礼儀とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 作法 > 礼儀の意味・解説 

れい‐ぎ【礼儀】

人間関係社会生活秩序維持するために人が守るべき行動様式。特に、敬意を表す作法。「礼儀にかなう」「礼儀正しい人」「親しき中にも礼儀あり」「礼儀作法

謝礼報謝

「それは―いかほど入り候はんや」〈咄・醒睡笑・三〉

[用法] 礼儀・作法――「物を食べながら人に会うのは礼儀(作法)に反する」のように、人と接す時の態度の意では相通じて用いられる。◇「礼儀」は対人関係での気配り敬意慎み気持ちにもとづく行動規範である。「作法」は対人関係限らず、礼儀にかなった一定の行動のしかたを言う。◇「年賀状をもらったら返事を出すのが礼儀だ」は「作法」では言えないし、「お茶作法覚える」を「礼儀」とは言えない。◇「作法知らないと言えば単にその知識がないだけである場合も多いが、「礼儀を知らない」では、敬意慎み気持ちがなく、常識欠けることを非難する意が含まれてくる。◇類似の語に「行儀」がある。「行儀の悪い子」「行儀よくすわっている」のように、礼儀にかなった立ち居のしかたの意で使う。


マナー

(礼儀 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 10:22 UTC 版)

マナー英語: manners)とは、行儀・作法のことを指す[1][2]


  1. ^ 出典 : 『広辞苑』・『大辞林』他
  2. ^ 英語の "manner" は、「仕方・やり方・流儀、態度、行儀・作法、風習、~風」などの広い意味がある。出典 : goo辞書 英和辞書 mannergoo辞書)2011年7月24日閲覧。
  3. ^ 出典 : 『絵でわかる マナー事典』 現代マナー・フォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  4. ^ 出典 : 『ポイントがわかるマナー手帳』 外山晴彦 榎島景子 西東社 2002年9月 p.1.
  5. ^ a b c d Proper Table Manners
  6. ^ a b 庄司真人 原田保(編)「宮廷料理のスタイルデザイン」『食文化のスタイルデザイン』<地域デザイン学会叢書> 大学教育出版 2015 ISBN 9784864293389 pp.185-186.
  7. ^ 大路直哉・フェリシモ左きき友の会『左ききでいこう!愛すべき21世紀の個性のために』株式会社フェリシモ、2000年、95項。
  8. ^ 出典 : 『生活基本大百科』part6「テーブルマナー : 洋食」
  9. ^ Business Etiquette in Brief, Ann Maine Sabath, 1993


「マナー」の続きの解説一覧

礼儀

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:40 UTC 版)

名詞

 れいぎ

  1. 社会全体の中で習慣として決まっているしきたり行動

発音

れ↗ーぎ↘

関連語

翻訳




礼儀と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「礼儀」の関連用語

礼儀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



礼儀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの礼儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS