関税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 関税 > 関税の意味・解説 

かん ぜい くわん- [0] 【関税】

貨物国境通過する際課せられる税。輸入税輸出税があるが、現在日本に輸入税しかない税収入を目的とする財政関税国内産業保護目的とする保護関税などがある。 → 輸入税輸出税財政関税保護関税
古く国境関所などで徴収した税。

関税

読み方かんぜい

輸出輸入の際に課せられる税金のことで、主に輸入国が課す関税をさすことが多い傾向あります。関税は、財源調達手段としての関税(財政関税)と国内産業保護保護関税)の機能を有しています。


関税

歴史的には古代都市国家における手数料始まり内国関税、国境関税というような変遷経てきたが、今日では一般に輸入品のみに課されることが多い。関税法上は、輸入貨物信書を除く。)に課されることとされている。(関税法第3条)関税は、財源調達手段としての関税(財政関税)と国内産業保護保護関税)の機能を有している。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

関税

読み方かんぜい
【英】: customs duty / tariff
同義語: tariff  

輸入、または輸出貨物に対し課税される租税を関税というが、現在、わが国では輸出関税はなく、したがって関税は輸入関税同義語であり、関税法関税定率法および関税暫定措置法いわゆる関税三法)に基づく国税であり、間接消費税一種である。
関税は、(1) 財政収入目的とする財政関税、(2) 国内産業保護目的とする保護関税分類されるが、わが国始め先進諸国においては主として産業保護目的としている。石油対する関税は、戦前から国産原油保護目的として、輸入原油石油製品に関税が課せられたが、戦後は、国内石炭産業育成立場から関税が課されており、さらに昭和 42 年度( 1967 年度)以降石炭特別会計47 年度( 1972 年度)以降石炭石油特別会計財源としての役割大きくなり、次第財政関税としての性格強くなった。
関税は、輸入貨物数量、または価格課税基準となるが、輸入貨物数量重量長さ容積などを課税標準とする税率従量税、これに対し輸入貨物価格課税標準とする場合従価税と称し、わが国原油石油製品関税は、戦前から 1951 年度(昭和 26 年度)までは従量税1952 年度(昭和 27 年度)から従価税1961 年度(昭和 36 年度)以降は再び従量税適用され、現在に至っている。

関税

読み方:カンゼイ(kanzei)

(1)中世諸侯あるいは都市財源を得るため徴収した通過税・城門税。
(2)近代法律条約上の協定により、外国から輸入する品物に対して課する税。


関税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 03:12 UTC 版)

関税(かんぜい)とは、広義には国境または国内の特定の地域を通過する物品に対して課される[1]。狭義には国境関税(外部関税)のみを指す[1]。国内関税がほとんどの国で廃止されている現代社会では、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から輸入貨物に対して課される国境関税をいうことが多く、間接消費税に分類される。




  1. ^ a b 東京銀行『貿易為替辞典』至誠堂、1960年、87頁
  2. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 日本経済新聞社 単行本は2000年104頁。日経ビジネス人文庫版は、2002年112頁。
  3. ^ 平成21年法律第7号
  4. ^ 関税定率法等の一部を改正する法律案要綱(2011年2月)
  5. ^ a b Krugman, Paul; Wells, Robin (2005). Microeconomics. Worth. ISBN 0-7167-5229-8 
  6. ^ a b Krugman & Wells (2005).
  7. ^ Stolper & Samuelson (1941).
  8. ^ University of Chicago IGM Panel - Steel And Aluminum Tariffs, (March 12, 2018), http://www.igmchicago.org/surveys/steel-and-aluminum-tariffs 
  9. ^ El-Agraa (1984), p. 26.
  10. ^ ほとんどすべての現実の場合にはこの場合にあてはまるかもしれない。
  11. ^ 岡山, 岩田 & 宮川 (1992), pp. 8-35(in 8-45), 第2章 保護:全般的な背景.
  12. ^ 岡山, 岩田 & 宮川 (1992), p. 76, 第5章「雇用-関税」命題の政治経済学的評価.
  13. ^ 岡山, 岩田 & 宮川 (1992), p. 93(in 83-94), 第6章最適関税、報復および国際協力.
  14. ^ 佐藤雅彦・竹中平蔵 『経済ってそういうことだったのか会議』 、日本経済新聞社 単行本は2000年105頁。日経ビジネス人文庫版は、2002年113頁。
  15. ^ 2019年版不公正貿易報告書
  16. ^ 第5章 関税
  17. ^ 外務省 特恵関税制度
  18. ^ a b 税関HP 特恵関税制度の概要
  19. ^ 租税及び印紙収入決算額調一覧 財務省





関税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「関税」に関係したコラム

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関税」の関連用語

関税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



関税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2020 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS