権利能力なき社団とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > サイバー法用語 > 権利能力なき社団の意味・解説 

けんりのうりょくなき‐しゃだん【権利能力無き社団】

社団としての実体備えているが、法人格を有さず、権利義務帰属主体となることができない団体町内会PTA同好会同業者団体慈善団体や、法人格取得ていない学会マンション管理組合労働組合設立中の会社など。人格の無い社団。→権利能力無き財団

[補説] 団体としての組織備え多数決原則が行われ、構成員変更しても団体存続し、代表の方法総会運営財産管理など団体として主要な点が確定していることが成立要件とされる代表者管理者定めがあるものは、訴訟当事者となることができ、収益事業を営む場合法人税納税義務が生じる。


権利能力なき社団

= 法人格を有しない社団

読み方ほうじんかくをゆうしないしゃだん
【独】 nichtrechtsfähiger Verein

「権利能力なき社団」ともいう。社団としての実体有するにも関わらず公益をも営利をも目的としない(民34条,35条,商52参照)ため団体として権利能力主体なれないもの。学校同窓会などがこれにあたる民法上は社団に関する規定類推適用される場合もあるが,工業所有権法においては法人格を有しない社団または財団であっても代表者または管理人定めがあるものは一定の手続をすることができる旨明文をもって規定され(特許6条など),また著作権法においてはこうした社団財団も「法人」に含まれるとされている(著2条6項)。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

権利能力なき社団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 07:16 UTC 版)

権利能力なき社団(けんりのうりょくなきしゃだん、英語: Association without rightsドイツ語: nichtrechtsfähiger Verein)とは、社団としての実質を備えていながら法令上の要件を満たさないために法人としての登記ができないか、これを行っていないために法人格を有しない社団。ドイツ法日本法における概念。




  1. ^ ここで「人格」という単語は法令上の用法として「権利能力」と同じ意味で用いられているものである。(『有斐閣 法律用語辞典』内閣法制局法令用語研究会 編、有斐閣、1993年、ISBN 4-641-00010-7 740頁目)
  2. ^ ナショナル・トラストの手引き 2.信頼される組織にする”. 環境省. 2019年7月9日閲覧。
  3. ^ 預金保険制度の解説 名寄せに際しての預金者の扱い”. 預金保険機構. 2019年7月9日閲覧。
  4. ^ 最高裁第一小法廷昭和39年10月15日判決(民集18巻8号1671頁)「法人に非ざる社団の成立要件」
  5. ^ 最判 平成16年7月13日民集214号751頁
  6. ^ 田邉 正『いわゆる熊本ねずみ講の主宰者に対する所得税課税処分の適否が争われた事例 -熊本ねずみ講事件-』36頁、長岡大学生涯学習研究年報(3)、2009年(https://core.ac.uk/download/pdf/70371393.pdf
  7. ^ 佐藤 孝一『人格のない社団の成立要件についての一考察 -類型論による租税法解釈の一展開として-』144頁、税大論叢18号、昭和62年(https://www.nta.go.jp/about/organization/ntc/kenkyu/ronsou/18/148/ronsou.pdf


「権利能力なき社団」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「権利能力なき社団」の関連用語

権利能力なき社団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



権利能力なき社団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2020 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権利能力なき社団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS