協定税率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > > 協定税率の意味・解説 

きょうてい‐ぜいりつ〔ケフテイ‐〕【協定税率】

ある国が他国との条約により、他国特定産品に対して約束した一定の関税率

GATTおよびWTO協定によって定められた関税率


協定税率

読み方きょうていぜいりつ

WTO譲許税率とも呼ばれます。
WTO協定上、WTO加盟国地域に対して一定率以上の関税を課さないことを約束譲許)している税率をいいます。その税率が、国定税率より低い場合WTO加盟国地域からの産品に対して等しく適用されます。


協定税率

WTO譲許税率とも呼ばれるWTO協定上、WTO加盟国地域に対して一定率以上の関税を課さないことを約束譲許)している税率をいう。その税率が、国定税率より低い場合WTO加盟国地域からの産品に対し等しく適用される

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

協定税率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 01:36 UTC 版)

協定税率(きょうていぜいりつ)とは、




  1. ^ 例えば、日本とASEAN加盟の10カ国との間に締結された日本・ASEAN包括的経済連携協定


「協定税率」の続きの解説一覧



協定税率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「協定税率」の関連用語

協定税率のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



協定税率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2020 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの協定税率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS