義務とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 義務 > 義務の意味・解説 

ぎ‐む【義務】


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/23 16:36 UTC 版)

義務(ぎむ)とは、従うべきとされることを意味する。義務の根拠としては、理性道徳倫理宗教、法制度(法令・契約など)、慣習などが挙げられる。義務に反した場合には、制裁があるとされる。制裁には、内面的・物理的・社会的なものがある。


注釈

  1. ^ ただし、フランスでは2004年に、環境に対する国民の具体的権利及び義務を規定する環境憲章を制定するとともに、憲法前文についても環境憲章に言及する改正を行った(那須俊貴[他] 『「シリーズ憲法の論点14―環境権の論点―」』国立国会図書館調査及び立法考査局、2007年。NDLJP:1001031 )。
  2. ^ GHQ草案では「国民の三大義務」に相当する条項はなかったが、「憲法改正草案要綱」(昭和21年3月6日発表)の段階では教育の義務が設けられ、その後、帝国議会における審議の過程でさらに納税の義務及び勤労の義務が設けられるに至った。

出典

  1. ^ 毎日新聞社編『話のネタ』PHP文庫 p.55 1998年
  2. ^ 衆議院憲法調査会事務局(平成15年6月5日開催「基本的人権の保障に関する調査小委員会」参考資料), 「基本的人権と公共の福祉に関する基礎的資料 -国家・共同体・家族・個人の関係の再構築の視点から-」, p. 43, https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/chosa/shukenshi031.pdf/$File/shukenshi031.pdf 
  3. ^ 野中ほか著、有斐閣「憲法I(第4版)」P535。
  4. ^ 「憲法がかように保護者に子女を就学せしむべき義務を課しているのは、単に普通教育が民主国家の存立、繁栄のため必要であるという国家的要請だけによるものではなくして、それがまた子女の人格の完成に必要欠くべからざるものであるということから、親の本来有している子女を教育すべき責務を完うせしめんとする趣旨に出たものでもある」(最大判昭和39年2月26日民集18巻2号343頁)
  5. ^ 野中ほか、同P534


「義務」の続きの解説一覧

義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 18:50 UTC 版)

医療法人」の記事における「義務」解説

医療法人は、毎会計年度終了後、3か月以内都道府県庁損益計算書貸借対照表などを含む事業報告書提出しなければならない医療法52第1項)。提出され事業報告書都道府県庁誰でも閲覧することができる(医療法52第2項)。また、登記事項変更などがあった場合は、組合等登記令定めに従って登記しなければならない医療法第43条第1項)。加えて社員総会評議員会理事会議事録といった法人意思決定関係する書類会計帳簿などの財務関係書類保存することも義務付けられている(医療法46条の3の6など)。 医療法人理事は、法令定款社員総会決議遵守し忠実にその職務行わなければならない任務忠実義務がある(医療法46条の6の4)。また、理事監事評議員はその任務怠ったことにより医療法人損害生じたときは損害賠償責任を負う(医療法47条)。

※この「義務」の解説は、「医療法人」の解説の一部です。
「義務」を含む「医療法人」の記事については、「医療法人」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 07:19 UTC 版)

服薬指導」の記事における「義務」解説

薬剤師法第25条の2剤師法には服薬指導に関して以下の通り条文として明記されている。 薬剤師は、販売又は授与目的で調剤した時は、患者又は現にその看護にあたっている者に対し調剤し薬剤適正な使用のために、必要な情報提供しなければならない。 つまり、服薬指導薬剤師患者意思により自由に行われるものではなく販売授与目的で調剤行った際には必ず行われなければならないものであり、もし服薬指導が行われなかった際に薬剤師に対して責任付きまとうこととなる。

※この「義務」の解説は、「服薬指導」の解説の一部です。
「義務」を含む「服薬指導」の記事については、「服薬指導」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 02:40 UTC 版)

毒物劇物監視員」の記事における「義務」解説

毒物劇物監視員はその職務を行う際は証票携帯しなければならない証票としては各自治体によりまちまちである収去検査を行う場合には、様式定められた収去票を発行しなければならない収去検査については無償物品の提供を受け、検査結果によっては販売禁止等の行政処分が行われるため、施設への立入から検査機関での取り扱いに至るまで様々な厳し規定設けられている。

※この「義務」の解説は、「毒物劇物監視員」の解説の一部です。
「義務」を含む「毒物劇物監視員」の記事については、「毒物劇物監視員」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 04:10 UTC 版)

検察審査員」の記事における「義務」解説

第43条・第44条により、以下の義務がある出席義務 検察審査会正当な理由なく欠席することは禁止され10万円以下の過料科せられる不出頭を理由過料科した例は8件あるが、1971年最後に過料科した例はない。 守秘義務 審査された事件から得られ情報を、他に漏らすことは終生禁止されている。職務上秘密漏洩した場合6年下の懲役または50万円下の罰金科せられる守秘義務違反して罰則科せられた例はないが、1965年に「会議模様漏らした秘密漏えい容疑訴追対象となるも不起訴処分になった1例がある。

※この「義務」の解説は、「検察審査員」の解説の一部です。
「義務」を含む「検察審査員」の記事については、「検察審査員」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 08:06 UTC 版)

日本の国会議員」の記事における「義務」解説

国会議員資産公開法に基づき当選後資産公開義務付けられており、100以内所属議院議長に対し任期開始日時点の保有資産報告書提出しなければならない対象は、土地・建物預貯金有価証券ゴルフ会員権などである。

※この「義務」の解説は、「日本の国会議員」の解説の一部です。
「義務」を含む「日本の国会議員」の記事については、「日本の国会議員」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 21:19 UTC 版)

電気工事士」の記事における「義務」解説

電気工事士の義務は次のとおり。法は電気工事士法第一種電気工事士5年以内ごとに講習を受ける義務(法 第4条の3) 電気設備技術基準適合するように電気工事作業を行う義務(法 第5条第1項電気工事作業従事する際、電気工事士免状携帯する義務(法 第5条第2項) 都道府県知事より要求され場合に、電気工事業務に関して報告する義務(法 第9条第1項電気工事において、電気用品安全法定め表示付されている電気用品使用する義務(電安法28第1項) なお、報告義務に関して罰則規定定められている(法 第15条第一種電気工事士5年以内ごとの講習は、2012年度までは独立行政法人製品評価技術基盤機構NITE)が唯一指定され実際の講習電気工事技術講習センター再委託される独占業務であった(さらに日本電気協会全日本電気工事業工業組合連合会等へ再々委託されていた)。しかし民国連立政権下の規制緩和制度改革により、2013年度からNITE関与せず新たに指定された3民間法人と合わせて次の4団体から自由に選択できることとなった一般財団法人電気工事技術講習センター 株式会社東京リーガルマインド 株式会社日建学院 株式会社総合資格学院法定講習センター

※この「義務」の解説は、「電気工事士」の解説の一部です。
「義務」を含む「電気工事士」の記事については、「電気工事士」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 21:03 UTC 版)

液化石油ガス設備士」の記事における「義務」解説

液化石油ガス設備工事作業従事するときは、技術上の基準適合するように作業しなければならない液化石油ガス設備工事作業従事するときは、免状携帯してなければならない液化石油ガス設備工事作業従事しているか否かに関わらず高圧ガス保安協会が行液化石油ガス設備士再講習免状新規交付から3年後の日が属する年度の末日、または前回受講から5年後の日が属する年度の末日までに受講しなければならない。 これらに違反した場合免状交付した都道府県知事免状返納命令を出す事ができ、その命令にも背くと過料処分となる。

※この「義務」の解説は、「液化石油ガス設備士」の解説の一部です。
「義務」を含む「液化石油ガス設備士」の記事については、「液化石油ガス設備士」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:05 UTC 版)

通関士」の記事における「義務」解説

名義貸し禁止通関士は、その名義他人に通関業務のため使用させてはならない通関業法33条)。 秘密を守る義務通関業者法人である場合には、その役員)および通関士その他の通関業務従業者は、正当な理由がなくて、通関業務に関して知り得た秘密他に漏らし、または盗用してならないこれらの者がこれらの者でなくなつた後も、同様とする(通関業法第19条)。 信用失墜行為の禁止通関業者法人である場合には、その役員)および通関士は、通関業者または通関士信用または品位害するような行為をしてはならない通関業法第20条)。

※この「義務」の解説は、「通関士」の解説の一部です。
「義務」を含む「通関士」の記事については、「通関士」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 08:05 UTC 版)

秋田弁の文法」の記事における「義務」解説

義務の表現には、共通語では未然形接続の「-なければならない」が用いられるが、秋田方言では未然形接続の「-ネァンバナラネァ」が用いられるほか、「-ネァンバネァ」という表現用いられることがあるまた、県南部には、「-ネァンバ デギネァ」(「なければできない」に相当)が用いられる地域がある。「-ネァンバネァ」は「-ネァネァ」になることもある。

※この「義務」の解説は、「秋田弁の文法」の解説の一部です。
「義務」を含む「秋田弁の文法」の記事については、「秋田弁の文法」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 02:02 UTC 版)

アメリカ合衆国司法省」の記事における「義務」解説

国民利益守り公正で公平な権利を保障することを目的としている。閣僚一人であるアメリカ合衆国司法長官によって統括されている連邦法違反調査よび起訴。 合衆国連邦最高裁判所にて訴追され以前告発事例に関して連邦政府の代表務める。 移民法執行し市民権に関する情報提供する連邦刑務所矯正施設、及びそれらに関する矯正プログラム維持管理

※この「義務」の解説は、「アメリカ合衆国司法省」の解説の一部です。
「義務」を含む「アメリカ合衆国司法省」の記事については、「アメリカ合衆国司法省」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2007/12/13 07:10 UTC 版)

近世部落」の記事における「義務」解説

近世部落人々は、斃牛馬(たおれぎゅうば)の処理、皮革の上納、刑務警察消防清掃、野番、川番、牢番等の義務を課せられた

※この「義務」の解説は、「近世部落」の解説の一部です。
「義務」を含む「近世部落」の記事については、「近世部落」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/02 13:41 UTC 版)

薬事監視員」の記事における「義務」解説

薬事監視員はその職務を行う際は証票携帯しなければならない証票としては各自治体によりまちまちである収去検査を行う場合には、様式定められた収去票を発行しなければならない収去検査については、無償物品の提供を受け、検査結果によって販売禁止等の行政処分が行われるため、施設への立入から検査機関での取り扱いに至るまで様々な厳し規定設けられている。

※この「義務」の解説は、「薬事監視員」の解説の一部です。
「義務」を含む「薬事監視員」の記事については、「薬事監視員」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 15:01 UTC 版)

リクトル」の記事における「義務」解説

前述のようにリクトルインペリウムを持つ要人警護任務しており、その行くところ全てにつき従った。武器の携帯禁じられるポメリウム内ではファスケス木の棒の束)を飾った所持しポメリウム外ではそこに斧の装飾追加された。この斧は処罰権限象徴である。また、独裁官リクトルのみポメリウム内でも斧つきファスケス携帯許された。 リクトルたちは要人の前で、一定の規則にしたがって隊列作った下命あるときにそなえ、要人本人すぐ前陣取るのが「プリムス・リクトル」(筆頭リクトル)である。人ごみの中で要人のために人を掻き分け、道を作った要人自由都市訪れる際か、より高位の要人会談する際にのみ、リクトル随伴免ずることができた。 必要とされるリクトルの数は、公職によって以下の通りに異なる。 独裁官 - 24人(ポメリウム内では12人。ただし、スッラのみ内外構わず24従えた執政官 - 12人 前執政官 - 11騎兵長官 - 6名 法務官 - 6人(ポメリウム内では2人前法務官 - 5人 上級按察官 - 2人 これ以外にウェスタの巫女には、式典を催す際にのみリクトル1人だけ付き従った

※この「義務」の解説は、「リクトル」の解説の一部です。
「義務」を含む「リクトル」の記事については、「リクトル」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 18:04 UTC 版)

食品衛生監視員」の記事における「義務」解説

食品衛生監視員はその職務を行う際に求められた場合は、食品衛生監視員である旨身分証明提示しなければならない収去検査を行う場合には、様式定められた収去票を発行しなければならない収去検査については無償物品の提供を受け、検査結果によっては販売禁止等の行政処分が行われるため、施設への立入から検査機関での取り扱いに至るまでいわゆるGLP考え基づ様々な厳し規定設けられている。

※この「義務」の解説は、「食品衛生監視員」の解説の一部です。
「義務」を含む「食品衛生監視員」の記事については、「食品衛生監視員」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 00:50 UTC 版)

生活保護法指定医療機関」の記事における「義務」解説

指定医療機関は、福祉事務所代わって直接被保護者等に医療給付を行うことになるため、生活保護法による保護及び中国残留邦人等支援法による支援の趣旨十分に理解しなければならない指定医療機関被保護者等の医療について、知事の行う指導等を受けなければならない場合がある2014年平成26年7月1日から指定医療機関指定有効期間更新制)が導入され6年ごとにその更新を受けなければ、その期間の経過によってその効力を失う生活保護法49条の3第1項)ため、引き続いて指定を受ける場合は、有効期間満了日までに更新手続行わなければならない。(更新手続不要とされている医療機関を除く。) また、下表のような届出要する事由生じたときは、当該医療機関所在地福祉事務所又は都道府県民局(健康福祉事務所)に届け出なければならない。(生活保護法施行規則第10条第14条及び第15条)。 届け出要する事項届け出種類医療機関病院診療所薬局訪問看護ステーション)が新たに生活保護法による指定を受ける場合指定医療機関生活保護法による指定更新を受ける場合 指定更新申請書誓約書 ○以下の事項変更があった場合医療機関名称 ・住居表示の変更開設者名称・氏名管理者住所・氏名生年月日明記すること) 等 変更届事業自体廃止する場合指定医療機関廃止する場合開設者が死亡した場合廃止届 ○以下の事由発生する場合移転する場合開設者が交代する場合個人から個人A→B) イ個人から法人、又は法人から個人法人別法人へ変更する場合病院から診療所診療所から病院変更する場合 指定更新申請書誓約書 廃止届 ○指定医療機関休止する場合 休止届 ○休止した指定医療機関再開した場合 再開届 ○指定辞退する場合30日以上の予告期間設けること) 辞退届 ○処分受けた場合 処分

※この「義務」の解説は、「生活保護法指定医療機関」の解説の一部です。
「義務」を含む「生活保護法指定医療機関」の記事については、「生活保護法指定医療機関」の概要を参照ください。


義務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 14:36 UTC 版)

ニューヨーク州弁護士」の記事における「義務」解説

2年ごとに登録を更新する必要があり、更新際に手数料支払必要がある2021年現在更新手数料375ドルである。州外に引っ越した場合にも、法務からの引退証明書提出しない限り更新行い手数料を払う義務がある更新手数料国選弁護士の手当などの原資となっている。

※この「義務」の解説は、「ニューヨーク州弁護士」の解説の一部です。
「義務」を含む「ニューヨーク州弁護士」の記事については、「ニューヨーク州弁護士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「義務」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

義務

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 14:22 UTC 版)

名詞

(ぎむ)

  1. それを行なわなければ何らかの不利益を被ることを受容しなければならないことが、道義的、法律的に理由づけられていること。

発音(?)

ぎ↘む

語源

関連語

翻訳


「義務」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



義務と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「義務」に関係したコラム

  • 株365の税金は

    株365で利益を得た場合には確定申告をして税金を納めなければなりません。課税方法は申告分離課税で、税率は利益の20%になります。申告は、会社勤めをしているサラリーマン、主婦、フリーターなど、職業を問わ...

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「義務」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



義務のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの義務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの医療法人 (改訂履歴)、服薬指導 (改訂履歴)、毒物劇物監視員 (改訂履歴)、検察審査員 (改訂履歴)、日本の国会議員 (改訂履歴)、電気工事士 (改訂履歴)、液化石油ガス設備士 (改訂履歴)、通関士 (改訂履歴)、秋田弁の文法 (改訂履歴)、アメリカ合衆国司法省 (改訂履歴)、近世部落 (改訂履歴)、薬事監視員 (改訂履歴)、リクトル (改訂履歴)、食品衛生監視員 (改訂履歴)、生活保護法指定医療機関 (改訂履歴)、ニューヨーク州弁護士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの義務 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS