最恵国待遇とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > 待遇 > 最恵国待遇の意味・解説 

さいけいこく‐たいぐう【最恵国待遇】

読み方:さいけいこくたいぐう

通商航海条約通商協定において、締約国一方他方に対し通商関税航海どの事項について最も有利な待遇与えている第三国よりも不利でない待遇与えること。MFNmost favored nation)。


最恵国待遇(さいけいこくたいぐう)

一番良い貿易条件約束すること

二国間通商関係において、関税貿易などの面での一番良い待遇条件約束することを言う。通商航海条約最恵国条項盛り込むなど、両国間条約協定によって定められるまた、WTO加盟している国家互いに最恵国待遇を与え合うことになっている

最恵国待遇は、(1) 締結時点において他国よりも不利にならない貿易待遇与えられる (2) 将来締結国第三国により有利な貿易条件与えたときには最恵国待遇の国にも自動的にそれが適用ということがある。こうすることで最恵国待遇の国には「第三国よりも不利な扱いをしない」ということ保証される

(2000.05.22更新


最恵国待遇

WTO協定基本原則一つ通商相手国産品に対して当事国第三国与え待遇よりも不利でない待遇与えることをいう。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

最恵国待遇


最恵国待遇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 08:30 UTC 版)

最恵国待遇(さいけいこくたいぐう、: most favored nation treatment)とは、通商条約、通商航海条約において、あるが対象となる別の国に対して、最も有利な待遇を受けることを現在および将来において約束すること。 ついて別の第三国に対する優遇処置と同様の処置を供することを指す場合が多い。また経済分野でも企業間の契約条件の決め方に使われる[1]。なお、米国の通商法では、1998年以降、通常貿易関係(normal trade relations)[注釈 1]と呼んでいる。


  1. ^ 1998年7月22日に成立した内国歳入庁再編成及び改革法(Internal Revenue Service Restructuring and Reform Act of 1998,P.L.104-206)第5編第5003条⒝による改正。この理由については、第5003条⒜(19USC 2481note)は、最恵国待遇の供与は、18世紀以来、米国の基本的な通商方針であり、一般の場合には行われているにもかかわらず、「最恵国」というと特別な扱いであるとの印象を一般に与えるためとしている。
  1. ^ Amazon.co.jp、出品業者の「最恵国待遇」条項を撤廃 公取委が審査終了ITmedia、2017年6月19日閲覧。
  2. ^ 第038回国会 外務委員会 第11号 国会会議録検索システム 1961年3月24日
  3. ^ 日本人はオランダの労働市場において自由に活動できる エヴェラエルト弁護士事務所 2014年12月24日
  4. ^ 二、最近における通商・貿易交渉 外務省 1957年
  5. ^ 条約等基本通達別紙1
  6. ^ G7首脳声明”. 外務省. 2022年3月14日閲覧。
  7. ^ “WTO加盟14の国と地域 ロシアの「最恵国待遇」取り消しへ”. NHK NEWSWEB. NHK. (2022年3月16日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220316/k10013533781000.html 2022年3月16日閲覧。 
  8. ^ wto文書WT/GC/244
  9. ^ Albania; Australia; Canada; European Union; Iceland; Japan; Republic of Korea; Republic of Moldova; Montenegro; New Zealand; North Macedonia; Norway; United Kingdom and United States.
  10. ^ ロシア排除が進むWTO体制-米国・同盟国による最恵国待遇(MFN)の停止-”. 経済産業研究所. 2022年3月17日閲覧。
  11. ^ Canada cuts Russia and Belarus from Most-Favoured-Nation Tariff treatment”. Department of Finance Canada. 2022年3月14日閲覧。
  12. ^ Order withdrawing the Most-Favoured-Nation status from Russia and Belarus”. Canada Border Services Agency. 2022年3月17日閲覧。
  13. ^ Remarks by President Biden Announcing Actions to Continue to Hold Russia Accountable”. White House. 2022年3月14日閲覧。
  14. ^ a b c d e f Roll Call 78 | Bill Number: H. R. 7108
  15. ^ H.R.7108 - Suspending Normal Trade Relations with Russia and Belarus Act
  16. ^ “米下院、 対ロシア制裁法案を可決 高関税で輸入制限”. 日本経済新聞. (2022年3月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN17F3X0X10C22A3000000/ 2022年3月22日閲覧。 
  17. ^ “米下院、ロシア・ベラルーシの最恵国待遇取り消し法案を圧倒的多数で可決”. ロイター. (2022年3月18日). https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-trade-usa-idJPKCN2LE2L3 2022年3月22日閲覧。 
  18. ^ 米議会、対ロ制裁法案を可決 原油禁輸、「最恵国」取り消し―大統領署名で成立へ:時事ドットコム”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  19. ^ ロシアの最恵国待遇を取り消す法案をアメリカ連邦議会が可決 北朝鮮並みに関税引き上げの可能性:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web (2022年4月8日). 2022年4月8日閲覧。
  20. ^ Bills Signed: H.R. 6968 and H.R. 7108”. White House. 2022年4月11日閲覧。
  21. ^ “米、「最恵国待遇」取り消し法成立 ロシアに高関税―大統領署名”. 時事ドットコム. (2022年4月9日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2022040900204&g=int 2022年4月9日閲覧。 
  22. ^ Proclamation 10420 of June 27, 2022 Increasing Duties on Certain Articles From the Russian Federation(87 FR 38875)
  23. ^ a b 磯部真一 (2022年6月28日). “バイデン米大統領、230億ドル相当のロシア原産品の関税率を35%に引き上げ”. ジェトロ. 2022年7月1日閲覧。
  24. ^ Ukraine: EU agrees fourth package of restrictive measures against Russia”. European Commission. 2022年3月17日閲覧。
  25. ^ UK announces new economic sanctions against Russia”. European Commission. 2022年3月18日閲覧。
  26. ^ a b Question and Answers: fourth package of restrictive measures against Russia”. Department for International Trade. 2022年3月22日閲覧。
  27. ^ 岸田内閣総理大臣記者会見”. 首相官邸. 2022年3月17日閲覧。
  28. ^ 【速報】ロシアへの5つの制裁強化を発表 岸田首相会見 (FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
  29. ^ a b 関税・外国為替等審議会 関税分科会 配付資料一覧(令和4年3月28日)”. 財務省. 2022年4月6日閲覧。
  30. ^ ロシアに対する関税における最恵国待遇の撤回についての答申(令和4年4月5日)”. 財務省. 2022年4月6日閲覧。
  31. ^ 令和4年4月5日(火)持ち回り閣議案件”. 首相官邸. 2022年4月6日閲覧。
  32. ^ ロシア最恵国撤回へ法改正、輸入額の1割対象 財務分科会が答申”. newsweekjapan (2022年4月5日). 2022年4月6日閲覧。
  33. ^ ロシア産水産物、関税上げ 酒など禁輸も視野 最恵国待遇の撤回、閣議決定”. 日本経済新聞 (2022年4月5日). 2022年4月6日閲覧。
  34. ^ a b 衆閣法 第208回国会 59 関税暫定措置法の一部を改正する法律案”. 衆議院. 2022年4月15日閲覧。
  35. ^ 第208回国会 衆議院公報第60号 議事経過”. 衆議院. 2022年4月15日閲覧。
  36. ^ 第208回国会 衆議院公報第60号 委員会経過”. 衆議院. 2022年4月15日閲覧。
  37. ^ 第208回国会 衆議院公報第61号 委員会経過”. 衆議院. 2022年4月15日閲覧。
  38. ^ 第208回国会 衆議院公報第62号 議事経過”. 衆議院. 2022年4月15日閲覧。
  39. ^ 第208回国会 参議院公報第63号 議事経過 令和4年4月15日(金)”. 参議院. 2022年4月21日閲覧。
  40. ^ 第208回国会 参議院公報第65号 委員会及び調査会等経過 4月19日(火)”. 参議院. 2022年4月21日閲覧。
  41. ^ 第208回国会 参議院公報第66号 議事経過 令和4年4月20日(水)”. 参議院. 2022年4月21日閲覧。
  42. ^ Australia to impose tariff increases on all imports from Russia”. Australian Goverment Department of Foreign Affairs and Trade (2022年3月31日). 2022年4月6日閲覧。
  43. ^ Customs Act 1901”. Australian Goverment. 2022年4月15日閲覧。
  44. ^ NOTICE OF INTENTION TO PROPOSE CUSTOMS TARIFF ALTERATIONS (No. 3) 2022”. Australian Goverment (2022年4月1日). 2022年4月15日閲覧。
  45. ^ NOTICE OF INTENTION TO PROPOSE CUSTOMS TARIFF ALTERATIONS (No. 4) 2022”. Australian Goverment (2022年4月13日). 2022年4月15日閲覧。
  46. ^ Australian Customs Notice No. 2022/21”. Australian Border Force (2022年4月1日). 2022年4月15日閲覧。


「最恵国待遇」の続きの解説一覧



最恵国待遇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

最恵国待遇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最恵国待遇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2022 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最恵国待遇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS