙認したことはなく、ゴールドシュテインは単独で襲撃実行したこと、また、手榴弾使用されなかったことが明らかになった。しかしながら複数犯行説主張した被害者たちは、別々の病院手当てを受けており、口裏合わせ不可能という報道もあった。

※この「虐殺」の解説は、「マクペラの洞窟虐殺事件」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「マクペラの洞窟虐殺事件」の記事については、「マクペラの洞窟虐殺事件」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 09:27 UTC 版)

メネメンの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

6月16日夜にトルコ長官ケマル・ベイと同伴憲兵6人がギリシャ兵によって暗殺された。彼らの死は翌日地元ギリシャ人によって支援されクレタ旅団によるメネメンの一般市民に対する虐殺の幕開けとなった事件は「大虐殺」として連合軍の4人の将軍から成る調査委員会から呼ばれた6月17日トルコ市民犠牲者数200程度異なる。調査委員会によって作成され1919年10月報告書では、翌日到着した代表団によると1000名にも上ったとされる委員会表のチャーンズ大佐トルコ人犠牲者数に比べギリシャ人負傷者軍人民間人を問わず)がほとんど存在しなかったことを比べた10月報告書スミルナイギリス及びイタリア領事館からのイギリス軍士官医師たちは1000名の死傷者誇張であるとして否定し少なくとも100名が死亡たとし、後のフランス軍士官による調査では200名のトルコ人殺害され200名が負傷したとした。 この事件トルコシェイヒュル・イスラームによって異議申し立てられたギリシャ軍は町を攻撃した主張したが、委員会は彼らの声明信じなかった。委員会流血責任ギリシャ軍一方的にあるとした。 歴史家のジャスティン・マッカーシーは委員会調査結果否定する市内ギリシャ人の家は白の×印付けられ略奪破壊免れていたことから虐殺は事前に計画されいたものだと主張している。

※この「虐殺」の解説は、「メネメンの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「メネメンの虐殺」の記事については、「メネメンの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 23:25 UTC 版)

ウンデット・ニーの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

1890年12月29日朝方フォーサイスインディアンたちの武装解除に取掛かり、4門の速射砲ホッチキス山砲を、四方キャンプ見下ろせる丘に据えさせた。8時ごろ、インディアンたちが軍の前に半円状座ったフォーサイスは「20人ずつ銃を持って来い」と命令した生き残り一人、ドッグ・チーフによれば、彼らの銃や武器ビッグ・フット酋長ティピー横に積み重ねられた。が、まだ武器差し出していない戦士がおり、フォーサイス兵士命じティピー押し入って無理やり銃を探させた。寝ている女の毛布剥がす者もいた。この陵辱行為人々怒りキャンプ一触即発緊張状態となってにらみ合いとなったイエロー・バードという戦士もう一人の戦士ビッグ・フットティピー前に立っており、二人とも体に白いシーツ巻きつけ、眼だけ覗かせていた。彼らはシーツ下に銃を隠し持っていた。一人白人士官がこの一人から銃を取り上げイエロー・バードからも銃を奪おうとした時、揉み合いになった。このとき、銃が誤射され、白人士官射殺してしまった。ドッグ・チーフはそばで一部始終を見ていたが、「完全な事故だった」と証言[要出典]している。 これをきっかけに、ついに米軍インディアンに対する無差別虐殺を開始した無抵抗の病人ビッグ・フットは、間もなくティピー押し入った兵士に頭に弾を撃ち込まれ殺された兵士達多くは、まだゆうべ飲んだウィスキーが頭に残っていた。 軍は丘の上から速射ホッチキス山砲無差別砲撃加えた。さらに新鋭のスプリングフィールド銃 (Springfield rifle) で馬もも子どもも狙い撃ちし、皆殺しにした。100人弱の戦士たちは、没収された銃を手にするまでは素手で虐殺者たちと戦ったイエロー・バードは銃をとってティピー立てこもり白人狙い撃ちした。ティピーに火が放たれ全身銃弾浴びるまで戦った銃・砲弾降り注ぐ中、インディアンたちはそれでも3キロメートルばかり逃げたが、負傷のためにそこで力尽き倒れていった。部族員のほとんどが武器持たず、それを四方から取り囲んだ兵士達銃撃した。白人29人が亡くなった米軍側の負傷者39人だった。カスター部下だった士官もいたが、彼は味方攻撃の巻添え亡くなったそれほどまでのすさまじ無差別銃撃だった。 「ホッチキス山砲1分間50発の弾を吐き、2ポンド分の弾丸降らせた。命あるものなら何でも手当たりしだいになぎ倒した。この(子供に対する3キロメートル余りの)追跡行は、虐殺以外何ものでもない幼子抱いて逃げ惑う者まで撃ち倒された。動くものがなくなってようやく銃声止んだ」[要出典]と、兵士一人回想している。 また、これまでの人生で、このときほどスプリングフィールド銃がよく出来ていると思ったことはない」[要出典]と、ある白人士官言葉を残している。乳飲み子もたくさんいたが、米兵はこれも無差別虐殺した。「この幼子達が身体中に弾を受けてばらばらになって、穴の中裸で投げ込まれるのを見たのでは、どんなに石のように冷たい心持った人間でも、心を動かさないではいられなかった」[要出典]と、埋葬隊の一人言葉を残している。 この無差別虐殺は、発生直後にその報がシャイアンクリークの野営にも届き直ち20騎ばかりのスー族戦士団が虐殺現場へと馬で駆けつけた米兵は彼らに発砲したが、すぐに退却した救援戦士団は、ワゴン砲の砲撃ばらばらになったたくさんの死体見たこときれ母親の胸で、乳を吸おう泣き叫ぶ赤ん坊もいた。亡くなった母親ショール包まって生きていた赤ん坊3人いた。救援駆け付けたスー族戦士ブラック・エルクレッド・クロウ転がっている赤ん坊それぞれ一人ずつ見つけショールくるんで連れ帰った。この二人赤ん坊スー族引き取ったが、白人に連れ去られ赤ん坊もいた(→ロスト・バード)。峡谷では、男児二人が銃を持ち米兵戦い、これを射殺していた。この二人の男児は全く傷を負っていなかった。 増援戦士団に対し退却した米兵は壕を掘って応戦した夕方になって米兵去りブラック・エルクたちはようやく虐殺の全容把握した彼はこのとき、「自分死ねばよかった」と思ったという[要出典]。虐殺され人々に対しては、哀れみ同情よりも、「いっそ白人支配するつらいこの世別れあの世で幸せに暮らほうがいいかもしれない」と思った語っている[要出典]。彼らは白人に対する復讐誓ったブラック・エルクたち救援戦士団はパインリッジの保留地戻ったが、一度退却した米軍追跡してきた。パインリッジのスー族ティピー置いたまま逃げていた。

※この「虐殺」の解説は、「ウンデット・ニーの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ウンデット・ニーの虐殺」の記事については、「ウンデット・ニーの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 06:43 UTC 版)

華僑虐殺事件 (バタヴィア)」の記事における「虐殺」の解説

10月7日中国人砂糖工場労働者集団改造武器使用して反乱起こし工場略奪し火を放った後、数百人の華僑によってメーステル・コルネリス(オランダ語版)(現ジャティネガラ(英語版))タナ・アバン50人のオランダ兵が殺害された。これを率いていたのはNie Hoe Kongではないか疑われた。これに対してオランダ暴動止めるために正規兵1800人をSchutterij(民兵)および徴集兵大隊11と共に送り込んだ。この部隊夜間外出禁止令課し中国祭り計画中止させた。中国人蝋燭明かりの下植民地への反抗企てることを危惧されたため、都市の城壁内にむ中国人蝋燭点けることを禁止され、「一番小さキッチンナイフ包丁に至るまで全て引き渡さなければならなかった。翌日オランダ側は近隣タンゲランブカシから来た集団率いられ華僑最大1万人による襲撃都市の外壁で撃退したラッフルズによれば、この襲撃1789人の中国人死亡した。これに対し、ファルケニールは10月9日再度評議会会合開いた一方バリ島スラウェシ島出身奴隷ブギス族バリ島人(英語版)の部隊など、バタヴィア他の民族集団の間では華僑が彼らを殺害強姦奴隷化する計画立てているという噂が広まっていた。これらの集団先手を打ってベサル川沿い華僑の家を焼いた続いてオランダ人バタヴィア他の場所にある中国人居留地襲撃し、家を焼いて人々殺害した植民地主義批判していたオランダ政治家W・R・ファン・ホエーフェル(英語版)は、「妊娠中女性授乳している母親子供震え老人切り殺された。無防備な囚人たち羊のように屠殺された」と書き記した。 ヘルマヌス・ファン・スフテレン (Hermanus van Suchtelen) 少尉タナ・アバン出身生存者ヤン・ファン・オーステン (Jan van Oosten) 大尉率い部隊中国人地区担当していた。スフテレン少尉とその部下家畜市場陣取りオーステン大尉らは近く運河沿いを担当した午後5時頃、オランダ側は中国人家々大砲放ち、それにより家に火が付いた燃える家の中で死んだ中国人もいれば、自宅離れて撃たれたり、自暴自棄になって自殺した中国人もいた。住宅地近くにある運河にたどり着いた中国人小舟待っていたオランダ部隊殺害され他の部隊燃える家の列の間を捜索し発見した生存者殺害したこれらの行動後にバタヴィア都市全体に広がった。フェルメレンによれば加害者多く船員であり、それ以外にも社会の「不法悪の要素」が参加していた。このとき、財産の略奪押収大規模に行われた翌日暴力行為拡大し続け病院にいた中国人患者病院外に連れ出され殺害された前日破壊された地域火災鎮火しようとしたものの失敗し、炎は勢いよく燃え広がり10月12日まで燃え続けた一方800人のオランダ兵と2000人の先住民からなる集団はガディン・メラティ (Kampung Gading Melati) を襲撃し、そこでは生き残った中国人集団がKhe Pandjang の統率のもとで抵抗していた。中国人らは近くのパニンガラン(インドネシア語版)に避難したものの、後にオランダ軍によってその地区から追放された。2回の襲撃発生した死傷者オランダ人が約450人、中国人が約800人だった。

※この「虐殺」の解説は、「華僑虐殺事件 (バタヴィア)」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「華僑虐殺事件 (バタヴィア)」の記事については、「華僑虐殺事件 (バタヴィア)」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 14:53 UTC 版)

ゾング号事件」の記事における「虐殺」の解説

11月27日28日船員27海里 (50 km)離れたジャマイカ発見したが、イスパニョーラ島フランス植民地サン=ドマングだと誤認してしまった。ゾング号西方に向か航路進み続けジャマイカから離れた。この誤解発覚したのは、船がジャマイカから風下に300マイル (480 km)離れた後のことだった。過密状態、栄養失調事故病気により既に数人船員と約62人のアフリカ人死亡していた。後のジェームズ・ケルサルの主張によればこのミス発覚した時点でゾング号ジャマイカまで10-13日かかる地点にいたが、船には4日分しか残っていなかったという。 11月29日船員らが集まって奴隷一部海に捨て案について検討した。ジェームズ・ケルサルの主張によれば彼は当初計画反対していたが、すぐに満場一致で可決されたという。この日女性子供54人が海に捨てられた。12月1日42人の男性奴隷船外へ捨てられその後数日間でさらに36人捨てられた。また、奴隷船での非人道的行為反発した奴隷10人が海へと飛び込んだ水中へと放り込まれ犠牲者たち悲鳴聞いて海へ投げ込むくらいなら残りアフリカ人食事一切断ってほしいと1人奴隷懇願したが、船員はその懇願無視した12月9日までに合132人のアフリカ人奴隷海に捨てられた。王座裁判所報告書によれば1人奴隷よじ登って何とか船に戻ったという。 当時、「投げ荷」は海上保険補償対象であり、船長権限行われることになっていた。船員主張によれば、船には残り航海の間全ての奴隷生かしておけるだけの十分ながなかったために奴隷を「投げ荷」したのだという。だが、後にこの主張に対して反論があった。12月22日ジャマイカ到達した時点で船には420英ガロン (1,900 l) の残っていた。後にケルサル作成した宣誓供述書によれば42人の奴隷殺害された12月1日1日以上にわたり大雨降り、たる6個分、11日分の集めることができたという。

※この「虐殺」の解説は、「ゾング号事件」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ゾング号事件」の記事については、「ゾング号事件」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:48 UTC 版)

レジャーキ」の記事における「虐殺」の解説

暗殺後ナチス戒厳令出した6月10日リディツェ破壊され住人14歳から84歳までのすべての男性射殺された。リディツェ選ばれたのは、その住民地元のレジスタンスパルチザンを匿い、ハイドリヒ暗殺チームメンバー支援したとして虚偽告発受けたからであったその後ゲシュタポは、レジャーキシルバーA作戦に使用され無線機発見した。レジスタンス・グループ「シルバーA」のリーダー、アルフレッド・バルトシュはその後間もなく自殺した6月24日500人以上の武装親衛隊員とゲシュタポレジャーキ包囲し全ての住民追い出して家が焼き払らわれ、33人の村人射殺された。その時13人の子供達引き離されていた。6月26日にこの経緯新聞発表され事件明らかとなり、1943年12月中旬残骸ナチス作業収容所から65人の人員送られ取り除かれた。 アーリア人計画選ばれた子供2人戦後帰国したが、残りの子供達11人はヘウムノ絶滅収容所送られ1942年リディツェの子供達と共にガス室殺されたリディツェ違いレジャーキ戦後再建されることはな追悼碑のみ残っている

※この「虐殺」の解説は、「レジャーキ」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「レジャーキ」の記事については、「レジャーキ」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:14 UTC 版)

ルワンダ虐殺」の記事における「虐殺」の解説

1994年4月7日開始されジェノサイドでは、ルワンダ軍やインテラハムウェインプザムガンビといったフツ民兵グループが、組織的行動として捕らえたツチ年齢性別にかかわらず全て殺害したまた、フツ穏健派裏切り者として真っ先に殺害されたフツ市民は虐殺に協力することを強いられツチ隣人殺害するよう命令された。この命令拒んだものはフツの裏切り者として殺害された大半の国が首都キガリから自国民避難させ、虐殺初期の時点で同国内の大使館放棄した状況悪化を受けて国営ラジオラジオ・ルワンダ人々外出しないよう呼びかける一方でフツ至上主義者所有するミルコリンヌ自由ラジオ・テレビジョン(英語版)はツチフツ穏健派に対する辛辣なプロパガンダ放送繰り返した国内各地道路数百箇所では障害物積み上げられ民兵による検問所構築された。大々的にジェノサイド勃発した4月7日キガリ内にいたダレール国際連合ルワンダ支援団メンバー保護求めて逃げ込んでくるツチ保護したが、徐々にエスカレートするフツ攻撃止めることができなかった。この時フツ過激派はミルコリンヌ自由ラジオ・テレビジョンの報道を受けてダレール国際連合ルワンダ支援団メンバー標的1つとしていた。4月8日ダレールフツ過激派を虐殺行為走らせる推進力同国民族性であることを暗示した電報ニューヨークへ送っている。また同電報には、複数閣僚を含む政治家平和維持軍ベルギー兵が殺害されたことも詳述されていたダレールまた、この現在進行中の虐殺行為極めて組織立ったもので、主に大統領警備隊によって指揮されていると国連報告している。 4月9日国連監視団はギコンド(英語版)のポーランド人教会にて多数児童虐殺されるのを目撃した(ギコンド虐殺(英語版))同日に、高度に武装化した練度の高い欧州各国軍の兵士1000人が、ヨーロッパ市民国外避難護衛するためにルワンダ入りした。この部隊国際連合ルワンダ支援団援護するための滞在一切行わなかった。9日になると、『ワシントン・ポスト』紙が同国駐在員恐怖させた事件として、国際連合ルワンダ支援団職員殺害された事実報道した4月9日から10日にかけてアメリカ合衆国ローソンルワンダ大使250人のアメリカ人が国外へ避難したジェノサイド速やかにルワンダ全土広がった。虐殺の過程一番初め組織的に行動したのは、国内北西部位置するギセニ県現西部州)の中心都市ギセニ市長であった市長4月6日の夜の時点で武器配布目的とした会合行いツチを殺すために民兵送り出したギセニ暗殺されハビャリマナ大統領出身地であるほかアカズ拠点地域でもあり、さらに南部地域ルワンダ愛国戦線占領されことから数千人のフツが国避難民として流れ込んでいたため、反ツチ感情の特に激し土地となっていた。なお、4月6日から数日後にはブタレ県内を除いた国内のほぼ全ての都市で、キガリと同様ツチフツ穏健派殺害目的とした組織化が行われた。ブタレ県知事ジャン=バティスト・ハビャリマナ(英語版)は、国内唯一ツチ出身知事で虐殺に反対したため、彼が4月下旬更迭されるまでは大規模な虐殺が行われなかった。その後ハビャリマナ知事更迭されフツ過激派のシルヴァン・ンディクマナ(英語版)が知事に就任すると、ブタレでの虐殺が熱心に行われていなかったことが明らとなったため、政府民兵組織メンバーキガリからヘリコプター輸送し直ち大規模な虐殺が開始された。この際に、旧ルワンダ王室皇太后であり、ツチ生ける象徴として国民から慕われていたロザリー・ギカンダイデルフォンス・ニゼイマナ命令により射殺されている。なお、更迭されハビャリマナ知事大統領警備隊によって数日後殺害された4月下旬にはキブンゴ県のニャルブイェ(英語版)においてニャルブイェ大虐殺発生し、およそ2万人が虐殺された。この虐殺は、フツ出身市長シルヴェストル・ガチュンビチ(英語版)の勧めを受けて多数ツチ市内にあったニャルブイェカトリック教会へ逃れたが、その後市長地元インテラハムウェ協力しブルドーザー用いて教会建物破壊し教会内に隠れていたツチ老若男女を問わずマチェーテ叩き切られたり、ライフル撃たれ大半虐殺されるという経過行われた地元カトリック司祭であったアタナゼ・セロンバ(英語版)はルワンダ国際戦犯法廷において、自身の教会ブルドーザー破壊することに協力したため、ジェノサイド人道に対する罪有罪となり、無期懲役の判決受けた。その他では、約2000人が避難していたキガリ公立技術学校 (École Technique Officielle) を警護していた国際連合ルワンダ支援団ベルギー兵が避難民放置して4月11日撤退した結果ルワンダ軍とインテラハムウェによって避難民大半虐殺され事件公立技術学校の虐殺)が発生している。この事件2005年に『ルワンダの涙』として映画化された。 犠牲者大半は自身の住んでいたや町で殺害され直接手を下したのは多くの場合隣人や同じ村の住人であった民兵組織一部メンバーにはライフル殺害利用した者もあったが、民兵大半の場マチェーテ犠牲者叩き切ることで殺害行った犠牲者はしばしば町の教会学校隠れているところを発見されフツ武装集団がこれを虐殺した一般市民ツチフツ穏健派隣人を殺すよう地元当局政府後援ラジオから呼びかけを受け、これを拒んだ者がフツの裏切り者として頻繁に殺害された。『虐殺へ参加するか、自身虐殺されるかのいずれか』 の状況であったという。また、ラジオヤギ強姦対象となる若い娘といったツチの"資産"は、虐殺参加者のために事前にリストアップされており、殺害する前後略奪もしばしば行われた。また、キガリ近郊女性議員1人は、ツチの首1つにつき50ルワンダフラン報酬として与えてツチ殺害奨励していたという。各地に構築され民兵組織による検問では、ツチツチのような外見を持つものが片っ端から捕らえられ虐殺された。多くの場合で、犠牲者殺害される前に略奪され性的攻撃や、強姦拷問受けた。川や湖は虐殺され死体溢れ、または道端積み上げられたり、殺害現場放置されたまた、1992年にはフツ至上主義政治家であったレオン・ムゲセラ(英語版)はツチ排斥訴えツチをニャバロンゴ川を通じてエチオピア送り返すよう主張したが、1994年4月にこの川は虐殺されツチ死体溢れ下流ヴィクトリア湖湖岸幾万もの遺体流れ着いている。 ハビャリマナ大統領暗殺され4月6日からルワンダ愛国戦線同国制圧する7月中旬までのおよそ100日間殺害された被害者数は、専門家の間でも未だ一致得られていないナチス・ドイツ第三帝国行ったユダヤ人の虐殺や、クメール・ルージュ民主カンボジア行った虐殺と異なりルワンダ虐殺では殺害に関する記録当局が行っていなかった。ルワンダ解放戦線からなるルワンダ政府は、虐殺の犠牲者1071000人でこのうち10%フツであると述べており、『ジェノサイドの丘』の著者であるフィリップ・ゴーレイヴィッチ(英語版)はこの数字同意している。一方国連では犠牲者数80万人としているほか、アフリカン・ライツ(African Rights)のアレックス・デ・ワール(英語版)とラキヤ・オマー(英語版)は犠牲者数75万人前後推定し、ヒューマン・ライツ・ウォッチアメリカ本部のアリソン・デフォルジュ(英語版)は、少なくとも50万人述べている。イージス・トラスト(英語版)の代表であるジェイムズ・スミスは、「記憶する上で重要なのは、それがジェノサイドであったことだ。それは男性女性子供全てのツチ抹殺し、その存在記憶全て抹消しようと試みたのだ」と書き留めている。 ルワンダ政府推定によれば84%のフツ15%のツチ1%トゥワから構成され730万人人口のうち、1174000人が約100日間ジェノサイド殺害されたという。これは、1日あたり1万人が、1時間あたり400人が、1分あたり7人殺害されたに等しい数字である。ジェノサイド終了後生存確認されたツチ15万人であったという。また、夫や家族殺害され寡婦となった女性多く強姦被害を受けており、その多くは現在HIV感染していることが明らとなっている。さらに、数多く孤児寡婦一家の稼ぎ手失ったために極貧の生活を送っており、売春生計立てざるを得ない女性存在している(詳しくはルワンダにおける売春を参照のこと)。 虐殺に際してはマチェーテや鍬といった身近な道具だけではなくAK-47手榴弾といった銃火器ジェノサイド使用された。ルワンダ政府の公式統計調査によればルワンダ虐殺犠牲者の37.9%はマチェーテ殺されたという。このマチェーテの4分の3は1993年当時ルワンダ政府中国 から安価で大量に輸入したものであったまた、犠牲者の16.8%はマス撲殺された。キブエ県は虐殺にマチェーテ用いられ割合大きく全体の52.8%がマチェーテにより殺害されマスによる犠牲者は16.8%であったとされるルワンダ虐殺では莫大な数の犠牲者存在とともに、虐殺や拷問残虐さでも特筆すべきものがあったことが知られているツチに対して虐殺者がしばしば行った拷問には手や足を切断するものがあり、これは犠牲者逃走を防ぐ目的のほか、比較背の高いツチに対して適切な身長縮める」目的で用いられた。この際手足切断され犠牲者悶え苦しみながら徐々に死に至る周囲で、多数の虐殺者が犠牲者囃し立てることがしばしば行われたという。時には犠牲者自身の配偶者や子供を殺すこと強いられ子供は親の目の前で殺害され血縁関係同士近親相姦強要され他の犠牲者血肉食らうことを強制された多くの人々建物押し込まれ手榴弾爆殺されたり放火により生きたまま焼き殺された。さらに、犠牲者卑しめる目的と殺後に衣服奪い取る目的で犠牲者はしばしば服を脱がされ裸にされた上で殺害された加えて多くの場合殺害されたツチ遺体埋葬妨害されそのまま放置された結果多くの遺体といったに貪られた。アフリカン・ライツが虐殺生存者の証言をまとめ、1995年刊行したRwanda: Not So Innocent - When Women Become Killers 』には、 ナタずたずたに切られ殺されるので金を渡して銃で一思いに殺すように頼んだ女性強姦された後に殺された幼児は岩にたたきつけられたり汚物生きたまま落とされた,乳房男性器切り落とし部位ごとに整理して積み上げた母親助かりたかったら代わりに自分の子どもを殺すよう命じられた,妊娠後期の妻が夫の眼前で腹を割かれ,夫は「ほら,こいつを食え」と胎児を顔押し付けられた―。 といった報告数多く詳細に収録されている。このほか被害者多くマチェーテ猟銃、鍬などの身近な道具殺害されたことから生存者その後日常生活においてPTSD容易に惹起する可能性指摘する声もある。 ルワンダ虐殺最中に虐殺を食い止めツチ保護するための活動行っていた人々もいた。映画ホテル・ルワンダ」で知られるポール・ルセサバギナの他、ピエラントニオ・コスタ(英語版)、アントニア・ロカテッリ(英語版)、ジャクリーヌ・ムカンソネラ(英語版)、カール・ウィルケンス(英語版)、アンドレ・シボマナ(英語版)らによる活動よく知られている

※この「虐殺」の解説は、「ルワンダ虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ルワンダ虐殺」の記事については、「ルワンダ虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 14:02 UTC 版)

フョードル・ココシキン」の記事における「虐殺」の解説

ココシキンペトログラード到着するとすぐに、ペトログラード軍事革命委員会ロシア語版英語版)の発した令状によって、ボリシェビキは彼を「人民の敵の党」の指導者一人として逮捕した。そして、ココシキンペトロパヴロフスク要塞収監された。 ココシキン結核患っていたため、翌年1918年1月6日、同じカデット党員のアンドレイ・シンガリョフ(ロシア語版英語版とともにマリヤ監獄病院移送された。翌日の夜、バルト海艦隊水兵たちが病院侵入し二人虐殺した殺害数日後行われた追悼集会では、少年時代ドミートリイ・ショスタコーヴィチピアノ曲革命犠牲者捧げる葬送行進曲』を演奏したと言われている。この『革命犠牲者捧げる葬送行進曲』は、『シンガリョフとココシキン捧げる葬送行進曲』としてショスタコーヴィチ作曲したものだという説もある。 後に殺害事件犯人たち指導者バソフが「穀潰しブルジョア二人減っただけだ」という理由でこの殺人正当なのだった弁明していることを司法省明らかにした。バソフ裁判かけられ有罪となったが、他の殺人犯誰も逮捕されなかった。そして、ボリシェビキ指導者たち当初こそココシキンたちの殺害非難したが、後に政治テロル行為だったとしてこの殺人正当化しようとした。

※この「虐殺」の解説は、「フョードル・ココシキン」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「フョードル・ココシキン」の記事については、「フョードル・ココシキン」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 18:47 UTC 版)

テッサロニカの虐殺」の記事における「虐殺」の解説

このテッサロニカでの暴動報告を受け、当時メラディオヌム(現在のミラノ)にいたローマ皇帝テオドシウス1世大帝) は激怒し冷静さ失ってしまう。テオドシウス1世ローマ軍テッサロニカの街に送り込み兵士たち報復処置として容赦なくすべての住民を虐殺すように命じた。少し後、激高収まったテオドシウス1世冷静さ取り戻し大量虐殺に至る考え変えた。 しかし、虐殺の命令取りやめ告げ皇帝の使者新し指示を受け到着する前に、既にテオドシウス1世以前命令結果としてテッサロニカ市民7000人がすでにローマ軍によって殺戮されていたテオドシウス1世冷静な勅命間に合わなかったがために無残な光景広がる事と成った。虐殺の報を帰都した使者から聞き、自ら激高して報復処置認め、虐殺を引き起こしたことに対しテオドシウス1世落胆したと言う結果テッサロニカ一時的に人口激減したとも言われる

※この「虐殺」の解説は、「テッサロニカの虐殺」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「テッサロニカの虐殺」の記事については、「テッサロニカの虐殺」の概要を参照ください。


虐殺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 02:15 UTC 版)

ピロー砦の戦い」の記事における「虐殺」の解説

その後午後4時から夕暮れまで起こったことについて矛盾する報告書議論タネになった北軍史料では、北軍兵が降伏してフォレスト隊は彼らを冷血に虐殺した主張した生き残った守備兵は、その大半降伏し武器投げ出したが、攻撃隊に銃で撃たれる銃剣刺されるだけであり、その攻撃隊は「容赦するな!容赦するな!」と叫んでいたと言ったアメリカ合衆国議会両院合同戦争遂行委員会即座にこの事件調査し南軍守備隊降伏した後もその大半銃撃したと結論出した。アルバート・キャステルによる2002年研究では、ピロー砦が「抵抗止めるかあるい抵抗できなくなった」後も無差別に虐殺されたと結論付けた。 これは第6アメリカ有色人種重砲兵隊のダニエル・ヴァン・ホーン中尉がその公式報告書で「砦の降伏無かった士官兵士降伏慈悲求めることを決してしない宣言していた」と述べたことで議論となった一方フォレスト兵士達は、北軍逃亡していたけれども、その武器携行し、しばしば振り返って銃撃したので南軍兵は自己防衛のために射撃続けざるを得なかったと主張した北軍軍旗依然としての上に翻っており、そのことはその部隊正式に降伏していなかったことを示していた。当時新聞載ったテネシー州ジャクソンの者の証言は、「フォレスト将軍彼等降伏懇願した」が、「降伏最初の合図与えられていなかった」としていた。同様な証言当時多くの南部北部双方新聞掲載された

※この「虐殺」の解説は、「ピロー砦の戦い」の解説の一部です。
「虐殺」を含む「ピロー砦の戦い」の記事については、「ピロー砦の戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「虐殺」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

虐殺

出典:『Wiktionary』 (2021/11/26 12:19 UTC 版)

名詞

ぎゃくさつ

  1. 残虐方法によって殺害すること。

関連語

動詞


「虐殺」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「虐殺」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



虐殺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虐殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァシーの虐殺 (改訂履歴)、ゴリアドの虐殺 (改訂履歴)、ウィリアム・ヘンリー砦 (改訂履歴)、チェリーバレー虐殺 (改訂履歴)、ウィリアム・ヘンリー砦の戦い (改訂履歴)、バタクの虐殺 (改訂履歴)、広州大虐殺 (唐代) (改訂履歴)、オラドゥール=シュル=グラヌ (改訂履歴)、マーカス・ホィットマン (改訂履歴)、収穫祭作戦 (改訂履歴)、バスティーユ襲撃 (改訂履歴)、1891年3月14日のリンチ事件 (改訂履歴)、マクペラの洞窟虐殺事件 (改訂履歴)、メネメンの虐殺 (改訂履歴)、ウンデット・ニーの虐殺 (改訂履歴)、華僑虐殺事件 (バタヴィア) (改訂履歴)、ゾング号事件 (改訂履歴)、レジャーキ (改訂履歴)、ルワンダ虐殺 (改訂履歴)、フョードル・ココシキン (改訂履歴)、テッサロニカの虐殺 (改訂履歴)、ピロー砦の戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの虐殺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS