勝ち組とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 勝ち組の意味・解説 

勝ち組

読み方:かちぐみ

勝負に勝った側の人々社会的・経済的に成功した人、いわゆる格差社会において優位立場に立つ人。裕福である、地位が高い、容姿端麗である、望んだ人生実現している、などの状況を指すことが多い。対義語として「負け組」がある。

かち‐ぐみ【勝(ち)組】

勝負事に勝ったり、事業などで成功した者。人生競争で望んだ地位財産を得た者。→負け組


勝ち組 カチグミ


勝ち組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 14:12 UTC 版)

勝ち組(かちぐみ)とは、第二次世界大戦日本の降伏後も、日本の敗北を信ぜず、「日本は戦争に勝った」と信じていた在外日本人のグループのこと[1][2]


  1. ^ a b c 諏訪 2010, p. 68.
  2. ^ a b c d e f g h 国立国会図書館 2009.
  3. ^ 国立国会図書館 (2009)では、日本からの短波放送で「トッコウタイ」という音を聞いて漢字を当てたとしている。
  4. ^ 諏訪 (2010, p. 68)は、「フルネーム」は「特別行動隊」としている。
  5. ^ 諏訪 (2010, p. 68)では、同時期にサンパウロ州ツパーン英語版で日本人青年7人がある農家にやってきたブラジルの「官憲の首領」を殺害したことが勝ち組と負け組の「抗争」のきっかけだった、としている。
  6. ^ 岡安 (1952, p. 90)では、岡安がブラジルを訪問した1952年3-5月頃には、対立は既に収まっていた、としている。
  7. ^ 日本の各県がブラジルの農地を買い上げ、各県出身の日系移民に土地を割り当てるために締結していた契約(諏訪 2010, pp. 66-67)
  8. ^ 高木 1991, p. あとがき.
  9. ^ ブラジル日系移民 「コダマ」によみがえる悪夢 敗戦時、日本円を売った黒幕『朝日新聞』1976年3月8日夕刊、3版、9面
  10. ^ a b 岡安 1952, p. 90.
  11. ^ 終戦間もないインド収容所 邦人17人殺される『朝日新聞』1976年(昭和51年)5月31日朝刊、13版、3面


「勝ち組」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勝ち組」の関連用語

勝ち組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勝ち組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2021 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの勝ち組 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS