犠牲者数とは? わかりやすく解説

犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 20:12 UTC 版)

南京事件論争」の記事における「犠牲者数」の解説

詳細は「南京事件の被害者数」を参照 事件犠牲者数について30万人説からゼロまで諸説あり、その背景として、「虐殺」の定義、地域・期間、埋葬記録人口統計など資料検証相違がある。 30万人以上 - 1947年国民政府による南京軍事法廷判決書中国共産党政府の見解はこれに依拠している。目撃者・生存者の証言積み上げて南京城内外・揚子江沿岸近辺殺害され死体焼却されたもの(実際に焼却されずに揚子江流されたものも含む)が19万人以上、南京城内外慈善団体埋葬され遺体15万人上で総数30万人上であろうとする。南京城外の犠牲者数は入れずに、この数になるとする説もある。南京城内だけで30万人とする説であれば資料根拠乏しく日本側の学者からは支持されていないとされる20万人 - 極東国際軍事裁判判決後日見積もりによるとして、日本軍占領して最初の6週間南京その周辺殺害された数とする。揚子江岸で3日以内殺害され中国兵捕虜が3万人以上、郊外南京からの難民飢餓拷問にあって死んだものがある他に、南京城内外埋葬隊等に埋葬された数が155千であることで裏付けられるとする。松井司令官対す個別判決文では 10 万人以上。南京城内だけで20万人という説であれば日本学者支持する意見でないとされる笠原十九司20近く可能性示唆するが、周辺農村部被害などを含めた数であり、しかも本人の説の一部である)。 これ以下が、日本側の学者からおもに支持されている意見とされる。ただし、当然、揚子江での虐殺目撃されていないもの、路上・家屋内での殺害家人・近隣住民によって埋葬されたものが多数あることは考えられ上限設ける説についてはその根拠を十分検討する要がある。 119000人以上 - 笠十九司が、南京郊外を含む説としては、中国兵犠牲8民間人犠牲39千(南京城内:1万2千人農村部:27千人)、計119千人以上という。 4万人 - 秦郁彦は、中国兵犠牲3一般人犠牲者1万人(南京城市のみ)で、4万人上限とした。ほか久野輝夫は37,820人とする。中国文献では、中国軍11-12万人のうち約4-6万人南京戦死捕虜行方不明を含む)とされる。 1〜2 - 板倉由明は、中国兵犠牲8千人一般人犠牲者5千人南京城市と周辺農村部一部江寧県のみ))を合計し1万-2万人とする。当時戦闘詳報などの公式記録には約1万前後敗残兵捕虜)の殺害記録もある。 ゼロ - 「大虐殺否定説戦時国際法上合法説では、30万人市民の「大虐殺(大屠殺)」はなかったと主張佐藤和男戦時国際法上合法説では、便衣兵ゲリラ兵)や投降兵の殺害戦闘行為延長であり、戦時国際法上合法とする。ほか、南京安全区欧米人記録やその話をもとにしたジャーナリスト記録信頼性への疑問国民党事件翌年300回の記者会見言及しなかった、国民政府記録での人口記録矛盾、また日本軍非行として訴えられ殺人は計26件、目撃され事件合法殺害1件のみ、「大虐殺」を証明する写真がないと主張日中歴史共同研究2010年1月報告書(日本側): 日本は、戦時国際法違反中国兵中国民間人への虐殺一定規模あったことを結論づけたが、「日本側の研究 では 20 万人上限として、4 万人、2 万人など様々な推計なされている。このように犠牲者数に諸説がある背景には、「虐殺」(不法殺害)の定義、対象とする地域・期間、埋葬記録人口統計 など資料対す検証相違存在している」と記述している。

※この「犠牲者数」の解説は、「南京事件論争」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「南京事件論争」の記事については、「南京事件論争」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 15:56 UTC 版)

ハルメレン鉄道事故」の記事における「犠牲者数」の解説

この衝突運転士2人を含む91人が死亡し54人が重症負った重傷者のうち2人は後に病院死亡した

※この「犠牲者数」の解説は、「ハルメレン鉄道事故」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「ハルメレン鉄道事故」の記事については、「ハルメレン鉄道事故」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 00:30 UTC 版)

大躍進政策」の記事における「犠牲者数」の解説

中華人民共和国大飢饉」も参照 結局大躍進政策数千万人餓死者を出す惨憺たる大失敗終わった1959年にあるデータでは大躍進政策による餓死者数は3635万人であったという。犠牲者数には諸説あるが、中国統計年鑑2017年版ですら1625万人もの人口減が確認できるほどの大飢饉であった中国共産党内部文書には1958年から1965年の間に4500万人大飢饉死亡した記録されている。サミュエル・ジョンソン賞を受賞したフランク・ディケーターは大躍進政策のための中国人死者7000万人越えると指摘している。国内起こった混乱飢餓産まれなかった者も含めると7600万人との分析がある 。農村部では特に栄養失調者が相次ぎ食人行為横行するほどの飢餓生む大失敗終わった毛沢東政権下の死者合計1億人とする説も出現した毛沢東1959年4月国家主席退任し劉少奇後任となる。 1962年1月中央工作会議七千人大会)で、劉少奇は「三分天災七分人災」と大躍進原因評価した毛沢東ただ一度自己批判行ったのはこの会議席上である。しかし、中国共産党中央委員会主席だった毛沢東賛美教育変わらず劉少奇トップとして大躍進政策尻拭い担当した。しかし、1966年には再びトップ地位得ようとする毛沢東扇動によって、文化大革命起きた

※この「犠牲者数」の解説は、「大躍進政策」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「大躍進政策」の記事については、「大躍進政策」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:24 UTC 版)

グラーグ」の記事における「犠牲者数」の解説

グラーグでは釈放され場合もあり、また再収容され場合もあったが、これらを含めると、総計1800万人2500万人収容された。 1930-53年の期間での推定死亡数は、少なく見積もっても、150から170万人とされる。ローゼフィールドは現在の資料からは160万人が妥当な推計値とする。また、270万人あるいは、600万人死者数推計する説もある。

※この「犠牲者数」の解説は、「グラーグ」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「グラーグ」の記事については、「グラーグ」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 07:49 UTC 版)

北朝鮮人権問題」の記事における「犠牲者数」の解説

北朝鮮国勢調査に基づく推計によると、「苦難の行軍」と呼ばれた1990年代北朝鮮大飢饉結果24万人から42万人死亡し1993年から2008年全期間における過剰死亡者60万人から85万人のぼった飢饉は、北朝鮮政府経済政策結果として、または意図的なテロ飢餓」としても表現されている。『共産主義黒書(英語版)』の共著者であるピエール・リグロ(フランス語版)は、10万人の死刑執行強制収容所での150万人死者飢饉による50万人死者推定し合計210万人犠牲者達するものと推定している(この数字には、朝鮮戦争中に両側殺され130万人軍民入っていない)。北朝鮮では1994年飢餓発生し1996年1997年1998年3年間で大量餓死発生し、それは1999年まで続いて総計300万人にのぼるという推計もある。朝鮮戦争中、北朝鮮軍南部韓国占領最初の3ヶ月間に29,000人の民間人を「粛清」したとされる

※この「犠牲者数」の解説は、「北朝鮮人権問題」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「北朝鮮人権問題」の記事については、「北朝鮮人権問題」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 13:25 UTC 版)

ホロドモール」の記事における「犠牲者数」の解説

大粛清による犠牲については「大粛清#死亡者数」を参照 農業集団化による犠牲については「ソビエト連邦における農業集団化#集団化による犠牲者」を参照 ホロドモール犠牲者数について諸説ある。記録がないため、飢饉正確な犠牲者数は不明である。ソ連では国勢調査実施されていたが、共産党幹部意向変更された。たとえば、1937年国勢調査では見込みより800万人少なかったため、スターリン調査した人口学者を処刑している。1933年4月キエフ州だけで493644人が飢え苦しんでいると報告されているが、この報告では死者数報告されなかった。

※この「犠牲者数」の解説は、「ホロドモール」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「ホロドモール」の記事については、「ホロドモール」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 18:27 UTC 版)

メッシーナ地震」の記事における「犠牲者数」の解説

メッシーナレッジョ・ディ・カラブリアはじめとして多く犠牲者出た報告されているが、正確な犠牲者不明である。推測値には6万人とするものから10万人以上とするものまで、諸説に幅がある。 82000人(E. Guidoboni ら、宇津徳治メッシーナで65000人、レッジョ・ディ・カラブリアで25000123000E. Guidoboni らは82000人(地震による死者8万人津波による死者2000人)としている。日本宇津徳治も「世界の被害地震の表」で82000人を採用しており、日本の気象庁地震被害比較にこの数字引用している。いずれにしても、犠牲者数の面では近代ヨーロッパ最悪地震であり、世界的に見て記録的な犠牲者出した地震一つであると言える死者行方不明者が多い地震世界順位名称発生死者行方不明者(人)規模 (M)1 華県地震 1556年1月23日830,000 8.0 2 ハイチ地震 (2010年) 2010年1月12日320,000 7.0 3 唐山地震 1976年7月28日 約 ≧ 240,000 7.8 4 海原地震 1920年12月16日200,000 - 240,000 8.6 5 スマトラ島沖地震 (2004年) 2004年12月26日230,000 9.1 6 メッシーナ地震 1908年12月28日 82,000 - 120,000 7.1 7 アシガバート地震 1948年10月6日 約 110,000 7.3 8 関東地震関東大震災1923年9月1日 105,385 7.9 9 四川大地震 2008年5月12日87,000 10 パキスタン地震 (2005年) 2005年10月8日73,000 7.6

※この「犠牲者数」の解説は、「メッシーナ地震」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「メッシーナ地震」の記事については、「メッシーナ地震」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 23:42 UTC 版)

サン・バルテルミの虐殺」の記事における「犠牲者数」の解説

虐殺の犠牲者数の見積もりローマ・カトリック弁明者による2,000人から、自らも危うく死を免れた同時代ユグノーであるシュリー公(英語版)による70,000人に及ぶ。正確な犠牲者数は未だに算定されておらず、現代の歴史家たちの見積もりでさえ、相当な幅がある。最少見積もりパリで約2,000人、地方で3,000人である。その他の見積もりパリで3,000人、地方で7,000人の合計10,000人である。最大20,000人以上または「同時代無党派人物による推測」に基づく合計30,000人である。パリに関する唯一の確実な数値は、パリ市セーヌ川下流の岸から死体引き揚げ埋葬した労働者賃金支払った際の数値の1,100人である。その他の支払額に関連する遺体数はここから計算されている。

※この「犠牲者数」の解説は、「サン・バルテルミの虐殺」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「サン・バルテルミの虐殺」の記事については、「サン・バルテルミの虐殺」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:17 UTC 版)

沖縄戦」の記事における「犠牲者数」の解説

沖縄戦での住民の犠牲者数は国の調査が行われておらず正確な数は不明だが、1950年沖縄県援護課の発表では以下の数値である。C+Dの94000人が住民犠牲とされる沖縄戦日本死亡者188136人A:県外出身日本兵戦死者 65908人 B:沖縄県出身軍人軍属現地召集受けた正規兵のほか、防衛隊鉄血勤皇隊など) 28228人 C:戦闘参加者(戦傷病者戦没者遺族等援護法援護法)との関係で日本軍協力して死亡した準軍属認定され人数5万5246人 D:一般住民 38754人(推定) うちDが推定となっているのは援護課が一般住民犠牲者直接調査せず、1945年昭和20年)と1946年昭和21年)の沖縄県住民数の差から、援護課で戦闘参加者として認定した数Cを差し引いた数をDとしたためである。終戦直後1946年統計戸籍焼失した一家全滅少なくないなどの事情により誤差大きいと思われまた、1946年人口には、沖縄戦後で生まれた子どもや、戦時中沖縄県不在だった本土へ疎開者、また海外からの引き揚げ者4万人以上や復員兵多数含まれるため、計算上の人減少より実際戦没者数の方が大きいと推定される沖縄県民犠牲者15万人とする場合もあるが、これは沖縄県出身軍人上記B)や地上戦域外での餓死者・病死者疎開船撃沈による被害なども含めた数値である。なお、沖縄県平和祈念公園設置され石碑の「平和の礎」には、1931年昭和6年)の満州事変以降南西諸島日本軍降伏調印1年程度経過1946年昭和21年9月7日頃までに発生した戦争主因沖縄県出身者死者と、1944年昭和19年3月22日の第32創設から1946年昭和21年9月7日頃までのアメリカ軍将兵などを含む県外出身死者の名が記載されており、2006年平成18年6月23日時点24383人(うち沖縄県出身者149035人)となっている。この「平和の礎」の数値根拠に、沖縄戦戦没者数を24万人主張する者もある。 また、日本死亡者のうちに朝鮮半島出身土木作業員慰安婦など1万人以上が統計から漏れているとの見方もある。

※この「犠牲者数」の解説は、「沖縄戦」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「沖縄戦」の記事については、「沖縄戦」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 08:16 UTC 版)

シベリア抑留」の記事における「犠牲者数」の解説

ソ連側(現ロシア政府)はこれまでに約41千人分の死者名簿作成し日本側に引き渡している。アメリカ研究者ウイリアム・ニンモによれば確認済み死者254千人行方不明推定死亡者は93千名で、事実上、約34万人日本人死亡したという[要ページ番号]。 シベリア抑留中にソ連軍事法廷日本人144人が銃殺刑判決受けたことが判明しており、うち33人への執行確認されている(79人のその後不明)。 日本厚生労働省2019年令和元年)現在でも、ロシア連邦などから提供され資料を基に、旧ソ連満州死亡して新たに判明した日本人氏名などの名簿更新続けている。

※この「犠牲者数」の解説は、「シベリア抑留」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「シベリア抑留」の記事については、「シベリア抑留」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 14:55 UTC 版)

伊号第三十潜水艦」の記事における「犠牲者数」の解説

消えた潜水艦52』では14人。 P108 『海軍技術研究所』では13人。 P128 『深海の使者』では13人。 P50

※この「犠牲者数」の解説は、「伊号第三十潜水艦」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「伊号第三十潜水艦」の記事については、「伊号第三十潜水艦」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 13:42 UTC 版)

米比戦争」の記事における「犠牲者数」の解説

フィリピン側の民間人の犠牲者数は20万人から150万人といわれる

※この「犠牲者数」の解説は、「米比戦争」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「米比戦争」の記事については、「米比戦争」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 03:07 UTC 版)

ハマー虐殺」の記事における「犠牲者数」の解説

1982年初め西側各国政府外交筋から伝えられ情報では戦闘1000人が殺害されということ信じられていた。その後犠牲者推計は、政府軍死者およそ1000人も含めて7,000人から40,000人までばらつきがある[要出典]。虐殺直後ハマー滞在したロバート・フィスクは、もともと死者数10,000人としていたが後になって倍の20,000人と推計している。あるいは政府側の「推計であれば大統領の弟であるリフアトが誇らしげ自分38,000人を殺した語ったというエピソード伝わっている。アムネスティ・インターナショナルははじめ犠牲者数を10,000から25,000人の間でありほとんどが民間人であるという数字出していた。 シリア人権委員会報告では、「25,000人以上」 あるいは30,000人から40,000人が殺されたと推計されている。シリア・ムスリム同胞団40,000人前後の犠牲者生まれた主張している。 24年後、シリアジャーナリストのスビ・ハディドは「アリー・ハイダル少将指揮のもと街の包囲27日間に及び、重砲戦車火力晒された。そして街は侵略され30,000人、40,000人という市民殺された。15,000人がいまも行方不明であり、土地追われ人間100,000人に達する」と語っている。

※この「犠牲者数」の解説は、「ハマー虐殺」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「ハマー虐殺」の記事については、「ハマー虐殺」の概要を参照ください。


犠牲者数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 13:47 UTC 版)

チベット動乱」の記事における「犠牲者数」の解説

チベット動乱によるチベット人犠牲者数については、以下のように諸説ある。 酒井信彦によれば犠牲者総人口5分の1120万人にのぼるとされる。これらの犠牲者なかには自殺者や行不明者も含まれるチベット亡命政府国際司法委員会(ICJ)の『チベットと中華人民共和国報告医師ジョン・アーカリーとブレーク・カーによる『チベットにおける拷問投獄報告』、アムネスティの『中国における拷問』(1992年)、国連人権委員会の『チベットにおける真実』などが、中国政府恐怖政治告発したが、中国は、これらの主張強く否定している。ICJ1997年にも、中国によるチベットへ抑圧激化していると報告している。 1953年におけるチベット公式の国勢調査では中央チベット人口127万人記録されており、中国政府主張同調する学者はこれを根拠として虐殺被害者120万人という説の信憑性疑問視している。 サムドン・リンポチェチベット亡命政府首相〈2001-2011年〉)およびダライ・ラマ14世によれば1962年にはチベット自治区内の2,500僧院から僧侶93%が追い出され残され僧院70だけだという。 19501976年の間の侵略および占領直接的な結果として死者数は、次のように推定されている。 173,221人のチベット人が、刑務所もしくは強制収容所死亡156,758人が処刑死。 342,970人が餓死432,705人が戦闘もしくは暴動中に死亡92,731人が拷問死。 9,002人が自殺。 以上、合計1207387人。 2006年にはこの大量虐殺人道に反する罪国家テロ拷問嫌疑は、スペイン法廷によって取り調べられた。2006年9月30日起きたナンパラ峠襲撃事件きっかけチベット系スペイン人活動団体 Tibet Support Committee of Spain (CAT) と Fundacion Casa Del Tibet(在バルセロナ、チベットハウスファンデーション)が提訴スペイン最高裁判所普遍的管轄権(普遍的司法権原則)に基づきチベット人ジェノサイド事件」として受理した2009年5月5日スペイン最高裁判所サンチャゴ・ペドラズ(Santiago Pedráz)判事が、中国におけるチベット問題に関して中国政府高官8人を「人道に対する罪」を犯した容疑裁判召還することを発表翌日には中国通知された。容疑者にはチベット自治区委員会書記張慶黎(Zhang Qingli)、ウイグル自治区委員会書記王楽泉中国少数民族対外交流教会前会長李德洙(Li Dezhu)らが含まれている。ペドラズ裁判官中国当局に対して2005年締結され中国スペイン二国間司法協力協定に基づき司法協力要請し、さらに告訴内容実証されれば、人道に対する罪侵害の罪でスペイン法と国際法両方裁かれることを通告した。これに対し中国政府は「虚偽訴訟」として訴訟応じない6月16日発表しまた、ペドラズ裁判官中国渡航した場合逮捕される口頭応えた

※この「犠牲者数」の解説は、「チベット動乱」の解説の一部です。
「犠牲者数」を含む「チベット動乱」の記事については、「チベット動乱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犠牲者数」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「犠牲者数」の関連用語

犠牲者数のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犠牲者数のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南京事件論争 (改訂履歴)、ハルメレン鉄道事故 (改訂履歴)、大躍進政策 (改訂履歴)、グラーグ (改訂履歴)、北朝鮮人権問題 (改訂履歴)、ホロドモール (改訂履歴)、メッシーナ地震 (改訂履歴)、サン・バルテルミの虐殺 (改訂履歴)、沖縄戦 (改訂履歴)、シベリア抑留 (改訂履歴)、伊号第三十潜水艦 (改訂履歴)、米比戦争 (改訂履歴)、ハマー虐殺 (改訂履歴)、チベット動乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS