NPO法人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > NPO法人の意味・解説 

エヌピーオー‐ほうじん〔‐ハフジン〕【NPO法人】

読み方:えぬぴーおーほうじん

平成10年1998施行の特定非営利活動促進法NPO法)」により法人格認証され民間非営利団体法的には「特定非営利活動法人」という。→認定NPO法人


特定非営利活動法人

(NPO法人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/13 15:01 UTC 版)

特定非営利活動法人(とくていひえいりかつどうほうじん)は、1998年平成10年)12月に施行された日本特定非営利活動促進法に基づいて特定非営利活動を行うことを主たる目的とし、同法の定めるところにより設立された法人である。略称NPO法人(エヌピーオーほうじん、NPOはNonprofit OrganizationあるいはNot-for profit Organizationの略。「NPO」も参照のこと)。 金融機関関係のカナ表記略号は、トクヒ


注釈

  1. ^ すなわち、構成員に対して利益の還元をしてはならず、その目的の事業の更なる発展・強化を図るための資金へまわすことを目的としている。
  2. ^ 特定非営利活動促進法2条2項の定義参照。
  3. ^ 情報公開に関する規定として、10条2項、28条、30条等がある。
  4. ^ 法改正後の根拠法及び一般法は民法第33条の第1項・第2項。
  5. ^ 詳しくは、特定非営利活動促進法のあとに中間法人法が制定され、非営利の団体が法人となる際に利用できる法制は公益法人制度改革の以前から既に複数化していたが、中間法人制度は公益法人制度改革に伴い一般社団法人制度に統合された。
  6. ^ 租税特別措置法66条12項2号(認定特定非営利活動法人に対する寄附金の損金算入等の特例)を参照。

出典

  1. ^ 森泉章『新・法人法入門』有斐閣、2004年、184頁
  2. ^ 内閣府・NPOホームページ「NPOを知ろう(NPOの基礎知識)」より
  3. ^ a b 佐藤眞一(編)『高齢者心理学』 北大路書房 2018年、ISBN 978-4-7628-3050-1 p.45.
  4. ^ https://www.npo-homepage.go.jp/uploads/2020-kaisei-1.pdf
  5. ^ NPOからのパブリックサポートテストへの苦言[リンク切れ]
  6. ^ 認定NPO法人名簿”. 国税庁 (2010年12月1日). 2010年12月30日閲覧。
  7. ^ 認定制度について 内閣府
  8. ^ No.1263 認定NPO法人に寄附をしたとき国税庁
  9. ^ No.5284 認定NPO法人等に対する寄附金国税庁
  10. ^ “NPO偽装、医療器メーカー脅した右翼幹部ら2人逮捕”. 読売新聞. (2004年10月3日) 
  11. ^ 市民への説明要請の実施について |東京都生活文化スポーツ局”. www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp. 2022年12月13日閲覧。
  12. ^ 神戸市:NPO法人に対する市民への説明要請の内容・結果”. www.city.kobe.lg.jp. 2022年12月13日閲覧。
  13. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年1月20日). “震災事業費横領に実刑判決 「被災者愚弄している」 岩手” (日本語). 産経ニュース. 2022年12月13日閲覧。
  14. ^ NPO法人 脱法売買 全国11法人売り出され、仲介業者も 口座乱造、詐欺に悪用 毎日新聞 2018年6月7日
  15. ^ 非営利法人「善意」の陰で:休眠NPO、看板悪用 東京、多重債務者集め詐欺/茨城、実態は違法風俗店” (日本語). 毎日新聞. 2022年12月13日閲覧。



NPO法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 06:16 UTC 版)

公益」の記事における「NPO法人」の解説

1998年施行され特定非営利活動促進法により設立される特定非営利活動法人いわゆるNPO法人)は、特定の公益的非営利活動を行うことを目的としている。その具体的な内容については、特定非営利活動促進法#法における定義を参照のこと。宗教法人同じく特別法公益法人であり、主務官庁による許可主義1形態である認証により設立され所轄庁の監督を受ける。

※この「NPO法人」の解説は、「公益」の解説の一部です。
「NPO法人」を含む「公益」の記事については、「公益」の概要を参照ください。


NPO法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 01:50 UTC 版)

無洗米」の記事における「NPO法人」の解説

無洗米信頼を得るため」というふれこみで、2000年10月22日に、BG無洗米製造している米穀業者らが中心となって特定非営利活動法人全国無洗米協会設立したBG無洗米としての統一規格作りキャラクターである「エコメちゃん」の認証マーク交付している。

※この「NPO法人」の解説は、「無洗米」の解説の一部です。
「NPO法人」を含む「無洗米」の記事については、「無洗米」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「NPO法人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「NPO法人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「NPO法人」の関連用語

NPO法人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



NPO法人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2023 公益法人協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特定非営利活動法人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの公益 (改訂履歴)、無洗米 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS