自由貿易とは?

じ ゆうぼうえき -いう- [4] 【自由貿易】

国家商品輸出入についてなんらの制限保護加えない貿易輸入税輸入制限為替管理国内生産者への補助金ダンピング関税などのない状態。 → 保護貿易管理貿易


自由貿易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 06:42 UTC 版)

自由貿易(じゆうぼうえき、free trade)は、関税など国家の介入、干渉を排して生産者や商人が自由に行う貿易のこと。19世紀重商主義に基づく保護貿易に対して、イギリスアダム・スミスデヴィッド・リカードフランスフランソワ・ケネーらによって唱えられた。


  1. ^ a b c 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、112頁。
  2. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、202頁。
  3. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、203頁。
  4. ^ a b c d e f 伊藤元重 『はじめての経済学〈上〉』 日本経済新聞出版社〈日経文庫〉、2004年、30頁。
  5. ^ a b 日本経済新聞社編 『やさしい経済学』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2001年、43頁。
  6. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、48頁。
  7. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、78頁。
  8. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、78-79頁。
  9. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 徳間書店、2002年、127頁。
  10. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 徳間書店、2002年、129頁。
  11. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 徳間書店、2002年、97頁。
  12. ^ 提言 【特別寄稿(上)】菅政権のめざすことと、その背景 宇沢弘文・東京大学名誉教授、日本学士院会員JAcom 農業協同組合新聞 2011年2月14日
  13. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 199-201頁。
  14. ^ 中野剛志 『TPP亡国論』 174-175頁。
  15. ^ ポール・クルーグマン 『クルーグマン教授の経済入門』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2003年、196頁。
  16. ^ a b c 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、216頁。
  17. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、81頁。
  18. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、81-82頁。
  19. ^ 政策研究・提言 TPPを契機に農産物間の差別を止めよ東京財団 2011年11月4日
  20. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、191頁。
  21. ^ 岩田規久男 『経済学的思考のすすめ』 筑摩書房、2011年、51-52頁。
  22. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、98-99頁。
  23. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、164頁。
  24. ^ 若田部昌澄 『もうダマされないための経済学講義』 光文社〈光文社新書〉、2012年、57-58頁。
  25. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、167頁。
  26. ^ 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、225頁。
  27. ^ 中谷巌 『痛快!経済学』 集英社〈集英社文庫〉、2002年、226頁。
  28. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』 徳間書店、2006年、115-116頁。
  29. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』 徳間書店、2006年、168頁。
  30. ^ 新井明・柳川範之・新井紀子・e-教室編 『経済の考え方がわかる本』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2005年、132頁。
  31. ^ 新井明・柳川範之・新井紀子・e-教室編 『経済の考え方がわかる本』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2005年、131頁。
  32. ^ 野口旭 『グローバル経済を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年、103頁。
  33. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 195頁。
  34. ^ 伊藤修 『日本の経済-歴史・現状・論点』 中央公論新社〈中公新書〉、2007年、180頁。
  35. ^ スティーヴン・ランズバーグ 『ランチタイムの経済学-日常生活の謎をやさしく解き明かす』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2004年、306頁。
  36. ^ 野口旭 『ゼロからわかる経済の基礎』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年、202-204頁。
  37. ^ 野口旭 『グローバル経済を学ぶ』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2007年、104-105頁。
  38. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、150-151頁。
  39. ^ みずほ総合研究所編 『3時間でわかる日本経済-ポイント解説』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2002年、195頁。
  40. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』 徳間書店、2006年、122-123頁。
  41. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ 『世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す』 徳間書店、2006年、125頁。
  42. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、242頁。
  43. ^ a b c 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、243頁。
  44. ^ a b c Ebola virus spreads while governments sleep on the job Peter Hartcher, Comment, The Sydney Morning Herald, 26 Aug 2014
  45. ^ a b c Important lessons from Ebola outbreak BusinessWorld, Opinion, Jeffrey Sachs, August 17, 2014
  46. ^ a b Economies At 'Significant' Risk From Ebola SkyNews HD, 14 August 2014
  47. ^ Ebola cases in west Africa could rise to 20,000 says WHO Lisa O'Carroll, Society, theguardian, 28 August 2014
  48. ^ WHOがエボラ熱で「緊急事態」宣言、感染阻止へ国際協調訴えReuters 2014年8月8日
  49. ^ a b c エボラ熱感染拡大、西アフリカの食料供給脅かす-移動制限でBloomberg 2014年9月3日
  50. ^ a b c d Free exchange: Revisiting Ricardo The Economist, 23 Aug 2014
  51. ^ 大和総研 『最新版 入門の入門 経済のしくみ-見る・読む・わかる』 日本実業出版社・第4版、2002年、204頁。
  52. ^ 新井明・柳川範之・新井紀子・e-教室編 『経済の考え方がわかる本』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2005年、171頁。
  53. ^ CSRを考える 新春特別対談 2008年のCSR新展開を占う 後半日経CRSプロジェクト 2008年2月13日
  54. ^ 貧困の終焉:2025年までに世界を変える日立総合計画研究所 2007年
  55. ^ a b 前田浩次 話題の本棚 新しい世界 グローバル化の新局面に期待もBOOK.asahi.com 2006年9月3日
  56. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、168頁。
  57. ^ 若田部昌澄・栗原裕一郎 『本当の経済の話をしよう』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2012年、167頁。
  58. ^ 飯田泰之・雨宮処凛 『脱貧困の経済学』 筑摩書房〈ちくま文庫〉、2012年、38-39頁。
  59. ^ 野口旭・田中秀臣 『構造改革論の誤解』 東洋経済新報社、2001年、85頁。
  60. ^ 円居総一 『原発に頼らなくても日本は成長できる』 ダイヤモンド社、2011年、148頁。
  61. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、235頁。
  62. ^ 岩田規久男 『「不安」を「希望」に変える経済学』 PHP研究所、2010年、235頁。


「自由貿易」の続きの解説一覧



自由貿易と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由貿易」の関連用語

自由貿易のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自由貿易のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由貿易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS