最恵国待遇とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > 待遇 > 最恵国待遇の意味・解説 

さいけいこく‐たいぐう【最恵国待遇】

通商航海条約通商協定において、締約国の一方他方に対し、通商関税航海などの事項について最も有利な待遇与えている第三国よりも不利でない待遇与えること。MFNmost favored nation)。


さいけいこく‐たいぐう【最恵国待遇】

〔名〕 (英 most-favored-nation treatment訳語通商航海条約を結んだ国が相手国に対し、従来最もよい待遇与えている第三国同等通商航海入国居住営業などの待遇与えること。〔英和外交商業字彙1900)〕


最恵国待遇(さいけいこくたいぐう)

一番良い貿易条件約束すること

二国間通商関係において、関税貿易などの面での一番良い待遇条件約束することを言う。通商航海条約最恵国条項盛り込むなど、両国間の条約協定によって定められる。また、WTO加盟している国家互いに最恵国待遇を与え合うことになっている

最恵国待遇は、(1) 締結時点において他国よりも不利にならない貿易待遇与えられる (2) 将来締結国が第三国により有利な貿易条件与えときには最恵国待遇の国にも自動的にそれが適用ということがある。こうすることで最恵国待遇の国には「第三国よりも不利な扱いをしない」ということ保証される。

(2000.05.22更新


最恵国待遇

WTO協定基本原則一つ通商相手国の産品に対して当事国が第三国与え待遇よりも不利でない待遇与えることをいう。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

最恵国待遇

読み方さいけいこくたいぐう
【英】 most-favored-nation treatment

条約当事国の一方が,その領域において,現在および将来任意の第三国国民与えるのと同様の利益を,条約他方当事国の国民にも与えること。かつては第三国国民与え利益同一条件他方当事国国民に与えるものと,これを無条件与えるものとがあったが,現在では後者一般的である。多国間条約ではGATTがこれを採用した。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

最恵国待遇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 16:31 UTC 版)

最恵国待遇(さいけいこくたいぐう、: most favored nation treatment)とは、通商条約、商航海条約において、あるが対象となる別の国に対して、最も有利な待遇を受けることを現在および将来において約束すること。




  1. ^ 1998年7月22日に成立した内国歳入庁再編成及び改革法(Internal Revenue Service Restructuring and Reform Act of 1998,P.L.104-206)第5編第5003条⒝による改正。この理由については、第5003条⒜(19USC 2481note)は、最恵国待遇の供与は、18世紀以来、米国の基本的な通商方針であり、一般の場合には行われているにもかかわらず、「最恵国」というと特別な扱いであるとの印象を一般に与えるためとしている。


「最恵国待遇」の続きの解説一覧



最恵国待遇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「最恵国待遇」の関連用語

最恵国待遇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



最恵国待遇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2021 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最恵国待遇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS