混合診療とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 診療 > 混合診療の意味・解説 

混合診療

読み方:こんごうしんりょう

健康保険対象となる「保険診療」と併せて保険適用範囲外で自己負担となる医療サービス併用すること。

日本では、平等な医療サービス提供するため、混合診療を原則として禁止している。例外的に、入院時の個室ベッド利用などの付加価値に対して支払う「差額ベッド」や、保険診療適用されていない高度先進医療を受ける場合などに限り併用認められている。こうした認められている範囲を超えて混合診療を行った場合には、全面的自由診療を行ったと見なされ、患者全額保険適用支払必要があることになっている

2004年に混合診療の可能な範囲一部拡大された。その後全面解禁を望む声が上がっているが、2010年12月現在も混合診療の全面的解禁には至っていない。なお、日本医師会では保険診療サービスの平等な提供という観点から混合診療の全面解禁反対している。

2011年11月現在、TPP環太平洋戦略的経済連携協定)の参加の是非をめぐり国内激しく議論されているが、TPP参加する場合には、混合診療の全面解禁議論対象となる可能性がある。

関連サイト
混合診療ってなに?~混合診療の意味するものと危険性~ - 日本医師会
混合診療ってなに?:日本医師会はこう考えています - 日本医師会

こん ごうしんりょう -がふ -れう [5]混合診療

公的保険適用を受ける保険診療と、適用を受けない自由診療併用した診療原則として禁止され、自由診療併用した場合保険適用を受ける部分全額自己負担となる。混合医療

混合診療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 18:32 UTC 版)

混合診療(こんごうしんりょう、Mixed billing[1])とは、国際的に明確な定義はない[2]が、厚生労働省は日本国内での「一連の医療行為について、保険診療と保険外診療をの併用を認めること」としている[3]日本医師会によれば『保険診療と保険診療外の診療行為自体の混在ではなく、日本の国民皆保険体制の公的医療保険制度の主幹システムである「医療の現物給付」の中での「費用の混在」(一部負担金を含む保険給付と保険外の患者負担との混合)を指す』とされる[4]


  1. ^ 歯科治療において、保険で認められていない素材や技術を用いて、義歯などの補綴物を作成し装着する場合、その治療の下準備までを保険診療で行い、入れ歯などの作成の部分に限って、自由診療に切り替えることがある。この場合、当該歯以外の治療や歯周病など、他の病名での処置が継続する場合は、保険診療と自由診療が並行して行われることとなるため、混合診療であると誤解されることがある
  1. ^ OECD 2009, pp. 123.
  2. ^  いわゆる「混合診療」・「保険診療と保険外診療の併用について」厚生労働省ホームページ ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 先進医療の概要について > 保険診療と保険外診療の併用についてより [1]
  3. ^ 厚生労働省 いわゆる「混合診療」に係る説明資料  中医協 総-6 16.11.10
  4. ^ 日本医師会医療政策会議 2003, はじめに.
  5. ^ 未承認薬のコンパッショネート・ユース」『日経メディカルオンライン』2006年7月19日。
  6. ^ a b c d e f g h 寺岡章雄、津谷喜一郎「未承認薬のコンパッショネート使用─日本において患者のアクセスの願いにどう応えるか─」『薬理と治療』第38巻第2号、2010年。
  7. ^ 寺岡章雄、津谷喜一郎「医薬品のコンパッショネート使用制度(CU)―なにがCUか・なにがCUではないのか―」『薬理と治療』第40巻第10号、2012年。
  8. ^ a b  混合診療に関する一考察 ― 先進諸国の状況を参考に 明治安田生命福祉社会研究部
  9. ^ a b c “混合診療及び保険外併用療養費制度が医療制度に与える影響に関する研究”. フィナンシャル・レビュー (財務総合政策研究所) 111: 48-73. (2012-09). http://www.mof.go.jp/pri/publication/financial_review/fr_list6/index.htm. 
  10. ^ a b c d OECD 2009, pp. 120-126.
  11. ^ [2]」『生活福祉研究 : 明治安田生活福祉研究所調査報』第79巻、明治安田生活福祉研究所、,2011-12 2011、 116-127頁、 NAID 40019156158
  12. ^ a b 混合診療:フランスから学ぶものはあるか」『日経BP』2011年7月25日。
  13. ^ 丸尾美奈子「オーストラリアの医療保障制度について ~税方式の国民皆保障を提供しつつも、民間保険の活用で医療財源を確保~」『ニッセイ基礎研report』、ニッセイ基礎研究所、2009年10月、 NAID 40016841564
  14. ^ a b Health insurance – Obtaining basic insurance, its costs and services”. スイス官房. 2014年12月1日閲覧。
  15. ^ a b OECD 2009, p. 124.
  16. ^ 総合規制改革会議第2回アクションプラン実行ワーキンググループ (平成15年3月17日)の資料等提出依頼に対する 厚生労働省の文書回答
  17. ^ 日本経済新聞 2004年10月20日
  18. ^ “いわゆる「混合診療」問題について” (プレスリリース), 厚生労働省, (2012年12月15日), http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1216-1.html 
  19. ^ 東京地方裁判所判決 2007年11月7日 、平成18(行ウ)124、『健康保険受給権確認請求事件』。
  20. ^ 『読売新聞』2007年11月7日
  21. ^ “混合診療禁止は適法 がん患者が逆転敗訴”. 共同通信. (2009年9月29日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009092901000792.html 
  22. ^ 平成19(行コ)405 健康保険受給権確認請求控訴事件 平成21年09月29日 東京高等裁判所判例検索システム
  23. ^ a b c 中間とりまとめ (Report). 内閣府規制改革会議. (2004-08-03). http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/old/publication/2004/0803/item02.pdf. 
  24. ^ “【ドラッグ・ラグ】(3)混合診療「なぜ自己負担」”. 産経新聞. (2010年3月15日). http://sankei.jp.msn.com/life/body/100315/bdy1003152331002-n2.htm 2010年11月12日閲覧。 
  25. ^ “混合診療を考える(下)”. 日本経済新聞. (2004年10月21日) 
  26. ^ 新村拓 『国民皆保険の時代 : 1960,70年代の生活と医療』 法政大学出版局、2011年11月、59-62頁。ISBN 9784588312113 
  27. ^ 土田武史「国民皆保険50年の軌跡」『社会保障研究』第47巻第3号、国立社会保障・人口問題研究所、2011年12月。
  28. ^ 日本医師会 『日本医師会 戦後50年のあゆみ』、71頁http://www.med.or.jp/jma/about/50th/ 
  29. ^ 京臨技会報No.10京都府臨床検査技師会
  30. ^ 高度先進医療Internet Archiveに残されたかつて厚生労働省のサイトにあったもの
  31. ^ 厚生労働白書 平成17年 (Report). 厚生労働省. (2005). Chapt.6-5. http://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/. 
  32. ^ a b c 第1次答申 (Report). 規制改革会議. (2004-12-24). http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/old/publication/2004/1224/item041224_02.pdf. 
  33. ^ 日本医師会医療政策会議 2003, おわりに.
  34. ^ a b 日本医師会医療政策会議 2003, IV.
  35. ^ a b 全国保険医団体連合会 2004, Chapt.4.
  36. ^ “日本患者団体が「混合診療の解禁」に反対する決議” (プレスリリース), 全国保険医団体連合会, http://hodanren.doc-net.or.jp/news/iryounews/041216kanjya.html 
  37. ^ a b c 「混合診療」解禁についての当会の考えNPO法人がんと共に生きる会
  38. ^ 中間とりまとめ別紙規制改革推進会議
  39. ^ 混合診療って何?Q5日本医師会
  40. ^ “政策部長談話「保険外併用療養費の拡大は、混合診療の解禁ということ 皆保険を崩し、医療の安全を損なう規制改革の撤回を求む」” (プレスリリース), 神奈川県保険医協会, (2010年5月10日), http://www.hoken-i.co.jp/outline/h/post_427.html 
  41. ^ 日本医師会医療政策会議 2003, II-2.
  42. ^ 「混合診療」の解禁の意義(総合規制改革会議作成)首相官邸
  43. ^ 病院経営が抱える諸問題財務省
  44. ^ 全国保険医団体連合会 2004, Chapt.2.
  45. ^ 全国保険医団体連合会 2004, Chapt.6.
  46. ^ a b 混合診療問題ニュース12神奈川県保険医協会
  47. ^ 国民皆保険の崩壊につながりかねない最近の諸問題について (Report). 日本医師会. http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000u8kz-att/2r9852000000u8sh.pdf. 
  48. ^ 混合診療問題ニュース9神奈川県保険医協会
  49. ^ a b OECD 2009, pp. 125.
  50. ^  「交渉参加 TPP<3> 医療制度は守れるのか」『東京新聞』2011年11月17日
  51. ^ 日医NEWS第1205号
  52. ^ 米、TPPで「皆保険不介入」の意向 事前協議前に駆け引き 焦点は自動車SankeiBiz


「混合診療」の続きの解説一覧



混合診療と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「混合診療」の関連用語

混合診療のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



混合診療のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの混合診療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS