通貨安競争とは?

通貨安競争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 02:21 UTC 版)

通貨安競争(つうかやすきょうそう、: competitive devaluation, currency war)とは各国が、労働力などの自国通貨建て生産要素の価格を相対的に引き下げることによって失業率低下・資源稼働率上昇を図るため、自国通貨安に誘導することである。




  1. ^ for an interactive overview of global imbalances and other macro trends, over the past 2 decades and also future proejections, visit the OECD Data visualization
  2. ^ a b c d 「現代国際金融論第4版」上川孝夫・藤田誠一 編、有斐閣ブックス、2012年、161ページ。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典小項目事典「近隣窮乏化政策」コトバンク、2015年2月4日アクセス。
  4. ^ IMFによる資料。「加盟国は、(中略)不公正な競争上の優位を得るための為替操作を行わないことや、IMF に自国の経済に関する情報を提供することを約束します」と述べられている。
  5. ^ Bloomberg.co.jp. 2010/02/24.「世界貿易量:昨年は12%減、予想上回る落ち込み-WTO事務局長」2015年2月8日閲覧。
  6. ^ Brown 2010, p. 229
  7. ^ Tim Geithner (2010年10月6日). “Treasury Secretary Geithner on IMF, World Bank Annual Meetings”. United States Department of the Treasury. 2010年12月27日閲覧。
  8. ^ Edwin M. Truman (2009年3月6日). “Message for the G20: SDR Are Your Best Answer”. Voxeu.org. 2010年12月27日閲覧。
  9. ^ Martin Wolf (2010年9月29日). “Currencies clash in new age of beggar-my-neighbour”. The Financial Times. 2010年9月29日閲覧。
  10. ^ Tim Webb (2010年9月28日). “World gripped by 'international currency war'”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/business/2010/sep/28/world-in-international-currency-war-warns-brazil 2010年12月27日閲覧。 
  11. ^ Jonathan Wheatley in São Paulo and Peter Garnham in London (2010年9月27日). “Brazil in 'currency war' alert”. The Financial Times. 2010年9月29日閲覧。
  12. ^ Alan Beattie (2010年9月27日). “Hostilities escalate to hidden currency war”. The Financial Times. 2010年9月29日閲覧。
  13. ^ Ambrose Evans-Pritchard (2010年9月29日). “Capital controls eyed as global currency wars escalate”. London: The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/finance/economics/8031203/Capital-controls-eyed-as-global-currency-wars-escalate.html 2010年9月29日閲覧。 
  14. ^ West inflates EM 'super bubble'. The Financial Times.. (2010年9月29日). http://video.ft.com/v/620158442001/West-inflates-EM-super-bubble- 2010年9月29日閲覧。 
  15. ^ Russell Hotten (2010年10月7日). “Currency wars threaten global economic recovery”. BBC. http://www.bbc.co.uk/news/business-11484532 2010年11月17日閲覧。 
  16. ^ James Rickards. 2014.Currency Wars Revisited. CFA publications. 3(31). p15.
  17. ^ FRBとECBの超緩和政策、世界を混乱に=スティグリッツ氏Reuters 2010年10月6日
  18. ^ 日本経済新聞電子版「通貨安競争を回避」G20声明 日本批判避ける」2013年2月16日の記事。2015年2月7日閲覧。
  19. ^ 日本は構造改革断行を=通貨安競争の回避重要-米財務長官時事ドットコム 2014年10月11日
  20. ^ G20で為替発言相次ぐ、米が通貨安競争けん制し日欧はメリット強調Reuters 2014年10月11日
  21. ^ 通貨戦争 崩壊への最悪シナリオが動き出した! ジェームズ・リカーズ著/藤井清美訳 〜通貨安競争は本格貿易戦争を招くのか東洋経済オンライン 2012年10月22日
  22. ^ “[FT米中通貨戦争の脅威”]. 日本経済新聞. (2019年8月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48308770X00C19A8000000/ 2020年1月17日閲覧。 
  23. ^ “【社説】米中対立、貿易戦争から通貨戦争に”. WSJ. (2019年8月6日). https://jp.wsj.com/articles/SB11297896407831284029004585470912735813530 2020年1月17日閲覧。 
  24. ^ “米中合意の外為部分、従来の公約のほぼ繰り返し-為替専門家の見方”. ブルームバーグ. (2020年1月16日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-16/Q468QN6JTSE801 2020年1月17日閲覧。 
  25. ^ “情報BOX:米中「第1段階」合意の詳細”. ロイター. (2020年1月16日). https://jp.reuters.com/article/us-china-trade-idJPKBN1ZE2Y8 2020年1月16日閲覧。 
  26. ^ “通貨摩擦、「適温相場」で休戦 米が中国の「為替操作国」解除”. 日本経済新聞. (2020年1月14日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54365890U0A110C2EA2000/ 2020年1月17日閲覧。 
  27. ^ 日銀の緩和強化、モスクワG20声明と整合=カナダ中銀総裁
  28. ^ 米財務長官、日銀の異次元緩和に支持表明Reuters 2013年4月18日
  29. ^ 米議員226人、大統領に為替操作対応求める 日本を名指しAFPBB News 2013年6月7日
  30. ^ 米為替報告、日中独など大幅な黒字国5カ国を監視リストにロイター 2016年4月30日
  31. ^ “トランプ大統領が日本の為替政策を批判”. NHK. (2017年2月1日). オリジナルの2017年1月31日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170131161352/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170201/k10010860071000.html 2017年2月2日閲覧。 
  32. ^ “為替操作発言 米議会、根強い日本警戒論 5年不介入でも監視対象”. 産経ニュース. (2017年2月1日). http://www.sankei.com/world/news/170201/wor1702010024-n1.html 2019年6月12日閲覧。 
  33. ^ 歴史を誤認する藤井大臣PHPビジネスオンライン 衆知 2009年11月10日
  34. ^ a b メディアが書き立てる「通貨安戦争」悪者論を鵜呑みにするな G7で為替介入に理解を求めた政府のお粗末現代ビジネス 2010年10月11日
  35. ^ 岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、21頁。
  36. ^ Barry Eichengreen and Jeffrey Sachs(1985), "Exchange Rates and Economic Recovery in the 1930s", The Journal of Economic History[1]
  37. ^ a b c d 円高は経済政策の失敗が原因だSYNODOS -シノドス- 2010年10月13日
  38. ^ How to Prevent a Currency War Project Syndicate 2010-10-12
  39. ^ 慶応義塾大学教授・竹森俊平日本経済新聞2011.11.18朝刊29面「やさしい経済学・キンドルバーガー5、為替切り下げ」
  40. ^ Barry Eichengreen. 2013. Currency War or International Policy Coordination?. University of California, Berkeley. p.6.において、アイケングリーンは「The analysis here suggests that the history is more nuanced and that more care should be taken in carrying over the lessons of the 1930s to today.(本論文における分析は、過去には微妙な違いがあることを示し、また1930年代の教訓を現代に適用するにはより注意を要することを示している) 」と述べている。
  41. ^ スティグリッツ教授の真説・グローバル経済 FRBは妥当か 長期金利の低下に景気浮揚効果なしダイヤモンド・オンライン 2010年11月16日
  42. ^ スティグリッツ氏:通貨安競争は現代に「選ばれる兵器」Bloomberg 2010年10月21日
  43. ^ 【日本の解き方】「円安で近隣窮乏化」という誤解 デフレ対策の緩和、堂々主張をZAKZAK 2013年1月25日(2013年3月18日)
  44. ^ 日本の購買力平価は高くないSYNODOS -シノドス- 2013年3月12日
  45. ^ 浜田宏一イェール大学教授「日銀の政策は"too little,too late"だ」 憂国のインタビュー第2回 聞き手:高橋洋一現代ビジネス 2011年3月10日
  46. ^ 経済の死角 「安倍バブル」の教祖浜田宏一が大いに語る「1ドル100円、日本は甦る」現代ビジネス 2013年2月6日
  47. ^ ケインズの助言 片岡剛士SYNODOS -シノドス- 2010年8月11日
  48. ^ 【特別対談】高橋洋一vs若田部昌澄(後篇) いま増税路線を採用するのは 嵐が来るのに窓を開け放つようなものだダイヤモンド・オンライン 2011年10月21日
  49. ^ ニュースの深層 G20でマスコミ報道はピンぼけばかり!本当に必要なのは「外為特会利権」の改革だ現代ビジネス 2013年02月18日
  50. ^ デフレ脱却のための政策を問うNIRA 総合開発研究機構 2013年4月





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通貨安競争」の関連用語

通貨安競争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



通貨安競争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通貨安競争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS