礼儀とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 作法 > 礼儀の意味・解説 

れい‐ぎ【礼儀】

読み方:れいぎ

人間関係社会生活秩序維持するために人が守るべき行動様式。特に、敬意を表す作法。「―にかなう」「―正しい人」「親しき中にも―あり」「―作法

謝礼報謝

「それは―いかほど入り候はんや」〈咄・醒睡笑・三〉

[用法] 礼儀・作法――「物を食べながら人に会うのは礼儀(作法)に反する」のように、人と接す時の態度の意では相通じ用いられる。◇「礼儀」は対人関係での気配り敬意慎み気持ちにもとづく行動の規範である。「作法」は対人関係に限らず、礼儀にかなった一定の行動のしかたを言う。◇「年賀状もらったら返事を出すのが礼儀だ」は「作法」では言えないし、「お茶作法覚える」を「礼儀」とは言えない。◇「作法を知らないと言えば単にその知識がないだけである場合も多いが、「礼儀を知らない」では、敬意慎み気持ちがなく、常識に欠けることを非難する意が含まれてくる。◇類似の語に「行儀」がある。「行儀悪い子」「行儀よくすわっている」のように、礼儀にかなった立ち居のしかたの意で使う。


マナー

(礼儀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/24 23:46 UTC 版)

マナー英語: manner)とは、人と人との関わりで当然その場面でしかるべきとされる行儀・作法のことを指す[1][2]。これは自分一人のとき、他に見ている人が誰も居ない場合でもそれを守ることが望ましい価値観である[注 1]


注釈

  1. ^ この場合は「マナー」ではなく「道徳」(モラル)として論じられるのが一般的である。
  2. ^ 例えば「駅の構内でマナーを守る」「電車の車内でエチケットに気をつける」など。
  3. ^ 例えば韓国では食卓に置いたままなどで食べ物を口にはこぶのがマナーだとされている。欧米でも皿を持ち上げて口に近づけることは重大なマナー違反であり、例えばスープは「食べるもの」という概念枠でとらえ、スープ皿はテーブルに置いたまま扱いスープはスプーンで適量すくい口に運ぶ。
  4. ^ a b 近年においてこの感覚はそれなりに変化してきていて、「蕎麦もできるだけ音を立てないほうがよい」と感じる人の割合がかなり増えてきており、マナーが変化しつつある。

出典

  1. ^ 出典 : 『広辞苑』・『大辞林』他
  2. ^ 英語の "manner" は、「仕方・やり方・流儀、態度、行儀・作法、風習、~風」などの広い意味がある。出典 : goo辞書 英和辞書 mannergoo辞書)2011年7月24日閲覧。
  3. ^ 「マナー」の意味は?種類や類語「エチケット」との違いを解説
  4. ^ マナー? エチケット? | ことば(放送用語) - 最近気になる放送用語 | NHK放送文化研究所
  5. ^ 出典 : 『絵でわかる マナー事典』 現代マナー・フォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  6. ^ 出典 : 『ポイントがわかるマナー手帳』 外山晴彦 榎島景子 西東社 2002年9月 p.1.
  7. ^ a b c d Proper Table Manners
  8. ^ a b 庄司真人 原田保(編)「宮廷料理のスタイルデザイン」『食文化のスタイルデザイン』<地域デザイン学会叢書> 大学教育出版 2015 ISBN 9784864293389 pp.185-186.
  9. ^ 大路直哉・フェリシモ左きき友の会『左ききでいこう!愛すべき21世紀の個性のために』株式会社フェリシモ、2000年、95項。
  10. ^ 出典 : 『生活基本大百科』part6「テーブルマナー : 洋食」
  11. ^ Business Etiquette in Brief, Ann Maine Sabath, 1993


「マナー」の続きの解説一覧

礼儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 00:22 UTC 版)

儒教」の記事における「礼儀」の解説

子曰く、「詩に興り、礼に立ち、楽に成る。」孔子曰く、「礼に非ざれば視ること勿かれ、礼に非ざれば聴くこと勿かれ、礼に非ざれば言うこと勿かれ、礼に非ざれば動くこと勿かれ。」周礼五礼て、つまり吉礼、凶礼、賓礼、軍礼、嘉礼です。吉礼によって国家天神祖霊地神祭り、凶礼によって国家苦難を哀憚し、救う。賓礼によって周王室と他国あるいは国家間友好親善たらしめ軍礼によって国家同士協調させ、嘉礼によって万民互いに和合する五礼のうち、とくに吉礼祭祀)、凶礼(喪葬)、嘉礼(冠婚)などを中心として取り上げ殷周信仰古来習俗周礼解説名系吉礼 天地鬼神祭祀邦国鬼神につかえる) 郊祀、大雩、朝日夕月祓禊 凶礼 葬儀災害救済邦国憂い哀れむ) 既夕礼、士虞礼 賓礼 外交邦国親しむ) 士相見礼、燕礼、公食大夫礼、覲礼 軍礼 出陣凱旋邦国同じくする大射大儺礼 冠婚・饗宴祝賀万民親しむ) 飲食之礼、婚冠之礼、賓射之礼、饗燕之礼、脤膰之礼、賀慶之礼

※この「礼儀」の解説は、「儒教」の解説の一部です。
「礼儀」を含む「儒教」の記事については、「儒教」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「礼儀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

礼儀

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:12 UTC 版)

名詞

 れいぎ

  1. 社会全体の中で習慣として決まっているしきたり行動

発音(?)

れ↗ーぎ↘

関連語

翻訳


「礼儀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



礼儀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「礼儀」の関連用語

礼儀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



礼儀のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの儒教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの礼儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS