日本の医療とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の医療の意味・解説 

日本の医療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 09:01 UTC 版)

日本一般政府歳出(%, 2019年)[3]


注釈

  1. ^ 法制上の建前は「療養の給付」以外の保険給付はすべて現金給付であるが、その多くで実際には現物給付としての運用がなされている。
  2. ^ 社会福祉法第2条第3項第9号 - “生計困難者のために、無料又は低額な料金で診療を行う事業” (第二種社会福祉事業)
  3. ^ 2008年では、ジェネリック購買額シェアでは、北米で52%、欧州5か国で30%、日本は3%であった。数量比シェアも、米国は59%、日本は19%であった。製品価格面でも、米国では先発薬の20-30%であるが日本ではおおよそ半額ほどに留まる(OECD 2009, pp. 115–116)。
  4. ^ 日本医療政策機構の調査では現在一箱あたり300円前後の課税を少なくとも600円まで増税することに74%が賛成している(OECD 2009, pp. 116–117)
  5. ^ かつての1959年に厚生大臣へ提出された医療保障委員会最終答申では、イギリスの医療ベヴァリッジ報告書)を参考にGP医制度の実現を強く求めていた。これを日本医師会は「医療の国営化、人頭割制度につながる」として反対した(新村拓 2011, pp. 193–194)
  6. ^ 1970年代に日本医師会会長武見太郎は、開業医が病床を持つことに反対し、開業医は外来・往診・予防医療などの家庭医に専従すべきだとしていた(新村拓 2011, pp. 73–74)。

出典

  1. ^ a b c d e f g h OECD 2013.
  2. ^ 医療給付実態調査 平成24年度 (Report). 厚生労働省. (2014-04-08). GL08020101. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/iryouhoken/database/zenpan/iryoukyufu.html. 
  3. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2021 (Report). OECD. (2019). doi:10.1787/6b749602-en. 
  4. ^ a b c OECD 2015, p. 128.
  5. ^ a b OECD 2015, p. 129.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 厚生労働白書 2011, Chapt.3.
  7. ^ 厚生労働白書 2011, Chapt.2.
  8. ^ a b 財務総合政策研究所 2010.
  9. ^ World Health Organisation, World Health Staff (2000). Haden, Angela; Campanini, Barbara. eds. The world health report 2000 - Health systems: improving performance. Geneva, Switzerland: 世界保健機関. ISBN 92-4-156198-X. http://www.who.int/whr/2000/en/whr00_en.pdf 
  10. ^ Most Efficient Health Care: Countries”. ブルームバーグ. 2013年8月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月31日閲覧。
  11. ^ 保険局調査課 (2019-03-13). 医療保険に関する基礎資料 生涯医療費 平成28年度 (Report). 厚生労働省. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/iryouhoken/database/zenpan/kiso.html. 
  12. ^ 『平成25年版 高齢社会白書』内閣府、2013年。ISBN 978-4904681053https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html 
  13. ^ a b c d OECD 2009, p. 99.
  14. ^ 医療費、3年連続で過去最高に 2019年度は44兆円(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月15日閲覧。
  15. ^ a b WHO 2013, pp49-59, Part3 Grobal health Indicators>1. Life expectancy and mortality.
  16. ^ a b World Health Statistics 2010 (Report). WHO. (2010). pp,45-57, Part2 Grobal health Indicators>1. Mortality and burden of disease. http://www.who.int/gho/publications/world_health_statistics/EN_WHS10_Full.pdf. 
  17. ^ 平成24年 人口動態調査, 第7表 (Report). 厚生労働省. (2013-09-05). https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1.html. 
  18. ^ WHO 2013, pp.61-71, Part3 Grobal health Indicators>2. Cause-specific mortality and morbidity.
  19. ^ 人口統計資料集 2013年度版 (Report). 国立社会保障・人口問題研究所. (2013). Ⅴ.死亡・寿命. https://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/Popular2013.asp?chap=5&title1=%87X%81D%8E%80%96S%81E%8E%F5%96%BD. 
  20. ^ a b c d e f OECD 2015, Assessment and recommendations.
  21. ^ a b OECD 2013, Chapt.1.9.
  22. ^ Making Mental Health Count The Social and Economic Costs of Neglecting Mental Health Care (Report). OECD. (2014-07). doi:10.1787/9789264208445-en. 
  23. ^ OECD 2013, Chapt.7.6.
  24. ^ 厚生労働白書 2013, 資料編pp26.
  25. ^ a b c d e f g “日本の公的医療制度の課題と民間医療保険の可能性”. フィナンシャル・レビュー (財務総合政策研究所) 111. (2012-09-01). http://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/fr_list6/fr111.htm. 
  26. ^ a b c d e f g h i 泉眞樹子「医療費における自己負担と医療アクセス - 保険給付と高額療養費、難病対策その他の公費医療」『レファレンス』第60巻第9号、国立国会図書館、2010年9月、 91-116,、 NAID 40017320355
  27. ^ 2019年 医療施設(動態)調査・病院報告の概況 (Report). 厚生労働省. (2019). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/19/. 
  28. ^ a b OECD 2013, Chapt.4.3.
  29. ^ OECD 2013, Chapt.4.2.
  30. ^ OECD 2013, 6.3.
  31. ^ a b OECD 2013, Chapt.3.1.
  32. ^ a b c WHO 2013, pp120-129 >Part3 Grobal health Indicators>6. Health Systems.
  33. ^ a b OECD 2013, Chapt.3.7.
  34. ^ 厚生労働白書 2013, p. 305.
  35. ^ 厚生労働白書 2013, 資料編 pp.44-45.
  36. ^ OECD 2013, Chapt.4.1.
  37. ^ a b OECD 2009, pp. 106.
  38. ^ “生活保護の病巣 利権・練金道具と化す「医療扶助」の闇”. 産経. (2012年11月25日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121125/waf12112518000025-n1.htm 
  39. ^ a b c d OECD 2009, pp. 126–128.
  40. ^ a b c “国保納付率88%、最低更新 09年度、景気悪化で”. 共同. (2011年2月4日). http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020401000501.html 
  41. ^ 平成24年版厚生労働白書 (Report). 厚生労働省. (2012). pp. 363. https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12/. 
  42. ^ a b c 平成28年度 国民医療費の概況 (Report). 厚生労働省. (2018-09-21). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/16/index.html. 
  43. ^ 厚生労働白書 2013, 資料編 pp.21-22, 詳細データ1 社会保障給付費の部門別推移.
  44. ^ 厚生労働白書 2013, 資料編 pp.33-34, 詳細データ3 国民医療費及び構成割合の推移.
  45. ^ a b c WHO 2013.
  46. ^ a b OECD 2015, pp. 131–132.
  47. ^ OECD 2013, Chapt.7.3.
  48. ^ 社会保障費用統計, 厚生労働省
  49. ^ a b c OECD 2009.
  50. ^ OECD 2015, p. 126.
  51. ^ a b c OECD 2009, p. 118-119.
  52. ^ a b c 社会保障制度改革国民会議 報告書(概要) (Report). 社会保障国民会議. (2013-08-05). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/pdf/houkokusyo_gaiyou.pdf. 
  53. ^ OECD 2014.
  54. ^ Revenue Statistics 2014 (Report). OECD. (2014). doi:10.1787/rev_stats-2014-en-fr. 
  55. ^ a b c OECD 2009, p. 119.
  56. ^ a b c 社会保障国民会議 最終報告 (Report). 社会保障国民会議. (2013-11-04). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/syakaihosyoukokuminkaigi/. 
  57. ^ a b c d e f OECD 2009, pp. 123–126.
  58. ^ “混合診療及び保険外併用療養費制度が医療制度に与える影響に関する研究”. フィナンシャル・レビュー (財務総合政策研究所) 111: 56-57. (2012-09-01). http://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/fr_list6/fr111.htm. 
  59. ^ a b OECD 2013, 4.11.
  60. ^ a b c d OECD 2015, pp. 128–130.
  61. ^ a b OECD 2009, pp. 115–116.
  62. ^ 厚生労働白書 2013, pp. 308–309.
  63. ^ “生活保護受給者、後発薬基本に 厚労省が検討”. 共同. (2013年1月19日). http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011901001618.html 
  64. ^ a b c d e OECD 2009, pp. 113–115.
  65. ^ OECD 2015, p. 131.
  66. ^ a b c “民主党政策集INDEX2009 - 医療政策” (プレスリリース), 民主党, (2009年7月23日), http://www1.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html, "レセプトオンライン請求の原則化" 
  67. ^ “平成24年度診療報酬改定の概要(DPC制度関連部分)” (プレスリリース), 厚生労働省, (2013年4月25日), https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002909e-att/2r985200000290dw.pdf 
  68. ^ “医療費の総額管理制度の導入をどう考えるか”. みずほリポート (みずほ総合研究所). (2005-08-24). http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/report/report05-0824.pdf. 
  69. ^ a b 厚生労働白書 2013, pp. 310.
  70. ^ a b OECD 2009, pp. 116–117.
  71. ^ a b c d e f OECD 2009, pp. 117.
  72. ^ a b c d e “Japan: Universal Health Care at 50 Years”. ランセット 378 (9796): 1049,. (2011). doi:10.1016/S0140-6736(11)60274-2. PMID 21885103. http://download.thelancet.com/flatcontentassets/series/japan/series3.pdf. 
  73. ^ OECD 2013, Chapt.4.5.
  74. ^ a b c d OECD 2009, pp. 106–108.
  75. ^ 医療法 第6条の3
  76. ^ OECD 2009, p. 105.
  77. ^ a b c d e f g h i j k l m OECD 2009, p. 118.
  78. ^ OECD 2009, p. 33.
  79. ^ レセプト(レセプトのオンライン請求義務化)とは」『日経ガバメントテクノロジー』2007年10月18日。
  80. ^ “レセプトオンライン請求の完全義務化撤廃を求める共同声明” (プレスリリース), 日本医師会, (2008年11月20日), http://www.med.or.jp/nichinews/n201120a.html 
  81. ^ “レセプトのオンライン義務化違憲 35都府県の医師らが提訴”. 共同. (2009年1月21日). http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012101000752.html 
  82. ^ “レセプトオンライン請求1年猶予 零細病院に配慮し厚労省”. 共同. (2009年4月21日). http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042101000535.html 
  83. ^ “レセプト訴訟取り下げへ オンライン義務化撤回で”. 共同. (2010年2月13日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021301000503.html 
  84. ^ “レセプト電算処理システム年度別普及状況” (プレスリリース), 社会保険診療報酬支払基金, (2013年10月), http://www.ssk.or.jp/rezept/rezept_01.html 
  85. ^ 柔道整復師の施術に係る療養費の支給について (Report). 会計検査院. (2009). http://report.jbaudit.go.jp/org/h21/2009-h21-0357-0.htm. 
  86. ^ “柔道整復療養費にメス? 厚労省が不正請求への対処に本腰”. 日経メディカル. (2012-07-10). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/201207/525775.html. 
  87. ^ “けんぽれん大阪連合会 広報誌「かけはし」 2009年11月 No.458” (プレスリリース), 健保連大阪連合会, (2009年11月), http://www.kenpo.gr.jp/osaka/kakehasi/458/sidou_yousei.htm 
  88. ^ 柔道整復師問題、「ここ数年が戦いの最終局面」”. 日本保険鍼灸マッサージ協同組合連合会 (2010年11月22日). 2013年8月25日閲覧。
  89. ^ “柔道整復師問題、「ここ数年が戦いの最終局面」 日本臨床整形外科学会シンポ、「日医声明は脅迫電話で頓挫」”. M3.com. (2010年11月9日). http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/128044/ 



「日本の医療」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の医療」の関連用語

日本の医療のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の医療のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の医療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS