飢餓とは? わかりやすく解説

き‐が【飢餓/×饑餓】

読み方:きが

食べ物がなくて飢えること。飢え。「—感」

「飢餓」に似た言葉

飢餓

作者笹沢左保

収載図書疑心男女
出版社徳間書店
刊行年月1989.9
シリーズ名徳間文庫


飢餓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 01:37 UTC 版)

飢餓きが: starvation)とは、食糧の不足によって栄養失調が続き、体調の維持が困難になっている状態である。


  1. ^ FAO How the world is fed
  2. ^ 飢餓をゼロに” (日本語). 2020年9月26日閲覧。
  3. ^ フランシス・ムア・ラッペ『小さな惑星の緑の食卓』 奥沢喜久栄訳、講談社、1982年。i、16~17、62~63頁。
  4. ^ 2008年02月24日放送「NHK海外ネットワーク」NHKデジタル総合
  5. ^ FAO - The Swedish Institute for Food and Biotechnology (SIK) Global food losses and food waste
  6. ^ 世界人口の増大が鈍化、2050年に97億人に達した後、 2100年頃に110億人で頭打ちか:国連報告書(プレスリリース日本語訳)*世界人口推計2019年版データブックレット(日本語訳)をアップしました!” (日本語). 国連広報センター. 2021年10月5日閲覧。
  7. ^ 代替肉はだれのため?未来の食生活を支える植物由来の救世主 - マーケティング・パートナー「セルウェル」” (日本語). 新たな市場を創造するマーケティング・パートナー:sellwell(セルウェル) (2019年11月18日). 2021年10月5日閲覧。
  8. ^ 我が国の食料自給率-平成15年度食料自給率レポート』農林水産省(農林水産省)
  9. ^ 下川耿史 『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』p325 河出書房新社 2003年11月30日刊 全国書誌番号:20522067


「飢餓」の続きの解説一覧

飢餓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:53 UTC 版)

後発開発途上国」の記事における「飢餓」の解説

後発開発途上国形成する大きな問題が飢餓である。厳し気候耕作不適な土質地域では農業充分に発展せず食料輸入を行うための財政力もないため、「生活に必要な栄養自給できない状態」にある。 食料生産国の多くは、自国穀物保護目的に、他国から輸入され穀物に高い関税をかけている。このような状況において後発開発途上国では、肥料利用するなどして生産拡大して輸出伸ばすことができず、生産過剰となり、結果として豊作貧乏陥ってしまう。そうなることを避けるために、後発開発途上国では、肥料など利用しない粗放農業をとらざるを得ないそのような状態だと自然災害紛争などによる悪影響を受けやすくなり、飢餓がより深刻化する

※この「飢餓」の解説は、「後発開発途上国」の解説の一部です。
「飢餓」を含む「後発開発途上国」の記事については、「後発開発途上国」の概要を参照ください。


飢餓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 18:13 UTC 版)

アンティオキア攻囲戦」の記事における「飢餓」の解説

食糧不足のため、アンティオキア包囲する十字軍宿営内では飢餓が発生し人間も馬もばたばた死んでいった。全軍7人のうち1人飢え死に軍馬700頭しか残らなかった。民衆十字軍生き残りであり隠者ピエール率いられ陣営にいた特に貧し兵士たちのうちから、死んだ敵兵死体食べる人肉食に走る者が現われた騎士らのうちにはあえて飢え耐えようとする者もあった。しかし多くは馬の死体などを食べたシリアのキリスト教徒や、追放されてキプロス島にいた正教会エルサレム総主教シモンらは十字軍食糧送ろうとしたが、これも飢餓を和らげることはできなかった。翌1098年1月には、騎士兵士中から脱走者出始めた。その中には隠者ピエールもおり、すぐさま発見されタンクレードによって宿営に連れ戻された。十字軍参加した兵や民衆から崇拝されていた彼の権威は、ここに来て地に墜ちた

※この「飢餓」の解説は、「アンティオキア攻囲戦」の解説の一部です。
「飢餓」を含む「アンティオキア攻囲戦」の記事については、「アンティオキア攻囲戦」の概要を参照ください。


飢餓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 09:33 UTC 版)

ケトアシドーシス」の記事における「飢餓」の解説

飢餓はケトアシドーシス稀な原因であり、通常ケトアシドーシスではなく生理学的ケトーシス引き起こされる。飢餓によるケトアシドーシスは、最も一般的には妊娠授乳急性疾患など、他の代謝ストレスがある場合起こる。

※この「飢餓」の解説は、「ケトアシドーシス」の解説の一部です。
「飢餓」を含む「ケトアシドーシス」の記事については、「ケトアシドーシス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飢餓」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

飢餓

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:53 UTC 版)

別表記

名詞

(きが 「饑餓」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. 食物無くなり飢えること。

発音(?)

き↘が

表記

脚注


「飢餓」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

飢餓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飢餓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飢餓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの後発開発途上国 (改訂履歴)、アンティオキア攻囲戦 (改訂履歴)、ケトアシドーシス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの飢餓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS